ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 匿 名 合 作 4 一部参加者公開

    2021-07-28 20:00
    なんかユーザーブロマガがなくなるらしいですね
    この記事の扱いどうしよう…

    あ、いつものやついきますね





    *** 以下は匿名合作4のネタバレが含まれます ***








    *** 上の動画を見てからの閲覧を推奨します ***









    雨天雨衣



    時には特徴的な、そして味わい深いメドレーを作る実力派のメドレー作者です!
    どのパートなのか予想はつきましたか?





    以上です!


    いや本当です冗談とかじゃなくて今回公開希望者が1人しかいなかったんです許してくださいやめて石投げないで待って許して



    い、以上です!
    これを見ているそこのあなたもレッツ参加者予想!!
  • 広告
  • 【ニコメド10年選手】銀河P × タイヤヤ【徹底対談】

    2021-05-01 21:00
    2020年12月某日昼 Discordにて

    銀河P  :歯磨きするから10分待って

    銀河P  :タイヤヤ氏いる?

    タイヤヤ:いた

    銀河P  :これどういう段取りで進めるんすか

    銀河P  :いちばんこういう段取りに慣れてそう


    銀河P  :これどうやって進めるの

    タイヤヤ:知らない

    銀河P  :いつもはどうやって進めるの

    タイヤヤ:いつもは…どうやって進めてたっけ

    タイヤヤ:こっちはチャットでやったから微妙に違うか(思い出しながらリンクを探して出す)

    無題のゆるふわ徹夜トーク

    銀河P  :すごくサムネがまずそうなのがめっちゃ笑うんだけどw

    タイヤヤ:ほんそれ

    銀河P  :Azuriseaのやつは事前にちゃんと話題分けて話してるんですね

    タイヤヤ:Azuriseaはそういやチャットだったわ

    銀河P  :なるほど まずOPトークみたいなのやっておたよりを紹介して、








    銀河P  :あ、なんかでた

    銀河P  :まずそもそもこれだよね なんで始まったんだっけ

    タイヤヤ:記憶にないっす

    銀河P  :www いやかすかな記憶をたどると、ここ10年くらいやってるわりに関わりないよね 友達の友達の関係だよねみたいな話をした気がする

    タイヤヤ:まあ、そう、そんな話した気がする


    …(しばらく沈黙)


    銀河P  :やばい細かいこと一切覚えてない なんか酒飲んでた気がするよね

    タイヤヤ:酒の場で決まったのは確かなんだよな 酒の勢いでマシュマロを募集したのがすべての過ち やっぱ酒はダメだよ

    銀河P  :www 対談するに至った思考のプロセスがあるはずなんだけど、その記憶が完全に抜けてる

    銀河P  :まあタイヤヤ氏と飲みする機会増えたからね

    タイヤヤ:まあいろいろとね

    銀河P  :ここ最近で3回くらいしてる気がする

    タイヤヤ:確かに 多分今年メドクラで一番会ってるうちのひとりだと思うんだよね

    銀河P  :えっそんなに

    タイヤヤ:多分ゆーりは確実に超えてると思うし

    銀河P  :あれTato氏とかは

    タイヤヤ:まあそことどっこいだよね ただTato氏とはそんなに飲んでなくて…普通に昼間会ってメシ食ってそのまま解散して、で終わっているから

    銀河P  :じゃあ飲んだ回数的にはトップ、みたいな

    タイヤヤ:だと思う

    銀河P  :へぇ~ 「へぇ~」って感想しか出てこなかったわ

    銀河P  :じゃあ何で始まったかってのは、酒の勢いのせいってことで

    タイヤヤ:酒の勢いで あとは記憶にございません

    銀河P  :ああ、友達の友達みたいな関係で10年やってきたのがいきなり対談したら面白そうってのは考えた気がする

    タイヤヤ:逆にね

    銀河P  :逆に10年やってきて接点がごねんどだけってのも面白いよね

    タイヤヤ:そうねえ…あんまないもんねえ そっちが駆け抜けやってて、こっちが参加したときも音源提出とかは相方に任せてることが多いからさ。実はそんなに直接やりとりはしてなくて

    銀河P  :ヘタしたら今年が一番やりとりしているまであるよね

    タイヤヤ:だから今年1年のやりとりでそれ以前の9年分とほぼイコールな気がする

    銀河P  :あーそのくらいありそう 実際だって前9年ほとんど話してもいないよね

    タイヤヤ:いないね まあ去年からちょこちょこと南北とかで話すようにはなったけど

    銀河P  :確かに…そっか南北で一緒だったか一応

    タイヤヤ:そうそうそう それまで南北以前はほとんどない たまにオフ会とかでいるくらい

    銀河P  :逆に南北のことを完全に頭から抜けてたわ

    タイヤヤ:もうトラウマになってんじゃん 記憶から消去しちゃってんじゃん

    銀河P  :www いやーあれはつらかったですね


    ※書記脚注:南北合作で銀河Pとタイヤヤは副主催をしていた。2人にとってはなんかつらかったらしい



    銀河P  :まあとりあえず今年1年関わる機会が増えたねってことで

    タイヤヤ:それより前から関わってはいたけど、なんというか距離感がそこまで近くもないし…だったのが、それが今年でもうちょっと近づいたのかな、みたいなアレ

    銀河P  :近づいた…というか、身内度が15%くらい増したというか

    タイヤヤ:俺にとっては完全に身内になった…っていうと言いすぎかもしれんけど、自分の敷いてる身内としてのラインのすぐ外側まできたみたいな感じじゃないかな

    銀河P  :たぶんね、こっちも同じくらいの距離感を感じてる

    タイヤヤ:ベン図描いたらギリギリ接してないくらいになってる

    銀河P  :わかる

    タイヤヤ:前は完全に離れたところにいたけど

    タイヤヤ:実際接してなかったらそれは接点がないのではと思わなくはないけど ベン図が接していなかったら

    銀河P  :実際そうだよね、いままで友達の友達という直接接していなかったのが、一応ちょっと線ができてきたくらいのアレ

    タイヤヤ:まあそんなこんなで、そんくらいでいいんじゃないですかね

    銀河P  :オープニングトークにちょうどいい感じの質問でしたね

    タイヤヤ:だいぶ質問する側としては投げやりだけども たぶん

    銀河P  :いや今後控えている質問のうちいくつか割とそんな感じだけど

    タイヤヤ:(自分のマシュマロ見ながら)でも今回そんなにすげー雑なのは来てねえな

    銀河P  :そっち何件くらいある?

    タイヤヤ:いまこっちの手持ちが7

    銀河P  :こっちが12だけど…どうする、そっちから先に消化する?

    タイヤヤ:うーん…まあ混ぜこぜでいいんじゃないかなと思うけどね ただそれをするにはなんも共有してないから

    銀河P  :それね じゃあ適当に投げていいの

    タイヤヤ:こっちの方が少ないからそっちに届いた質問をまとめて投げるわ

    タイヤヤ:始まる前にやっとけっていうね 今日はそのくらいの温度感でいきますから

    銀河P  :とりあえず僕が選んで紹介すればいいの

    タイヤヤ:それでいいんじゃないの

    銀河P  :おっけおっけ

    銀河P  :じゃあとりあえず次は僕から出すね ちょっと真面目よりなの1個

    タイヤヤ:大丈夫か?いきなり真面目で

    銀河P  :逆にいきなりふざけたのぶっこんでもアレじゃん








    タイヤヤ:真面目か?真面目なのか?

    銀河P  :まだメドレーに関係あるから真面目じゃない?

    タイヤヤ:あー真面目ってそういう視点?

    銀河P  :逆にどういう視点?

    タイヤヤ:いや俺がもらった7件のうちメドレーに関係する話題1件しかないし

    タイヤヤ:しかもその1件も質問というよりかは投げてるやつだし

    銀河P  :ほんとだw こっちのメドレーの話は… これ含めて5件もある

    タイヤヤ:偉っ まあしょうがねえ、俺の対談はいかにメドレーの話をしないかを重要視してんだけど

    銀河P  :多分投げた人も、タイヤヤ氏はそういうのをわかってくれてるんだろうけどこっち側の人はわかってない

    タイヤヤ:まあギンガピの対談はちゃんとメドレーの話してるから…

    銀河P  :確かに まあ僕の対談はだいたい共作の後語りみたいな感じだから

    タイヤヤ:そうね 今回なんもアテもなく対談はじまっちゃったから 非常に話題を見つけにくい内容ですけど

    銀河P  :まあこれ質問が話題なんでしょう

    タイヤヤ:あれでしょ、存在しないメドレーのあとがき対談が始まる


    銀河P  :いやー共作お疲れ様でした!

    タイヤヤ:お疲れさまでした!

    銀河P  :無事投稿にたどりついてよかったですね

    タイヤヤ:そうっすね~ おかげさまでいろんな人に見てもらえているようで

    銀河P  :最初は結構迷走していたけど、最終的にはいい感じに〆られてよかったんじゃないですかね

    タイヤヤ:そう、自分のメドレーにありがちな「終わりよければすべてよし」みたいな、感じになったんじゃないですかね

    銀河P  :このメドレーの印象に残ったことあります?

    タイヤヤ:印象…そうねえ、やっぱり最後の畳みかけじゃないかなあ

    銀河P  :わかる 特に最後の曲が溶鉱炉に沈んでいく姿は涙なしでは見られなかった

    タイヤヤ:wwww やっぱこれをやるってなったら、これを最初からやりたいって決めてたからよかったなと

    銀河P  :定番だけどあまりメドレーで見ない感じだったもんね

    タイヤヤ:そうかもねー あまり使われてないことはないけど、ここまでフォーカスを当てたのはあんまりない気がしますね

    タイヤヤ:…ありがちな話あとなんかあったっけ

    銀河P  :…この共作が始まったきっかけってなんでしたっけ

    タイヤヤ:うーん…あれじゃない、この対談と一緒で、ノリで決まったからww酒の席でwww

    銀河P  :wwwww 実際共作するときは酒の席でノリで決めそうな気がする

    タイヤヤ:そうだねえ 2回目とかだったら俺が頭を決めてやってるんだけど、初めてやる人とはだいたいそういうこと多いから 昔はこっちから依頼したのが多かったけど

    タイヤヤ:まあ10年やってきたうちの何年か前から、いつかやれればと思ってた

    銀河P  :いつかやりたいと思いつつも…

    タイヤヤ:なかなかね

    銀河P  :やろうというきっかけがね

    タイヤヤ:なんというか、フィールドが違うじゃん。メドレーの…思想っていうと大げさだけど

    銀河P  :あー哲学?

    タイヤヤ:うん、それが違うから

    銀河P  :選曲のメインフィールドも違えば、メドレーで重視することも違うし、作風も違うし

    タイヤヤ:そうそう そこが混ざるのが共作の面白いところではあるけど、ギンガピと俺みたいに決定的になさすぎるとタイミングがなさすぎるなと

    銀河P  :共通点が「10年続けてきたこと」と「同い年ってこと」しかないから

    銀河P  :あとタイヤヤ氏の場合は、いつでもできるから今じゃなくてもいいなと

    タイヤヤ:そう、どうせね

    銀河P  :どうせ5年後もいるでしょ

    タイヤヤ:それ まあそういう意味では酒の席でノリで決めることも大事だなって


    銀河P  :実際共作やるとしたらどんな感じでやる?

    タイヤヤ:あ、現実に戻ってきた?

    銀河P  :現実に戻ってきた

    タイヤヤ:なんとなくやりたいことはあるんだけど、そこは実際公開されてからのお楽しみかなって

    銀河P  :なるほど

    タイヤヤ:まあ公開されることがあれば、そもそも作ることがあれば!って感じ。

    タイヤヤ:わりといまの捏造でも言ったけど、前からもしやるならってギンガピとやりたいことはある。

    タイヤヤ:実際にやるかどうかはさておいて、自分と関わりのある人とどうやって共作するんかはわりと考えることはある。この人とだったらこうかなーっとか

    タイヤヤ:まあそんな感じで、ギンガピとの共作はいつかやるかもしんないし、10何年後にたらいまわしにされてるかもしれない

    銀河P  :10年後とかもうニコニコがなくなってそう

    タイヤヤ:まあ俺はニコニコなくなってもなんかやってると思う

    銀河P  :ニコニコなくなったらなんかやってるかなー…わからん

    タイヤヤ:まあそこはわかんないよねえ 何かしらの形でやってるとは思うけど、具体的な形はわかんないですね

    銀河P  :なんとなく、ニコニコよりもメドレー作者との関わりが長く持ちそうな気がする

    タイヤヤ:まあそこは人間関係で、続く人は続くし

    銀河P  :ニコニコとTwitterの両方が消えたら、さすがに一部の人以外とは終わりそうな気がする

    タイヤヤ:うん まあこっちはLINEを交換してしまったんで。まだLINEがあると続くかもしれん

    銀河P  :なんだかんだこれも、10年目にして初LINE交換だもんね

    タイヤヤ:とりあえず、ニコニコがあるうちにはやりましょうってことで

    銀河P  :まあ、ね

    タイヤヤ:努力目標

    銀河P  :さすがに、三十路合作がやるまでにはやりたい

    タイヤヤ:いやまず開かれるのか知らないんだけどw

    銀河P  :いうて誰かがやりそうな気がするんだよね

    タイヤヤ:やる、やるのか?っていうか、やるとしたらやりそうな人がこのへんしかおらん

    銀河P  :www

    タイヤヤ:www

    銀河P  :でも10年続いている人はあと5年は続くでしょ

    タイヤヤ:頻度はともかくとしてね。でも学生のころと比べたら頻度は少なくなっちゃうかもしんない

    銀河P  :まあね。でも社会人になっても続けられてる人は割と安定感があると思う

    タイヤヤ:そう 社会人になってそこそこの頻度で出してる人はすごいと思う

    銀河P  :ありがとうございます

    タイヤヤ:俺今年何本出してたっけ(確認中…)

    銀河P  :わりといくつか出してたよね

    タイヤヤ:あーでも2つか。合作には今年参加してないか

    銀河P  :えっとこっちは、三拍子合作、匿名合作1・2・3

    タイヤヤ:そっか主催だからカウントできるもんなw

    銀河P  :ゴールデンウイークとラーメン、せぷてんばーの一日合作。

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :あとニコニコ令和応援曲、星降るとか実質俺やん、陰キャ合作

    タイヤヤ:なるほど だいたいそれ合計して何分?ざっくり

    銀河P  :ちょっと待って…(計算中)20分くらい?

    タイヤヤ:あーそうなると、俺が今年共作を2つ出して、めちゃめちゃ乱暴に時間を÷2したら20分くらいだから

    タイヤヤ:いや俺2本じゃないわ。YouTubeにしか出してないのもあったわ。結婚式のやつがあったわ

    タイヤヤ:これが4分…ってことは24分作ってんのか


    (このあたりで書記のPCにトラブルがあったため、いったん再起動へ)


    タイヤヤ:キリいいし次の質問いくか

    銀河P  :どうしよ、真面目なやつを最後に残してそれ以外を順番に上から消化していく感じにする?

    タイヤヤ:そうねえ…通常の構成だったらそうするんかなあ

    銀河P  :じゃあそれで。じゃあタイヤヤ氏側から順々に

    タイヤヤ:俺のが、真面目なのがないって話ですね

    銀河P  :これとか、案外真面目な気がする

    タイヤヤ:そうね、なおかつ序盤に出していい感じのまじめなやつ

    銀河P  :じゃあ次それで








    タイヤヤ:ただ答えを出してるとは言ってねえのよ

    銀河P  :それね

    銀河P  :印象に残ってるところを言うには、その人の作品をある程度聞きこんでないといけないんだけど、そのへんどう思いますか?

