• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • ★ブロマガ 第45【GACKTの中ダシ・生放送新聞】11/24号★

    2013-11-25 19:04  
    294pt
    ** Webで読む(なるべくWebで読んでね!)**
    1.★ GACKTいまどこ? ★
    2.☆ GACKT生インフォメーション ☆
    3.★ オレは世界の中野猛!VOL.9 ★
    4.☆ 姪っ子マイの『G兄ちゃんの○○をお裾分け』☆
    5.★ プレゼント当選者発表!!!・・・11月14日掲載プレゼント当選者発表 ★
    6.☆ 秘蔵プレゼントコーナー☆
    7.★【Gスポ】取材班は見た!!!!!! ― サイゾゥが暴く 密着24時 ―★
    8. ☆ 新コーナー Q&A GACKTの「あんっあんっ♡」 ☆
    9.★ 姪っ子マイの『G兄ちゃん観察記!!!』★
    10.☆ TAKUMIのYFC補完計画 第十弐話☆
    11.☆ 編集後記 ☆
    2013年11月24日号
    1.★GACKTいまどこ?★
    ボクは今、ここにいる。
    病院で寝てた・・・。
    あははは。
    笑いごとじゃないんだが。
    まあ、疲労が蓄積した上に
    こんなに温度が毎日変わるのに
    カラダがついていかなかったようだ。
    ま、しょうがない。

    ボクはこの季節になると
    必ずと言って良いほど入院をする・・・。
    しかも毎年。
    ふぅ〜。
    去年は肺炎になって
    死にそうになってた。
    ホントに殺してくれと言わんばかりの
    痛みと熱に完全にやられてた。
    ボクは平熱が35度を切るぐらい低いから
    熱が37度を超えると目眩がし始める。
    39度を超えると完全に脱水症状が
    押さえられなくなり、
    40度を超えると意識を無くす・・・。
    40度を越える熱は一年に一度、
    お礼参りのように必ずやってくる。

    覚悟はしてるが、
    やっぱり苦しい。
    こうやって天井を見上げる度に、
    ホントに健康というものに
    心から感謝する瞬間が訪れる。
    今日はこれから東京に帰る。
    大阪で、神威財閥の御曹司、
    神威樂斗性徒会長から
    神威♂楽園大阪分校の楽園祭に招待を受け、
    見に来ていた。
    が、なんせ体調が悪い・・・。
    ホントに困ったもんだ。
    さて、先週の続きを書いてみるか。
    バリでの撮影を終えて、
    ジャカルタに移動だ。
    ジャカルタでの撮影のことを
    書いていくか。
    朝4時に起きて出発の準備だ。
    外はまだ真っ暗だ。

    この時間から用意しないと
    間に合わないらしい。
    外で葉巻を一服・・・。

    少しずつ、
    夜が明けてくる。
    今日でバリとお別れだ。
    なんか寂しい・・・。
    また、必ず来よう。
    ここはボクのお気に入りの一つに決定。

    朝から国内線に来たのだが
    実は国内線と国際線は併設しているのだが。
    どっちがどっちか解らないこの狭さ・・・。

    カウンターで段取りをすませ
    早速ラウンジに向かうのだが・・・。

    ラウンジが・・・ない・・・。

    適当に席を探して出発までの時間を
    作曲の時間に充てる。
    出発の時間になり外に出ると、
    となりの国際線が見える。
    あそこに到着したときは入ったわけだ。

    ジャカルタに着くと
    空港の外はインドネシアのファンでごった返してた。
    情報が漏れていたらしく、
    ジャカルタLOVERSが待っていた。
    だが、感動したのは
    みんなけっしてトラブルにならないように
    必死に統制を取ろうとしているファンもいる。
    大したもんだ。
    ここには必ずライブで来よう。
     

    記事を読む»

  • ★ブロマガ 第44【GACKTの中ダシ・生放送新聞】11/14号★

    2013-11-14 04:44  
    294pt
    ** Webで読む(なるべくWebで読んでね!)**
    1.★ GACKTいまどこ? ★
    2.☆ GACKT生インフォメーション ☆
    3.★ オレは世界の中野猛!VOL8★
    4.☆ 姪っ子マイの『G兄ちゃんの○○をお裾分け』☆
    5.★ プレゼント当選者発表!!!・・・11月4日掲載プレゼント当選者発表 ★
    6.☆ 秘蔵プレゼントコーナー☆
    7.★【Gスポ】取材班は見た!!!!!! ― サイゾゥが暴く 密着24時 ―★
    8.☆ Q & Aコーナー (GACKTの調教部屋) 斬り捨て御免!!! ☆
    9.★ 姪っ子マイの『G兄ちゃん観察記!!!』★
    10.☆ TAKUMIのYFC補完計画 ☆
    11.★ GACKTの『コクな時間ッス』 ツアー思い出、変?【ファイナル】★
    12.☆ 編集後記 ☆

