ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【DFFAC】自分なりの上級者への道のり
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【DFFAC】自分なりの上級者への道のり

2015-12-15 01:10
    こんばんわ。本日もディシディアアーケード触ってまいりました。

    正直アップデート前という事もあるんですが中々の勝率。

    相方のぺこ氏(WOL)とワシ(セシル)で組んで後は浮浪者のおっさん(マッチングした人)を入れての出撃

    基本的に相手は3人PTの人が多かったです。

    自分が全国ランキング1200ちょいぐらいなんですが、相手のランキングが大体3桁台が平均のマッチングでした。

    が、30戦ぐらいしましたがそれでも勝率8割ぐらいをキープ出来るほどの大健闘でした。

    いやーよかったよかった。



    その中でどうすれば勝率が上がるのか、立ち回りがよくなるのかを自分的にまとめてみました。

    あくまで個人的な見解なのでなんだこのホモくさいブログはと思った時点でブラウザバックしてください。

    かなり初歩的な事ですが、まずはどうやったらHP技を当てれるのかを考えて動かなければなりません。

    基本的にはHP技は隙が多いのでブッパしたところで当たらないし隙が生まれて反撃食らうのがオチです。

    相手のHPがミリだったとしても落ち着いて当てていく必要があります。

    筐体の傍で他のブロンズ、シルバー帯の方の動きを見てるとこっちのHP攻撃で仕留めれるからかHP攻撃一辺倒の攻めになり、当たらずにズルズルと・・・なんてのがザラにあります。

    このゲームのシステム上、HPの当て方としては
    • 相手をブレイブ攻撃等で吹き飛ばしてダウンしてる所にHP技を当てる
    • ターゲットされてない状態で奇襲攻撃として当てる
    • 相手のステップを読んで当てる
    の大まかには三種類に分かれます。(シューターは奇襲攻撃として当てるのがメインかな?

    1番目、2番目に関してはこのゲームの(主に近接)主軸とも言える攻撃の当て方になるのでマスターする必要があります。

    3番目に関してですがそんなの相手の行動しだいじゃん?!と思われるかもしれませんが、ある程度相手の行動を縛る、もしくは予測できる場面が結構あるのです。

    たとえばですが相手が攻撃を振ってきたとして、こっちがその攻撃をステップで避けたとします。その場合、相手が考える行動はまずカウンターを警戒だと思います。
    もちろんそこでブレイヴ攻撃を入れてもいいですが、タイミングによってはブレイヴ攻撃すらステップで避けられると思います。

    そこで。

    相手がステップで避けると読んで、もしくはヤマを張って攻撃を1テンポ遅らせてみてください。思うように攻撃が入ります。

    その1テンポってどれくらいよ!って思う方は攻撃したい!と思ったときに相手に向かって少しだけダッシュしてみてください。ヒュっとステップ踏んだりしますんで。

    壁激突、地面激突で無敵起き上がり時もまずステップで状況改善しようと考える相手にはかなり有効な手段なので覚えておいて損はないと思います。

    逆にその行動を読んで即攻撃・・・なんてこともあると思いますが、そのときはもう臨機応変にとしかいい様が無いですね。

    というのも対人戦な時点で相手の行動を読む、裏をかくというのが大事になってくるんですね~


    後は自分がある程度どの相手を狙わなければいけないのかを把握しとく必要があります。

    例えば自分が近接キャラだったときに、相手のシューターや遠距離HP技持ち(フリオのMoA,たまねぎのメテオとか)をある程度狙って行動を制限する必要があります。

    遠距離HP技持ちを放置しとくとやりたい放題されて本当に面倒です。

    ある程度狙って行動を縛り、近くに他の相手の隙があれば攻撃を刺して行ったり攻撃をカットしたりすると面倒な事が減ると思います。


    あとは近接の自分中心範囲系のHP技(チャージ&アサルトとかフェイテッドサークルとか)中の相手にカット目的で自分も突っ込まないってとこでしょうか。助けるつもりが自分も巻き込まれて2死します。

    遠距離攻撃で止めるなり範囲の強いHP技でダウンを狙うなり諦めるかしたほうがいいでしょう。


    上位陣は多分当たり前と思って無意識のうちに行動してる内容だとは思いますが、このブログを見てやる気出る人が少しでもいたら幸いです。

    まぁ12/16日アップデート前の話なのでその後システム面がどう変わるのかによってまた変わってくるでしょうねぇ

    それではまたクリスタルの世界で会いましょう
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。