    タイヤヤ:そうね。俺は…まあぽつぽつとは思い浮かんでるんだけど

    タイヤヤ:まあ印象に残ってるところというよりも作品自体だな

    銀河P  :こっちは、思い浮かんではいるけど、共作が多いから

    タイヤヤ:俺のやつなのかどうかがわかんない、と

    銀河P  :それがどっちのものなのか、あるいは共作相手に引っ張られたものなのか、タイヤヤ氏自体の要素なのかがわからないなと

    タイヤヤ:なるほどね。まあ俺から話すと、やっぱり作品自体が印象に残っているのは一番聴いたであろうごねんどパートだね。

    銀河P  :えっやめて

    タイヤヤ:えっギリOKじゃないの4年前だったら

    銀河P  :ごねんどがギリ胃が痛くなるの

    タイヤヤ:ギリ痛くなるのかw

    銀河P  :その次がsateliteだったから、あのへんから今のサウンドや作風に近づいた気がする

    銀河P  :ごねんどは絶賛迷走中の時期だった気がする

    タイヤヤ:いや俺の中では、ごねんどが良くも悪くもギンガピといえばこういうやつって印象があって

    タイヤヤ:サウンド的にも、迷走してたのか…?わりといまの原型に近いような感じはするけど。

    タイヤヤ:もちろん今の方が洗練されてはいるんだけどね

    銀河P  :ほーんどうなんだろう

    タイヤヤ:あと、衝撃というか、ついにこれをやるのか!ってなったのはメドクラコンピのやつ

    銀河P  :あー


    ※書記脚注:メドクラコンピとは桜井ひかるが主催したメドレー作者がオリジナル曲を提供するコンピ企画。

    銀河Pは「ニコニコメドレー「風」前編」というニコニコメドレー頻出曲のフレーズをあちこちに散りばめたオリジナル曲を提供した。

    このリンクで銀河Pパートから再生できます

    タイヤヤ:ニコニコメドレー「かぜ」「ふう」どっち?

    銀河P  :ニコニコメドレー「かぜ」なんだけど一応…まあダブルミーニングですよね

    タイヤヤ:そうですね ついにそれをやってくれる人が現れたかー!って

    タイヤヤ:で、絶妙にわかりそうでわからないラインを突いてくるじゃん

    銀河P  :そう、それをいちばん意識した作品だった

    タイヤヤ:あれ、1のときに前編を出して、2のとき出してたのが後編だっけ

    銀河P  :中編だった気がする

    タイヤヤ:じゃあ後編は?

    銀河P  :メドクラコンピ3かなあw

    タイヤヤ:wwww

    銀河P  :いや実はメドクラコンピ2で後編として出すつもりだったんだけど、筆が進まなくて

    タイヤヤ:オリジナル曲を作るのとも普通のニコニコメドレーを作るのとも違う感覚だろうからねえ

    銀河P  :絶妙にありそうな感じをない感じにしたいんだけど、メドレー定番曲のメロディーをもじったのをただ繋げただけともなんか違うかなって

    銀河P  :そのへんの狭間で悩んでで完成できなかった

    タイヤヤ:あれはね、ニコニコメドレーの新しい可能性を出したような気がするので、いつか後編が出ることを期待して

    銀河P  :メドクラコンピ3はいつ出るんすかね

    タイヤヤ:いつ出るんですかね…やるんですかね?

    タイヤヤ:主催の消息をあまり見てないから。。俺今年会ってないんよね

    銀河P  :まじで? もっと会ってるイメージがあった

    タイヤヤ:会ってないねえ…

    銀河P  :いうて僕も…直近で会ったのがメドレーライブかもしれない


    タイヤヤ:じゃあそんなこんなで、そっちは?

    銀河P  :あー、タイヤヤ氏の作品への(印象に残ってるところ)。

    銀河P  :まず大前提として、タイヤヤ氏の作品の中で一番聴いているのは駆け合作のパート

    タイヤヤ:まー、それはごねんど理論と一緒だよね。

    タイヤヤ:でも結局、ほんとに俺のパートと言えるようなのってのは初代しかないんだよ。初代はただアレンジしてもらってただけだから

    銀河P  :成り行きさんにね

    タイヤヤ:うん。

    銀河P  :何気に成り行きさん本人にアレンジしてもらったってのはすごいレアだと思う

    タイヤヤ:なんかそう、すごいね。


    銀河P  :タイヤヤ氏の作品としては、駆け合作のパートを一番聴いているけど、最近タイヤヤ氏が挙げてた共作2作を観たらだいぶ印象が違うなって思った

    タイヤヤ:駆け合作のときと?

    銀河P  :そうそうそう

    タイヤヤ:まあ、そうかもねえ

    銀河P  :駆け抜けによるものなのか、タイヤヤ氏の成長…というか制作時期の違いかってのかよくわからないけども

    タイヤヤ:確かにねえ 駆け合作となるともう4年前だもん Finalにはいないから

    タイヤヤ:ニコニコメドレー「駆」は聴いたんよね?

    銀河P  :あれでしょ、ひまなっつさんがいるやつ

    タイヤヤ:そうそうそう

    銀河P  :もちろん聴いたよ

    タイヤヤ:あれの受ける印象も駆け合作と一緒?

    銀河P  :んー…なんだろう、少なくとも今の作品は使いたい曲と伝えたいメッセージ性が先に来てる気がする

    タイヤヤ:あー確かに今がそっちの方が多いというか、駆け合作の時がとにかく繋げ繋げの精神だったから

    タイヤヤ:まあそれは合作だからできるってのもあるし、個人作だと頭とケツをそれなりには考えないといけないから

    銀河P  :いちばん思ったのがそれかなあ。

    銀河P  :タイヤヤ氏も僕も一番聴いたメドレーと最新の作風との間である程度ギャップがあると思う

    タイヤヤ:あーそうかも ギンガピの最新作って、俺やんだよねww

    銀河P  :あれはwwちょっと違うし、どっちかというと令和応援曲とか?

    タイヤヤ:まあ、いまお作りになっているのを待っていた方がいいのかなと思うんだけど


    ※書記脚注:ちょっとした懐かしさを感じるカオス系メドレーのこと。対談当時は制作中で現在は投稿されている。


    銀河P  :いま作ってるやつ…僕が最近手癖で作ってるやつなんだろ?

    タイヤヤ:陰キャとかどうなの?ちらっと聴いた話だけど


    ※書記脚注:前回の飲みの流れで陰キャ合作の銀河Pパートの動画を書記が担当することになった。
    その過程でタイヤヤ氏にもある程度情報が伝わってる。このリンクで銀河Pパートから再生できます



    銀河P  :陰キャもそう…かなあ?

    タイヤヤ:あとは駆けM@Sか…あ、駆けM@Sはギンガピが構成してやごい氏がアレンジしているんだっけ

    銀河P  :そうそう。アレンジと動画を完全に任せているタイプ。ただ構成の設計思想的には僕だと思う。

    タイヤヤ:うん。なんだろう、ギンガピの駆け抜け方って、成り行きさんの綺麗な感じとも違うけど

    タイヤヤ:そこのいいところと、駆け合作で生み出された魑魅魍魎たちのいいところをいい感じにハイブリットしたものだと思うから

    銀河P  :魑魅魍魎はwww

    タイヤヤ:wwww

    銀河P  :いや正解www

    タイヤヤ:よくも悪くも、清濁併せ持ったものの、いいところだけ絞り取って自分の味に昇華しているから、そういう第三のスタイルが生まれているのかなあと。個人的に。

    銀河P  :言われてみれば確かにその通りかもしれない。一応本家駆け抜けは、駆けアニとか100回以上聴いてるくらい好きだけど、

    銀河P  :駆け合作にどっぷり漬かって、だいぶ自分の中の工夫も変わってきたというか固まってきたというか

    タイヤヤ:だと思うねえ

    銀河P  :僕が一番手癖で作ってんなと思ってるのは、たぶんNico Clock!!の自分が作ったところとか、すごく今聴いても自分だなと思う。

    タイヤヤ:Clockはお互いアレンジしてるんよね

    銀河P  :そうそうそう MIDIで構成投げあって、最後にアレンジを分担して、マスタリングした感じ

    タイヤヤ:いまぱーっとギンガピの過去作を見返してるけど、コスモクロックとかギンガピの迷走というか、思想が変わっていく過程が一つのメドレー内で表現されてる気がする

    銀河P  :ww

    タイヤヤ:ある意味すごい面白いやつなんだけど あれ制作長かったよね

    銀河P  :わりと長かった気がする。なんなら1年くらい制作止まってたことあって、トータル3年くらい

    タイヤヤ:ほんとだ 投稿文見てみたら2年半って書いてあった

    タイヤヤ:なんというか、明らかにやごい氏がいい意味で変わらないじゃん。だからこそギンガピが明らかに最初と最後で哲学が変わってるなあってのがなんとなくわかるんで、それはそれで好きだったなと

    銀河P  :なんなら終盤で音源まとめ作業をしてたときに序盤むちゃくちゃ手直ししまくったから、「いや~これ世に出せねえなあ」みたいなこと考えていたから

    タイヤヤ:やっぱり2年半経つと…

    タイヤヤ:俺も、音源自体はここ2~3年は一緒なんだけど、それでも2年前の聴くと、「俺こんな打ち方してたんだっけ、なんやこれ」ってなるわね

    銀河P  :僕が今の作風に落ち着き始めたのが、ほんとに本田未央アレンジミックスくらいで それが2年半前くらいんだよね

    銀河P  :それ以前、ちょうどコスモクロックからごねんどあたりまでが迷走期間だったと思う

    タイヤヤ:迷走っていうか、あれだよいい意味で理念が変わった

    銀河P  :まあねえ

    タイヤヤ:長くやってるとそうなるわね 俺も初期の頃の作り方全然違うし、たぶん

    銀河P  :なんか、いい意味で落ち着いてきた感あるよね

    タイヤヤ:落ち着いてきたというか、なんだろ、みんなが変わってってんだろうなって

    タイヤヤ:それはいい意味でもあり…界隈の歴史を見ている感じがする

    タイヤヤ:そんな感じっすかね

    銀河P  :そうですね








    タイヤヤ:メドレーの話じゃねえか

    タイヤヤ:どういう話をすればいいんだろう…けなせばええんか

    銀河P  :えぇ

    タイヤヤ:なんの話をすればいいんだほんとに

    銀河P  :え、#ぷる氏の話をすればいいんじゃないですかね

    タイヤヤ:いやそうなんだよね、そうなんだけど

    タイヤヤ:多分俺の方が関わりが長いというか深いというか、どんな話でも出てきちゃうというか

    タイヤヤ:ここはギンガピから話を出して、俺がそれに合わせていった方がいい気がする

    銀河P  :一応僕が#ぷる氏と作ったのは、Nico Clock!!なんですけど …Clockの話をする人になるけどいい?

    タイヤヤ:いいんじゃない? そもそも、Clockも長かったよね

    銀河P  :Clockは2年くらいなんだけど、そのうち1年くらい僕が止めてたんよね

    銀河P  :で、もともとはアレンジも動画も#ぷる氏にまる投げするタイヤヤスタイルだったんだけど

    銀河P  :コロコロ一気に音が変わったじゃない、僕

    タイヤヤ:その、迷走の期間を経てって時期よね。迷走の時期を超えたちょい後と言えばいいんかな

    銀河P  :超えたちょい後くらいで、「この音だったら銀河Pも半分アレンジしろ」と脅されて、できあがったのがこれ

    タイヤヤ:なるほど

    銀河P  :#ぷる氏の話をすると、Nico Clock!!は#ぷる氏の強みも引き出せたかなって感触は得ているね

    銀河P  :#ぷる氏は演出家的なところがあるじゃない

    タイヤヤ:そうですね

    銀河P  :だから例えば、最初のバラードゾーンとか、最後のわたてんからのしっとりしたところとか

    タイヤヤ:なんかバラード〆は#ぷるらしいというか、#ぷるらしさを作ったというか

    銀河P  :バラードで動画も含めて演出が凝っていて、そういうところは#ぷる氏の強みだと思っているから、そこをしっかり魅せられたのが個人的には印象深いかなと

    タイヤヤ:やっぱり、あいつって(駆け合作ゆるふわの)ごちうさ10羽とか、あと最近だと匿名のハンドスピナーとか、(駆けFinal木星の)山手線とか、そういうぶっとんだことをしがちな奴ではあるんだけど

    タイヤヤ:俺はあいつの本当の強みは、逆にそういうバラードだと思っているから

    銀河P  :だね

    タイヤヤ:だからニコアスもさ、タイトルの感じからわかる通りあれはゆるふわ兄弟のNico Clock!!を作りたかったやつだから

    タイヤヤ:でもどうなんだろうなあ、再現できたかっていうとアレだけど、とにかく最後がエモかったらいいやってなってた

    銀河P  :そういうのだと、#ぷる氏って、シンセのアレンジで強かった印象はあるけど、実際本領を発揮するのはこういうバラードの…バラードといってもよくあるピアノのやつじゃなくて、

    タイヤヤ:ちょっと壮大な…ってのも違うけど

    銀河P  :『心に訴えてくる』ような

    タイヤヤ:そういうことができるやつなんですよ、ええ

    タイヤヤ:また、それが音だけではなく映像でもできるからねえ

    銀河P  :うん

    タイヤヤ:いつの間にこんなに大きくなって、みたいな感じになってる

    銀河P  :wwww まあでもそっちも結構長い付き合いだもんね

    タイヤヤ:そうねえ…競うほうの競作をこっちで始めたときからだから、もうすぐ7年半になるんかな

    タイヤヤ:そもそもだって、ゆるふわ兄弟っていう名前にしてからもう6年半経ってる

    銀河P  :ゆるふわ兄弟って名前にする前って何かあったっけ

    タイヤヤ:競作の運営のポジションとして作ったことはある

    銀河P  :ゆるふわ兄弟ってもしかして駆け合作が初出?

    タイヤヤ:そこが初出

    タイヤヤ:そもそもなんで名前を付けようとしたのかはよく覚えていないんだけど、

    タイヤヤ:あの頃…Ⅲくらいまでの頃って多分そもそも共作参加が少なかったと思うし

    銀河P  :Ⅲまでで共作をやってたのってそこくらいじゃない?

    タイヤヤ:だよね だから、ましてやユニット名を付けるなんてことをしたのはメドクラ探してもそんなにいなかったと思う

    銀河P  :そだね

    タイヤヤ:そういう意味では、Ⅳから共作の人だとか名前つける人だとかが増えて、ムーブメントを作っちゃった感があったりなかったり

    銀河P  :実際Ⅳ以降でめちゃくちゃ共作が増えて、ちゃんと名義名があるのも駆け合作の影響もあって

    銀河P  :そのルーツをたどれば、タイヤヤ氏の影響、ゆるふわ兄弟の影響が大きかったのかなと思うから

    銀河P  :そういう意味で何気なくやってたことが、すごく大きな影響を与えているんだなっていう

    タイヤヤ:まあ、そういうのを形作ってるのかもしんないなあと

    銀河P  :共作名義の文化は最近あった音メド合作の方にも脈々と伝わっているらしくて

    銀河P  :そこまでいくと僕の手には負えないなって

    タイヤヤ:まあ負うもんでもないけどねww

    タイヤヤ:まずそもそも共作…共に作るって流れも、俺が入った頃、メドクラになった頃はなかったから

    銀河P  :合作があったくらいだよね

    タイヤヤ:そういう意味では、自称俺が共作を始めた人って主張したいんだけど、厳密にはそうではないから

    銀河P  :そうだ、共作って単語自体もメドレークラスタ用語らしいね

    タイヤヤ:えっ用語って?

    銀河P  :普通は2人で作っても合作っていうらしいよ

    タイヤヤ:たーしかに

    銀河P  :だから少人数で…2~3人で作ってるのを共作って呼ぶのは、ここの文化なんだって

    タイヤヤ:かもねえ 共作って単語がどっから生まれてきたのかはよく知らないけど

    タイヤヤ:初めて共作って出てきたのはこれだと思うけど




    銀河P  :あ~出た!懐かしい

    タイヤヤ:俺の中では初めて共作をやろうとして、これを先に投稿されちゃったから初めてじゃなくなっちゃったと思った覚えがある

    銀河P  :クライマックスメドレーが出たころって、僕がメドレーを作り始めた頃だったと思う

    タイヤヤ:あーでもこれ12月か…じゃあその前にエロゲ合作が出ていたから…なんとかぎりぎり(俺が初出だと)言えなくはないか


    ※書記脚注:【エロゲー組曲合作】組曲『エロゲー動画あふたぁ』が2010年11月11日に投稿。タイヤヤ氏としゅいそさんとの共作パートでこの合作に参加した。このリンクで競作パートから再生できます


    銀河P  :なんだっけ#ぷる氏の話題だっけ

    タイヤヤ:そうそう まあこれ以上は特には

    銀河P  :一応、#ぷる氏とはアイマスという共通点があるから作りやすかったとは思う

    タイヤヤ:なるほどね 俺との共通点は音ゲーというかボルテ?だと思うんだけど

    タイヤヤ:実はニコアスにはそんなにないんだよね

    銀河P  :そう、音ゲーは2人ともやっているはずなのに、一切合わないから

    タイヤヤ:それは誰と誰の話?