    2013年11月14日号
    1.★GACKTいまどこ?★
    ボクは今、ここにいる。
    ただいま。
    日本に帰ってきたよ。
    正直、
    それほど長い期間じゃなかった気もするが、
    まあ、一人で海外にいると
    体調が悪くなって寝たりするときに
    色んなことを考えるもんだ。
    つい、
    気持ちが弱くなったりするときもある。
    それでも、
    自分がなんのために足を運んでるのかを
    再認識してその一日を過ごすんだ。
    笑顔で。
    取りあえず、
    無事に日本に帰ってきたが、
    ブロマガの方は全然無事じゃない。
    まだ、
    海外の作業から時間軸が進んでいない。
    ということで
    『GACKT今どこ?』
    ってタイトルを変えようかな・・・と。
    何に?
    ・・・全く考えてない。
    『GACKT何中?』
    これじゃ、
    すべての答えが
    「ブロマガ中・・・」
    になってしまう・・・。
    『GACKT今、かく語りき』
    これでもいいか。
    ん〜、パッとしないな・・・。
    『GACKTが斬る!!』
    なんだかな・・・。
    なんか批判めいててイヤだな。
    斬り始めたら
    人斬りサイゾウ並みに全員を斬りそうだ・・・。
    『GACKTのすべらな〜い話』
    ハードル高いわ!!!
    それこそ、
    ノイローゼになってしまう。
    勘弁してくれ。
    だったら、
    『GACKTのくだらな〜い話』
    の方が良いか。
    みんなサラッと読み流せるだろう。
    下らないと思いつつ、
    深い話をたまにしてると
    オーッと思うし、
    実際下らなくても
    まあ、下らない話だからぁと
    諦めてもくれるか。。。
    まったく意味を持たないタイトル、
    『OH MY GACKT!!!!!』
    とか。
    なんだこれ!
    これ、どっちかと言えば
    ブロマガのタイトルだな。
    OH MY GACKT!!!!! Tシャツでも
    早速作ってみんなにプレゼントしようかな。
    来週から変えるか。
    ブロマガのタイトル。
    急すぎるかなぁ。
    アハハハ。
    そもそも、
    今までのタイトルが下品だったからなぁ。
    それじゃ、
    早速来年一発目からの
    ブロマガのタイトルは
    『OH MY GACKT!!!!!』
    で行こう。
    それに伴って
    おもしろいグッズも作るか。
    クリスマスに
    プレゼントできるよう
    間に合うように動いてみるかぁ。
    さて・・・、
    言ったことがどこまでホントになるか、
    見てみたいだろ?
    下らないことでも
    言ったら行動するってのがGACKT。
    まあ、見ててくれ。
    さて、
    それじゃ、前号の続き行ってみようかぁ。
    2014カレンダー撮影は
    無事に終わったから
    撮影予備日は、
    自由に使えるようになった。
    バリの最終日だ。。
    朝、目が覚めて、
    久しぶりのオフだということに
    改めて気づく。
    で、何をするか?
    先ずはトレーニング。
    遅れてた分を取り戻さないと、
    躯が駄目になる。
    ということで、
    朝からトレーニングの準備。
    準備をしながらも『オフ』という響きが
    本当に心地良い。
     
    歯を磨きながら外に出る。
    うーん、綺麗だねぇ。
    良い朝だ。
     
    ホントに、
    このホテルのレベルでも
    十分に楽しめる。
    見渡すとこんな感じだ。

    これは、
    ボクの部屋の玄関に付いてる、
    玄関専用チェアー。
    まあ、ここに座って葉巻を一本。
    良いねぇ。
    さて、早速、
    トレーニングルームに向かう。

    広いだろ?
    この部屋のどこかにスタッフが
    まだ寝てるわけだ。
    ボクの夢はこんな所に
    仲間で住むのが一つの夢だった。
    庭を共有し、
    朝起きたらみんなが
    「おはよう」
    って挨拶し合う。
    まあ、学校の合宿所みたいな感じになるか。
    日本人はこういうことに苦手な人が多い。
    ボクは部屋はそれ程大きくなくとも
    みんなで色んなモノを共有できたらいいのに・・・
    と、いつも思うわけだ。
    日本人が苦手なのは
    共有ってことなのかな・・・。

