ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • コミュニティーとか

    2014-09-08 01:10
    だからどうやって君の事を振り向かせたらいいの~~~~~~~~
    連れ去ってしまいたいそんな夜でごぜうます。

    今からお話しますのは政治思想についてになります。経済的な思想とは分けて考えていただければと思います。

    リバタリアンって
    自由主義じゃないですか。
    自由万歳。個人の権利が尊重されるべきであり政府がやたらあれやれこれやれいうのも嫌だ
    コミュニティークソ食らえ。

    震災以後のN●Kの番組で「自分達は被爆するのが怖いからこの地域からは出たい。だから絆とかいって自分達を(被災地)に縛るのはやめて欲しい。何もしてくれなくていいから干渉しないで。」という子持ちの若いお母さんの意見が取り上げられていたのを記憶してるんですけども。(たぶんハートネットTV)
    なるほど最近はこういう考えの人多いんだなー。と思ったんですけど。


    震災後何年か経ち、一転して最近見かけるのはコミュニティーについてで。
    ちょっと町名忘れてしまいましたが
    「町長さん、このままじゃ町がばらばらになっちゃうよ?いいの?」という意見が町民集会であげられたり、「絆?そんなのくそくらえ」、ばっかりでもないんだなぁと思うことがちらほらあり。
    被爆(や津波の危険のあるところに住むの)も嫌だけども、今すんでいる地域の人々と離れ離れになるのも嫌だという人の意見。
    ちょうど昨日ラーメン食いながら見ていたこのニュース
    津波被災の仙台市沿岸部 住民自ら内陸に集団移転(09/06 17:40)

    もまぁきっと大筋は一緒なんだろうなぁというところでございまして。災害危険区域じゃないけども、もっと安全なところに住みたい。しかし、地域でのコミュニティーは維持したいといういい例だと思います。
    今後もこういう議論されていくんだろうなぁ。

    僕はコミュニティー至上主義なのでこういうのどんどん進んで欲しいと思います。

    コミュニティーもね悪いことばっかりじゃないのよぉー。
    いいことばっかりでもないけどねん。

    何が言いたいか良く分からないけど備忘録的な意味も込めてちょっと書いておきたかったので。

  • 広告
  • 頑張れとかいう歌を聴きながら政治のお話

    2014-08-07 23:09
    こんばんは。
    あまりにも、ネカフェのCDドライブに嫌われてるみたいなので(レンタルしてきたCDアルバムの取込中。一枚に30分以上かかかってます!)暇つぶしにこないだ考えたことを。

    自分は自称保守なので同じ自称保守のふぉろわーさんいっぱいいるんですけど
    よく回ってくるのが「朝鮮飲み」について。
    なにそれ?と思う人のほうが多いと思いますのでざっくり説明しますと、朝鮮半島での礼儀作法の1つで人前で飲み物を飲むときに口元を隠して飲むという作法のことです。
    日本には何かを飲むときに口元を手で覆って隠したりする文化がないので
    口元を隠して水を飲む議員の写真をとって「在日だ!」という文章とともにお写真が回ってきます。ちょうど写真集みたいなの見つけたのでこんな感じです。


    ほかにも朝鮮のみで調べたり、水の飲み方マナーでしらべても
    いっぱい出てきます。
    そして「在日だ、反日だ、売国奴だ」と書かれています。
    理由は水の飲み方が朝鮮式だから。

    自分はこれほど馬鹿馬鹿しいものはないと思うんですけども。
    政策の中身を議論したり、「そのような作法ではない作法で飲むことが望ましいのではないのか」と指摘するならまだわかるんですよ。
    水の飲み方が朝鮮式=在日または親韓派だと勝手に認定=売国奴認定。
    これね。これ。これが今のトレンドね。

    演説の内容や、政策の内容ではないところをどーこー言ってもねぇ。と思います。

    それとね、
    やたら在日認定することが流行ってるんですけどね。あとヘイトスピーチとかね。
    あのー外国人排斥運動しても国は良くならないですしそれはただの人種差別ですからね。
    そもそも在●会だって元は、在日特権と呼ばれる、なぜか日本人より在日外国人(まぁ朝鮮人についてはちょっと普通の外国人よりさらに優遇されてたりするんですけど通名とかでね)行政サービスの優遇に反対する団体ですっていいながら、
    優遇政策の改善を政府に求めるんじゃなくて優遇されているお前ら出て行けってっていうデモとかやってるんですけど
    おかしいだろ!!!!もうすでに!!

    朝鮮人はみんな出て行けってね。

    あのー金美鈴さんっているじゃないですか。台湾人の方。
    あの人がね韓国人だったとしても同じ事言うんですか?

    問題は人種じゃないんですよ。
    国籍じゃないんですよ。

    親日なのか、日本を貶めたくてしかたないのか、このどちらなのか?なんですよ。
    なぜか皆さん途中でそれを忘れてしまわれるようで、在日だから駄目だとか言い出すんです。
    違うんですよ。
    血じゃない。主張している中身。
    金さんだって中国人なわけですよ。北朝鮮・韓国を区別せずに朝鮮人という表現を使うならば金さんは中国人だ。

    あんたら日本から出て行けっていうのか?違うだろ?