    銀河P  :僕と#ぷる氏もそうだし、たぶん僕とタイヤヤ氏もそうなんだと思う

    タイヤヤ:ああなるほど。合わないってのはやってるものがってこと?

    銀河P  :フォロー範囲が。もっと言うと選曲の幅というか、範疇というか

    タイヤヤ:同じ音ゲーってジャンルでも、ねえ

    タイヤヤ:繋げるか…








    銀河P  :わかる

    銀河P  :いやー滑らかな繋ぎ

    タイヤヤ:滑らかな繋ぎ

    銀河P  :タイヤヤ氏は弐寺のイメージしかない

    タイヤヤ:弐寺だけじゃないけどね まあKONAMI系で属されてるところ全般かな

    タイヤヤ:あとはちょくちょくチュウニとWACCA?

    銀河P  :でもKONAMI系と言っても広いから割とやってない機種もあるんじゃない?

    タイヤヤ:いや、一応その日によって筐体を変えてわりと全部やってるはず

    銀河P  :じゃあjubeatとかノスタルジアとかもやってる感じ?

    タイヤヤ:jubeatはやってる。ノスタルジアはたまにとかだけど

    銀河P  :そうなんだ 一緒にゲーセン行くときだいたい弐寺やってるイメージがある

    タイヤヤ:そうだっけ…あれじゃない、ししょーと一緒だったからじゃない?

    銀河P  :確かに ゲーセンオフしてるときいつもししょーいるもんね

    タイヤヤ:うん それが…たとえばKetoku氏とかだったらポップンをやってるだろうし、ギタドラやってる人と一緒だったらギタドラやるし

    銀河P  :KONAMI系全般とチュウニズムで割と広く対応できてる人なんやね

    タイヤヤ:うん あとこれはたぶんギンガピも一緒だったと思うんだけど、はじまりは太鼓の達人なんよね

    銀河P  :あ~わかる

    タイヤヤ:家のDSだったかな…いや違うわ、さいたま2000が出た家庭版だから…

    銀河P  :めちゃくちゃ前じゃん

    タイヤヤ:うん、子どもの頃にもらって、ほんとに子どもの頃だったからその時は刺さんなくて、本格的にやり始めたのは中学生くらいの頃で、確かてんぢくがボス曲だったころの

    銀河P  :あ~わかる 僕が本格的に音ゲーやり始めたのも、「太鼓の達人DS タッチでドコドン」だったから

    タイヤヤ:あー一緒だわwww

    銀河P  :てんぢく2000が死ぬほど難しかったのを子ども心に覚えている

    タイヤヤ:そこでてんぢくというか、2000シリーズのヤバさを知ってしまって…いろんな意味で

    タイヤヤ:だから、俺のTwitterID、「taiyaya20000」なんだけどさ、あれって2代目のアカウントで

    銀河P  :昔「taiyaya2000」ってアカウントあったよね

    タイヤヤ:そうそう その2000は(2000シリーズの)2000だから

    銀河P  :なんかそれどっかで言ってなかったっけ

    タイヤヤ:ちょくちょく言ってる。 あとちょくちょく言ってて思い出した話としては、「タイヤヤ」という名義が決まったのも太鼓の達人だから

    銀河P  :あ~それなんだ

    タイヤヤ:ゲーセンがまだカードじゃなかった頃あったじゃん、ACで終わった後名前を入力するじゃん

    タイヤヤ:あれを入力するときに、自分の名前のもじりで「タイヤ」までは入れてたんだけど、太鼓の達人の操作感がわからずに「ヤ」を2度押しちゃったから「タイヤヤ」になった

    銀河P  :wwwww すごい昔のUIあるあるだよね

    タイヤヤ:そうそうw

    銀河P  :てっきりタイヤを売る店のことかと思ってた

    タイヤヤ:っていうくらい、太鼓の達人は些細なところでいろんなきっかけになってる

    銀河P  :実際きっかけになったソフトがまったく同じだったあたり、同年代なんだなって

    タイヤヤ:ごねんどなんだなって

    銀河P  :僕も音ゲー自体は幼少期の頃からすごく大好きで、小さい頃にゲーセン連れてってくれるじゃん、子どもがいっぱいのところに

    銀河P  :で、僕が太鼓の達人にむちゃくちゃ惹かれて、子どもの頃はかんたんモードしかできなかったけども

    銀河P  :で、それで家庭版の存在を知ったからやりたくなったわけですよ

    銀河P  :当時PS2を買ってもらえなくて、でDSで出てようやく家で遊べるようになって、それがたまたま中学生だったから、そこで本格的に音ゲーにハマり始めたってのがあった

    タイヤヤ:なるほどね

    銀河P  :で、ゲーセン通うきっかけになったのがこっちはチュウニズムかな

    タイヤヤ:ゲーセンか…ゲーセンはまた別なんだよね

    タイヤヤ:俺ゲーセン通った最初は中学生なんだけど、中学生で麻雀格闘俱楽部をやりたいがためにゲーセンに通ってた

    銀河P  :音ゲー関係ないwww

    タイヤヤ:関係ないw で、雀格やって、片手間というかついでに太鼓をやって、みたいな生活だったと思う

    タイヤヤ:だからあの、KONAMIのe-AMUSEMENT PASSってあるじゃない?

    銀河P  :あるね

    タイヤヤ:あれってちなみにギンガピ持ってる?

    銀河P  :e-AMUSEMENT PASSは、交通系のやつで代用してる

    タイヤヤ:あーそういう時代か

    タイヤヤ:かれこれ…中学くらいからだから、13~4年同じe-AMUSEMENT PASSのカード使ってるんよね。真っ赤なカードなんだけど

    銀河P  :ゲーセンによく売ってるやつ

    タイヤヤ:でもいまは世代が変わって白いやつなはず。白か、あるいはシルバーみたいなやつか色だった気がするんだけど


    ※書記脚注:現在のデザインは4代目で白と赤を基調にしたデザイン。ちなみにシルバーは2代目、タイヤヤ氏の持つ真っ赤なカードは初代。


    タイヤヤ:KONAMI系の音ゲーをやり始めたのはjubeatからだったんだけどね

    タイヤヤ:これもきっかけがメドレーの話になっちゃうんだけど

    銀河P  :メドレーで知ってる曲が入っているからjubeatを始めた、ってこと?

    タイヤヤ:そうそう、Evansがあって…初めて聴いたのは男尻祭なんだけど。

    タイヤヤ:それで、ぞなもしさんのCMYでまたEvansが入ってて、「かっこいいしやってみたいな」と思ったんだけど、その頃はまだ隠し曲だったからどこにもないやんけってなった

    銀河P  :wwww

    タイヤヤ:jubeat始めた頃がメドレー作り始めたころとだいたい一緒だもん

    タイヤヤ:だから…10年か。jubeat始めてから10年か、こわ

    銀河P  :そう、それで「2人の好きな音ゲーについて」って話だけど、一番好きな音ゲーってなに?

    タイヤヤ:いやぁームズイんだよね。全部…全部やってるけど、やっぱり一番地元感があるのはjubeat

    タイヤヤ:あれなんよね、特に今年は俺ちょくちょく言ってるんだけど、今自分にとって音ゲーは呼吸になってて

    タイヤヤ:呼吸ってどういうことか考えていたんだけど、もう最近は最新情報は全然追ってなくて、(○○って曲が入りますよとか、いついつに新バージョンが稼働しますよとか)でもやってる。行けばあるから。

    銀河P  :あ~

    タイヤヤ:別に何が入っていようが、いつだろうが、実はわりとどうでもよくなっているというか

    銀河P  :とりあえず座ってクレ入れてから始まるというやつ?

    タイヤヤ:そうそう そういう意味で呼吸になってる。なんというか好きという次元を超えてんなーって思ったりした次第

    銀河P  :それはすごくわかる。僕もゲーセン通い始めて、1回メイン機種が変わって、いまオンゲキって機種をやってるんだけど

    銀河P  :でも結局ある程度慣れてきたら、とりあえずクレ入れて、なんか新曲入ってたら新曲やって、新曲やってなかったら目についた曲やろうかなって

    タイヤヤ:レベル詰めて、みたいな

    銀河P  :音ゲーやりたいじゃなくて、音ゲーやるなんだよね

    タイヤヤ:そう。なんかね、やらなきゃとも違うんだよ。なんかそのへん、今年の営業自粛でそこも越えちゃって、「あればやる」なんだよ。

    銀河P  :ゲーセン行く機会がなければ、それはそれでよしというか。

    銀河P  :で、出かける先にゲーセンと空き時間があったら、とりあえずやるか。みたいな。

    タイヤヤ:だいたい今のところは住んでて長いから、どのへんにゲーセンがあるか把握してるから

    タイヤヤ:今日行くところの近くにあるなと思ったら、そこに入るだけ。クレを入れるだけ。…っていう距離感ですかねえ

    タイヤヤ:だいぶちょっと沼の話をしたな

    銀河P  :ね 実際音ゲーの好きな機種について話しても…って感じだもんね

    タイヤヤ:そうね。なんかもう好きっていうのが語れないですよね。どこが好きって言われても…なんだっけなって感じで

    銀河P  :僕の場合単純に、音楽に合わせてリズムよく指を動かしてることがあるから、たぶん音ゲーって概念が好きなんだろうなと

    タイヤヤ:そもそもね

    銀河P  :だからスマホの音ゲーとかも普通にやるし

    タイヤヤ:逆にスマホの音ゲーもやってたんだけど…やんなくなっちゃったなあ

    タイヤヤ:なんだろうな、やっぱこうスマホの音ゲーをやるんだったら俺の中では家なんだよね。

    タイヤヤ:ただ家だと他にもやることとかやれることとかあっちゃって、優先度下がるんだよね。それでいつの間にかやんなくなっちゃったというか

    タイヤヤ:でもそれとは別に、…アイマスとかもそうだけど、ストーリーがあるから、そこはそこで好きだから、ずっと永遠に気になってはいるんだよね。

    銀河P  :スマホの音ゲーはね、だいたい無料のやつはソシャゲ要素が関わってくるじゃない。

    タイヤヤ:そうですね

    銀河P  :で、ソシャゲ要素のある音ゲーって、結局続けないとまともに遊べないってところあるじゃない。

    タイヤヤ:あーわかる。一回切れると、戻りどきがわからなくなるやつ

    銀河P  :そう。だから、そういう時点で、飽きたときに放り出して、また適当なタイミングで戻りづらいよなってのが個人的に感じていて、

    銀河P  :だから、安易にやる数を増やせないし、微妙に飽きてきたときがいちばんつらいなってところはある

    タイヤヤ:うん。その点逆にゲーセンは…もちろん曲の解禁を頑張る人とかだったら違うとは思うけどそうでない人だったら…

    タイヤヤ:とりあえずカネ入れたら、解禁されてない曲もいつか自動で解禁されてたりするから、戻りやすいといったら戻りやすいのかもしれない

    銀河P  :だねえ。でもゲーセンの音ゲーだと、久々にやったらむっちゃ腕落ちてたりする

    タイヤヤ:あー…俺は逆にね、いわゆるクセっていうのかな、一度離れてみる方がスコア伸びやすい気がするんだよ

    タイヤヤ:まあさすがに今年の営業自粛で腕というか体力が落ちたけど

    銀河P  :あー…体力というか、音ゲー力ってのが落ちるよね

    タイヤヤ:そこもあるし、単純に腕の振りができなくなった。

    銀河P  :www

    タイヤヤ:昔はこれできてたのになって。ってことを特にjubeatで感じるんよね

    タイヤヤ:あれって4×4の16方向に腕を動かしているから

    銀河P  :体力の衰えが一番気になるのはやっぱチュウニかなあ

    タイヤヤ:太鼓もそれでできなくなった。マイバチとか持てばまた変わるのかもしれないんだろうけど、わざわざそこを揃えるモチベはないしなあって

    銀河P  :太鼓はねえ。

    タイヤヤ:マジで、ハウスバチが持てなくなった。

    銀河P  :太鼓はね、もともとDSでやってたこともあってゲーセンでは慣れていなかったんだけど、それでもできる難易度の差があるし、調子が悪いときはマジで腕動かなくなるから

    タイヤヤ:そうね

    銀河P  :だから太鼓はACには移らなくなったなと

    タイヤヤ:そうなんだ 俺もいつまで結局やってたんかな…いわゆる名前を後で打ち込まないといけない時代から、カード(バナパスポート)になったあと1~2年くらいはやってたと思う。

    タイヤヤ:四天王って言われてた曲がそうでもなくなった頃くらいまでやってた

    銀河P  :あー僕も同じくらい。成仏とかそういうやべーやつらが出てきたころから、あーこれもうついていけないわってなってやめた

    タイヤヤ:記事読んでる人の注釈として…四天王というのは、きたさいたま2000と

    銀河P  :裏Rotterと、燎原ノ舞

    タイヤヤ:あー燎原。

    銀河P  :あとなんだったっけ、はたらくだったっけ

    タイヤヤ:いや、もうちょっと前だったと思う。…紅じゃなかったっけ

    銀河P  :紅はもっと前じゃない?さいたまがボス曲だった時代

    タイヤヤ:紅はいわゆる999コンボ。で、要はそのラインを越えちゃった時代でやめちゃって

    銀河P  :ラインを超えたのって〆ドレー2000が初じゃなかったっけ

    タイヤヤ:だったっけ?調べて…調べて出てくるか?

    タイヤヤ:(検索中…)あーやっぱはたらくだね。

    銀河P  :あーやっぱり。はたらくってBPMが320で、16分が出てくるやつじゃなかったっけ

    タイヤヤ:うん。で、〆ドレーが1000コンボを初めて超えた

    銀河P  :成仏とか、ブラックローズなんとかの裏譜面あたりとかから、明らかに難易度のインフレがヤバくなってる気がする

    タイヤヤ:その頃はメインではやってなくなったけど、(譜面動画見て)なんかもうライン越えてんなとは思ってた


    タイヤヤ:…まあそんな感じで、音ゲーについては好きという次元を越えちゃったよというくらいやってます。これからもやります。

    銀河P  :なるほど。オンゲキやりません?

    タイヤヤ:あ~…オンゲキなあー確かギンガピともやったことあるけど

    銀河P  :前新宿のタイステで集まった時よね

    タイヤヤ:そうそう。なんにしても、これはどの会社にしても、新しい音ゲー出たらとりあえず1回は触るようにしてるんだけど

    タイヤヤ:俺の中ではチュウニが完成されている感じがしちゃって…選曲面でも、ほかのもろもろ面でも。

    タイヤヤ:オンゲキはね、いわゆるソシャゲ要素とかもあって、なんか頑張ろうとすると大変そうだなって思って。

    銀河P  :それはね、正しい。でもオンゲキは結構変わって、音ゲーするだけだったらそんなにめんどくさくないようにはできるようになったし。

    銀河P  :それに、これはどの機種にも言えるけど、慣れるまでが大変だけど慣れたら普通に楽しい。

    タイヤヤ:オンゲキなあー…でもよくよく考えると、そっかいつも行くゲーセンにオンゲキがないんだそういえば

    タイヤヤ:俺が知ってるオンゲキの稼働店、新宿のタイステくらいしかないぞ。そんなに絞ってないとは思うんだけど

    銀河P  :え~だって、音ゲーひととおり置いてあるタイプのゲーセンで、オンゲキを置いてなかったの、僕が知る限り1か所しかない。

    タイヤヤ:俺が働いてるところのすぐ近くにゲーセンがあって、そこにはなくて、いまそこがホーム状態だから…

    タイヤヤ:やっぱ家帰るまでのルートを考えると、新宿になるのかなあ


    銀河P  :そろそろ音ゲーの話終わらない?

    タイヤヤ:終わりたいんだけど

    銀河P  :じゃ、次。ゲームつながりで…








    タイヤヤ:知らんがなwww

    銀河P  :wwwwww

    銀河P  :これ我々に何の反応を求めてるんだろうw

    タイヤヤ:逆に今ってSwitch買うほどのものってなんかあったっけ

    タイヤヤ:俺の中では桃鉄が出たくらいなんだけど

    銀河P  :桃鉄が出たのもそうだけど、Switch自体が最近品薄で

    タイヤヤ:あーそうなんだ

    銀河P  :なんでかっていうと、みんな家にこもるようになったからゲーム機が人気になってきたのと、あと工場が稼働できなくなって生産が追いつけなくなったらしくて

    タイヤヤ:一時期あれ抽選だったよね?てかいまもそうなのかも知れないけど

    タイヤヤ:あとはPS5が出たとか?PS5が出たから逆にとか?

