• このエントリーをはてなブックマークに追加
ひろゆき氏、伝え方の持論つづる 「伝わなければ言ってないのと同じ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ひろゆき氏、伝え方の持論つづる 「伝わなければ言ってないのと同じ」

2022-05-27 11:30
    ひろゆき

    元2ちゃんねるの開設者で実業家の西村博之(以下、ひろゆき)さんが、26日に自身のツイッターを更新。

    人に対して忖度のない正論をぶつける彼が、伝え方の持論を展開しました。


    ■「誤解している人が多い」

    ひろゆきさんは、よく「頑張らなくていい。無理せず生活保護とったらいい」と主張していますが、これに対して「ひろゆきさんは優しい人」「頑張れない人を慰めている」と言われることが多いようです。

    しかし、ひろゆきさんは「誤解していらっしゃる人が多い気がしていて」ときっぱり否定しつつ、「無能が頑張るのは害悪だと思っている」と話す自身の切り抜きを取り上げています。


    関連記事:ひろゆき氏、“おじさん”批判に懸念 「おじさんの完成形」の言葉には照れ笑い

    ■「優しいのではなく...」

    ひろゆきさんは、配信切り抜きを補足するように、「おいらが『頑張らなくていい』とか『生活保護を取れ』と言うのは、優しいのではなく、生産性のない無能が集団にいると周りに迷惑をかけるからです」と自身の考えをつづりました。

    続けて、「集団のルールは最低レベルの人に合わせて作られます」としたうえで、「リモート作業出来ない無能が1人いると会議は対面になります」と例をあげています。

    ■「伝わらなければ言ってないのと同じ」

    すると「無能」という言葉に、ひろゆきさんのフォロワーが反応。そのひとつを引用リツイートしつつ、ひろゆきさんは、「遠回しで伝わらない言い方をして、伝わらなければ言ってないのと同じなので意味がないです」と主張します。

    その理由について、「アホに誤解されたとしても、率直に言ったほうが理解力のある人には伝わるので、まだマシです。理解できないアホに忖度して話をしなければならないのは、社会的損失です」と説明しました。


    ■共感する声も

    ひろゆきさんの持論に、ツイッターユーザーからは「とても合理的でいいと思います」「素直に言いたいことを言い合えるのが本当の会話だと思います」と共感する声が寄せられています。

    強い言葉を使った発言は、喧嘩の種にもなるので避けたいですが、遠回しに言うとひろゆきさんの言う通り、理解されないかもしれません。相手との関係を考えつつ、言葉を選びたいですね。

    (文/fumumu編集部・Aomi

    【関連記事】

    dfaa306b2a1c687b00c194506c99e1f2.png?1627946458ひろゆき氏、無能発言で物議の明石市長と議論 「ICUが少ないのは…」

    94a5d3419cc0a8b5e8ba8377cedb7620.jpeg?1646605853ひろゆき氏、“唐揚げにレモン”問題で激論 「“かける派”は頭が悪い」

    c0f2f7b1fd8f6872b00a78212b5c8ac3.jpeg?1643502643ひろゆき氏、喫煙男性に暴行を受けた男子高生に 「銀行口座出したら振り込む」

    RSSブログ情報:https://fumumu.net/327417/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。