ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第十回シンデレラガール総選挙、神谷奈緒と俺が応援するアイドル達について(5/23追記)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第十回シンデレラガール総選挙、神谷奈緒と俺が応援するアイドル達について(5/23追記)

2021-05-16 14:25
    今年も変わらずこの季節がやってまいりました、P諸氏が心穏やかでなくなる(笑)総選挙の季節です。
    今回は軽く予想しつつ、自分が票を投じているアイドルについて語っていこうと思います。

    では、良ければお付き合いください。


    まず前回の第九回のおさらいから

    第一位:北条加蓮 (16926974票)
    第二位:鷺沢文香 (9951829票)
    第三位:一ノ瀬士希(8425856票)
    第四位:神谷奈緒 (7158651票)
    第五位:高垣楓  (6808312票)


    6:高森藍子 7:佐久間まゆ 8:新田美海 9:緒方智絵里 10:速水奏


    今回も開催要項は第九回とほぼ同じ感じなので、傾向と対策としてはここを見るのが最重要。
    中間発表が無いので「そうあるべきだ」と思われるアイドルが一本抜け出す選挙になりそうです。

    この「そうあるべき」補正を強く受けるのは当然ながら前回の上位陣、ポストシンデレラガールと言える面々。前回の加蓮票がかなりの浮動票になるでしょうから正直前回獲得票の差は(上位陣の間では)そんなに関係してこないのではないかと。

    鷺沢文香さんは上位陣の中でも初期からの選挙常連組、過去の平均順位では最も高く昔からシンデレラを見てきた方々には「そろそろだな」って思っている方が多いのではないかと思います。
    大型ライブに未だ参戦ならず、というのはコアな層からしたらマイナスポイントですが、デレステからのライト層等にはあまり関係ないかな、と。それ以上に見た目、ボイス、そして楽曲の力が素晴らしいのですごく推しやすいアイドルですね。
    ネックはあまりにも男性受けしやすい要素が満載なので(笑)女性票はあまり入らなそう、ということでしょうか。

    そしてその女性票が多く入りそうなのが一ノ瀬士希、前回五位までがほぼクールだった中唯一のキュート属性ってのもクール以外に投票したい層からの支持も受けられそうですね。ただ彼女もキュート属性か?って言われたら疑問の残るアイドルなんですが(笑)。
    性格、しゃべり方、楽曲の方向性は他に代えがたいアイドルで、デレステからのユーザーに一番受け入れられているのは彼女ではないかと思います。デレステからの人気ユニットのメンバーでもありますし、アクティブ層からの支持も厚そうです。
    正直一気に駆け上がってもおかしくないアイドルだと思いますが、中の人である藍原さんは神谷奈緒推しを公言なさっているので複雑な思いでおられるのだろうな、と(笑)。

    そして藍原さんの推しであると共に我が担当アイドルである神谷奈緒
    正直前回は加蓮にダブルスコアどころではない差をつけられての惨敗でしたが、総合四位、しかも今回シンデレラを狙える位置まで付けられたというのは今までの選挙からしたらちょっと考えられない結果です。それだけ皆様に受け入れられたってことなんだよなぁ、って感慨深くなりますね。
    この「皆」っていうのが神谷奈緒の力、今まで係わって来た全てがアイドル神谷奈緒を形作っています。それはゲーム内での物語であったり、カードのエピソードであったり、ユニットの絆、出会ったアイドル、ライブでの経験。
    奇しくも7th名古屋(ダンス公演)で中の人である松井恵理子さんが表現してくださった『2nd SIDE』そこに現れていた奈緒の形がそのまま今の状況に当てはまるのではないかと。初めて複数人で歌われた神谷奈緒の個人曲、「短くてもいいから一人一人にソロパートを!」との願いによって紡がれた虹色橋は奈緒のアイドルとしての形を、目指すべき未来を、そしてシンデレラガールとしての彼女の姿を示してくれたと思います。
    一色だけでは虹は成り立ちません、皆がいるから、皆の力を借りて輝く、それは永らくシンデレラガールズそのものを牽引してきた渋谷凛とも違う、前回もう塗り替えられないんじゃないかと思うくらい大量の票数を獲得し、一際強く強く輝く北条加蓮とも違う彼女だけのアイドル像
    この「みんなといしょに」という姿は一つの区切りとなる「第十回」の総選挙の頂点に立つに相応しい姿であろう、と個人的に思います。
    浮動票の獲得といった点でも上記二人を上回り易い土壌を持っていると思われます。(個人的にはちょっと複雑ですが前回の加蓮票が流れて来るだろう、というのも)