    俺たちが今やらなきゃならないことは新大久保で、バリバリタカ派の総理ですら、人種差別だと言及するようなみっともないデモをして、世界中に
    日本人の多くはジム・クロウ法も、アメリカの黒人民権運動も、アフリカのアパルトヘイト政策も知らない、人権後進国ですという事を世界に発信することではない。
    自分が正しいと思った事を行動に移せるということはすばらしいことだが、
    世界からどのように見られているか考えなければならない。

    安倍氏が繰り返すように日本が世界の中心で咲き誇らねばならないのならばこそ
    何80年代の欧米のようなことをしているのだ、などといわれてはならないのだ。
    他国の歴史からも学ばなければならない。

    あえて言及するが私は基本的に慰安婦問題については日韓条約にて解決済であるという考えにあるし、南京大虐殺は捏造だったとも思っている

    それでもあれは人種差別だし、本当にやめるべきだと思う。
    朝鮮のみばかりわーわー騒いでもなにも変わらない
    政策の議論をして欲しいと願っています。
    議員の貰っているお金の多さについていっても何も変わらない。
    貰いすぎてると思うなら減らさせるか、見合うだけ主権者が使いこなさなければ。


    ざっくりとこんな感じで、ちょこちょこ修正したり加筆したりすると思いますが。
    こないだふと思いました。
    もううんざりするぐらい色んなおじさまがお水を飲んでる画像がついったーに流れてくる私の心境を察して欲しい。


    テトリス3DSを知人より譲り受けました。オンライン対戦したいのでしていただける方はぜひコメントを。
  • 楽しい集団的自衛権

    2014-06-04 01:32

    どうも。教えて欲しいと言われるの大好きなフニさんです。
    はりきっていこうと思います。
    最近暑いですね。前置き長く書くの好きなんですけど、今回は短く。
    わかる人が分かればいいようなネタが盛り込まれています。気分を害したらごめんなさい。
    では早速本題へ。

    そもそも自衛権ってなぁに?からはじめましょう。
    まずなよっちそうなあなたの目の前に屈強な男(四天王寺の石田君を想像しましょう)が刃物を持って立っています。石田君は何を思ったか刃物を振り上げています。今にもあなたに襲い掛かってきそうな感じです。

    この時にあなたが「まぁしゃーないっすわ」と攻撃を受けながらその攻撃から身を守るに徹っし反撃するか
    「能ある鷹は爪隠すもんなんっすよ。なめないでください。」と先に攻撃するか

    ここが問題です。

    まぁしゃーないっすわ=専守防衛「わいからはやらないけど、やられたらやり返したるで!」
    能ある鷹は爪隠すもんなんっすよ。=通常の日本以外の軍隊。「そっちがその気ならこっちから先に行きますよ。」 みたいな。

    この2つどちらも自衛権ですが日本の場合憲法9条において、「まぁしゃーないっすわ」しか認められていません。この「まぁしゃーないっすわ」をしてくれる組織が日本では自衛隊です。
    実際に条文を見てみましょう。

    第9条
    日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

    はい。あくまでもやられてからのカウンター攻撃しか認めていません。まぁ手塚ゾーン的なものです。あくまでもカウンター。
    そして、この石田君と財前君のやり取りが個別的な自衛権、いわゆる個別自衛権です。

    さて、いやいや個別の話じゃなくて、集団!というわけで続いて集団的自衛権。
    集団的自衛権で分かりやすいのは越前が寝坊して大会に遅刻した時に堀尾が越前の替え玉をやり調子に乗ってぼこられているところを越前が助けたシーンですが、流石に分かり図らいと思いますので普通に解説します。

    A君とJ君が同盟を結んでいました。
    J君「僕は喧嘩が弱くて、でも自分で強くなるのは(信念の都合上)出来ないから、代わりに助けてください。守ってもらう見返りにおかしとかお金とかあげます。うちにも一部屋A君が寝泊りできる部屋つくったのでそこも自由に使ってください。」
    A君「よっしゃその話のったで。」
    これが有名な日米同盟。

    ジャイアンのようなC国が「あー最近金ねーわー。腹も減ったし、Jならよわっちぃし、今月小遣いマジでピンチだしゆすって金か土地出させるか」
    とJ君宅に「オラオラ」と侵入(これが領空(領海とか領土も)侵犯)