    銀河P  :あー逆張りオタク

    タイヤヤ:逆張りってかみんなPS5に行くからSwitchが入荷しやすくなったとか

    銀河P  :PS5とSwitchの客層って全然違うイメージがある

    タイヤヤ:いうほど全然なのかな…?

    銀河P  :どうなんだろう 少なくとも出るソフトのラインナップ的に棲み分けはされてるイメージがある

    タイヤヤ:俺がよく見る配信者はゲーマーの人が多くてどっちもやるから、とりあえず新しい作品が出た方を今やってるっていう感じがある

    タイヤヤ:でもPS5は出たは出たけどソフトはそんなに出てないよね

    銀河P  :そうだねえ 僕は自分のことをライトゲーマーだと思っているんだけど、ローンチでいくつか出てたのをチラ見した中では僕が知ってる範囲だとバイオハザードくらいかな

    タイヤヤ:ローンチで?

    銀河P  :ローンチだったっけ調べよう ヘタなこと言うと一生残るから

    銀河P  :(確認中…)あっ全然違うわ そもそもバイオハザード7が出たのが2017年じゃん、ヤバw

    銀河P  :僕の中の時間が止まっているかもしれない

    タイヤヤ:だよね 俺の中でバイオハザード7の曲をちょっと聴く機会があったんだけど、確かに投稿日時がそのくらいだったわ

    銀河P  :僕もたまたまその曲を聴く機会あったんだけど、確かにその曲を聴いた時期で察するべきだったと思う

    銀河P  :なにと勘違いしてたんだろう…ローンチ見ると、(確認しながら)あっこれもこれも移植系だわ…なんもわかんないよ

    タイヤヤ:グランツーリスモっていうレースゲーがあるんだけど、俺はそれをずっとやってて、

    タイヤヤ:PS5での新作が来年くらいに出るらしいからそれが出たら買うのかなーとか思ってて

    タイヤヤ:Switchも、今年か去年の今(2019年12月)くらいに買ったんだけど、それきっかけでちょくちょく流行りのゲームの類に手を出すようになったんだけど

    タイヤヤ:それより前はほんとレースゲーと音ゲーとエロゲしかやってなかったから、まーじでゲームやってなかったんよね。まあ今もそうなんだけど

    タイヤヤ:Switch買って、スマブラとかマリカーとか、みんながやってるようなのとか、ADVみたいな沼じゃないゲームをちょくちょくやってる

    銀河P  :一応僕もSwitchを持ってはいるけど、たまに触る程度かな

    タイヤヤ:でも今桃鉄やってるんでしょ?

    銀河P  :やってるやってる

    タイヤヤ:どうしようかなあ買おうかな

    銀河P  :楽しいよ そこの匿名書記さんも持ってるし

    タイヤヤ:でも買ったというとぜったい怖い人たちに誘われるんだよな

    銀河P  :wwwww

    タイヤヤ:前もこの2人には話したけども、桃鉄はPS2で北海道がどうのこうのしたやつをやったことはある

    銀河P  :桃鉄16ね

    タイヤヤ:ちらっとやったことはあるけど、あくまであれはパーティーゲームの範囲でやっただけだから

    銀河P  :桃鉄はパーティーゲームですよ

    タイヤヤ:ほんとぉ?

    銀河P  :楽しいゲームですよ

    タイヤヤ:いやこの前2人がやってるのを見たんだけども、すげー頭を使ってんだよ

    銀河P  :気のせいじゃないっすか

    タイヤヤ:ww 俺ボドゲもそうだけど脳死でやりたいからさ、

    タイヤヤ:桃鉄もとりあえず振ったところに行って、物件を買えるところから買えるだけ買って、終わりの人生であればいいかなと思ってるから

    タイヤヤ:まあ桃鉄は、いつか買ってるかもしれないっすね こっそりと怖い人たちに見つからないように

    銀河P  :この前ヨシキPとかいろんな人とオンラインで桃鉄やってたけど、普通に初心者の人もいたから、そういう人たちを集めてゆるーくやるのがいいんじゃないですかね

    銀河P  :まあ僕も初心者だけど(大嘘)

    タイヤヤ:まあそんなこんなで、いまSwitch買うのは桃鉄楽しいよって結論でいいっすかね

    銀河P  :いいんじゃないっすかね 実際Switchは今後もいろんなメーカーがソフト出してくるだろうし、とりあえず買っておくのはアリだと思う

    タイヤヤ:まだ任天堂の後継機が出るって話はないよね?

    銀河P  :そういう話は出てないね ただSwitchが出てから3年くらい経ってるでしょ

    タイヤヤ:いろんな意味でSwitchで完成されている感があるから、車みたいにSwitchで改修版を出すのか、それともガラッと新作を出すのかってのが気になってるところだけど

    銀河P  :でもこんなに売れたんだから少なくとも互換機を1回出してからじゃない?

    銀河P  :DSも売れたからDSiとか出たし、それこそ3DSもDSのソフト遊べるし

    タイヤヤ:そういうもんかねえ

    タイヤヤ:プレステとかにも言えるんかもしれんけど、だいぶスタイルとしては完成されるじゃんSwitchって。家でも遊べるし持ち運んでどこでも遊べるし

    タイヤヤ:ネット対戦もそれなりにできるしみたいな 逆に不足している機能って後継機を出すほどある?って、やらない素人は思うんだけど

    銀河P  :正直僕も思いつかないけど、それを考えるのが任天堂の頭いい人たちの仕事だと思う

    タイヤヤ:なるほどな やっぱり新作出して売り上げ出さないといけないしね

    銀河P  :まあSwitch買っても、すぐ後継機が出て陳腐化するということはないと思うから、いま買っておくのはアリだと思います!

    タイヤヤ:買えるときにね

    銀河P  :買えるときに …じゃあ次いきますか、ゲームつながりで








    タイヤヤ:スマブラの話

    銀河P  :スマブラの話です

    タイヤヤ:8人目ってアレ?セフィロスとかいう

    銀河P  :セフィロス8人目だっけ? 調べよ…(確認中)6人目がミェンミェンで、7人目がスティーブで…ああ合ってる合ってる

    銀河P  :あと3人控えてますね

    タイヤヤ:でもなあ、さっきも言ったけど音ゲーエロゲレースゲーしかやったことないから、スマブラの元ネタに出てくる人たちをほとんど知らないんよね、さわり程度しか

    銀河P  :ゲームは好きだけど、特定のキャラクターに思い入れがあるタイプじゃないから、

    銀河P  :でも、例えば博麗霊夢とか出てきたら「おぉ~」ってなると思う

    タイヤヤ:まあ確かにねえ …ダメださっき太鼓の達人の話してたから、ドンちゃん参戦しか出てこない

    銀河P  :ドンちゃん参戦したらめちゃくちゃ面白いよね

    タイヤヤ:意味はわかんないけどww

    銀河P  :まあでもカービィが参戦しているから

    タイヤヤ:バチを持って

    銀河P  :バチで殴るw

    タイヤヤ:バチで殴るw なにホームランバットみたいな機能があるの

    タイヤヤ:あとなんかそういう出てそうで出てないゲームキャラとかある?

    銀河P  :個人的な解釈なんですけど、アイマスからは逆に出てほしくないなって思ってるところがある

    タイヤヤ:まあ世界観違いますよね

    銀河P  :世界観が違うというよりは、なんか不要に荒れそうな気がする

    タイヤヤ:荒れるってそういう?

    銀河P  :なんか微妙に毛色が違うじゃない? もちろんガンダムとかドラゴンボールとかと違って、一応ゲーム原作ではあるけどそれはそれとして経路が違うと思うの

    銀河P  :まだときメモのキャラが出てきた方がわかる気がする

    タイヤヤ:いやそれはわからんわw

    銀河P  :それはそっかw

    タイヤヤ:ゼノグラシアの参戦なら許されませんかね

    銀河P  :まあそのへんかなあ よく見かけるジーノとかソラとか、僕がキャラわかんないからなんともいえない

    銀河P  :ボンバーマンくらいは参戦してもいいと思う

    タイヤヤ:あれってアシストキャラにいるよねすでに

    銀河P  :アシストフィギュアにいるいる。あと予想が多いキャラだと、ゼノブレイド2のレックス&ホムラとかは、参戦してくれたらうれしいけど…

    タイヤヤ:あーあれか、同人誌で見たことある

    銀河P  :www まあキャラデザが扇情的だからね

    タイヤヤ:チュウニズムみたいにプリウスとか参戦しないかな、プリウスとか

    銀河P  :マリオカートの枠で、カートが参戦したらワンちゃんあると思うw

    タイヤヤ:www BMW参戦?

    書記  :BABA is YOUのBABAとかありませんかね?

    銀河P  :アシストフィギュアならワンちゃんあるんじゃない?

    タイヤヤ:アシストフィギュアというよりも、Miiが着るやつとかなら …もっと幅が広がるな

    銀河P  :Miiコスチューム?

    タイヤヤ:うん それこそUNDERTALEとか入ったし

    銀河P  :Miiコスチュームはけっこうインディーズ枠とかあるよね Cupheadとかショベルナイトとか

    タイヤヤ:いまでインディーズ枠というと…まあ俺のインディーズの知識はだいたいVTuberとか実況者がやってるかどうかだから

    銀河P  :インディーズで勢いがあるやつとか思いつかないなあ

    タイヤヤ:宇宙人狼だっけ…なんか宇宙服着て人狼みたいなことやるやつ

    銀河P  :あーAmong US

    タイヤヤ:あとお米つくるやつ

    銀河P  :天穂のサクナヒメ

    タイヤヤ:あと、ぴえんのホラゲー …ぴえん参戦面白くない?w

    銀河P  :まだFALL GUYSの方がアリじゃない?

    タイヤヤ:FALL GUYSありそうだねえ 一応アレ肉弾戦はできるもん元から

    銀河P  :ただSwitchで出てるやつで考えると…ある程度企画通すことに時間かかること考えると、前からあった名作にフォーカスされるだろうから

    タイヤヤ:いまはDLCはほどほどのをとっているよね

    銀河P  :Celesteワンちゃんあると思うんだけどなあ インディーズの中でかなり人気高いし

    タイヤヤ:Celeste…?(検索中…)あーあーあった…何で見たんだっけか、よゐこのやつか?

    銀河P  :あーよゐこやってたね

    タイヤヤ:やってたような気がする

    銀河P  :まあそのくらいですかね、スマブラの話題は

    タイヤヤ:まあ結論は、銀河PはCelesteで俺はプリウスかドンちゃんってことで

    銀河P  :wwww ありそうなのドンちゃんしかないよね

    タイヤヤ:いやドンちゃんもあるか?www

    銀河P  :アシストフィギュアとかワンちゃん?

    タイヤヤ:あの本当の意味で、Switchより前にあったフィギュアを鑑賞する機能としてはあるな

    銀河P  :wwwww じゃあ次

    タイヤヤ:次。じゃあいまちらっと話が出てたしアレに持ってくか…いやこれも俺答えを用意してないんだけども







    銀河P  :タイヤヤ氏がアイマスの話をしてるイメージが全然ない

    タイヤヤ:なんか、なさそうで言ってた時期が若干あって今は普通にないみたいな感じ

    タイヤヤ:どっから話したらいいものか…

    銀河P  :まず、アイマス5本柱(765AS・デレ・ミリ・SideM・シャニ)でいうところのどこ?

    タイヤヤ:いやぁ~…初めから言えば、きっかけはさっきも出てきた太鼓なんよ

    銀河P  :なるほど

    タイヤヤ:太鼓のDSのやつ。あれって確かエージェント(夜を往く)とかごまえーとかあったと思うだけど、あのへんからアイマスを知って、

    銀河P  :あったあった 僕と同じですね

    タイヤヤ:んでその頃に組曲とか知ってアイマスのやつなんだなって思って

    タイヤヤ:同じくらいにDo-daiがあったと思ったら七色に入ってきて、「太鼓の達人の曲だ!」と思って

    銀河P  :まったく同じ道をたどってますね

    タイヤヤ:うん でもそこのとき自体はそんなにそんなっていうか、名前とキャラがわかりますよ程度で

    タイヤヤ:これはアイマスに限らないけど、俺の場合まず二次創作からみるから

    銀河P  :ほう…?

    タイヤヤ:あの頃の時代だとSSとかサイドストーリーとかショートストーリーとか…

    銀河P  :ニコマスとか?

    タイヤヤ:ニコマスは見てない、ほんとにテキストのやつ

    銀河P  :あーじゃあSSが昔よくあったやつ

    タイヤヤ:そうそうそうそう、あの頃はアイマスに限らずひぐらしとかすげー見てた時期だから、

    タイヤヤ:流れでアイマスもちょくちょく見てて、キャラの概要とかゲームとかの経歴とかをなんとなく知ってた程度なんだけど

    タイヤヤ:それからモバマスが始まって、なんかのきっかけでモバマスを始めたのよ

    銀河P  :うん

    タイヤヤ:で、それはね結構、ハマってたと言えるくらいにはやってたと思う。デレステじゃない方のモバマスをね。特に誰Pとかではないんだけど

    タイヤヤ:モバマスを始めると、友達に紹介とかあるじゃん?

    タイヤヤ:それで大学の同期に始めさせたら、いつの間にか向こうの方が沼って、いつの間にかラジオのハガキ職人になってて笑った

    タイヤヤ:で、ちょうど昨日ネタになるからどうしてるのかなって調べたら、それこそSSのコテハンになってた

    銀河P  :おぉ…

    タイヤヤ:でもそうだねえ…モバマスもつかさ社長が出てきたころまでは確実にやってたと思う

    銀河P  :あぁ~5~6年くらい前っすかね

    タイヤヤ:うん だから、いまも全キャラは言える、はず(多分)。つかさ社長から先に増えたの5人くらいしかいなかったはずだし

    銀河P  :7人

    タイヤヤ:あれ7人も増えてたっけ?

    銀河P  :ちょっと言ってみて

    タイヤヤ:やだww200人近くいるじゃんww

    タイヤヤ:で、デレステが始まって、デレステをちょっとやってたんだけど、さっきの音ゲーの話でも言った通りやる時間があまりなくなってきて

    タイヤヤ:やる時間ないなーと思ってた頃に、ゆーりとのAzuriseaが始まったりして

    タイヤヤ:あいつはPだったし、しかもミリオンもやってたからミリオンのキャラをその頃に知って、

    タイヤヤ:その後あいつがSideMにハマって…というか沼に突き落とされて、流れで俺もアニメ見て…って感じで

    タイヤヤ:結論としてはずっとつかず離れずの関係でいるって感じっすね、アイマスとは。沼の外周をずっと歩いてきてる

    銀河P  :765・デレマス・SideMのパンの耳あたりを食べている感じ

    タイヤヤ:そうねえ でさ、TLというか今のメドクラはPが多いから、いまも最新情報とかはいつも流れてきてるから、

    タイヤヤ:パンの耳をかじって、デレマスに関してもうちょっと食べてるかなって感じかな。デレステ以降のことはあまりわかんないけど

    銀河P  :細かい展開とか最新の曲とかはあまり知らない感じ、と

    タイヤヤ:そうね。ただ、いま俺会社通勤するときに声優さんのラジオを流して、聴くのはその日によっておススメに上がってきたのを聴いてるんだけど、

    タイヤヤ:その中にちょくちょくアイマスの生放送とかも入っていて、そこ経由で曲を知ることも多い…かな?

    銀河P  :なるほど なんというかいろんなアイマスへの触れ方があるんだなあと思った

    銀河P  :いうて僕もアイマスは足湯勢だから、あんまり細かいことは言えないんだけど

    銀河P  :アイマスは無限に入口と出口があるってのはなんとなく感じてるから、その一端を覗いた気がした

    タイヤヤ:俺の情報の仕入れ口はいまだとTLと声優さんのラジオと同人誌っていう

    銀河P  :だいぶ偏ってるね

    タイヤヤ:っていうくらいかなあ…あとちょっと補足すると、アニメはいま出てる3つの(765・デレ・SideM)は全部見てる

    銀河P  :じゃあ今度やるミリマスのアニメもぜひぜひ

    タイヤヤ:多分見ると思います

    タイヤヤ:やっぱりアニメは入り口としてぴったりでわかりやすいというか、とりあえずこれ知っておけば困らないラインが分かりやすいから

    銀河P  :タイヤヤ氏何気に周りの人がアイマス好きだから、そのへんも関係してそう

    タイヤヤ:そうそう


    --トイレ休憩--


    銀河P  :戻ってきました。ちょっと長丁場になりそうなのでハイボールを持ってきました

    タイヤヤ:は?

