『平成アイマス楽曲大賞』ソロ曲はすんなり決まったけれどもカバーで苦戦した話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『平成アイマス楽曲大賞』ソロ曲はすんなり決まったけれどもカバーで苦戦した話

2019-07-18 16:35
    前回記事の続きになります、本記事はソロとカバー曲について。

    ソロはユニットで苦労したのでかなり厳しめに選曲して最初に21曲選び、4曲を追加選曲するという形になりました、最初の選曲は20曲くらいにしようと思っていましたが、やっぱりはみ出してしまいましたね(笑)。
    読んでいただければ分かるのですがソロは感想をまとめるのに苦労しています、なにせ言及したいことが多いので短くならないんですよ、選曲はすんなりいきましたが下書きがあまり役に立たなかったので投票にえらく時間がかかりました(笑)。

    では早速語っていきましょう、最初に選んだ21曲を先に、追加で選んだ曲は何故最初に選ばなかったかも含めて語っています。(それ以外はリストの順番通り)



    ソロ曲(21+4曲選曲 投票枠25曲)

    K:アイマスAS

    K004-04 ALRIGHT*
     二人の雪歩が重なる曲、アニメでの衝撃は忘れられません。ライブでの歌唱も強く心に残っていて、真にバトンタッチが交わされた瞬間のように感じました。雪歩の第二章の始まりの曲でもあると思っています。

    K006-04 自転車
     真といえばコレ! と自信を持ってオススメできる真のイメージの全てが味わえる曲。爽やかさと少しのトキメキと隠された可愛らしさが味わえます。
     曲自体も素晴らしく特にイントロが格別、一気に心が晴れ渡るような気がします。外で聴きたいアイマス曲の筆頭ですね。

    K006-07 チアリングレター
     ED絵も含めてアニメ真回にて印象的に披露された専用曲、アニメの錦織監督の職権乱用だと各地で言われていますが(笑)実に真を理解している素晴らしいお仕事。どちらかというと外面より内面、「少女菊地真」を描いているので今までの「アイドル菊地真」の曲とは少し趣が違っているかもしれません、P目線が強めというか(笑)。
     ED絵はMAのジャケットをイメージされていると思うのですが、そのイメージをより鮮明にして美少女感が凄く強くなっています、その辺りも流石Pの仕事ですね。

    K007-05 DIAMOND
     初試聴での衝撃が凄かった、今でも当時の衝撃を思い出す事が出来ます。
     伊織と釘宮さんの魅力が十二分に出ている名曲、この曲のイメージは彼女達にしか出せないでしょう。真っ直ぐにアイドルという輝きを体現させる力、歌詞の~Shine Shine Shine I am Diamond~というフレーズを曇りなく言い切れる輝きが水瀬伊織の魅力だと思います。
     
    K009-01 魔法をかけて!
     曲と歌詞の相乗効果が神、フレーズがことごとく音楽に乗って耳に届いてくるので凄く耳心地の良い曲です。歌詞自体はよくある恋を夢見る女の子の曲なんですが、そのキラキラした感情が音の力によって分かりやすく表現されています、初期の人気曲だというのも納得。
     そしてこの曲は律子が歌うことによってさらに意味がある曲になるんですよね、「リッチャンハ、カワイイデスヨ」って(笑)。

    K010-01 9:02pm
     自分が最初に買ったアイマスCDなので。ソロ曲にノミネートされていますが自分にとってはACM(あずさ、千早、真)の曲ですね、声の相性が抜群なのです。
     「メールも携帯も鳴らない」という今となっては時代を感じさせる歌詞なのですが、それがまた良い、曲の調子もあってノスタルジックな味わいがさらに増していると思います。

    K010-07 晴れ色
     最初から最後まで「ああ、あずささんの曲だ」って思える名曲。あずささんの輝きの元が詰まった曲だと感じていて、曲自体は凄く優しい曲なんですが「強い」って感じるんですよね、こういう強さもあるんだな、と。(たかはしさんの強さもそこには含まれていると思います)
     7thの晴れ色はまさに「三浦あずさ」を体現していました、あの歌唱は多分一生忘れないと思います。

    K011-04 黎明スターライン
     これは是非一度カラオケなどで歌ってみて頂きたい! 勢いに乗せてバーッと歌い切るのが気持ち良いのです、音の波に乗る楽しさというか、音楽ってこういうことなのかな?って感じられると思いますよ。

    K013-02 ID:[OL]
     社長の合いの手ってのもあるのですが、小鳥さんの歌の中で一番好きな歌。「私の青い鳥」の意味も、その部分の伸びのある歌い方も凄く好きなのです。

    L:シンデレラ

    L010-01 S(mile)ING!
     アニメで色んな意味を持たされた曲ですが、その感動は引き継ぎつつ『S(mile)ING!』のタイトル通りの笑顔感がさらに深まったように思います。シンデレラのセンターである卯月の曲としてまだまだ進化できる曲ですね。

    L012-01 Twilight Sky
     まっすぐで不器用で格好いい、心意気を歌った曲ですね。「才色兼備いいけれど 三日月も綺麗だよね」というフレーズに痺れずにはいられません、李衣菜はやっぱりロックだぜ!

