二大ハードボイルド漫画の共通点(考察)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

二大ハードボイルド漫画の共通点(考察)

2016-07-17 12:44
  • 2
色々前置きを書くのは面倒なのでまず結論を述べます
『ルパン三世』と『シティハンター』を考えてみると色々共通点があるということ

 


まずは二人の主人公
ルパンと冴羽遼です
共通する項目は
・スゴ腕
・経歴不明(遼についてはのちのち物語の主軸になるが)
・一瞬でパンイチになれる(少年誌なので遼はシャツつき)
・スケベ(女に騙されやすい)
最後の項目ですが、これって騙されるのは不二子と野上家限定で騙しに来た女に対しては裏どりしたりして、スケベだけじゃないんですよね

次に頼れる相棒の二人
次元大介と槇村秀幸
・主人公にひけをとらないスゴ腕
・主人公より常識人
・悲しい結末の恋愛経歴
・致命的な弱点持ち、不摂生(虫歯)妹思い(シスコン)

準相棒
石川五右エ門と伊集院隼人(ファルコン、海坊主)
・女性に弱い(海坊主は猫も)
・初登場時は敵
・口数が少ない
・「オレはやらんぞ」「拙者はえんりょする」など依頼を断る。(結局参加する)

やっかいごとを持ち込む女
峰不二子と野上冴子
・主人公をいいように扱う
・おいしいところを持っていく
・つめが甘い

主人公の戒め役
銭形警部と槇村香
・いつも主人公に疎まれる
・逆に不調であると主人公が親身に心配する
・主人公を止める、追いかけるのに執念を燃やす
・作品の良心

とまあ簡易にまとめるとこんな感じですね。
これを踏まえたうえで相関図を作るとなおのこと共通項がみえたりします
が今回はここまで。
最後の共通項はどちらもハードボイルドの名作であるということですかねw

広告
×
突然のブロマガに草
えっお前が言うなって?w

シティーハンターはEDの入りが止めて引く所も良いよね
ルパンはどうだったかなぁ
48ヶ月前
×
〉〉1
昔一回考えたことなんでそれをまとめただけです。
かといって連載する気はないので、似たような考察ができたらまた載せます
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。