    銀河P  :(カランカランとグラスの氷の音)じゃあ次いきましょう じゃあ比較的まじめで重そうなやつから…








    銀河P  :まじめ

    タイヤヤ:これはお互いがってこと?

    銀河P  :お互いがじゃない?

    タイヤヤ:なんかそれわりと最初に言わなかった?

    銀河P  :あー多分あれじゃないの?最初のはメドレーの話じゃない、お互いの

    タイヤヤ:あー今度は人としてってこと?

    銀河P  :そうなるね

    タイヤヤ:人として…? そもそもさあ、遠かったからなあ…

    銀河P  :Twitterでフォロワーになったのは割と最初の方じゃない?

    タイヤヤ:だろうねえ メドレー作者名乗ってたらフォローしてた時代だったから

    銀河P  :僕が10年前に銀河Pとして現れた頃も、たぶんタイヤヤ氏とかつながってたよね

    タイヤヤ:つながってたというか、フォローしてたとは思う。まあその頃は銀河Pではなかった気がするけど

    銀河P  :いや僕はずっと銀河Pだったんで

    タイヤヤ:いや間をとっても銀河の人だった気がするけど

    銀河P  :銀河の人まできたらもうほぼほぼ銀河Pじゃない?

    タイヤヤ:まあそれはそうなんだけど

    タイヤヤ:とにかくそうだったりそうじゃなかったりした頃から、とりあえずフォローはしてたけど、正直認識はしてないと思うんよ

    タイヤヤ:その頃って作品はなんか出してた?

    銀河P  :えーと、Twitterを始めたころには、もうGalaxyを出してた頃だと思うんだけど

    タイヤヤ:Galaxyは出てたか 俺Galaxy観てたかな…知ってはいたはずなんだけど…

    タイヤヤ:なんとなくわかるかもしれないけど、10年前のあの頃ってFLAGさんの全盛期だったから

    タイヤヤ:みんながみんなではないけど、ちょっと乗っかるみたいな流れもあったりなかったりしてたから

    タイヤヤ:その、FLAGチルドレンがメドクラにまた一人増えたなくらいの(認識だった)

    銀河P  :wwwwww

    タイヤヤ:よくも悪くも… いやGalaxyの投稿者誰やねん

    銀河P  :いや代理投稿だし


    ※書記脚注:銀河Pの処女作『ニコニコ動画Galaxy』は代理投稿



    タイヤヤ:いや代理投稿なのは知ってるけどもw

    銀河P  :彼は高校の頃のリア友

    タイヤヤ:あれ、弟さんじゃなかったっけ

    銀河P  :いや、弟はまた別

    タイヤヤ:だったか

    銀河P  :Galaxyを代理投稿してくれた人は、高校の頃の同級生で、大学進学時に東京に行ってしまったはず

    タイヤヤ:おおすげえ、1か月前もなんか投稿してる

    銀河P  :彼もまさか、僕がいまでもメドレー作ってるとは思ってないだろうなあ

    タイヤヤ:www

    銀河P  :まあ、タイヤヤ氏の方が昔からいたから、また新人作者が1人増えたなという認識だったんだろうね

    タイヤヤ:そうだと思う。で、FLAGフォロワーというか

    銀河P  :当時は特に多かったよね

    タイヤヤ:ていうかいまGalaxy聴いたら上手えな普通に処女作でこれは上手え

    銀河P  :で、実際認識し始めた頃っていつ頃?

    タイヤヤ:そりゃあまあ駆け合作じゃない?駆け合作主催しますって言ったとき

    銀河P  :なにまた新人風情がなんか言い出したぞみたいな

    タイヤヤ:いやそこまでは思ってないけど 思ってないというか俺がどっちかというとそっち側だったから

    タイヤヤ:逆にそっちもそうでしょ多分、俺を知ったのって

    銀河P  :んー、僕の場合はTwitter始めたころはフォローしてる人も少なかったから、割とひとりひとりこの人誰だろうって思ってて

    銀河P  :タイヤヤ氏は誰だろうなあって

    タイヤヤ:やっぱ誰やねんじゃねえか

    銀河P  :いや、あの当時は大物作者ってのはよく知ってたわけよ。当時ならYASUさんとかFLAGさんとかM.I.さんとか

    銀河P  :でもメドレークラスタってもちろんそこでは聞いたことない人もいるわけじゃないですか

    タイヤヤ:そうだね

    銀河P  :その中の1人って感じ


    タイヤヤ:すまん、ちょっと電話きたからいったん抜けるわ


    --電話終わるまで待機中--

    銀河P  :さっき書記さんと話をしてたんだけど、最初お互い認識が無なのは当たり前だから、中期と今との差を比べた方がいいんじゃないかって話

    タイヤヤ:まあそうね

    銀河P  :で、それを考えたときに、僕の中でのタイヤヤ氏のイメージがコバンザメなんだよね

    タイヤヤ:えっコバンザメ?

    銀河P  :コバンザメ

    タイヤヤ:???

    銀河P  :あのコバンザメってご存知?

    タイヤヤ:コバンザメ商法くらいしか…

    タイヤヤ:(検索中…)コバンザメ科に属する魚類の一種…飲食業においては、認知度や集客力のある店舗と類似した業種で店舗をその近くに構えて、

    認知度や集客力のある店舗のおこぼれをもらう手法のことです…

    銀河P  :なんか強い人にくっつきまくって作品出しまくってる姿がそれに見えた

    タイヤヤ:俺言うほど強い人と絡んでいたかなあ…?

    タイヤヤ:ほら、最初がアレンジしてもらう、だったから、必然的に強い人に沿っていたのはそうなんだけども

    銀河P  :駆け合作の話をすると、例えば成り行きさんだったり、#ぷる氏も当時かなり強い部類だったし

    タイヤヤ:そう?俺が(#ぷるに)その認識がなかった

    銀河P  :あとはⅣのtaiyoさんとか

    タイヤヤ:あぁ、それは間違いなく強い

    銀河P  :それ以外にも、当時はけっこうアレンジしてもらう人みたいな、そういうイメージがあったなあって

    タイヤヤ:違いない

    銀河P  :それに対して、いまは本当にひとりのメドレー作者として自立してる感じがする

    銀河P  :自立してるし、なんならすごくベテランの枠の中で裏ボス感がする

    タイヤヤ:(裏ボスって)よく言われるんだけどwよく言われるっていうか、なんかそういう認識を持たれてるらしいんだよね

    銀河P  :その認識ってのも、結局作者としてちゃんとした力量を身に着けたからこそそういう評価になってるんじゃないかなって僕は思う

    タイヤヤ:なるほどねえ

    銀河P  :逆にそっちはどうなの

    タイヤヤ:中期でしょ…で、どっちかっていうと作品としてよりかは人としてでしょ…

    銀河P  :まあ、作者としてでも人としてでも

    タイヤヤ:やっぱり、最初も言った気がするけど、基本的には俺とギンガピは共通点があまりないというかさ、

    タイヤヤ:思想というか哲学も違うし、相容れないとは違うんだけどね…この人はこういう思想や哲学があって、俺は全然違うところで戦ってて、

    タイヤヤ:要は、同じメドクラだけど戦ってるところが違うってかさ

    銀河P  :相反する感じではない、だよね?

    タイヤヤ:うん。それはまあ、いまもそれがなくなったわけではないんだけどね。

    タイヤヤ:長くやってると、必然的に同期というのは少なくなってくるから、それでもまだなんかいると、戦友感は出てくるし

    銀河P  :わかる 実際どんどん昔からいた人が自然消滅していって、同期もだんだん別のことにハマり始めていって、

    銀河P  :という中でちゃんと10年間ずっとそこに居続けて、ってのはすごい安心感がある

    タイヤヤ:そうそうそう。だから、見てるところはいまもやっぱり違うのかもしれないけど、この人がここで頑張ってるんだったら俺も頑張んなきゃなみたいな、ね

    タイヤヤ:勝手にライバル視してる時期はあったなあ、確かに。

    銀河P  :へぇ~、それは意外だった

    タイヤヤ:アプローチは全然違うけどね

    タイヤヤ:だからまあ、中期も今もそんなに変わってないのかな、認識としては。

    タイヤヤ:ただ、去年とか今年とかから関わりが増えて、こういうところも思う人なんだなってのは思うようになった気がするなって

    銀河P  :確かに、見えてない人となりが見えてきたってのはある

    タイヤヤ:そうそう。それは決して悪い意味ではない話ではあって…って感じかなあ

    銀河P  :まあそんな感じですねー


    銀河P  :じゃあ次いきましょっか。さっきちらっと出てたけど








    タイヤヤ:出たwwこれ飲みながら募集始めた時にすぐにこれ(マシュマロ)が来て、なんやそれと思ったわ

    銀河P  :wwww

    タイヤヤ:この場合あれなんすかね、やっぱりあなたが元締めで俺が裏番長ってことなんすかね

    銀河P  :僕が表のドンで、タイヤヤ氏が黒幕?

    タイヤヤ:裏ボス?

    銀河P  :裏ボス?

    タイヤヤ:俺思うんだけど、裏ボスってなんの仕事というか、役割があるんだろうって

    銀河P  :表には出てこないけど、裏でいろいろ暗躍してるイメージじゃない?

    タイヤヤ:あんのかなあ…メドレーのでかい企画があったとして、確かに表には出てないけどだいたいいるもんなあ…そういうイメージなのか?

    銀河P  :わかる あと一時期闇討ちしてたとき多かったからそのイメージがあるかもしれない

    タイヤヤ:闇討ち…してたなあ

    銀河P  :こっちの元締めって多分合作の主催することを指してるよね

    タイヤヤ:だと思うけど そこもあるしやっぱり、一応最年長の一角ではあるから、ごねんどが

    銀河P  :一応年上の作者も何人かいるけど

    タイヤヤ:活動歴としてはもうだいぶよ

    銀河P  :10年超えている人もいるけど、そこまでガチガチなメドレー活動ではないって感じ?

    タイヤヤ:だからその辺は、メドレーの作品としてはというよりは、合作の主催という手腕だったりとか、

    タイヤヤ:裏で主催とかの相談受けて面倒見たりとかがそう見られてるんだろうなあ

    銀河P  :かもしれない

    書記  :銀河Pってメドレーコミュのオーナーもしてましたよね

    銀河P  :やってますね

    タイヤヤ:ああwだから名実ともに元締めではいらっしゃるのか

    銀河P  :なんか、思えば遠くにきたもんだなあって時々思いを馳せることもあるけど

    銀河P  :何も知らないままメドクラに飛び込んだのが10年前でしょ?

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :いや遠くにきたなあって…思うなあ

    タイヤヤ:そうねえ…

    銀河P  :メドレーコミュもね、もうちょい動かせていければいいんだけれども

    銀河P  :ニコニコがもともとコミュニティって概念があんまり活発に動いてない気がする最近

    タイヤヤ:そこもそうだし、そもそもギンガピがオーナーになる前からそんなに活発だったとは言えてないし

    銀河P  :まあたまに三昧とかしてたくらいだよね

    タイヤヤ:三昧はそうね。メドレーコミュを借りてやってたから。いまは自分のところのコミュニティでやってるけど

    銀河P  :まあもうすぐコミュニティなくても自分で生放送できるようにはなるから

    タイヤヤ:うん。あくまでも置き場ってイメージになるのかなあ

    銀河P  :一応動画を登録したら、コミュに登録した人には通知来るの?

    タイヤヤ:そうね。だから無理に動かさなくても、置き場としての役割を果たしているならいいんじゃないすかねと思うけど

    銀河P  :まあとりあえず、消えなさそうな人がオーナーやってるってのはすごく理にかなっていると思う

    タイヤヤ:もう何年前からやってるんだっけ

    銀河P  :えー何年前だっけ

    タイヤヤ:もう4~5年くらい経ってるよね

    銀河P  :それくらい経ってた気がする…(確認中)コミュニティ権限委託のお知らせ、2016年12月17日

    タイヤヤ:ちょうど4年前… たしか3代目でギンガピが就任して

    タイヤヤ:んでコミュができたのが2008年くらいだったと思うから

    銀河P  :じゃ3分の1くらい

    タイヤヤ:を、3代目が務め上げていると

    書記  :ニコニコミュニティというシステムができたのが2008年の夏ですね

    タイヤヤ:じゃやっぱり12年くらいか

    タイヤヤ:多分いまも、置き場としてちゃんと働いているコミュニティってそうそうないんじゃないかと思うよ

    銀河P  :どうなんだろう

    銀河P  :実際コミュニティの役割は、そういう作品群に視聴者がつくよりも、投稿者につくようになった時点でだいぶ時代の流れ的に終わった感するよね

    タイヤヤ:そうね

    銀河P  :最近のメドレーとか、ほんとに知名度ある人とそうでない人との動画の伸びがめちゃめちゃ顕著なのを見ると、そう思ってしまう

    タイヤヤ:おっ闇の話か?

    銀河P  :元締めと裏番長とか言い出すから!

    タイヤヤ:ww

    銀河P  :まあ闇の話はなんとかするとして

    タイヤヤ:するんだw

    銀河P  :未来ある若者がなんとかしてくれるから

    タイヤヤ:ああーそういうことね

    銀河P  :いつかほら4代目が現れるかもしれないし


    タイヤヤ:じゃあ次いく?

    銀河P  :あんまつながりそうなのないからそっち投げていい?

    タイヤヤ:わかった。じゃあ元締めと裏番長ってことで…これいくか








    銀河P  :wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    タイヤヤ:wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    タイヤヤ:元締めと裏番長どっちが攻め?

    銀河P  :知 ら ん

    タイヤヤ:wwwwwwwwwwwww

    銀河P  :えっあのどっちが攻めって、あの…お姉さま方の二次創作的なアレ?

    タイヤヤ:他だと…他の攻め守りの概念って俺野球しか思いつかないんですけど

    銀河P  :あっそっか、攻め受けじゃなくて攻め守りの可能性があるのか。 …あるのか?

    タイヤヤ:あるんか?

    銀河P  :いや野球の話としてはますますわかんないけど

    タイヤヤ:wwwwいまどっちが攻撃してるんですか?みたいな

    銀河P  :まだ試合は1回裏だから


    銀河P  :こういうとき攻め受けってどうやって決まるもんなん

    タイヤヤ:なんていうか、例えばシンプルに銀河Pとタイヤヤだったら、コンビ名としてありがちなのって銀タイになるのか、タイ銀になるのか?

    銀河P  :どっちも微妙にしっくりこなくない?

    タイヤヤ:わかる 強いていうなら銀タイ?と思わなくもない

    銀河P  :なんか団体みたい

    タイヤヤ:www

    タイヤヤ:で、アレなんだけど、俺のいままで共作でやった人…ゆるふわ兄弟とかはさておき、こういうのだいたい俺が後ろなんだよね

    タイヤヤ:例えば、PowだとPowヤヤって略称使ったし、Ketoku氏とはけいたい電話…けい「たい」だし、

    タイヤヤ:ゆーりとは…ゆーりって一時期アホみたいにドーナツ食ってた時期があって、俺が勝手にどーなつおじさんって呼んでた時期があったんだけど、

    タイヤヤ:それだと、どーたいになるんだよ

    銀河P  :そういやどーなつおじさんだったね

    タイヤヤ:で、#ぷるは…ぷるヤヤ?Tato氏も飲み友達って名前になる前はTatoヤヤだったし

    タイヤヤ:ちなみにひまなっつさんとはずっとひまタイでプロジェクトファイル作ってたから

    銀河P  :だいたい後ろに『タイ』か『ヤヤ』付ければいいってわけかな

    タイヤヤ:そうそう。だから、向坂って人に言われたのは『タイヤヤさんの受け力が高すぎる』って話はされたことはある

    銀河P  :銀ヤヤ…銀タイ…

    銀河P  :銀ヤヤはまだしっくりくる

    銀河P  :でも実際ここコラボしても、コンビ名作るかってなるよね

    タイヤヤ:まあ複数回作るなら(コンビ名作るか)って感じでいまはやってるけど

    タイヤヤ:コンビ名作らないってなると、とりあえず銀タイか銀ヤヤになる可能性が高い

    銀河P  :じゃああの、そっちの界隈の方式に則るんなら、例に倣ってタイヤヤ氏が受けになると

    タイヤヤ:なる…率が高すぎるw

    銀河P  :タイヤヤ氏が何気に総受け属性があるということがわかったというところで、

    タイヤヤ:wwwww あんまりヤケドが広がらないうちに次行く?