    L017-01 Romantic Now
     曲も詩もリズムが本当に素晴らしい、「ロマンティック イッツ 魔法の言葉♪」とか天才でしか出来ない所業、そこに黒沢ともよの表現力が乗っかるんだから最強なんですよね。
     二曲目『わたぐも』がしっとりした曲だったので相乗効果が生まれていると思います、ライブの編成によっても使い分けが出来そうですし、一曲目だと言ってもまだまだ出番がありそうな曲だと思っています。

    L027-01 2nd SIDE
     もはや好きすぎてどこが好きなのか良く分からないくらいに好きな曲なのですが、やっぱり「き・い・て」から始まるサビのドキドキ感がめっちゃ好きかも、まんま奈緒だし松井さんの声の色にも合っているし。
     初めて聴いた時の衝撃は忘れられないですね、「あ、奈緒だ! 奈緒の曲だ」って瞬時に脳が理解して聴けば聴くほどに納得感が増していったんですよね、鼓動のようなビートも加速度的に盛り上がる曲調も、歌詞も歌も歌声も全てが神谷奈緒の曲。(自分の中で)これを越える曲は二度と出ないんじゃないかなぁ、と思える曲です。

    L027-02 Neo Beautiful Pain
     これは5th福岡公演のパフォーマンスですね、やっぱり。なんというか枠を壊してくれたような気がします、可能性が広がったというか松井さんが神谷奈緒を引っ張り上げてくれたというか。TFのコミュや、加蓮とのバトンタッチの演出もその効果に寄与していたのかな?とも、福岡公演は一つの転機として奈緒Pの宝物であると思います。

    L028-02 Frozen Tears
     ズルい曲です、加蓮と渕上さんにこんな曲歌わせたら感動しないわけがない。単純に一挙手一投足が美しいですし、その醸し出す雰囲気で場を完全にFrozen Tearsの色に染めてしまうんですよね。これはライブで顕著に味わえるので、まだの方は是非BD等で加蓮のパフォーマンスを味わっていただきたいですね。

    L042 恋色エナジー
     めちゃくちゃ高音が綺麗、そして上手い。最近はさらに表現力が増して可愛さが倍増しているような気がします、イントロの所の動きも超かわいい。
     デレステの譜面も気持ち良くて定期的にプレイしたくなりますね、伴奏のリズムも良いので乗りやすい曲だと思います。

    L101 Rockin' Emotion
     息の使い方、声の出し方がめちゃくちゃ美しい曲。
     これは今と昔でかなり印象が変わった曲です、木村夏樹と安野希世乃を知れば知るほど好きになる曲ですね、両者の融合度が上がっていっている様を見たり、ふと顔を出す夏樹らしさや安野さんらしさを見たりすると。
     芯の強い所は共通の所だと思いますが、夏樹の格好良さの中に安野さんの柔らかさが加わることで「アイドル木村夏樹」が完成したと思っています。

    M:ミリオン

    M026-01 dear...
     個人的にミリオンで一番好きな曲、お洒落でエモーショナルな曲なのですが歌うのが馬場このみさん、コレがまた良い。見た目とのギャップもあるのですがミリオン最年長の彼女の魅力が存分に出ていると思います、キャラクターソングとしても優秀なんですよね。
     キャラクターとしてこの曲を歌うというのは難易度が凄く高いと思うのですが、そこは流石の高橋未奈美、素晴らしい表現力でキャラと歌の魅力を伝えてくれていますね。

    M033-01 Be My Boy
     ワンフレーズがとても強烈! こちらはイメージ通りの曲ですね、このみさんと違って文句のつけようが無い(笑)。
     歌詞の切り所が良く考えられていますね、ここを盛り上げるぞってポイントがはっきりしているので聞くにしても歌うにしても気持ちが入りやすいのです。その分リズムが独特なのでステージングがめちゃくちゃ大変そうだな、とは思いますが(笑)。

    M037-02 プラリネ
     ワンフレーズとか第一声とかそんなレベルではない、最初の一音で名曲決定!ジュリアというアイドルの曲としてこれ以上ないと言える一曲ですね。中の人である愛美さん、曲と歌詞すべてがジュリアを指し示していて感動しかない。
     ギターが本当に気持ちよく走っているのでインストだけでも十分聴き応えがありそう、これはライブで真価を発揮する曲ですよね、絶対。