    ということで、文章量からもわかる通り(笑)自分は神谷奈緒が今回のシンデレラガールになる、と予想しているんですね。
    ただ、前回のように圧倒的な差はつかないとも思っています、文香も志希にゃんも押される理由がありますし。特に文香はシンデレラガールに戴冠したら流石にライブに呼ぶだろう、という大きな目標がありますし(笑)。今回流石に自分は投票できない二人ですが、奈緒のことがなかったら確実に入れている二人ですしね。

    他に上位陣で脅威なのは何気に前回六位の高森藍子、まゆや智絵理を抑えての六位は本当に力のあるアイドルだという証明です。新形態の選挙になってもパッションが苦戦した、というのもパッション陣営の奮起に繋がりそうでさらにジャンプアップしてもおかしくないと思っています。

    そして読めない要素として前回ボイスオーデション組(+りあむ)が挙げられます。中の人たちも指折りの実力者、歌われた楽曲やコミュ等で表現されたキャラクター性も本当に素晴らしいものでしたからここで一気にランクインしてくる可能性も否定できないと思います。
    特に注目はあかりんごですね、まだ辻野あかり旋風は治まっていないのではないかと思いますし、中の人の梅澤さんも底知れない魅力がある方だと思っています(笑)。初のユニットが富田美優に河瀬茉希、そこに引けを取らないように見せているのだから相当な実力者なんだろうなと感じています、きっと大きく羽ばたくことになるだろう声優さんだと。

    りあむは前回に引き続き「わかんねぇなぁ」と本気で思いますね(笑)。りあむが何かやる(やらかす)たびに話題に上がりますし、なんか頑張っている風?なところも見えていたりいなかったりで、やっぱりエモ~って思えるアイドルなんですよね。
    こちらも中の人である星希さんのライブでのパフォーマンスが異色の出来、凄く凄いステージだったのですが(語彙)なんでこれで感動するんだろうなぁ、と遠い目をしながらそっと涙を拭いました。
    デレステでのイベントとか24magicとかでも生き生きとりあむがりあむしていましたし、評価がさらに上がったアイドルかと思います。相当味の濃いアイドルなので食傷気味になっていなければいいなぁ、と(笑)。

    そして第十回ということで注目のアイドルは初代シンデレラガールである十時愛梨
    一時の魔法が十時の輝きになる、そんな姿を一目見たい、と思わずにはいられません、『Lost Princess』も素晴らしい歌唱でしたし、上位でいて欲しい、と願っています。
    正直奈緒のことがあっても幾票かは投票しようと思っています、負けるならばこの陣営に負けたいな、と。(ヒトトキトキメキって今回の選挙見越したかのようなタイトルだよな、と何となく思いました)


    選挙も十回目ということで今回のみのスペシャル企画もあります、歴代シンデレラガールによる専用イベントと、CDの発売ですね。
    これによって、すでに参加が決定しているアイドルについては少し戦う意味が薄れたのではないかと思います、今回の影響範囲では楓さん、加蓮、とときんが含まれるでしょうか。
    メンツも豪華で初代・十時愛梨、第2代・神崎蘭子、第3代・渋谷凛、第4代・塩見周子、第5代・島村卯月、第6代・高垣楓、第7代・安部菜々、第8代・本田未央、第9代・北条加蓮
    ここに今回の覇者が加わり計十名に。

    プラスに働きそうなのはやはりトライアド効果が期待でき、ウサミンとの親交もある神谷奈緒でしょう、ニュージェネが揃っていてアニメの楽曲『STORY』の絡みもあるのでここは揃えたい、という動きも期待できます。
    そして楓さんや加蓮と親交の深い奏も票が期待できるかと、ボイス担当の飯田さんは誰と組んでもしっくり来るバランスタイプなので多人数の楽曲にも合いますしね。
    完全に興味だけで言うとこの中に梅澤さんを放り込んでみたり(笑)、富田さん(あきら)や花守さん(しゅがは)がこのメンバーの中でどこまでやれるかチャレンジさせてみたりしたいですね、コミュとか混沌としそう(笑)。