    銀河P  :次いきましょっか

    銀河P  :よく見たら2つめの質問で順序できてるよね>:銀河P × タイヤヤのメドレー、期待してます!

    タイヤヤ:そうだねなんとなーく繋いできてる

    銀河P  :とりあえずこっちの虚無の片方をひとつ出していい?

    タイヤヤ:どうぞ、いま虚無の質問を受けたから








    タイヤヤ:??いやマジでわからんってwww

    銀河P  :虚無レベルが高いんだけどwwwwwウケるww

    タイヤヤ:わからんわからん…(検索中)化学か

    銀河P  :マルコフ連鎖ならわかるけどマルコフニコフ則はマジで初めて聞いた

    タイヤヤ:化学…ギンガピって専攻は情報科学?

    銀河P  :そうだねえ…これ言っていいやつか?まあいいや

    タイヤヤ:まあすごくざっくりとでいいから

    銀河P  :ざっくり言うと情報系

    タイヤヤ:ちなみに俺は文学だね

    銀河P  :wwww

    銀河P  :えーでもこれニコニコ大百科あるんですね

    タイヤヤ:なんか面白要素あるんですかね


    https://dic.nicovideo.jp/id/5586586

    タイヤヤ:しかもけっこう分厚くある

    銀河P  :ちゃんとなんか構造式書いてあるし、参考文献載ってるし

    タイヤヤ:参考文献ってww論文かな?

    銀河P  :えーちょっとこれ誰が編集してるんだろう

    タイヤヤ:しかも初版作成が今年だよ、これ

    タイヤヤ:コメント:ヒドロホウ素化ー酸化を「ボラン」の記事へ誘導 …ウケる

    銀河P  :えーと…「有機化学において、二重結合への付加反応の主生成物を推測するための経験則である。」

    銀河P  :「より水素が多くついている炭素原子にプロトン(H+)が付加し、より置換基が多くついている方に置換基が付加する、という法則である。」

    銀河P  :はーなるほどね完全に理解した

    タイヤヤ:なるほど…日本語で書いてくれ(小声)


    タイヤヤ:いまのメドクラって理系が多いんかな、やっぱり

    銀河P  :どうだろう、最近のメドクラで理系文系わかりやすい人ってあんまりいない気がする。高校生か大学生ってことになるよね

    タイヤヤ:あー、文理が別れるほどの年齢に達してない人が増えているのか、そっか。

    タイヤヤ:昔はマジで、文系のメドクラが俺とあともう1人くらいしかいなかったけど

    銀河P  :まあでも、メドレー作者は理系が多いイメージがある

    タイヤヤ:ね

    銀河P  :でもどうなんだろう、昔はニコニコっていうとオタクの巣窟みたいなイメージがあったけど、最近はそうでもないから案外文理のバランスが取れているかもしれない

    タイヤヤ:まー今でもニコニコの中でもこっち(メドクラサイド)にまで来る人はまだオタクくんって感じはするけど

    銀河P  :たしかに

    タイヤヤ:でも最近は文理を越えて音楽に行く人だったり、もともとかじってる人が増えてきてる気がする

    タイヤヤ:あくまで昔っていうか、以前までは趣味は趣味として本職の文系や理系の仕事をする人が多かったけど

    タイヤヤ:いまは普通に「音楽の勉強をします」みたいな感じで、学校行く人も見たような気がするし、逆にやってましたって人がこっちに来てる気がするし

    タイヤヤ:そういう芸術系が増えた気がする。音じゃなくても映像やりますとか


    タイヤヤ:そろそろ次の虚無行く?虚無にそんなに時間とってる場合じゃない

    銀河P  :じゃあワンモア虚無行く?

    タイヤヤ:どんどん流してくれ








    タイヤヤ:…そうなんすか?

    銀河P  :えーっとね、子供の頃から割と虫は苦手だったと思う

    銀河P  :もっと正確に言うと、虫が苦手というよりは、生き物が苦手

    タイヤヤ:ああ、もっと主語が大きくなるんだ

    銀河P  :生き物が苦手といっても、そんな生き物苦手板にいるようなヤバい人たちとは違って、

    タイヤヤ:ノータッチという感じ?

    銀河P  :そうそう、生き物に触れない感じ

    タイヤヤ:ふむ、虫とかではなくて普通に犬とかもダメと

    銀河P  :例えば猫とか撫でるのは抵抗感あるし

    タイヤヤ:うちの実家は犬飼ってるからなあ。猫とかはそんなに触れる機会ないけど

    銀河P  :うちは昔猫飼ってたけど、結局撫でたのは1回~2回だったと思う

    タイヤヤ:そのへんの抵抗感はないかなあ。例えば動物園に行って触るのとかあるじゃん?ああいうのも割とどの生物でもいけるし

    銀河P  :僕はそういうので触ったのは1回もないかなあ。オーストラリアでコアラを抱っこする回みたいなのも行かなかったし。

    タイヤヤ:ああ、留学してたって話もあったね。それは単純に生理的にって感じなのかな

    銀河P  :生理的にっていうのももちろんあるし、危害を加えられたら怖いってのもある。例えば猫だったら

    タイヤヤ:引っ搔いてくるんじゃないか?とか

    銀河P  :そうそうそう。あと水族館の触るコーナーだと例えばヒトデとかは生理的にダメだったりとか

    タイヤヤ:シンプルにね

    銀河P  :逆に、Gのつく虫とかがもし部屋の中に現れてもそんなにビビるタイプではない。あぁなんかヤダなあって思うくらい。

    タイヤヤ:俺もさすがに、そのへんは触るのは厳しいけど、ビビりはしないな

    銀河P  :蜘蛛が出ても無視するし…蚊がいたらつぶすけど

    タイヤヤ:基本的には不干渉を貫くってことよね

    銀河P  :そうだね

    タイヤヤ:虫についてはそのへんは厳しいけど、多分カブトムシとかクワガタとか、子どもの頃触ってたようものはいけるかなあ。トンボとか。

    タイヤヤ:まあまず大人になってから見てねえからわかんないけど。

    銀河P  :なので、質問にお答えすると、大丈夫な虫なラインは、触るってなるとどの虫も無理だし、

    銀河P  :近くにいて不快じゃないというタイプだと、蜂とかムカデとか明らかに危害を加える生き物以外は案外そうでもないと思う

    タイヤヤ:見る分には大丈夫、と

    銀河P  :うん。触るのが無理。


    銀河P  :案外話ふくらんだね

    タイヤヤ:そう、ちゃんと質問しているからまだ

    タイヤヤ:まだ虚無ってある?

    銀河P  :こっちの確認してみたけど…4つともメドレーの方向でまじめな質問だね

    タイヤヤ:じゃあこっちから…別に虚無じゃないけどこれを消化するか










    タイヤヤ:これを俺に聞いてくるのはなんなんだってところはあるけど

    銀河P  :日常系の人って思われてるんじゃない?

    タイヤヤ:どうなんだろう、確かに俺のブログで読みログっていう読んだ漫画を感想書くっていうのをやってるから、そんな感じで聞いてきたんだろうけども

    タイヤヤ:日常系はあんま書いてないんだよな

    銀河P  :なんだろう

    タイヤヤ:そもそもあなた、日常系って読む?

    銀河P  :日常系かそうでないかに関わらず、面白い作品は普通に読む。

    銀河P  :どこまでが日常系かわかんないけど…たとえばアニメで見たまちカドまぞくやゆるキャン△はちゃんと原作も読んだし、あとはゆゆ式とか。

    タイヤヤ:そのへんか

    銀河P  :ごちうさ・きんモザ・がっこうぐらしとかは…アニメも漫画も途中かなあ

    銀河P  :Aチャンネルとかガヴリールとか、あずまんが大王とか、ドージンワークとか薦められた作品はちょくちょくつまみ食いしてる。

    タイヤヤ:また渋いところを

    タイヤヤ:日常系…そうねえ、どういう系が好きなのとかあったの?日常系ってか、好きになりやすいタイプの作品傾向とか

    銀河P  :どういう系が好きって、面白いと感じる日常系とそうでない日常系の具体的な違いがよくわかんなくて

    タイヤヤ:そうね。ましてや日常系だと

    銀河P  :まあ多分、細かな空気感とかそのへんになってくるんだろうけど、それってお薦めされにくいじゃん

    タイヤヤ:うん。あとテーマがどういうなのがとかもあるだろうし

    タイヤヤ:ゆゆ式みたいにひたすら日常を送るものもあれば、ゆるキャン△みたいに旅をすることが基本的にメインなものもあるし。

    タイヤヤ:この質問来て、(おすすめの作品を)ちょっと考えてはいたんだけど

    タイヤヤ:で、特にきららとかは書いてないからきららじゃないもので探してたんだけど

    銀河P  :なんかあります?

    タイヤヤ:ハマるかは別として、いま読んでるのは『ざつ旅』ってやつ。

    銀河P  :あーわかる!TLでたびたび見かけてる。まだ読んではいない

    タイヤヤ:なんか、Twitterのアンケートで行く先を決めさせて、そこへ適当に行くってやつなんだけど

    タイヤヤ:やっぱ旅漫画好きなんかね

    銀河P  :旅はいいよね 時間とお金が無限にあったらざつ旅やってみたいし

    タイヤヤ:旅行が好きな人にはこれ本当にいいと思う。けっこう、出てくるスポットもなかなかすげえところ突いてるから

    銀河P  :ほう

    タイヤヤ:そこそこお薦めかなあ

    銀河P  :じゃあざつ旅は読みます

    タイヤヤ:気になったらぜひ

    銀河P  :実際僕は日常系でもそうでなくても、漫画読むこと自体がかなり好きだから、面白い漫画の情報は常日頃から募集してるつもりなので

    銀河P  :これを読んでくれている人もぜひぜひ

    タイヤヤ:俺も募集してる。読みログのネタをください


    タイヤヤ:あとは、ここ(通話)で紹介するほどではないけど…最近いいなと思ったやつを適当にチャットで投げとくんで。


    カメラ、はじめてもいいですか?(旅枠。ヤマノススメの作者の作品で匿名書記の家の近くが結構出てくる)
    魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。(異世界転生だけど面白いテーマ。男女CPだけどほぼ戦わないから実質日常系)
    好きな子がめがねを忘れた(高木さんみたいなやつ、といえばいいのか。かわいい)

    ※5/1銀河P追記
    ざつ旅読みました。改めて旅っていいなと思える作品でした。旅行したい。

    タイヤヤ:めちゃめちゃちなみにだけど、ギンガピがお薦めしたいものはありますか

    銀河P  :どうしよ、日常系?

    タイヤヤ:かなあ?それが一番読むから一応

    銀河P  :最近の日常系はなにかあったかな…まず直近で読んだ日常系作品がまちカドまぞくとゆるキャン△だから

    タイヤヤ:どっちも読んだな まちカドまぞくに至っては去年の誕生日として韓国から送り付けられた

    銀河P  :wwwwwww

    タイヤヤ:じゃあ日常系じゃないところでは?

    銀河P  :んー、読んだ漫画のメモをPCに入れているんだけど、実家なのでない

    タイヤヤ:ご自宅のPCにってことね

    銀河P  :そうそう だからいまはまとめられない

    タイヤヤ:ふと思い出したんだけど、あなたの漫画のはじめってこち亀?

    銀河P  :あー漫画のはじめかー

    タイヤヤ:なんか前、こち亀全部持ってるって話はしてたよね?

    銀河P  :持ってる持ってる

    タイヤヤ:うちの実家もそうで、そこでもなんか被ってる

    銀河P  :こち亀自体は…140巻が出てたくらいで漫画の存在を知って、その頃に親が途中まで集めて、それを僕が引き継いで全巻集めたんだけど

    タイヤヤ:あーそういう感じなんだ。俺ももともと親が全巻揃えてて、そのまま200巻まで親が揃えちゃった

    銀河P  :あー親が揃えてくれたやつか

    タイヤヤ:で、存在自体を知って初めて読んだのが119巻。2000年頃だったと思う。2000年になった瞬間に派出所が爆発する回があるから

    銀河P  :2000年問題の回?わかるわかる

    銀河P  :僕の漫画のルーツどのへんかなあ…多分だけど、小学生になるかならないかくらいに、親にドラえもんを買ってもらったのが最初だったと思う

    タイヤヤ:あー、なんだろう、意外と王道

    銀河P  :小学生の低学年から中学年くらいの頃に、同じく親から与えられたのが名探偵コナンとドラゴンボール

    タイヤヤ:王道

    銀河P  :で、ドラゴンボールは全巻与えられたけど、名探偵コナンはテストで100点取ったら1冊解放という謎ルールがあったから

    タイヤヤ:すげえww

    銀河P  :頑張って勉強して100点取った記憶がある

    タイヤヤ:うちは最初からなかなか狂ってて、こち亀って小学1年生が読むにはなかなか渋いし、もう1個親が揃えてたのが美味しんぼだったんだよ

    銀河P  :wwwww

    タイヤヤ:美味しんぼとこち亀を見て小学校低学年を過ごし、これは友達の家にあったんだけど、4年生くらいから頭文字Dという本の存在を知って

    銀河P  :あー名前は知ってる

    タイヤヤ:小学生にしてヤングマガジンを読み…っていう感じで、中学の頃は逆に青年誌(ヤングとかビックコミックスとか)しか読んでなくて

    タイヤヤ:いま逆にだんだん普通の(少年)ジャンプとかに戻ってきてる、って感じだから

    銀河P  :うちはあまり細かいところを覚えてはいないんだけど、さっき言った3作品の次にハマったのがこち亀で、

    銀河P  :その後中学生くらいになってからいろんな漫画を自分で買うようになって…

    銀河P  :それこそ定番のハヤテのごとく!とかタッチとかから、ここで言ってもわかる人が誰もいないような作品までいろいろ読んで、

    銀河P  :気づいたら家の漫画が2000冊くらいになってたっていう

    タイヤヤ:マジ?すご

    タイヤヤ:俺はたぶん、実家とこっちで買ったのを総計してもまだそこまではいってないな。てか棚がねえんだわ、棚を買いたいんだ

    銀河P  :逆に東京に行ってからは、家が狭いからほぼほぼ漫画を買うことはなくなった

    タイヤヤ:実家にあるの?その収蔵先

    銀河P  :そうそうそうそう。だからいま部屋を出て、5秒くらいの共用スペースにこち亀全巻並んでる

    タイヤヤ:夢がある


    タイヤヤ:真面目な話に入る前にとりとめのない話でした

    銀河P  :真面目な話する?

    タイヤヤ:やる?4つ連続で

    銀河P  :じゃあまず軽めのとこから








    タイヤヤ:1年半くらい前じゃんww

    銀河P  :で、なんの用意もしてこなかったので、あんまり詳しいところは覚えてないんよ、ぶっちゃけね。

    銀河P  :でも、#ぷる氏のところはわりと好きだった記憶がある

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :いま聴くか~

    銀河P  :『『あの日の空が道を照らしてる』どうもタイヤヤです。「もっと先へ――『駆け抜けて』みたくはないか、少年」』

    銀河P  :『そんな声ももう聞こえなくなってしまったので自分で作ってみることにしました。「駆」と書いて「かける」と自分は読んでいます。』

    銀河P  :てわけで観ます(…視聴中)

    銀河P  :とりあえず最初3分くらい聴いたんだけど、いいですね

    タイヤヤ:シンプル。 …3分ってなにしてる頃なんだ?

    銀河P  :「僕らは今の中で」が出てきたあたり

    タイヤヤ:ああ

    銀河P  :なんだろう、音が心地いいから飽きずに聴けるってのと、共通音で繋いでるって感じではあまりないんだけど、

    銀河P  :フレーズの流れでちゃんと繋いでいるところと、神社とかスターマインみたいな雰囲気繋ぎみたいなところが綺麗に混ざっているから、

    銀河P  :展開としてもあまり飽きなくていいなってのが、今さっき観たときの印象。

    タイヤヤ:展開はね、やっぱりわざわざ合作に参加しなかったからには…個人作でやるからには、いわゆる一般的なメドレーの構成を駆け抜けでやりたいってのが

    銀河P  :あ~なるほど

    タイヤヤ:駆け抜けで再現したいみたいなとこがあった。進んでいけばバラードみたいなところもあるし、最後カオスゾーンもあるしみたいな。

    タイヤヤ:共通音はねえ…やっぱむずいんだけどねぇ… そう、一応これでもちょっと意識してるんだよ、今回

    銀河P  :わかる

    タイヤヤ:うん。だから全部がそうでもないけど、耳コピができなくて原曲聴いても共通音かどうかの判断ができないから、

    タイヤヤ:もろもろ調べて、繋いだものも多いよね

    タイヤヤ:ただ思ったのが…投稿した時はドヤ顔で出してたけど…最近駆けアニⅦが出たときに改めて聴いたけど、やっぱ共通音だけじゃねえなあって

    タイヤヤ:共通音するにしても1音だけだとそこまででもないな、と

    銀河P  :あーそこ突っ込んでも大丈夫な感じ?