    N:SideM

    N041-01 Dazzling World
     色んなバージョンがある曲ですが、自分は男声バージョンが一番かな?と思います。DSの物語的にも楽曲としても。
     この曲は誰かに向けて歌った時に真価を発揮しますよね、受け手の心情も歌っているというか、メッセージ性が高い曲だと思います。  ~あなたと生きる 素晴らしい 世界!~


    追加枠4曲

    K004-02 Kosmos, Cosmos
     『ALRIGHT*』が雪歩の第二章の始まりならばこの曲はその締めくくりとして相応しい。雪歩が5年目で歌った曲を5年かけて辿り着いた浅倉さんが歌い継ぐ、これを持ってバトンタッチが完全になったのではないかと思います、MA3版とアイマス2で収録されていたものと比べるとその進化と雪歩としての結晶を感じる事が出来ると思います。
     候補から外したのは担当以外を選びすぎるのもなぁ、と思っての事でしたが(ALRIGHT*で雪歩についても語っていますし)足りないとなると真っ先に思い浮かびましたね~。

    L031-02 銀河図書館
     唯一無二、この言葉が似合う最強の個人曲だと思います。正直鷺沢さんのことをそんなに深く見ていないので(ライブもまだ不参加ですし)この曲を上手く語れないのですが、それにしてもその世界観と澄んだ歌声だけで十二分に評価されるべきだと思います。
     候補外の理由も良く知らないから、ですね。もっと知りたい曲なので是非ライブやデレステ等でもっともっと味わわせて欲しいですね。

    L033-01 き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!
     ライブがすっごい楽しい曲なので。色んなパフォーマンスが見られますし、何よりフレデリカ役の髙野さんの表現力が回を追うごとにパワーアップしています、二曲目が出来たことで披露の機会は減っていますが今でこそ見たい曲ですね、使える手段も増えてより楽しくなりそうですが、逆にお手伝いなしのソロでのパフォーマンスでも今の髙野さんならいけるかも?とか思いを馳せています。
     選外の理由はライブありきなことと、ぶっちゃけランクインしなさそうなので(笑)。

    L049 楽園
     最後の一曲を何にするかっていうのは当落線上にお気に入りが集中するので選びにくいのですが、その中でもやはりこれは入れておくべきだろう、と。
     関ちゃんは次期主人公感があるんですよね、アニメの二期とかあるならばこの曲はきっと重要な意味を持って使われるのではないかと。SS3A等、曲の持つ意味も思い出もいっぱい増えましたし、さらに大きなものを見せてくれそうな気がします、曲も、アイドルも。
     選ばなかった理由は関ちゃんPの情熱を知っているから、ですね、勝てる訳ないのが分かりきっているので。



    さて、お次はカバー曲ですね、実は選曲に一番苦労したのはこのブロックです、25曲選んでいた体で12曲に絞るのはキツかった(笑)。これはP歴によるものが大きいでしょう、AS組の初期にやたらカバーが多く、年齢的に刺さるものが選曲されているので(笑)。

    では、語っていきましょう、カバーは比較的短く抑える事が出来ました。


    カバー曲(17曲選曲 投票枠12曲)

    S:アイマス(ソロ)

    S002-07 遠い音楽
     「音」というものを堪能できる楽曲、千早だからこそ成り立つ音楽がここに。

    S005-04 じゅもんをあげるよ
     めちゃくちゃ素直にダイレクトに胸に響く曲、やよいの持つ「周りを幸せにするじゅもん」が詰まっています。

    S006-02 Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜
     繊細で美しくって、力強くて少し歪。真のイメージを凄く広げてくれた曲だと思います、選曲した人はマジで天才だと思う。

    S006-06 星間飛行
     真らしい可愛さがある曲です、真本来の可愛さってこういうことだよね、と。平田さんの上手さも光りますよね、真らしさと曲のイメージを両方成立させつつ何の不自然さもありません、この曲でうわキツ感が出ないのは凄いことだと思いますよ。ほんのり美少年感もある歌い方なので(笑)男性がこの歌を歌う指針にもなるかもしれません。

    S008-05 月のワルツ
     歌い方がくっそエロい、吐息交じりの歌声がたまりません。
     正直ミステリアスで妖艶な貴音にぴったりの曲すぎて、もはや個人曲でよくない?ってレベルです。

    S009-01 東京は夜の七時 〜the night is still young〜
     夜のりっちゃん、めっちゃお洒落。元曲よりもキラキラさが増しているように思えるのはやはり彼女がアイドルだからでしょう、「嘘みたいに輝く街」というワードがとても印象的。

    S010-03 愛より青い海
     この高音満載の曲をあずささんのイメージのままで爽やかに歌い切るのがたかはし智秋、流石のお仕事です。キャラの力と曲の力が融合して、あずささんでしか歌えない「愛より青い海」が完成していますね。

