• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

★ブロマガ 第54【OH!! MY!! GACKT!!】2/24号★
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

★ブロマガ 第54【OH!! MY!! GACKT!!】2/24号★

2014-02-27 16:30




    1.★ GACKTのクソくだらな〜い話 ★
    2.☆ GACKT生インフォメーション ☆
    3.★ オレは世界の中野猛!VOL.18 ★
    4.☆ 新コーナー 姪っ子マイの『教えてG兄ちゃん先生!!』☆
    5.★ プレゼント当選者発表!!!・・・2月14日掲載プレゼント当選者発表 ★
    6.☆ 秘蔵プレゼントコーナー☆
    7.★【Gスポ】取材班は見た!!!!!! ― サイゾゥが暴く 密着24時 ―★
    8.☆ Q&A GACKTの「あんっあんっ♡」 ☆
    9.★最終回 姪っ子マイの『G兄ちゃん観察記!!!』★
    10.☆ TAKUMIのYFC補完計画 第弐拾壱話☆
    11.★ 新コーナー GACKTの写真で一言 ★
    12.☆ 編集後記 ☆ 



    2014年02月24日号



    1.★GACKTのクソくだらな〜い話★



    慌ただしく時間だけが過ぎていく。
    こういう感覚は余り好きじゃない。

    特にドラマや舞台をやってるときは
    セリフを覚えるまで
    他の作業に入れなくなってしまう。

    ホントに不器用極まりないオトコだ・・・。
    コレじゃ、
    何のために演技の勉強をしてるのか
    わからなくなる。
    すべては自分のステージに帰ってくること。

    何もかも、
    表現とは共通して大きな武器になる。


    そんなボクは
    東京近郊でのドラマの撮影をやっと終了した。
    いわゆるクランクアップだ。
    6dd2f6b12d1368036f95c0ec6faf5829879f58f8


    あっという間の撮影だったが
    本当に素敵なスタッフ、
    素敵な共演者と巡り会えて
    心から感謝してる。

    まあ、
    何故かコイツはいつも浮かれているんだが・・・。
    27b0f9d6b793aed0b4222ad328d4fa87cbbc956f


    そして、
    一息も着かぬ間に
    足を北海道まで運び、
    スペシャルゲストとして
    TOYOTA BIG AIRのナビゲーターを
    務めることになった。
    d467f7a4d1b23cd9438e52fb44e87e3dc1b0ceaf


    東京は気温がやっと落ち着いてきたか・・・と
    思ってる最中での北海道への移動。
    先ほどまでの天候が嘘のように
    千歳空港は雪景色に包まれていた。
    綺麗な夕日だろ?
    3e6d8abcb13fd22257cae66818cf429e14654f06

    dc35fd5ac84085faf9af5e1e1438730467b5d9c8


    あっという間に日が落ちてきたが
    本当に雪と夕日ってのは美しいコンビネーションだ。

    さすがとしかいいようのないこの雪景色。
    街はどこもかしこも雪雪雪・・・。
    f95a16c9db9efba662693dbab251e807f9de93ef


    474121b2813e20a46697ac3742e23a6d1ac70418


    あっという間に日が落ちてしまう。
    ホテルに向かう途中もすべて雪だ。
    よくもまあ、
    こんなにも上手に運転できるものだ・・・。
    ホント北海道の人は素晴らしい。

    東京ならパニックになって
    街が静かになる。

    ホテルに入ってすぐに打ち合わせに入る。
    cf8b54b33005a81f236a00092f8448ebec172f8a


    実は・・・・、
    この日に都内でテコンドーの大会があったのだが
    どうしてもとのTBAの依頼に負けてしまった。

    ボクにはテコンドー業界も
    スノーボード業界も
    どちらに対しても頑張って貰いたいと
    常日頃から思ってるわけだが。
    今回はこのTBAのイベントのために
    テコンドーの大会を蹴って北海道まで
    足を運んだわけだ。
    d7c27881df563b1b5ad9f57bb0d3a4d41820db3e


    モチロン、
    普段ならこういう仕事は受けないんだが
    少しでもスノボーを含むウィンタースポーツに
    人が戻ってきて欲しいという切実な想いと
    そんな過酷なこのスポーツ業界の中で
    オリンピックや大きな大会で顔張る
    スノーボーダーを応援したいという気持ちから
    「ボクで良ければ・・・」と、
    この仕事を受けたわけだ。


    79744cf86509ed251d9a3f1a5ea78c27df5ac35d
    翌日早朝から、
    北海道ドームに向かう。
    サスガに眠い・・・。

    すぐに準備をして
    今回のこのイベントのナビゲーターの
    役割をすることになった。
    c5b651bdcf072f8a580017924db3a56eff0261bc


    正直、
    そんな仕事をしたことがないから
    勝手がわからないまま仕事はスタートする。
    f6aab80b2d8230e7c4c95ee19be851d205470c17


    これは余談だが・・・、
    正直、スノーボーダーってのは
    世の中から余り良く思われていない。
    世の中だけではなく、
    実はゲレンデサイド・・・、
    スキー場運営サイドからも
    良くは思われていないというのが現状だ。

    何故か?
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。