    C君「オラ、J!!てめぇいるんだったらでてきやがれや。ついでに金貸せ。」
    J君「いますけどぉ・・・・・帰ってくれませんかねー・・・?」
    C君「いやや。帰らん。金出せやはよ」とJの胸倉をつかんじゃう!!
    そこで登場正義のヒーロー「ハンバーガー」をちょうどJ君宅で食べていたA君
    A君「なんやワレ。なに勝手にあがってん。何しにきよったん?俺に用か?」
    C君「・・・・。いやJ・・君に・・・・」
    A君「誰がこようとJの家やから俺があんまりとやかく言えへけどなぁ!俺のダチに手出したらタダじゃすまへんぞゴルァ。わかってんだろうな?お前今その右手なにしてん?ちょっと表でろや顔貸せガキ」
    C君「すいません。また日を改めて伺うんで。失礼します!!」
    A君「話はあとで聞くからはよ表でろやわれぇ!!」

    めでたくC君はA君にぼこぼこにされました。

    「JになんかしたらAはJになんかした奴のことボコる。」つまり
    「自分は何もされてないけど、自分の同盟国が何かされた時に、
    やられたらやり返したるでー!」。これが集団的自衛権です。

    さて、実はこの集団的自衛権なんですが過去に日本は行使したことがあります。とはいえ、第二次世界大戦より前の、第一次世界大戦の時。この時の参戦理由を見てみましょう。
    当時の同盟国だったイギリスが参戦中、「イギリスさんのアジアの領土は私が守りますから安心してください。唐揚はパンにもご飯にも合います!!!いざ戦争」と参戦した事もあります。
    過去我が国は集団的自衛権の行使を理由に大戦に参戦しているため、再びこれの行使を容認することに非常に慎重な声が多く、戦後、日本は行使してきませんでした。

    ここまで集団的自衛権自体の概要はお分かりいただけましたか?

    ではこの集団的自衛権はどんな国でも持っているものなんでしょうか?
    国際法と呼ばれる、(まぁ簡単に言えば、「国」達に課せられている法律です。)ものがありその中に「国連憲章」というものがありその第51条の中で
    「この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、 個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならな い。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対して は、いかなる影響も及ぼすものではない。」

    難しいんですが、このうち
    国際連合に加入してれば個別的自衛権も集団的自衛権も持ってるよ。ということが分かってもらえればおk

    そうなんです。先程、「長く日本は集団的自衛権を行使してこなかった」と書きましたが、
    日本政府としては、「保持せども行使せず」、つまり、持ってるけど、あえて使いません。という方針でいました。

    これをこの度安倍総理が、一部の場合については直接戦争につながるわけじゃないし、どうしても自衛隊の技術じゃないとダメなときに、自衛隊を派遣出来なくて、助けられなかった命とかがあったので、今回本腰いれてます。まぁ長年使ってこなかったものを使えるようにするのは大変なので、それらが無理でもせめて武力攻撃とはならない「グレーゾーン」だけでも使うの認めて欲しいな。というお話が始まったのです。(やっと本題。)下の図見てね。
    8番以下が集団的自衛権に関連します。



    8が自衛隊等が引き取れず米輸送船が日本人の身柄を輸送してくれたときの警護
    9は先程のたとえのようにアメリカが攻撃されてるの見つけたらアメリカを守ってあげてもいいよね?
    10はイレギュラーです。変な船見つけても外国船だと臨検といって船の職質的なのが海上保安庁なら出来るんですが、海自は出来ない。止まってくださいとは言えますが止まらないと撃つぞというのは、自衛権を外れてしまうから。これを出来るようにしましょうというものです。ただ出来るようにしてしまうと、仮に、その船がクロでマジで爆薬とか積んでるとまぁ恐らく向こうは撃ってくるでしょう。海上保安庁はあくまで警察なんですけど、海自と交戦しちゃうと=開戦つまり日本とその船の国戦争開始になりかねないんで・・・・。という懸念もあり。
    アメリカを狙ったミサイルが日本の空横切ったら打ち落としていいよねー?ってのが11
    あとは、読んで字のごとくです。難しい言葉はぐぐってね☆

    長くなってしまいましたがいかがでしたでしょうか?
    以上が楽しい集団的自衛権です。

    集団的自衛権を考えるときにもっともかぎとなるのは
    日米同盟(日米安全保障条約)です。
    あくまでも現状はこの同盟に基づきアメリカが日本に駐在することで日本の専守防衛は成り立っています。
    アメリカと喧嘩したら核ミサイル打ち込まれるかもしれないからアメリカには手を出せないし、その同盟国にも手を出せないわ(これを核の傘といいます)
    という現状があって、今までの平和が成り立っています。
    しかし我々一般国民でも分かるように、昨今の中国や、北朝鮮、ロシアや本当は資本主義国であり日本の味方のはずのば韓国も不穏な動きをしており
    これまでの安全保障体制を見直す必要があるのではないかという声が高まっています。

    一応いかなる考え方にも偏らずただ事実だけ並べたのがこんな感じです。
    あなたはどう考えましたか?
    ちなみに私は国防軍創設派なので、自分の国は自分できっちり守れるようにした上で、集団的自衛権についてはこれまで通り保有せども行使せず。でいいと思っています。


    結びに全国のてにぷり、四天王寺ファン(特に石田さんと財前さんファンの人)に心よりお詫びします。
    (図は毎日新聞さんからお借りしました。)