ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Nico⏲Clock!! 製作秘話&裏話対談
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Nico⏲Clock!! 製作秘話&裏話対談

2019-03-08 20:01
    新作メドレー「Nico⏲Clock!!」ついに投稿!




    本日は、メドレー共作「Nico⏲Clock!!」の完成を記念して、その製作秘話や裏話を語るべく #ぷる さんにお越しいただきました!
    二人の作品に対するこだわりを感じて頂ければと思います!

    オープニングトーク

    銀河P: こんにちは〜
    #ぷる: こんにちは~
    はじめましての方ははじめまして~
    #ぷるといいます!ハッシュタグじゃないです

    主にはニコメドを作ってますが、今回は動画・ロゴ・アレンジなどなどを担当しました
    本日はよろしくお願いします!
    銀河P: よろしくお願いします!

    銀河P: 私は銀河Pです

    ニコニコメドレー作者として活動する傍で、駆け抜けるメドレーコラボレーションシリーズの主催と、ニコニコメドレー総合コミュニティのオーナーを勤めています
    担当アイドルは本田未央です

    #ぷる: あ、一応ぼくは小日向美穂担当です、はい
    銀河P: えっ、初耳ですね
    #ぷる: えっ
    まあ、確かにプロデューサーを名乗るにはいろいろとにわか勢ではありますが…
    銀河P: そういえばだいぶ昔にTwitterのアイコンにしてた気がしないでもないですね
    #ぷる: 確かにしてましたね・・もう何年か前のことですが
    銀河P: ぷるさんから美穂ちゃんの話を聞いたことがなかったので、正直意外でした
    #ぷる: まあどっちかって言うとアイマスよりはごちうさやゆるキャン△みたいにきらら系のアニメの話題しか振ってませんでしたからね
    きっかけも中の人関係でしたので、そこまで担当っぽいことしたかな?って言われるとちょっと自信ないですね…
    銀河P: 確かに、ゆるゆりとごちうさのイメージが強いです
    #ぷる: ですよねー
    詳しく話すと、ゆるゆりの一押しキャラだった結衣ちゃんの中の人は津田美波さんっていう方なんですけど、津田さんがデレマスで演じてるのが美穂ちゃんだったから~っていう流れでしたね
    銀河P: なるほど〜
    私はゆるゆりだとあかりちゃんが好きです
    #ぷる: へえ~意外です
    京子ちゃん好きそうって思ってました
    銀河P: 性格が未央に近いからですかね?

    きっかけ

    銀河P: と、このように案外知らないことの多い2人ですが、どういうきっかけで共作をするようになったんでしたっけ?
    #ぷる: そうですね~
    企画開始からもう何年も過ぎてるので記憶が曖昧ですよね
    うーん一つだけ確かなのは、僕の方から誘ってたことぐらいですね……それしか思い出せません!
    銀河P: 実は私も全然覚えてないんですよね……
    #ぷる: ええっと、企画フォルダが作られたのが2016年の5月ってことで、ほぼ3年前ってところですかね
    なんかあったっけなぁ・・・
    銀河P: 当時はアレンジも未熟で動画もなかなか作れなかったので、そこをぷるさんに手伝ってもらったら良いメドレーができるんじゃないか、と考えていた気がします
    #ぷる: 今はすっかり僕のほうが未熟になりましたがね(笑)
    銀河P: いやいや、そんなことないですよ(笑)
    #ぷる: いやいや、まさか~