    S011-13 歩いて帰ろう
     めっちゃ好きな動画があって、だから好きになった曲です。「歩いて帰ろう」という言葉に確かな帰着点を感じる事が出来て、亜美と真美に分かれてしまったけれど原点はやっぱり亜美真美なんだよな、と思えるんですよね。


    S012-06 Believe
     元曲はどちらかというと沼倉さん本来のイメージに近いのですがそれを実に響の曲にしていますね。間奏がめっちゃダンサブル、気持ちよく踊る響と沼倉さんの姿が思い浮かぶようです、この二人のセルフデュオも聴いてみたい曲ですね。

    T:シンデレラ(ユニット) U:シンデレラ(ソロ)

    T004 サヨナラバス
     人選が神、ありすと奏の合致点と曲のイメージがベストマッチです。ありすパート奏パート合唱パート、全てが音と声がぴったり一致していてこれ以上ない組み合わせだと思います。
    この二人でこんな暖かい表情の曲が出来上がるなんて想像もしていなかったので凄く衝撃的でした、少しのビターも含んでいる曲なのですがそれがまたキャラ感が出ていて素晴らしいんですよね。

    T006 行くぜっ!怪盗少女
     ホリユウコッ!が凄い好き(笑)。

    U011 遠く遠く
     繊細さと力強さを併せ持つ小日向美穂と津田美波の真骨頂! 美穂に合わせて若干可愛らしい歌い方なのですが、芯のある歌声なので曲のメッセージがビシビシ伝わってくるのですよね、故郷から離れて暮らしていると本当に染み入る曲です。

    U014 大都会交響楽
     東山奈央という声優さんはキャラの良い所を引き出すのに長けた声優さんだと思っています、それが如実に感じられるのがこの曲ですね、「わかるわ」等ちょっと独特な川島さんのしゃべり方を歌に乗せていてキャラ感が凄く伝わります。今までの歌唱の中でカバー曲ではありますが一番川島さんに合っている曲ではないかと思います。

    U016-02 ラジオ体操第一
     キャラクターに合っている、という点ではどのカバー曲よりも優れているでしょう(笑)。個人的には「ラジオ体操の歌」も合わせて日野茜ラジオ体操完全版を出して欲しいです。

    U025 愛は元気です。
     一人称「僕」の藍子が似合っていて素敵、凄く力を貰える曲です。
     元曲も優しい歌声に元気を貰う曲なのですが藍子verはより元気の割合が多いのですよね、彼女もやはりポジティブパッションということでしょうか(笑)。

    U031 大きな古時計
     まず選曲にびっくり、そして聴いて納得。
     色んなアレンジで歌われている楽曲ですが、あえてシンプルに歌うことで歌を朗読しているかのような雰囲気が出ていると思います。ここまで来ると伴奏ももっとシンプルに攻めて欲しかったですね、アコギ一本とかでも十分だったんじゃないかなぁ。

    U033 ウルトラ リラックス
     もはや個人曲ってくらいぴったりですね(笑)、曲だけではなくて合いの手だったり歌い方だったり実にフレデリカ。それでいてこの楽曲を「アイドルが歌う歌」として昇華しているのだからさらに凄い、キラキラ感が巻き散らかされているんですよね、至る所に。



    いや、カバーは良い曲多いので本当悩みました、リストアップしているのでもごく一部、もっと選びたかったのですが選んでいる途中に「いや、これは絶対オーバーするわ」ってストップをかけましたもん(笑)。
    春香の曲とか凄くエモいのが多いですし、美希は印象に残る曲ばかりだし、伊織は『ガーネット』『ドゥー・ユー・リメンバー・ミー』等バラエティ豊か、シンデレラも『学園天国』『ナンダカンダ』『KISSして』『君の知らない物語』等、語りたいものがいっぱいあります、ここも25曲選ぼうと思ったら選べたかもしれません(笑)。ただ、これはASからシンデレラPの自分だったから、というのもありますね、ミリオンにカバーがないので担当Pの方たちは選曲の幅がすごく狭まるでしょうし。765曲のカバーも良いですがミリオンにもガチのカバー曲が欲しいですよね、個性的な歌い手が揃っていますもの。


    さて、前・後編でお届けした今回記事如何だったでしょうか、何かの参考になっていれば良いのですが…。ちなみに総合部門に関しては瞬発力だけで投票したので(笑)お見せできる内容にはなっておりません、基本部門上位の曲ばかりなので5P曲とかバレちゃいますしね。

    残り投票期間も僅かとなって来ました、投票まだの方はリストアップだけでもしておいた方が良いかもしれません、決められない!という方は面白いコメントが思い浮かんだ順に投票されても良いかと思います(笑)、必ずしも25曲全てを選ばなくて良いわけですし。


    では、今回はこの辺りで。 また次回記事でお会いしましょう。

                                           了



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。