    タイヤヤ:ww 自分の評価というか、反省だから

    銀河P  :えーとねえ、共通音で繋がってるけど、メドレーのメロディーの流れとかコードの流れがぶつ切り感があったというか、

    銀河P  :例えば、初音ミクの消失(00:26~)あたりで急に音域が上がったりとか、あとは…消失の短調寄りのメロディーから、夏色笑顔の明るめの似たコードに来るあたり

    銀河P  :消失が4拍コードで、夏色が2拍コードなのと、暗いのと明るいので全然コードのイメージが違うから、その辺が個人的に気になるポイントかな、ってのがありました。

    タイヤヤ:なるほどなあ …そういうとこみたいなのが他にもちょいちょいあるから、改めて聴くと、うんみたいな。

    タイヤヤ:駆けアニに限らないけど、ちゃんと上手く繋げる人はやっぱすごいんだなあと思いました。

    銀河P  :僕も(自分の)昔の作品を確認すると、正直思うところがいっぱいあるので… なかなか難しいよねえやっぱり

    タイヤヤ:そうよねえ…

    銀河P  :特に駆け抜けって形態は、作れはするけどちゃんと作ろうとすると大変

    タイヤヤ:すげえ沼。

    銀河P  :なんだろう、センスも理論もどっちも兼ね揃えてないとできないと思うなあ…

    銀河P  :でも、僕がいま関わっている駆け抜けるアイマスメドレーはけっこういい構成の感じになったと思うので、

    銀河P  :投稿された暁にはぜひぜひ聴いていただけると助かります、よろしくお願いします!

    タイヤヤ:流れで何回か聴かせてもらったけど、曲目は全然出てないから正直わかんない曲も多いけど、

    タイヤヤ:でもすごいのは、違う曲になってるはずなのはわかるんだけど、流れがちゃんとしてるからすごく滑らかに聴けると思いました。

    銀河P  :いや~7年温めた甲斐がありましたよ

    タイヤヤ:7年wwwそうだよねえ、ずっとTwitterで見てたけど

    銀河P  :僕がちゃんとした構成を組めるレベルになるまで、温めまくったというw

    タイヤヤ:wwwww

    銀河P  :いやあでも、本当に駆け抜け合作も、Ⅱくらいまでは到底駆け抜けの構成が組める力量じゃなかったけど、よくやろうと思ったなと、昔の僕に言いたいですね。

    タイヤヤ:そうかもねえ

    銀河P  :まあでもそれを乗り越えて、続けてきたからこそ意味があるのかな、って気持ちもある

    タイヤヤ:俺はね、逆にねその駆け抜けるってのが、繋ぎに関して言えばヘタすると初代が一番上手かったと思うんだよ

    銀河P  :わかる

    タイヤヤ:それはね、やっぱり勢いというか、これなんか行けちゃうんじゃないかというのがそのまま通じたというか

    タイヤヤ:今は…それこそさっきも言った共通音かどうかを調べたりだとか、あるいはここ詰まっているけどとりあえずこの流れだったらこう繋がるんじゃないかとか

    タイヤヤ:理詰めで考えるのがちょっとできるようになってきてるけど、その分昔あったはずの尖ったセンスが消えてきてんなあって感じ。

    タイヤヤ:まあそれは一長一短だけども

    銀河P  :実際そうだよね、作風ってのもそれぞれだし、時代によっても変わってくるよね。

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :いまGalaxyみたいなの作れって言われたら、当時の俺尖ってたなぁ~みたいな印象になるしw

    タイヤヤ:そこはね、なんというか難しさですよね

    銀河P  :ねー …というわけで、これどうでしょう?








    タイヤヤ:え、全部。

    銀河P  :わかる

    タイヤヤ:全部っていうか、多分俺は見たまんまだと思う。ギンガピのような繋ぎを滑らかにするだったり重ねを違和感なく聴かせることだったりとかは…

    タイヤヤ:あとは、ギンガピに限らないけどアレンジは誰にも勝てないと思うから…

    タイヤヤ:まあでもやっぱりギンガピって言ったら、重ね繋ぎというか密度というか、そういうところなんじゃないかな。

    銀河P  :逆に、最近あんまり重ねる人がいないからちょっと寂しくなってる

    タイヤヤ:あー確かに。繋げてる人はね、すげーいるんだけど

    銀河P  :さっきFLAGチルドレンがどうとか言ってたじゃん。それが駆け抜けの現象で似たようなことが起こっていて…誰のせいかは知らんけど

    タイヤヤ:誰なんだろうなあ()

    銀河P  :逆に、重ねるタイプの作者が育たなくなった感じはする。

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :実際、ああいう系のメドレー作るタイプのレジェンドがいなくなっちゃったから仕方ないことだと思うだけど

    タイヤヤ:それと同時に、トレンドでもなくなっちゃったのもあるかもねえ

    銀河P  :そう、ほんとに最近はいないからね

    タイヤヤ:たしかに …ってか自分で作ってても元からそんなに得意でもないけど、本当に重ねなくなったなあんまり

    タイヤヤ:そのへんは、トレンドとかそういう以前にもっと大きな事情もあったりなかったりするんだけど…俺の中では

    銀河P  :そう…そのせいでね、とうとう重い腰を上げて自給自足をし始めたからね

    タイヤヤ:wwwwwwそういう?

    銀河P  :そういう。いやこれマジでそれ。年何作かでもそんな感じのが投稿されなかったら重い腰を上げなかったと思う。

    タイヤヤ:あーまあなきゃ作るってのはそうだよねえ

    銀河P  :そう。マイナーカテゴリの沼の人たちの気持ちがわかってきた気がする

    タイヤヤ:wwwwwwww それはね、俺も共感というか…重ねのところではないけど、主にま○ま○氏の選曲のところではw

    銀河P  :wwwwww

    タイヤヤ:俺が入れなきゃ誰も入れないから自分でww聴きたいから

    タイヤヤ:そう俺の好きな曲があんまり(メドレーに)入るような曲じゃないから入れるために作ってる。ってのは昔からそうだった


    銀河P  :逆にこっちは、例えばタイヤヤ氏とは全然選曲の領域っていえばいいのかな…それが全然違うから、そっちの畑の選曲面については真似できないと思ってるし

    銀河P  :あとはさっきも言ったけど、タイヤヤ氏なりの哲学があるじゃない。

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :もっと音楽的なところよりも文脈めいたところがあったり。

    タイヤヤ:そうね

    銀河P  :自分の中の思い出を大事にしている。そういうドラマチックな構成の組み方ってのは僕にはできないと思う

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :形だけ真似ようとすれば、それっぽいのはできなくはないけど、それは違うじゃない?

    銀河P  :そういう意味で、そっちのメドレーの哲学に基づくものは、僕にはできないと思う。

    タイヤヤ:ただそれって、…真似したいとは思う?

    タイヤヤ:多分俺もさっき言ったように重ね繋ぎは絶対真似できないとは思うんだけど、「真似したい」といったらなんか違う気がして…

    タイヤヤ:そりゃある程度はできたいけど、できたらいいなとは思うけど

    銀河P  :個人的な見解を述べると、そういう文脈めいたところが生きるのって、例えばジャンルメドレーだったり、

    銀河P  :要はタイヤヤ氏はタイヤヤ氏の文脈でメドレーを作るわけじゃない?

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :それが例えば、コンテンツの文脈と重なったら、それはジャンルメドレーとしてすごく理想的なわけじゃない?

    タイヤヤ:そうだね

    銀河P  :そういうことができるんだとしたら、僕はすごく真似したい気持ちはある

    タイヤヤ:なるほどそうか…

    銀河P  :逆に、僕は私的メドレーみたいなのを作ろうとしても、どうしても「この曲こっちに繋がるやん」に流れてしまうから、多分作れないんだよね

    タイヤヤ:ああ、普通に繋ぎ面を優先してしまう

    銀河P  :繋ぎ重ねとか、そういう面での面白さを重視してしまうんで…

    銀河P  :もちろんそれは自分の性癖・やりたいこと・哲学?に近いけど、それがやっぱり一種の呪縛でもあるのかなっていう

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :まあ一長一短だよね

    タイヤヤ:そう。だし、そこが自分ら2人の思想というか核の違いというか

    銀河P  :根底の部分ね

    タイヤヤ:違いだよなあって思うから…やっぱり、俺はそこでこれからも頑張るし、ギンガピもそっちでどんどん頑張ってほしいところはある。


    銀河P  :思いのほかいい感じの話をしてしまった

    タイヤヤ:エモくなってしまった

    タイヤヤ:この感じの(質問)があと3本もあるのか

    銀河P  :マルコフニコフ則がどうしてもちらつく

    タイヤヤ:www これがもっと覚えやすい語感だったら今日のミームはそれが優勝してたよ

    タイヤヤ:なんならそれをメドクラで流行らせようとし始める

    銀河P  :マルコフニコフ則って地味に言いづらいね

    銀河P  :じゃあ、こっちが残り2つだけどそのうちの片方を出します








    タイヤヤ:知らん知らん、それ虚無じゃないのこれw

    銀河P  :これ虚無なの

    タイヤヤ:だって勝てるわけないじゃない

    銀河P  :wwwwwwww

    タイヤヤ:wwwwww

    銀河P  :そういう発想wwwwそういう枠wwwww?

    銀河P  :てっきりだって、立場の違い的なそういう話なのかなと思ったけど


    ※書記脚注:銀河Pは駆け抜ける合作や匿名合作といった、ニコメド界隈を代表するさまざまな合作の主催をしている。
    一方、タイヤヤは#ぷると共にメドレー競作企画を行っており、これまで9回+miniが2回の計11回実施している。
    単語記事:メドレー競作企画
    Twitter:メドレー競作運営アカウント

    タイヤヤ:まあなんだろう、だって合作の主催も競作の主催も、もちろん違いはあるけどさ、まあまあ似たようなもんだと思ってんだよね

    銀河P  :まあそうだね

    タイヤヤ:企画して、そいつを持っていろんな人に頭下げて協力をお願いして、ルール詰めて告知して…

    タイヤヤ:競作だったらあとは天に祈るだけなんだけど、合作はそこに集まった後の処理をするとかあると思うけど

    銀河P  :うん。 大変でっせ

    タイヤヤ:そういう意味では、もはやvsというよりは似たようなもんかなあ、という融和路線に…

    銀河P  :wwwww

    タイヤヤ:詰めてくべきなんじゃないかなと思うですけどね!

    銀河P  :でも別に合作と競作って争ってるわけじゃないもんね

    タイヤヤ:じゃない

    銀河P  :なんだろう、制作期間かち合ったらそりゃ戦争になるかもしれないけど、ポテンシャル多い人は両方参加するし

    タイヤヤ:そのへんはこっちもわかっているから、日程とかずらすし

    銀河P  :やるとわかっている合作に対してはちょくちょく裏取引とか根回しとかもしてるし

    タイヤヤ:あったりなかったりするからね

    タイヤヤ:そういえば、駆け抜けるを競作企画でしようとしたんだけど、合作で出ちゃったからやんなかったってことがあったわ


    ※書記脚注:駆け抜けるメドレーコラボレーションFINALが投稿される際、付随企画として「駆け抜けるメドレー投稿祭」が主催の銀河Pにより開催された。


    銀河P  :おかげさまでね、駆け合作Finalも付随する企画がすごくたくさんあって、

    タイヤヤ:ひとつの合作に対して付随する企画が出るってのもすごいことだよ

    銀河P  :いやほんとありがたい限りですわ 駆け出しとかもⅡが生まれようとしてるし

    タイヤヤ:そだね …合作ねえ、今ほら匿名とかやってるじゃん?そっちは

    銀河P  :やってるね

    タイヤヤ:まだ、匿名は続けたい感じ?

    銀河P  :匿名自体を続けるモチベーションはわりとあるんだけど、シリーズが終わるとしたら匿名合作自体が視聴者に飽きられて、

    銀河P  :あまり予想とかが上がんなくなったら、それって普通のメドレー合作と同じになっちゃうから、意味がなくなるから

    タイヤヤ:需要があるかないか

    銀河P  :匿名合作特有の面白さが薄れてきたときには、もうやめようかなと思うかもしれない

    タイヤヤ:まあ、確かにそうですねえ…あれは特に視聴者の反応が重要な合作だからね。合作の作品以上に

    銀河P  :視聴者も、巻き込み型 の合作

    タイヤヤ:他に合作をしたいというのはあったりするの?具体的なのはなくても

    銀河P  :ん-…前Twitterで言ってた、駆け出し呼ばれなかった合作はやるかもしれない

    タイヤヤ:wwwww 付随の付随企画なんよw


    タイヤヤ:けっこういろいろ大変じゃん合作の主催ってさ

    銀河P  :大変だね

    タイヤヤ:それでも、今後なんか企画が浮かんだらやりたいって感じですか?匿名じゃないにしても。

    銀河P  :そうですね…自分の企画の根柢の部分は「これやったら面白そうだな」ってのがあって、

    銀河P  :例えば駆け合作だったらいろんな人の駆け抜けを聴いてみたいとか、

    銀河P  :匿名合作だったらいろんな人を巻き込んだギミック的なこともできるし、視聴者がメドレー作者のネームバリュー以外のところも

    銀河P  :ちゃんと聴いてるってことが再確認できる企画としても特異性のあるものだと思っていて、

    銀河P  :要するに、合作を開催する大変さよりも面白そうだっていう気持ちが勝ればまたやりたいな、とは思っている

    タイヤヤ:うんうん

    銀河P  :匿名合作シリーズは現状その面白さが上回っているかなあ

    タイヤヤ:偉いなあ

    銀河P  :もっと言うと駆け合作とかもね、できればやりたいんだけど、あれは労力の面がアホみたいにでかくなっているから

    タイヤヤ:尋常じゃないからことになっているから…w

    銀河P  :もっと軽い感じでできたらやりたい気持ちもあるんだけど さすがに260分はしんどかった

    タイヤヤ:そういう意味では競作の形にすれは、集めるという手間はなくなるから、もしかしたら今こそというのもあるかもしれない

    銀河P  :ですねえ

    タイヤヤ:問題は、合作に参加していた層に遍く競作の運営たちがリーチできるかどうかだけど

    銀河P  :競作というか、短いメドレーを手軽に作って投げられる場としての受け皿が一日合作じゃないかな


    ※書記脚注:一日合作はpunisisyou氏による合作企画。音源制作を24時間で行う合作企画で、これまで何度も開催されている。


    タイヤヤ:そうですね

    銀河P  :テーマがあるかどうかという違いはもちろんあるけど

    タイヤヤ:競作でやりたかったことって、そういう短いメドレー出す場や新人にとっての練習の場として設けてたところがあって

    タイヤヤ:いまはそれを一日合作がだいぶ受け持っちゃってくれてるから、だからこそ今どうしたらいいんだろうというのはずっと考えいてるところはある

    銀河P  :だねえ あとちょっと黒い話していい?

    タイヤヤ:おう

    銀河P  :競作は短いメドレーがたくさん投稿されるけど、特に視聴者がかなり減った現状だと、短い作品をたくさん上げたところで視聴者は増えないので

    銀河P  :逆に…数百再生くらいになって作者のモチベーションがもたない面もあるんじゃないかって思うところはある

    タイヤヤ:それはね…わりと今じゃなくても割と前から抱えてた問題ではあって

    銀河P  :ほら合作だと数字上はでかいじゃない?