    銀河P: ぷるさんからは、何かこの共作を持ちかけてきた意図とかあったんですか?
    #ぷる: そうですね・・うーん
    あまり覚えてはないですが、自分のメドレーって選曲が結構アニソンや音ゲー方面に偏ってるんじゃないですか
    なので、数百曲のメドレーを作り続けていた銀河Pさんの幅広い選曲力(?)と構成力が気にはなっていましたね~
    そしてちょうど、その頃になんか共作が結構界隈内で流行ってたような気がしますから、おそらく直接的なきっかけはその辺りじゃないかなっていうことも
    銀河P: なるほど、確かに当初は構成に関わるだけの予定でしたからね〜
    #ぷる: そういえば・・!
    (ほんと今思い出した表情になってる)
    それが今やまるで立場が逆転されてるようなことになってますね~
    銀河P: ぷるさんも凄いと思いますよ
    マスタリングする時に波形を確認したんですが、ぷるさんの方がマスタリングする前から音圧がしっかり出ていたので、(強い……ッ!)って思いました
    音がしっかり詰まっているサウンドの強さは、ぷるさんに軍配が上がる気がします
    #ぷる: いえいえそんな~
    僕はむしろ銀河さんの音めっちゃ好きですよ
    特に最近だとPetit Planetとかが本当にお気に入りなので

    ↓↓↓↓めっちゃいい感じだから聴いて↓↓↓↓

    ↑↑↑↑聴いたら続きを読もう!!!!↑↑↑↑

    えっと、そういえばメドレーの話は
    銀河P: メドレーの話に戻りましょう

    銀河P: 今回のコンセプトは「時計」になったんですが、このコンセプトはいつ頃決まったんですか?
    #ぷる: 実はタイトルとか雰囲気とかががそうなったのは結構最近のことだったりしますよね
    えっと、この「時計」というコンセプトに最終的に至ったのは、この共作自体が3年も経ってるんじゃないんですか
    なので所々に割と昔の曲が普通に出てきたりするんですよね
    で、その時の流れが表現できるのが「時間」そのものだと思って、そこからの「時計」っていうことになりました
    ちょうど「コスモクロック」というつながりもありましたし!
    銀河P: 8:51:22 pmさんと私のメドレー作品ですね
    この頃はやごいさんの音の強さと自分の音が若干釣り合わない感じがしてしまい少し心残りでしたが、今回はかなりいい感じに音のバランスが取れていて、全体としても心地よいメドレー作品になったと思います!



    銀河P: 昔の曲から新しい曲まで、時の流れを感じさせるメドレーになったので「時計」というコンセプトになったんですね〜
    #ぷる: ですね~

    製作

    いきます!メドレー1曲目

    銀河P: それでは、メドレーを最初から改めて振り返ってみましょう
    #ぷる: ほーい
    銀河P: 最初の部分はぷるさんが構成を考えたんですよね
    #ぷる: 銀ぷるなのになんか逆から始まってます
    銀河P: 確かに



    #ぷる: でもどんどん返してるうちに銀河さんがいろいろと曲を追加してましたので、結果的に本当に共作っぽい構成となってますよね
    銀河P: 重ねるのは楽しいですからね〜

    銀河P: 細かく振り返ってみましょう
    1曲目は「Shine!!」 アイドルマスターシンデレラガールズの後期OPですね
    デレマスのアニメはよく時計をモチーフにしていて、OP映像にも出てくるので、コンセプトにぴったりの選曲ですね!
    #ぷる: 確かに出てきてますね~
    できればEDパートにもそれを活かしたらいいなと思ってましたが、やっぱまだ器量が足りなかったんで・・
    銀河P: そして、ゆるゆりのOPとカレーメシ、続いて昔ニコニコで流行った2曲が出てきます
    この時点で、このメドレーの「ニコニコで流行った曲から好きな曲まで、重ね繋ぎ多めでお届けする」という方向性が伝わるいいスタートになったんじゃないかなと
    #ぷる: カレーメシといえば最近デレステでイベントがあったりしましたね~
    銀河P: そう!一番好きなユニット「ポジティブパッション」の曲なんですよ!
    知名度的に、こんな最初の方に入れていいかな?とかなり悩んだんですが、入れるならここしかないと思って入れてしまいました
    #ぷる: あっでも、世間でのカレーメシの知名度を考えるとむしろゆるゆりより高そうな
    これは一般人の視聴者を配慮してる選曲である可能性が・・・?
    銀河P: 一般人はこんなメドレー見にこないのでは(名推理)
    #ぷる: かなしい

