ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【DFFAC】セシルの詳細、使用感を1つずつ見ていく(立ち回り編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【DFFAC】セシルの詳細、使用感を1つずつ見ていく(立ち回り編)

2016-01-29 01:17
    • ジョブチェンジについて
    ジョブチェンジはチェンジを行うと攻守のバフが付くという効果もありますが、チェンジの時間や自分で戦いたいスタイルもあると思うのでオマケ程度に考えた方が良い。
    ジョブチェンジを使用し姿が変わった瞬間から無敵が発生する

    ジョブチェンジを伴うHP技(ソウルイーターとパラディンフォース)を使用するときに、ジョブチェンジを行った場合、通常より発生まで時間がかかる。
    (パラディン状態でイーターを撃つ場合、暗黒騎士で撃つよりも発生が遅い。多分変身時間が追加されるからだと思われる)
    基本的な立ち回り
    前記事で少し触れたかもしれませんが、足の遅く地上戦で進化を発揮する暗黒騎士で戦うのは難しいので基本はパラディンで動いた方がスムーズに動けると思います。パラディン時の攻めとしてはNダッシュで高度をあわせるのではなく相手の下or上から高度をずらして攻めるのが良い。
    パラディンであれば召還コアをサーチライトで効果的に壊す事が出来るので積極的に狙ってみるよ良い。

    セシル、というかヘヴィタイプの場合、攻撃をガードされたときは1段階で止めて攻め継続・・・なんてスコールがよくやるようなことはせずに出し切ったほうがいいと思われる。
    というのも、ブレイブ技の後隙をブレイブ技でキャンセルできるスピードタイプだから活かせるもんで、ヘヴィなら出し切ってしまって相手を吹っ飛ばして他の相手にタゲを移す。なんてのがいいんじゃないかと思う。

    攻撃を当てても壁激突で無ければ無理に追撃に行かずに味方の援護に回るなんてのもいいかもしれない。

    相手にメテオやシューターがいた場合はセシルでひたすらに追いかけるのも結構強い。(ヤシュトラが引きこもってる場合はスルー)

    イーター型、パラホ型
    パラディンで動いて壁激突やステップを積極的にHP技で刈り取るタイプ。
    前線で戦うことになるので被ロック、被弾に注意。パラディンであれば2タゲは割りとなんとかなるが3タゲはまず無理なんで素直に逃げましょう。
    壁激突時も高度や距離的に厳しかったり、相手が高ブレイブを抱えているのであればブレイブ技で削りにかかる方が良い。

    イーター持ちで暗黒騎士で動くときはイーターを主軸に置いた攻め。パラディンの技は優秀なブレイブ技を起点に攻めるといいと思う。
    パラホ?いやもう暗黒騎士にすらならなくていいんじゃない?(適当

    EXスキルに関しては前に出る分、マイティストライクやHPリジェネ、広いステージで片追いした時を考えてテレポや挑発も選択肢として有。スタミナブレイクなんかも攻めに強い。

    マイストやHPリジェネ等を一気にかけるのもいいが、相手のデスペガを警戒してタイミングはずらしたほうがいいかもしれない。

    フレイム型
    初動はパラで動きブレイブを溜めてからダクフレでHPを削り、パラディンに戻ってブレイブ溜めるのが基本スタイル。ダクフレ連打の持ちつき糞野朗で常に2VS3の状況を作っても強い。
    ホーリーフレイムは相手の硬直をしっかり取れる時以外は振らないほうが良い。
    フレイムを持つと相手が親の仇の如く襲ってくるので捌き方をしっかりマスターしておく。

    EXスキルはダクフレのダメUPを期待してのブレイブリジェネ。遠距離で周りを見れるのでデスペガ等が一般的。ダクフレぶっぱ型はHPリジェネ積まないように。雀の涙程度の効果しかない。





    今の自分が感じた所を書いてみましたが実際には違う所も多いと思います。
    そこらへんは自分で探ってみてください(他力本願寺


    動き方については自分の動画(ry




    それでは皆さん、マッチングしたときはよろしくお願いしますん。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。