ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【CHO】地雷では無いと思ってる人向け中級者用
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【CHO】地雷では無いと思ってる人向け中級者用

2014-02-18 20:37
  • 1
連続でブログ更新とか頭でもイカれたんじゃないですかね(白目

今回はヒーロー紹介では無くて、別の視点からCHOのプレイの解説?をしていければなと。

初心者向けでは無く、ある程度動きがわかってきてどうしても勝てない・・・なんて人達向けになってきます。

前記事、年末年始の初心者ステップアップの続きになりますので、もし見てない!という人が入ればそちらを先に見て頂いた方がわかりやすいかも?



Rスキルは惜しまず使う

ヒーローの華でもあるRはスキル。これの強さがヒーローの強さにも直結すると言っても過言ではない重要なファクターでは有ります。

効果も絶大な故にクールタイムがものっそい長い!

ココぞという所で撃たなければ勿体無いし効果も最大限発揮できない・・・

ちょっと待とう、本当にそうかな?

このゲームでは Rスキルを撃つ = キルに直結する という場面がほとんど。

ただ逆に言えばRスキルさえ当たればキルを取るチャンスになるって訳なんですよね。当たり前ですけど。

もちろん、それでキルを取れれば言うことナシだけどもやっぱり帰還されたりもする。

ですがRスキルは長くても165秒に対して帰還は300秒と約半分以上のCTになっている。

なのでRスキルを後生大事に抱えとくよりはCTが終わったら速攻で使いに行こう!なんて気の持ち方でいいと思います。

範囲スキルのRだろうと、序盤は敵もロクに耐久が上がってない状態なので、相手が一人だろうとバシバシ使って行ってもいいんじゃないでしょうか。



敵のRをスカす

さて、Rスキルはキルに直結すると言うのは皆さんも知っての通りだと思います。

ここで一つ。集団戦などで相手がRを撃ったら馬鹿正直にRを打ち返して対抗したりしていませんか?

もちろんRスキルというのは強力な物なのでこれに対抗するにはこちらもRスキルを撃って相殺させる事もアリますし、最終的には帰還することだってあると思います。

じゃあ逆にですけど、このRスキルが無ければどうなのか。

バカ正直に相手がRを撃った!R合戦の始まりだ!なのではなくて。
相手がRを撃った時にそれをスカせるのでアレばそれに越したことは無いのではないかと。

例えば相手の自己強化系のRスキルを当たる直前に使ってきた時。

相手の範囲Rがちょっと浅めだったり時等。

わざわざその上で戦闘する必要もないですし、極論で言えばその集団戦で勝てなくても良い訳です

というのも、その場での被害を最小限に抑えれば、次の当たり(敵のRが回復前)ではかなり有利、それも一方的に戦える訳ですよね。

なんてったって相手にRスキルが無いんですから。

Rの打ち合いでは無くてRを無駄撃ちさせる。これもひとつのテクニックになるので覚えておいて損はないと思います。





フォーカスを意識する
相手が一人ならいいけれど複数居た場合、当てられる相手は限られてきます。

ダメージをバラまくよりも、一点集中して確実に一人落としたほうが良かったりと誰かを狙うというのはとても重要になってきます。

基本的には敵キャリーを優先的に狙っていけば、キャリーが育たずに終盤ではこちらがその分有利になります。

ですがそんなのは相手も同じでこちらのキャリーや後衛を狙ってくるんですよね。

んじゃどうすりゃいいのよ!と思うかもしれませんがやること自体は簡単で

  • 敵の暴れさせたら面倒なヒーローを足止めする為に狙う
  • 突っ込んで敵のキャリーを無理やり叩いていく

ココらへんがメインになるかと。

狙われてない。ということはその人は自由に動けるので火力も出しやすいんですよ。
逆に狙われればその分動きに制限が掛かって来るし、キルを取られてしまうかもしれない。

この狙うというのはキルを取る為でもありますが、敵を自由にさせない、牽制的な意味合いもあるのですごく重要な事になります。

誰を狙うべきなのか。相手プレイヤーの腕やヒーロー、味方の状態や使用しているヒーローを判断して行けるといいんじゃないでしょうか。






さて、ここまで書いて自分の文才の無さに嫌気が差してきましたが如何でしょうか。

自分で言うのもなんですが、最近のノーマル等での高レベル初心者が多い状態にちょっと萎え気味な所があったのでプレイヤー全体のレベルが上がっていけばいい試合も増えてくるんじゃないかとは思うんですよね。

もちろん今回書いたことは主観での意見だったりするし、ましてや理想論ではあるのでこんな上手く動けるほど良い場面ってのは中々無いと思います。

ただ、意識だけでもしておけば動きにも幅が出てきますし考えて動くと言うことが重要なこのゲームではプレイヤーレベルの上昇にも繋がるんじゃないかなと思っています。

是非是非、今回の記事を見て実践して頂ければなーと思います。


広告
×
ちょっとした意識改革で戦闘に関する考え方が一段上がるなぁと思いました。

次回は指揮官の兜(視界の広がる装備:光の宝石、光盾、タル族の仮面、追跡者の槍)に関する記事とかいいかもですね。
実戦で視界アップアイテムを2種ほど買って思いのほか見えなかった所が見えるようになったのを実感しているので、視界とれるスキルが味方内に一人もいない時にsup系が持つといいなーとか思いました。

あんまり文章添削してないのでアレかもしれませんが、視界アイテムのOP具合について調べてみてもいいですねって提案でございます。

よかったらどうぞ!
92ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。