    タイヤヤ:そうね

    銀河P  :たとえ仮に8割の視聴者が1パート目で脱落していても、数字上は多く見えるわけじゃん

    タイヤヤ:とりあえず万再生は回ってるようには見えるね

    銀河P  :最近だと数千…でも十分大きいし

    タイヤヤ:そこは絶対そうなんだよなあ…ましてや今だと

    銀河P  :個人作だとどうしてもクリックされるのが作者の知名度依存だから

    タイヤヤ:知名度もあるし、あと割とやってて思ったのがタイトルに「第○回メドレー競作」って書くと、わりとデバフがかかる

    タイヤヤ:多分、「この企画ってなんぞや どうでもいいや」ってなる層がいるっぽい

    銀河P  :まあ確かに、視聴者からすると内輪でわいわいやってるんだろうなって印象を与えるのかもしれないね

    銀河P  :僕が投稿者をあまり知らなくてタグ検索をしてたら、そう思うとおもう

    タイヤヤ:なんだろう…そのへんって、俺が主催だと伸びとか気にしないから…とりあえず伸びどうでもいいから練習すりゃいいだろと思ってるとこあるから

    タイヤヤ:そこのサポートをするのは、俺とか#ぷるだけじゃ難しいなってところがあって

    タイヤヤ:…だからすごいさっきの話に戻るけど、作風じゃないけどもうひとつ真似できないなってところ…そしてできれば真似したいなってところは

    タイヤヤ:ギンガピの宣伝力のうまさやね

    銀河P  :あぁ~

    タイヤヤ:俺一人でやる分だったらいいけど、多くの人を巻き込んでるし、ね。

    タイヤヤ:そのへんタイヤヤさんは下手くそというか、マジで投げやりだから…宣伝とかそのへんはw

    銀河P  :まあ…そうなのかなあ? 確かに、僕はけっこうちゃんと見てもらうために

    タイヤヤ:もろもろ考えてるでしょ?

    銀河P  :うん そのへんのことをちゃんと考えるタイプだと思う

    タイヤヤ:俺に関してはそのへんは本当に、どうでもいいと思っているから

    タイヤヤ:俺一人のぶんだったらいいんだけど、それこそ競作とかメドレー界隈として頑張んなきゃと思うところはやっぱちゃんとやんなきゃなぁ、とは思っているけど

    タイヤヤ:なかなかそのへん下手くそだからうまくできないなあ、ってのは思うねえ

    銀河P  :なるほどねえ

    タイヤヤ:結論としては、次で競作は10回目なんよね、記念すべき。

    銀河P  :次あるんですね

    タイヤヤ:やりたい気持ちはある、ってのをここ2~3年くらい引き摺ってる

    タイヤヤ:ただ、どうしたらいろんな意味でいいのかというのが、まだ答えを見いだせていない状況です

    タイヤヤ:それこそ、ニコニコがあるうちにはやります

    銀河P  :またニコニコがあるうちにやるタスクが増えた

    タイヤヤ:これに関してはやらなきゃいけないし…とは思ってる


    銀河P  :思ったよりちゃんとしっかり話したね、これ

    タイヤヤ:虚無ではなくなってしまったな、結局w

    銀河P  :じゃあラス2いきますね








    タイヤヤ:あれ? …wwwなんかもう俺終わってんだけど

    銀河P  :10周年を最近達成した人を見て思ったこと?

    タイヤヤ:ギンガピはまだ?

    銀河P  :僕は、Galaxy投稿基準だったら来年6月末くらい。作り始めた時期だったら、もう過ぎてる。10年半くらい

    タイヤヤ:やりたいことに関しては…ギンガピはなんかいま作ってるよね?

    銀河P  :いま作ってるんだけど、試聴版投げて、全然進んでないまま他のメドレーに手をつけ始めるっていうムーブをかましてる

    タイヤヤ:ああ、あれ(千夏)はまた別なんだよね

    銀河P  :あれは実家にいて暇なときに作るメドレー。去年はモチベがわかなくて1分しか進まなかったけど、今回はモチベが乗ってるので完成すると思う。

    タイヤヤ:10周年ねえ…

    銀河P  :実際10年って長いはずなのに、達成するとあっという間な感じするよね

    タイヤヤ:まあ…まあまあまあまあ 特にここ5年に関してはそうっちゃそうだね

    銀河P  :確かに

    タイヤヤ:最初の5年はどっちかっていうと作者としての活動ってよりかはリアルの方の…学生だったからそれで長く感じたのはあるんだけど

    銀河P  :最近達成した人…

    銀河P  :って誰?

    タイヤヤ:まずは俺と#ぷる、あとこの2人と同時にひまなっつさんも始めているから、そこが確実に10周年超えてる

    銀河P  :あれPow氏あたりそろそろじゃなかったっけ

    タイヤヤ:Pow氏がね…来年の1月

    銀河P  :じゃあもうすぐだ あの人も割とコンスタントに作り続けてるよね

    タイヤヤ:俺より前の人で10年超えてていまもやってる人はちらほらいるけど、だからと言って10周年のメドレーを出すほど余裕がある人たちではないから

    タイヤヤ:こうして「10周年です!10周年でこれやります!」ってやってる人たちを見ると、俺より下の人たちばっかなんよね世代的には

    銀河P  :あ~なるほどね

    タイヤヤ:そのへんに関しては、なんというか子どもを見ているというか…よくわかんない後方おじさん面おじさんになってるような感じのところはある

    銀河P  :そうだよねえ、実際10年続いてる人なんて、僕含めて2011年デビューの人を考えてもそんなにいないわけじゃない?

    タイヤヤ:そうだけど、これからなんだかんだ徐々に増えていくと思うんだよね

    タイヤヤ:逆に、俺以前の人はほとんどいない

    銀河P  :って考えるとその時期に何かあったん?ってなるんだけど

    タイヤヤ:wwwwwww そんなことはないね、そのへんは時代かなんかだと思うけど…

    タイヤヤ:そりゃ明らかに10年前のメドレー作者の数とここ5年前のメドレー作者とじゃぜったい後者が多いだろうし分母の問題はあると思う

    銀河P  :まあ確かに 最近の人でなかなか消える人って聞かないし、実際5年続いたら10年続くってのはマジだと思う

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :そういう意味だと今後10周年迎える人たちって増えていくのかな

    タイヤヤ:だし増えていくとイイですね♪

    銀河P  :なんか若い子たちが、キリのいいツイート数を記念して、いまついっ!って作品群を出しているじゃん?

    銀河P  :あんな感じで、10周年記念の私的メドレーを定番化できたらすごいし、その文化の先駆けにちょっとでも貢献できたら面白いなって思った

    タイヤヤ:まーたゆるふわ兄弟がなんか作っちゃったか

    銀河P  :えっまたなんかやっちゃいました?

    タイヤヤ:俺またなんかやっちゃいました?ww

    銀河P  :www

    タイヤヤ:いままあ、実際10年に限らず、○周年メドレーはもっと軽率に作っていけばいいと思う

    銀河P  :かゐん氏とかも5周年メドレー上げてたよね




    タイヤヤ:5周年上げてるし 5年だって結構なかなかな歴史ですよ

    銀河P  :ね 5年とか10年とか、3年でもいいからもっとどんどん自分のアニバーサリーを祝って

    タイヤヤ:確かに そういう意味だと私的メドレーだよねほんとに

    タイヤヤ:まあニコニコの威信を背負おうが、私的だろうが、どんどん上げてもらえれば。それだけ活気づいてるということだろうし

    銀河P  :ね

    タイヤヤ:もっと軽率にメドレーを上げたらいいんじゃないすかね

    銀河P  :作品作るかあ

    タイヤヤ:とりあえずギンガピのは楽しみにしてます

    銀河P  :いや~10周年のやつなあ、どうしよう

    タイヤヤ:俺も次どうしようかな、15周年くらいでまた作んのかな

    銀河P  :15周年?

    タイヤヤ:15周年、20周年… 「メドレー作者20周年」の語感なかなかやべえなw

    銀河P  :37歳

    タイヤヤ:37歳ww

    銀河P  :37歳とかもう同年代以外のメドレーオフ会に出られないかもしれない、恥ずかしくて

    タイヤヤ:ほら今年はあんまりオフ会がなかったからいいんだけど、ぼちぼちそろそろそれを感じる年代にはなってきてる今日この頃ですよ

    銀河P  :ね だって直近じゃないけど、前あった10人くらいのオフくらいだと、一番若い子で干支一周してたもん

    タイヤヤ:wwwwww

    銀河P  :つらくない?

    タイヤヤ:wwwwwww そっか…

    書記  :干支が1周上の人に会ったことはありますよ

    銀河P  :www

    タイヤヤ:ああ、一回り上だったのか

    銀河P  :でも実際27と39はまあ、わかるよ。

    タイヤヤ:27と15はもう犯罪だもんね、一歩間違えたらw

    タイヤヤ:参加するのはまあそうだけど、何話したらいいかもうわかんないよ

    銀河P  :わかんないよね

    タイヤヤ:だからといって同年代だけでつるむだけというのも、ねえ

    銀河P  :それはそれで寂しい

    タイヤヤ:よくない気はするので、向こうが嫌がられない限りは、若いと思い込んでいる

    銀河P  :そのためにも知識や価値観をアップデートしていかないと

    タイヤヤ:そうだね

    銀河P  :「いまの子どもたちには鬼滅流行ってるんでしょw」みたいなおじさんになっちゃうから

    タイヤヤ:がんばりましょう

    銀河P  :がんばりましょう


    タイヤヤ:じゃあ最後の質問だけど…オチがあって、そのまま終わっちゃうんだけど

    タイヤヤ:でもこれを乗っけて、「「はいじゃあお疲れさまでした~!」」ってのもまだ乱暴な気がして

    銀河P  :もうちょいなんか話す?

    タイヤヤ:もうちょっとなんか答えないといけない気がするから…まあ投げるか








    タイヤヤ:はい知りませんつって終わりたいんだけど

    銀河P  :wwwww ごねんど2やるの?

    タイヤヤ:いや、どうでしょうねえ

    銀河P  :もしやるとして、集まる人は前より少なくなるからうーんって感じになると思うんだけど

    タイヤヤ:4年前がほんとに最後のチャンスだと思ってやったから

    銀河P  :最後のチャンスでしたか?

    タイヤヤ:わりとそうだったと思うけど…

    銀河P  :正直、個人的にはちゃんとリベンジできるからありがたいんだけど、それはそうとしてだいぶ人数減るからどうなん?って感じ

    銀河P  :ごねんど5周年

    タイヤヤ:いやぁ~

    銀河P  :ごたすごで10じゃん

    タイヤヤ:実質10周年やめろ

    タイヤヤ:あとアレか、令和のごねんどか

    銀河P  :令和5年の作者が現れるの、十数年後では

    タイヤヤ:いや令和5年にごねんど2をする

    銀河P  :あーなるほど いま令和2年よね、3年後?

    銀河P  :三十路やらないと

    タイヤヤ:そうなんよね、2023だからこっちも30だし

    銀河P  :そりゃ令和5年になったら、ごねんどは30歳だよね

    タイヤヤ:そういう数え方だっけ、令和の数え方

    銀河P  :だって平成31年が令和1年だから…あってるあってる

    銀河P  :逆に新しい人でごねんどっているの? これ前から思っているけど

    タイヤヤ:確証は得てないんだけど、ひとりそうじゃないかなあって人はいる

    銀河P  :ほうほう

    タイヤヤ:それ以外の心当たりはまったくない

    銀河P  :いまからごねんど増やすのは、だいぶ無理みがありそう

    タイヤヤ:っていうか最近のメドクラ、学生さん以外あんまり年齢聞かないから…知らないのかなんなのかはわかんないけど

    銀河P  :最近の学生の人も年齢がわかりやすい人とそうでない人いるよね

    タイヤヤ:うん

    銀河P  :受験勉強がどうこう言ってる人はわかりやすいけど…そもそも高校生なのか大学生なのか社会人なのかわからない人も結構いるし


    タイヤヤ:多分あれっすよ、全然やりませんとは言わないけど、できる実現性は非常に…どうなんでしょうね

    銀河P  :まだ三十路合作の方が可能性があるよね

    タイヤヤ:そうだね、そういう分母を増やす方向でしか

    銀河P  :アラサーまで参加可能、みたいな

    タイヤヤ:だいぶ広い

    銀河P  :アラサーまで広げたら、我々も(すでに)参加基準満たしてるんじゃない?

    タイヤヤ:アラサー自体はそうね

    タイヤヤ:じゃあまあごねんど2はともかく、アラサーはまだニコニコがあるうちにですかね

    銀河P  :あと5年もってくれるかな

    タイヤヤ:これもまたタイミングだから アラサーであるうちにやる気が出てくるかは知らんけど

    銀河P  :招待制なの?それって

    タイヤヤ:いや、どっちでもいけるかなって分母が広ければ

    タイヤヤ:だってさ、招待制で「あなたアラサーですよね?参加してください」っていうのもなんかヤだし、

    銀河P  :wwwww

    タイヤヤ:自由参加で「私アラサーです」って主張してくるのも、なんかそれはそれで申し訳が立たんし、非常に誰の得にもなってない合作な気がする

    銀河P  :アラサーの持つイメージのデバフが強すぎる


    銀河P  :でもこうやって、自分の年齢を笑い飛ばせるような人に私はなりたいと思うよ

    タイヤヤ:お

    銀河P  :でもおじさん構文を使うようなタイプには絶対なりたくないけど

    タイヤヤ:絵文字を使ってね

    銀河P  :タイヤヤチャンは元気カナ?(笑顔マーク)

    タイヤヤ:誰ww

    銀河P  :えっ、おじさん構文

    タイヤヤ:今日は○○だったの、カナ?

    銀河P  :wwwwww 地獄だw

    タイヤヤ:謎のところで読点を使いがち

    銀河P  :まあいつまでも心は若くいましょうということで

    タイヤヤ:おう、イヤなオチだなあwwwwなかなかダメージを負うオチだw

    タイヤヤ:でももう質問がないんだよな…〆ますか

    銀河P  :こんな感じのオチになってしまいましたが

    銀河P  :次対談する機会があるとすれば、共作の後かなあ

    タイヤヤ:何かができる後なんですかねえ

    銀河P  :多分声かけてもらったら割と乗ると思う

    タイヤヤ:うん、また飲み会バフをかけないと

    銀河P  :また飲み会する?

    タイヤヤ:する、かなあ…?

    タイヤヤ:まずはTato氏とかみたいに、気軽に飲めるラインくらいまでは距離を詰めないと

    銀河P  :遠くなくて時間が空いてたら、わりかし応じるつもりではあるよ



    ---ここから2人が個人情報を20分近く延々話してたのでカット---



    銀河P  :お疲れさまでした

    タイヤヤ:〆ちゃっていい?

    銀河P  :はい

    タイヤヤ:おつー

    銀河P  :じゃあ今日は、

    タイヤヤ:おつかれさまでした

    銀河P  :おつかれさまでした

    タイヤヤ:じゃあなんか最後に匿名書記さんが面白いことを言ってしm

    --以下編集の都合上カット--






  • 曲が被ったらピー音になるメドレー合作 被り曲一覧

    2021-02-18 20:001


    最多被り曲は5パートに採用されていました。
    全14パートなので、1/3以上のパートに採用されていることになります。
    すごいですね。


    5パート被り

    紅蓮

    4パート被り

    Second Heaven
    U.N.オーエンは彼女なのか?
    ナイト・オブ・ナイツ

    3パート被り

    Haunted Dance
    KING
    RED ZONE
    紅蓮の弓矢
    柴又
    初音ミクの消失 -DEAD END-
    創聖のアクエリオン
    大盛況(ファミマ入店音)

    2パート被り

    4分33秒
    Bad Apple!! feat. nomico
    Caramelldansen
    Daydream café
    Don't say “lazy”
    Dr. WILY STAGE 1
    GO MY WAY!!
    HesitationSnow
    only my railgun
    Seyana.
    Splattack!
    true my heart
    あいつこそがテニスの王子様
    アスノヨゾラ哨戒班
    オドループ
    オンリーワンダー
    お願いマッスル
    ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト
    キラメキラリ
    シャルル
    ダダダダ天使
    ダンスロボットダンス
    ふ・れ・ん・ど・し・た・い
    ぼくのフレンド
    ミツボシ☆☆★
    メルト
    リアルワールド
    乙女解剖
    千本桜
    動く、動く
    魔理沙は大変なものを盗んでいきました
    夜に駆ける
    恋愛サーキュレーション

    所感

    8年以上昔からあった、THEメドレー定番曲(RED ZONE、初音ミクの消失、U.N.オーエンは彼女なのか?など)と、最近の定番曲(紅蓮華、KING、夜に駆ける、シャルルなど)が大多数の印象を受けました。
    逆に中期の定番曲は、今でも残っている「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」「Splattack!」などに留まり、全体的に低調気味でしょうか?

    私が以前ここ3年のメドレー採用曲ベスト100を集計したところ、10年以上前の曲が過半数だった、という結果が出ました。
    この結果を見ると、それは感覚的にも納得できる結果だな、と思いますね。