    銀河P: この部分のアレンジは、最初はバッキングのピアノでサブメロディを奏でて綺麗な感じを出しつつ、徐々に盛り上がっていくよう意識しました!
    ゆるゆりの部分で音を刻んだのは、ニコニコ動画千載一遇などで有名ないをさんがよくやっているやつを真似してみました!インパクトとしては十分なんじゃないでしょうか

    どう考えても再生数が1桁足りない


    #ぷる: 音の刻みって気持ちいいっすよねー
    動画もそれに合わせてズームインしてるわけですが、次のシーンに結衣ちゃん出るならそっちズームインした方がよかったのかな…って(私利私欲)
    銀河P: 確かに、ゆるゆり要素はこの曲だけですからね
    #ぷる: ごらく部っていう範囲ではそうなりますね

    銀河P: 最初からEvansまでが、始めにぷるさんが作った構成部分です
    こうして見ると、明るくサビ始まりの曲からスタートして、徐々にかっこいい曲で盛り上げていく王道な始まり方ですね
    #ぷる: 実は昔の自分のメドレーだとこういう展開、あるっきゃあったんですが結構かっこいい曲の出番が遅かったりするんですよね
    Aメロ+Bメロ+サビを2回繰り返してやっとかっこいい曲へ盛り上げるっていう記法でしたけど、銀ぷるでは「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」からいきなり「サンドリヨン」に切り替えたんですよね
    なので当時の自分は「多分短くなりそう」と考えていたかもしれませんね
    銀河P: 私は10分くらいの想定でしたね〜
    #ぷる: でもなぜかほぼ2倍の19分に
    銀河P: おかしいなぁ
    #ぷる: なんなんだろうなぁ

    2nd TURN

    銀河P: 構成の方向性がしっかりしてたので、そこから先の構成はだいぶ作りやすかったです
    前の曲からの流れを引き継いで、「裏表ラバーズ」に当時流行ってたおそ松さん要素を重ねました
    そこからの繋ぎを綺麗にしつつ、コード進行が2拍単位の「回レ!雪月花」に繋ぐことで盛り上がりを演出、カッコいい部分がちょうど32小節でキリがいいので一旦締めました
    #ぷる: という感じで、多分視聴者側では1パート終わったなってイメージになったはずですね
    でも構成ではまだまだ銀河パートだという
    銀河P: アレンジの雰囲気が少し変わって、シュガビタに繋がります
    一時期に伸びてたメドレーの多くが、最初のくだりが一段落した直後辺りにシュガビタを採用していたイメージがあったので、それを今更ながら踏襲してみました
    #ぷる: 暗黙のルールっていうやつですね
    銀河P: みんな伸びてるメドレーを真似ますからねー
    #ぷる: しかし早速普通のシュガビタではなかった模様で
    銀河P: 前までが重ね多めだったので、ここは繋ぎ多めにして、雰囲気の違いがわかりやすくなるようにしました
    その後はバラードゾーンに採用されることの多いyouをあえてアップテンポで入れました
    #ぷる: 確かにアップテンポのyouは今も珍しいですね
    コンビニ→SUSHI食べたいも割と繋ぎうまいなって思ってます
    銀河P: あら意外
    #ぷる: だって思いっきりタイトルがつながってますし
    銀河P: コンビニに寄ったのは寿司を買うためだった…?
    #ぷる: コンビニの寿司もおいしいぞ!(個人差あり)
    銀河P: コンビニ→ファミリーマート→あなたとコンビニ→you
    なるほど…!(作者も意図しない繋ぎ)
    #ぷる: さすがセンスの塊
    銀河P: そ、そりゃね……構成得意だもんね……(汗
    と、ここまでが私の構成部分です

    ローリング△さんばん

    #ぷる: こっからまた自分のパートになりますね
    I'm so Happyに入る前に少し前置きでyouを引っ張りながらSecond Heavenを重ねてましたね
    銀河P: Second Heavenは原曲と同じくベルとピアノをユニゾンさせました。ベルの音源は原曲と同じです。多分。
    #ぷる: もしかしたら、Second Heavenの次に三倍アイスクリーム来るかと思ってる視聴者さんもいたかもしれませんね

