ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【CHO】act3、修正後のイキ杉田君。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【CHO】act3、修正後のイキ杉田君。

2014-11-04 16:21

    皆さん、ご無沙汰しております。

    早速ですが今回はAct3、修正後の杉田君ことラグナ君に再度注目して見ていきたいと思います。





    ラグナ君。

    不死には豊富な闘士陣が居るため中々選ばれにくいヒーローですね。

    ですが高火力、移動も出来るQ、移動しながら鈍化を掛けれるようになったE等。可能性がかなり増えましたね。

    自分の中での大きい変更点といえば

    1. Wスキル、EスキルでのHP吸収上限が無くなった
    2. Eスキル使用時に足を止める事が無くなった。

    という点でしょうか。

    Wに関しては当たれば200近いHPを回復したりと、軽くチーズ食べてるレベルで回復します。

    Eスキルを発動するときも足を止める事が無くなったので自分が移動しながら鈍化を掛けれたりと、まったく隙が無いスキルになりました。

    Rした相手のHPがちょっとだけ残ってる・・・!そんなときにE連打してみてください。

    意外とポータルキルできたりします。

    さて、スキル紹介については前記事に記載していて、そこまで変更点は無いので割愛。


    Act3からの杉田君の動きとしては基本はジャングルかTOPレーン。

    ジャングルはQスキルの利便性から言わずもがな。TOPレーンなのはブリンクもあり、何より相手よりも早くレベル6になれるからですね。

    レーンがソロ基本になったために、レベル6への到達がかなり早くなりキルを序盤からガンガン取れるようになりました。


    はてさて途中からのgankの動きですが

    Qで追ってからWしてのQQ・・・

    ダメです

    Qで追っかけてからの即E、またはスキルを撃たずに様子見張り付きが無難でしょう。

    Qで突っ込んでからは相手との我慢比べになります。

    おそらく突っ込まれた相手は逃げるか殴りあうかになりますが高確率で逃げます。

    Eで追いかけながら鈍化を掛けつつ、相手が我慢できずに耐性を張ったの見てから即解除Wが望ましいですね。

    QQの高火力は魅力ですが、次に繋がらなければ意味が無いので、状況に応じて使い分ける感じでしょうかね?


    集団戦なら突っ込めるのであれば高火力だす相手に、無理そうなら金ぴか止めてあげるだけでも結構いいんじゃないでしょうか。

    Rしたセドリックに撃つのもナイス。

    あわよくばR前のエデリンを拘束してその間にある程度みんな削ってもらう・・・とかも。




    はてさてビルドですが、前に出るのでタンクビルドに。


    なんて安直な考えはやめましょう。

    というのもスキルに攻撃力が乗るラグナ君。それを生かさずにタンクタンクとか言ってるならキングジェイでもやればいんじゃなかろうかってなりますんで。

    といっても最低限のHPは確保しつつ、湧血やら魔獣棍棒とかで火力やらを伸ばしつつ~なんてのが理想ではあるんじゃないでしょうかね。

    次期アップデートでスキルに乗る攻撃力が50%になるなんて絶望的な事を言われてるみたいなんで、そうなったら破滅グローブからのおちこんこうによるバーストラグナ君が主流になりそうです。

    一部では魔法防御減らそうぜ!なんていう破滅のカマだか持ったカマラグナなんていうファッションホモも誕生してるらしいので意外と幅広いビルドがありそうです。


    最近の自分は杉田君オンリーでプレイしてますが、平均キルは7.7ちょいぐらい。

    高いのかどうかは分かりませんが、やっぱりRスキルで仕留めた時は気持ち良いので是非触ってみてくださいなー


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。