    綺麗な庭だ。
    ここを通って行く方がジムには近い。

    プールが見える。
    そう、朝から子供達がみんなプールに入ってる。
    元気だよな・・・。
    ボクはプール付きの家は好きだが、
    プールに入ることはない。
    水の中に入るのが好きじゃない。
    トラウマが蘇る。

    ジムに到着。
    がっかり・・・。
    小さすぎる。
    まあ、リゾートに来て
    トレーニングするヤツはいないか・・・。
    残念。

    にしても小さいだろう・・・。
    さて、今日は何をするかな。。。
    ツアーでは
    躯を一回り小さくしたことで
    随分と筋力が落ちた。
    やっぱりボクは一回り大きなカラダの方が
    動きやすいみたいだ。

    早速、L字懸垂を始める。
     

    記事を読む»

  • ★ブロマガ 第43【GACKTの中ダシ・生放送新聞】11/4号★

    2013-11-04 00:10  
    294pt
    ** Webで読む(なるべくWebで読んでね!)**
    【11/4号】
    1.★ GACKTいまどこ? ★
    2.☆ GACKT生インフォメーション ☆
    3.★ オレは世界の中野猛!★
    4.☆ 姪っ子マイの『G兄ちゃんの○○をお裾分け』☆
    5.★ プレゼント当選者発表!!!・・・10月24日掲載プレゼント当選者発表 ★
    6.☆ 秘蔵プレゼントコーナー☆
    7.★【Gスポ】取材班は見た!!!!!! ― 彩三(サイゾゥ)が暴く 密着24時 ―★
    8.☆ Q & Aコーナー (GACKTの調教部屋) 斬り捨て御免!!! ☆
    9.★ 姪っ子マイの『G兄ちゃん観察記!!!』★
    10.☆ TAKUMIのYFC補完計画 ☆
    11.★ GACKTの『コクな時間ッス』 ツアー思い出、変?【後編1】★
    12.☆ 編集後記 ☆
    ★GACKTいまどこ?★
    ボクは今、笑いの中にいる。
    いや、
    正直笑いという感情が出たのは
    ほんのコンマ何秒後の話だ。
    まあ、結論。
    呆れてモノが言えないとはこのことなんだな・・・と、
    悲しくなった。
    日本って、
    こんなことを書く記者が
    ドンドン出て来てる。
    ホント終わってるよな・・・。
    まあ所詮、
    東スポのことだしどうでも良いんだが。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/183140/
    ことは、
    ファンクラブLOVERSの一人が
    「こんな記事が書かれてるんですけど
     大丈夫ですか?」
    と送ってきたことから始まる。
    まあ、大丈夫かどうかはボクの方ではなく、
    この記者の腐った脳みそだろう。
    題して、
    「このセクハラ男!」と罵倒されたGACKT
    アハハハハ。
    なんだそれ?
    どれどれもう一度、
    記事を読んでみよう。
     自身のセクハラ騒動に続き次男の窃盗未遂事件…。みのもんたも散々だが、その裏でミステリアスなイケメン歌手・GACKT(40)もセクハラ騒動を起こしていたことが、本紙の取材で分かった。舞台は名古屋の高級クラブ。“GACKT世代”ではない若いホステスから、あろうことか「このセクハラ男!」と罵倒されたというのだ。一体ナニがあったのか? 問題の夜を追った――。
    「あのGACKTが女の子から『セクハラ男!』と罵倒される日が来るとは思いませんでしたね」。GACKTを知る音楽関係者は苦笑いする。
     今年6月、GACKTはコンサートツアーで名古屋を訪れた。その夜、本人を含めたスタッフ陣が出向いた繁華街のある高級クラブで騒動は起きた。目撃証言を元に再現してみよう。
     テレビで見せるクールなイメージのまま、GACKTはサングラス姿でVIPルームに陣取った。そして店のツートップ美人ホステスを両脇に抱え、飲み始めた。が、酒を口にしたのは最初のシャンパンを少しだけで、ほとんどシラフ状態。
