• このエントリーをはてなブックマークに追加
「片づけなんてしたくない!」  ズボラさんの味方になる整理整頓術
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「片づけなんてしたくない!」  ズボラさんの味方になる整理整頓術

2021-03-19 08:30
    散らかった部屋(Prostock-Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) 「整理整頓された部屋に住みたいけど、片づけはしたくない」 そんな無理難題を叶える方法、どうやらゼロではないようですよ。

    ズボラさんの味方になる整理整頓術を、fumumu取材班が聞いてきました。


    (1)「つるす」

    「部屋が散らかった状態から片づけようとすると、なかなかやる気が出てこないと思うんです。どこから手を付けたらいいかわからず、いつの間にか掃除をサボってしまうこともあるし...。


    生活しながら自然と整理整頓できるように、私は物をつるすことが多いです。バッグ類を吊るせるように、壁にフックを付けたり。帰宅したら、バッグの中身はそのままにして、ひょいとラックにかけるだけ。


    アクセサリー類も、パッとつるせるスタンドを買ってぶら下げています。床に物を置きっぱなしにすることも少なくなるから、部屋も広く使えますよ」(20代・女性)


    関連記事:片づけを習慣に! 散らかった部屋から抜け出す3つのヒント

    (2)「入れる」

    「私の整理整頓は、種類ごとに物をボックスに入れるだけです。書類を入れるボックス、コスメ用品を入れるボックス、アクセサリーを入れるボックスなど、アイテムごとにボックスを分けて使っています。


    中身がごちゃごちゃでも、ふたを閉めてしまえば部屋はキレイなまま。遊びに来た子にも、『いつ来ても片付いてるね~』と言ってもらえます。


    ボックスのデザインを統一すれば、部屋もおしゃれに見えるし。アイテムごとに分けてあるので、物が見つからずに慌てることも減りましたよ」(20代・女性)

    (3)「買わない」

    「部屋が散らかる原因の多くは、『物を持ちすぎ』だと思うんです。部屋にある物が少なければ、散らかりようがないから。使わない物をずっと残していたり、必要ないのに買ってしまうから、どんどん部屋に物があふれてしまうんですよね。


    究極の方法ですけど、部屋をキレイにしたいなら、なにより『自分に必要ない物は買わない』に尽きると思います。私も、昔はつい服を衝動買いして、結局着ないままクローゼットが狭くなるだけ...ということもありました。


    物欲を我慢するのは最初は大変だけど、部屋のどこに置くの? と冷静に考えるようになってから、収納スペースを考えたうえで買い物できるようになりましたよ」(20代・女性)

    片づけが苦手な人にとっては、「クローゼットの扉を開けて、上の棚にバッグを置く」だけでも、なかなかハードルが高いものです。

    なるべく作業工程を少なくして、「片づけているつもりないけれど、キレイを保てるお部屋」を目指していきましょう!

    (文/fumumu編集部・くまのなな

    RSSブログ情報:https://fumumu.net/217110/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。