    銀河P: I'm so Happyに入る前置きも、メドレーの定番ですね
    一応ここだけキックの音を変えて、目立たせてあるんですよ〜
    #ぷる: 他のメドレーだとI'm so Happyは曲を重ねてないことが多いんですが、逆に有名な曲が次々と重なるようにしています
    銀河P: この辺は何か意図があったんですか?
    #ぷる: そうですね
    その頃ってVIVACEのI'm so Happyのインパクトが結構大きかったんですが、VIVACEでは後半の陰陽師から再び盛り上がる構成になってるんじゃないですか
    その影響か、I'm so Happyは終盤の曲というイメージが強いんです。それに対して、このメドレーはまだまだ始まりというイメージをもたせたかったんです
    そこで、「もっと後半にも見せるものがあるよ」という意味で曲を重ねて、終盤っぽいイメージを少し抑えようとしました
    銀河P: ふむふむ




    銀河P: 再び音ゲー曲で盛り上がった後は、一変して爽やかな雰囲気になりましたね
    #ぷる: えー次の「Star☆Beat」一応音ゲー曲なんですよねぇ・・()
    雰囲気は変わりますが
    銀河P: ほんまや
    Star☆Beatはこのメドレー共作で初めての知らない曲でした
    #ぷる: MUSECAっていうゲームの曲なんですけどねえ…
    曲がよかったんですけど、システム上の不満や不運の重なりもあり、今や知る人のみ知るゲームになってますよね
    かなしいなぁ
    銀河P: 一度触ってみたことあるんですが、音ゲー部分は結構面白かった記憶があります
    #ぷる: 特に判定ラインが一線ではないというのが売りのゲームでした
    実は右に流れてる動画が自分のプレイ動画だったりします
    銀河P: 音ゲーガチ勢特有のやつだ
    #ぷる: 普通にニアりまくってるので
    ※ニア(NEAR):他の音ゲーのGOOD判定に相当

    #ぷる: そういえばノーポイッ!が僕じゃなくて銀河さんからつけられてるのって意外性ありますね
    銀河P: 当時「ごねんど!」というメドレー合作で打ち込んだばかりだったので、記憶に新しかったというのがあるかも



    #ぷる: 近い時期でしたよねそいえば
    銀河P: あまり知名度の高くない曲だったので、有名な曲と重ねて飽きさせないようにしようという意図がありました
    ちょうど原曲キーで打ち込めたので、いい感じにハマりましたね
    そして、Star☆Beatとバニラソルトの原曲を知っている人ならわかるかもしれないですが、Star☆Beatから次の「バニラソルト」に綺麗に繋がってます
    #ぷる: とらドラは見てませんでしたが、普通に綺麗につながっててびっくりしました
    銀河P: とらドラの曲はだいたいオレンジかプレパレードの2択なので、少し意表を突いた選曲になったのではないでしょうか
    #ぷる: ぼくはちょうど挙げられたその2曲しか知ってませんが、それでもとらドラが有名な事実に変わりはないので知名度はむしろ高くなったかと思います