    そしてシンデレラを狙う以外でも順位を上げて欲しいアイドルがいます
    筆頭としては木村夏樹ですね、彼女は貢献度の割には毎回順位がパっとしないので応援票を投じたいのです。
    前回からの貢献度っていう意味ならばナターリア(cv生田輝)が素晴らしかったと思うので彼女にも幾らかは貢献したいですね~。Happy New Yell !!!でも珠玉の活躍をされていたのも印象的でした。
    デレステ的には藤本里奈によるカヴァー曲『CRAZY GONNA CRAZY』をひたすらエンドレスリピートでお世話になったのでりなぽよにもお返しをしたいです。

    砂塚あきら、桐生つかさ両名には今後の期待票を投じておこうかと。あきらの新曲は可能性をすごく感じる曲で、ライブやイベントで歌唱されるともう一段二段上に行ける曲だと思います、普通のニューカマーには酷かな?と思うのですが富田美優ならあきらのもっと奥をつかめると思いますので。あきらの演技とかラジオのトークとかまだしっくり来ていない感があるので(他のコンテンツと比べれば、という話)もっと遠慮なく、あきらも富田さんにもっと寄せていいと思いますね、それが良い風に転じる役者さんだと思います。
    つかさ氏の河瀬氏はナレーション風の進行がとても上手く、つかさのイメージ通りのお声ですね、シンデレラを全く知らない人に声を聞かせてどのキャラの声でしょう、って聞いてみても高確率でつかさにたどり着くんじゃないかって思うくらい。そのナレーター風の適正はラジオでも遺憾なく発揮されていてきらり役の松嵜さんバリの上手さだなぁ、と。


    最後に連覇、二冠の夢についても触れておきましょう。
    現状最も可能性のあるのは加蓮でしょうか、この予想記事は前回加蓮の票が他に流れるのを前提として語っているので、もし予想よりもその動きが少なかったとしたら連覇が見えてくるでしょう、それだけ前回の獲得票は凄まじかったですから。(多分今回のシンデレラの得票でも前回の加蓮を超えられないんじゃないかって思うくらい)
    個人的には奈緒と加蓮共に何のブーストもかかっていない状態でぶつかってもらいたいですが(今回は奈緒にかかるだろうから)今回奈緒が獲っても獲らなくても次回バフデバフのどちらかがかかりそうなので数年先になるんだろうなぁ、と。
    その加蓮と固定票的に競っているだろう楓さんは最近の活動的に少し弱いので難しいかな、と思います、初の二冠を達成するのには過去の成績から最も相応しいかと思うのですが、なかなかその機運にはならなそう。なので今回も総合五位の門番として君臨しそうです(笑)。
    もし中間があって、中間までの陣営の活躍があったとしたらワンチャン十時愛梨があるかな?と思っていましたが、この選挙の方式では駆け引きしようがありません、いい所までは行くと思いますし、行ってほしいですが一位には届かないんじゃないかと思います。


    さて、長々と語っていきましたが如何だったでしょうか、選挙経験するたびに思うのですが、けっこういろんなアイドルに思いをはせるので結果推しが増えるのですよね(笑)。中の人の頑張りとか見ているので余計に。

    まとめますと
    (加蓮票が流れるのを前提として)

    一位は「皆」で勝ち取る虹のアイドル
    ・神谷奈緒

    上位は混戦になりそうだけれど
    ・鷺沢文香
    ・一ノ瀬士希
    ・高森藍子
    が抜けそう

    五位の門番高垣楓を超えるられるのか?
    ヒトトキトキメキ、一時の魔法は十時の煌めきに到達できるのか?


    風雲急を告げる第十回シンデレラガール総選挙!
    投票は本日5月16日18時59分まで!!
    皆様お忘れなきように!!!



    記事が遅くなって申し訳ない。
    ボイスオーデションは混沌としているので分かりません! 浅利七海は多分確定!
    時間が無いので何か思いついたら追記します!