     お付きのスタッフは必死に場を盛り上げようとしていたが、GACKTがこれに合わせて面白い話をするなんてことはなかった。居心地の悪いホステスたちが気を使ってしゃべりかけても、ほぼ無視。両脇の美女の肩に手を掛け、ただソフトドリンクを飲んでいた。そして帰り際、とんでもない結末が待っていた。「GACKTが帰るとき、店の女の子全員に『ありがとう。これは僕からのプレゼントだよ』と一人ひとりにキスをしたんです。もちろんウットリ顔になる子もいるにはいましたけど、そんなキザな態度に一人の子がちょっとキレてしまって…。『別にアナタのこと知らないしファンじゃないから。このセクハラ男!』と言っちゃったんです」(あるホステス)
     ただ、さすがはクールなGACKT。動揺する周囲をよそに、屈辱的な罵倒にも表情ひとつ変えず店を後にしたという。
     しかしながら、そんなキザなセリフを吐きながらホステス全員にキスをするなんて、カッコイイを通り越してギャグだ。今どき、名うてのカリスマホストだってしなさそう。ただ冒頭の音楽関係者によれば「彼にとっては当たり前のこと」というから背筋も凍る。
    「私が見た限り、初対面の女の子へのあいさつはハグしながらのキスで入って、気に入れば相手の名前を聞く感じですね。飲みに行っても、ハグかキスしてる光景ばかりを見ますよ。勝手にキスをした後に『ごめん、しちゃった』とか言ってたのには驚きましたが(笑い)。エッチに誘うときも『“したい”とハッキリ言えばいいんだよ』と豪語してましたよ」
     いくら過去にモテまくったとしても、もうアラフォー。“夜の蝶”の中には、GACKTの全盛期を知らない世代も多い。もう少し分別をわきまえた振る舞いをしないと、また“セクハラおやじ”扱いされて嫌な思いをするんじゃなかろうか。
    こうやってネタを提供してくれるのだから
    このブロマガも安泰だ。
    【今年6月、GACKTはコンサートツアーで名古屋を訪れた。
    その夜、本人を含めたスタッフ陣が出向いた繁華街のある高級クラブで騒動は起きた】
    結論から言うと、
    先ず、名古屋の滞在中に
    キャバクラ?に行ってない。
    まあ、この一言で終わるわけだが。
    面白いからもうちょっと
    掘り下げていこうか。
    【そして店のツートップ美人ホステスを両脇に抱え・・・】
    ツートップの美人ホステス?
    いるなら紹介して下さい。
    ハイハイ、それで・・・、
    【飲み始めた。が、酒を口にしたのは最初のシャンパンを少しだけで、ほとんどシラフ状態】
    ボクはこのツアー中、
    酒は一滴も飲んでない。
    しかも、ボクはシャンパンを呑まない。
    アレルギーだから。
    アハハハハ。
    【とんでもない結末が待っていた!】
    どんな??
    どんな、どんな??
    【店の女の子全員に『ありがとう。これは僕からのプレゼントだよ』と一人ひとりにキスをしたんです】
    もっともらしく書いてるけど。
    残念。
    仮にボクがキャバクラに行っても
    帰りは女の子の見送り一切無し。
    ボクはいつも裏口からサッと出ます。
    はい。
    ボクをよく知ってる音楽関係者なら
    これ常識。
    もうちょっと掘り下げようか?
    【そんなキザなセリフを吐きながらホステス全員にキスをするなんて、カッコイイを通り越してギャグだ】
    いやいや、
    オマエのこの記事の方がギャグだろう?
    アハハハハ。
    良くもここまで、
    ボクをデフォルメして書けるもんだ。
    大したもんだ。
    そして、最後にこう来たもんだ。
    【もう少し分別をわきまえた振る舞いをしないと・・・】
    オマエだろ!!
    アハハハハ。
    ウケるなあぁコイツ。
    名前はなんて記者だろう・・・。
    書いてない・・・。
    ま、どうでも良いか。
    コイツの名前なんて。
    正直、
    アホばっかりだな。
    この際、
    ボクのファンであるLOVERSのみんなにも
    認識して貰いたい。
    別にキャバクラに行くことが
    ボクは何も悪いことだとはまったく思ってない。
    行きたいヤツは行けば良いし、
    そこで出会いがあるなら
    それも良しだろう。
    『ボクが店で罵倒される?こと』
    ボクが???
    悪いけどそんなことも一度もない。
    あのね、
    ボクと誰かを間違えてない?
    良く聞きなさい。
    この記事を書いたバカな記者くん。
    ボクが名古屋にいたときに
    ボクの横にいたホステスはこちら!!
     

    記事を読む»