    FO(U)R

    銀河P: この「バニラソルト」から第一バラード前までが自分の構成範囲ですね
    一旦落ち着かせてから、Affectionで一気に爆発させました
    #ぷる: ふむふむ
    Affectionとハイファイ☆デイズって意外と合いましたね
    銀河P: 実はコード進行の流れがすごくよく似てるんですよ〜
    #ぷる: へえ~具体的に言うとどうなんですかね~?
    銀河P: 最初の4小節で1-4-5-5♯dimとだんだん上がっていって、5小節目で6mになるタイプですね
    ハイファイが1-4-5-5♯dim-{6m-5}-2-4-5-
    Affectionが1-4-5-3/5#-6m-2/4#-4-5-
    です
    (これ読んでる人置いてけぼりにならないかな…)
    #ぷる: 確かに結構似てるし、同じコード進行から派生されてそうですね
    銀河P: そうですね。こういうコード進行はよくあります。例えば後半のEternal Harmonyとかセンチメンタルクライシスも
    #ぷる: あ、キーが変わって全然気づきませんでした
    確かに・・・
    大変興味深いです
    銀河P: 盛り上がる場所なので、この部分のアレンジは裏にピアノでアルペジオをうっすら重ねて疾走感を出しています
    #ぷる: ふむふむ・・
    (ぼくのパート、あそこまで細かい調整してない・・・)
    銀河P: ここまでが自分のアレンジ部分です
    ここから、アレンジ・構成共にぷるさんにバトンタッチします

    ゆゆ式はいいぞ

    #ぷる: …と、その前に…?
    銀河P: ゆゆ式はいいぞ
    #ぷる: ゆゆ式はいいぞ!

    V(ファイブ)

    #ぷる: さて、ここからはアレンジ・構成ともにぼくのパートとなるわけですが
    早速演奏会が始まります
    銀河P: 最初はCytusのボス曲「L2」ですね。これはVer.Aの最初の部分でしょうか
    #ぷる: ですね、選曲の具合上俗称「L2A」とも呼ばれてます
    銀河P: Cytusは知り合いに1回だけプレイさせてもらったことがあるんですが、面白そうですよねー
    #ぷる: 今は結構昔の音ゲーになってるんですが、それでもプレイスタイルが特徴なので今でも結構プレイヤーさんがいます
    で、原曲だとチェロ?とピアノだけなんですが、オーケストラっぽいアレンジになってます
    銀河P: ピアノと弦楽四重奏のアレンジなんですか?
    #ぷる: まさにそんな感じですね
    ただ弦楽四重奏は今回初挑戦なので、楽器関係なくメロディーの構成がほとんど同じだったりしますが…
    銀河P: かなり大胆にアレンジしてますよね
    #ぷる: ちょうど半年前ぐらいに「Orchestra companion strings」というストリングスのVSTが実質無料ってぐらい割引されてましたので、せっかくなので挑戦してみようかと
    ・・となったのがこの第1バラードパートです
    銀河P: ということは、結構いい音源なんですね
    #ぷる: コスパ的にはかなりのバケモノですね~
    実はオーケストラ系のVSTってかなりお高いんですよ
    銀河P: 確かに、Viennaなどの本格的なオーケストラ音源は5万円とかしますからねぇ
    #ぷる: 中には10万を超えるものも…
    銀河P: アレンジとしては、ちゃんとピチカートとかの奏法を使っているのがいいと思いました(素人)
    時計の音も少しだけ入っていますよね
    #ぷる: うーーん、これ言うの迷っちゃうんですけど、打ち込んでないのになぜか入っちゃってる音なんですよね~
    確かに時計の音には似てますが、個人的には別の音だと考えてます
    銀河P: ????
    #ぷる: 実は時計の音は、最後のあそこにしか入れてないんです
    ピチカートのあそこは完全に謎ですね・・・
    銀河P: 不思議ですねえ

    その次の部分も引き続きぷるさんがアレンジしています
    #ぷる: えっと、L2からL2っぽいアレンジになるところですね
    銀河P: この辺の選曲は何か意図があったんですか?
    #ぷる: このパートはアレンジ勝負となるので、L2の雰囲気に合わせつつもこのアレンジに合いそうな曲を選びました
    特にあんずのうたに関しては互いに音ゲーのボス曲というつながりもあったので、メロディーも若干L2の方に合わせています
    ※当時のデレステの話。現在のボス曲は「凸凹スピードスター」
    例えば「仕事 電車 通勤 ムリムリ」と「自宅 厳重 警備 フリフリ」は同じキーなんですが、それをL2に合わせてメロディーの音程を下げています
    まあ、要するに他はL2でメロディーだけあんずのうた、になってる感じだと理解していただければなと
    銀河P: 2曲を合成したようなアレンジになっているんですね
    #ぷる: ですね~桃方合作のDhiパートのような感じです
    で、あんずのうたで終わるには構成がごちゃごちゃになるので、100%ちゅー学生の短調アレンジでパートを締めてます