    それでは、また。
    ちなみに一時の魔法は~の下り結構良い出来だと思うので残り少ない時間ですが是非使って頂きたいです(笑)。




    おまけ(5/23追記)

    さて、問題のボイスアイドルオーデションについて。

    ここは前回四位以下の順位が発表されなかったのでさっぱりデータがありません、
    そして前回三位の桐生つかさ、彼女が何故三位になったのか、という正確なデータもない(あかりんごとあきらは「たべるんごブーム」という理由があった)ので正直予想しようがないんですね。

    前回の結果から類推できないので他から持ってくるしかないんですが、それが前回の総選挙の結果のみ。しかも発表されていて、今回のオーデションにかかっているメンツといえば

    工藤忍(44位)
    浅利七海(50位)

    の二人しかいないのです。
    さらに、この二人は前々回にも12位と14位という好成績だったんですね。
    でもそれにも関わらず、前回のボイスオーデションでは桐生つかさに負けているんですよ、なので「分からない」んですね。

    だからこそ「今回応援するんだ!」という票は見込めるとは思いますが、果たしてそれがどこまで作用するのかは未知数です。
    今回はそういった効果を検証する回になるんじゃないかと思います。
    そしてこの枠が二枠しかない、というのも残り一枠を混沌とさせていますね(笑)。

    今回プラスになりそうな外部要素として『アイドルマスターポップリンクス』が挙げられます、驚かれた方も多いと思いますがボイスの無いアイドルでも初期から登場させてくれているんですね、もしそこから入られた方がこっちの選挙にも興味を持って下さっていたらそれは少なからずのプラスになりますね。
    そして、ここに初期段階から登場している、というのは運営さんに期待されていることの現れだと思うので、そういった意味でもプラスですよね。
    まぁ、どこまで受け入れられるか実験されている、って見方もできるのですが(笑)。

    今現在参加しているボイスなしアイドルは

    若林智香 村松さくら 土屋亜子 高峯のあ 財前時子 大沼くるみ 大石泉 
    池袋晶葉 浅利七海

    何というか凄く絶妙なところを突いて来るなぁ、と思う人選ですよね(笑)。この中から誰にボイスがついても不思議じゃないと思えるくらいに。

    多分運営的にも、何となく目にしていたアイドルにいきなり声がつく、というシンデレラ特有の体験を他コンテンツのP諸氏にも味わってもらいたいんじゃないかなぁ、と。
    なので上記のアイドルは運営的に次の候補として考えているアイドルだと思うのです、シンデレラの運営とどこまで繋がっているかは分からないですが、少なくともバンナムの中では期待値があるアイドルなのではないかと。

    とすると、前回総選挙でも圏内に入り、ポプマス運営からも入賞を期待されている浅利七海は入りそうな感じが凄くしますよね。本編記事で浅利七海は多分当確、としていたのはこの辺りが理由です。
    正直、ここまで推しているのだったらオーデション以前にサプライズでボイスつけりゃいいのにな、と思わなくもないですが(笑)、前回のボイス組が予想外な入り方をしたと思うので、運営としても今回の本命がどう動くのかを見たいんじゃないかなぁと。

    なので今回の結果は(公表されるかは別にして)次回に凄く影響すると思っています。
    ポプマス勢がボイス実装の喜びを知ればシンデレラへの流入への切っ掛けにもなると思いますし、何気に今回のボイスオーデションは重要じゃないかと思うのです。

    気がかりなのは工藤忍陣営について、ですね。ポプマスの方に名前がないですし、ネットなどの機運も七海よりは落ちる印象です。
    これは多分どんなボイスがあてられるのか想像し難い、ということが理由なんじゃないかと思います。クールやパッションのように個性が際立ちがちな属性と違い、キュートのアイドルというのもその一助になっているでしょう。
    ただこれは前回のあきらのように「大物を起用する」ということで解決すると思っているので、注目のこの選挙で獲れればかなりのよい結果を生むんじゃないかと思います。
    データもある程度今回で取れると思うので(入賞しなくても)サプライズで、というのも十分あるかな?と。(好意的な見方をすればボイス実装は既に確定していたので運営的にさらに推す必要がなかった、とも。)


    おまけはここまで、さてどうなるか注目していきましょう。

    結果発表は5/24 12:00から!


    個人的にはイヴとかユリユリとかあいさんとかクラリスさんとか期待しているんですが、今回ではちょいとむずかしそう。
    東郷あい(cv上田瞳)とかめっちゃ妄想しているんですが。


    ちなみに浅利七海には高尾奏音を工藤忍には楠木ともりを推しておきます。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。