    銀河P: バラード明けもぷるさんの担当でしたね
    #ぷる: 本当はバラード明けたらバトンタッチにしたかったんですが、もう一つ考えていた重ねがありまして…
    それが元気全開DAY!DAY!DAY!×小さな恋の密室事件でした
    銀河P: ラブライブとアイマスの重ね、これも定番ですね
    #ぷる: 「オタクはすぐアイマスとラブライブを対決させる」ということわざがあったりなかったり…
    しっかし、この頃はまだサンシャインが1期しか放映されなかったので、結構新鮮な選曲だと思ってました
    銀河P: サンシャインは全然わからないです…
    #ぷる: アイマスで言えばまさにデレマスのポジションですね
    スクールアイドルというテーマは保ちつつも、登場アイドル・舞台が全部別ですから
    そしてこの次から銀河さんの選曲になるんですが、ハレユカへのこの繋ぎ、実は歌詞が繋がっているので、結構気に入ってます
    銀河P: ここはとにかく繋ぎが綺麗になるように繋いだ覚えがあります

    「ようこそジャパリパークへ」の間奏のセリフ部分の「ロックに行くぜ〜!」で、「なんでだりーながここに!?」って思ったことがある(6)

    銀河P: その次の曲も直感で思いついたやつですね
    ここから先はバラード明けの長い部分だと思い、長い登り坂の始まりにふさわしい曲を選んだ覚えがあります
    #ぷる: 確かにその後の構成を考えると盛り上がりの坂っていうことがわかっちゃいますね
    銀河P: そこからの部分はボカロ無双ですね
    というのも、ここまでを振り返ってみるとどうしてもデレマスが多いなと感じたので(だいたい第一バラードのせい)
    ボカロ曲を集めることで、全体的なバランスが良くなるようにしつつ、繋ぎを綺麗に展開を盛り上げました
    #ぷる: でも今度はミリマスが来ちゃいましたねぇ
    銀河P: 不思議だなあ

    銀河P: この辺の曲、どういう経緯で選曲したのか全然覚えてないんですよね…
    タイムマシンとかワンダーラストとかは、特にパッと構成で思いつくほど聴き込んでいたわけではないので、後になってこの辺りを聴き直した時に、「この辺り打ち込んだの自分だっけ…?」と不思議な気持ちになりました
    #ぷる: おっとと不思議っすなぁ…
    タイトルだけ見たら何かつながりがあるように見えますけど、今は謎ですね…

    ⑦destiny

    銀河P: というわけなので次に行きましょう!
    Big Blueですね
    #ぷる: こっからまた僕の選曲パートですね
    Big Blueといえば例のMAD動画シリーズでしょうね
    銀河P: 実は、そのMADシリーズは最近知りました…
    だから、当時は単に有名なゲームBGM枠かなーと
    #ぷる: 逆に僕はゲームの方全然知らなかったんですよね…
    と言って、特に前からシリーズを知っていたわけではなく、ちょうどごちうさのMADを探ってみたら見つけたのがこれでして



    疾走感が気に入ったので、いつか入れてみようと思ってましたね
    銀河P: 動画は思いっきり例のアレですねぇ
    #ぷる: サムネじゃわかんないんじゃないですかーやだ
    まあ使用箇所が使用箇所なので、動画には流石に別のMADを使用してます

    銀河P: そして、東方アレンジでさらに盛り上がっていきます
    #ぷる: ここで驚きの事実が一つ。
    実はウサテイの前まで、東方曲は1曲しか存在していなかったのです!!
    もしこの「ウサテイ」×「チルノ」がなかったら東方はほぼ全滅ってことになりかけていたかも知れませんね…
    銀河P: そもそも東方アレンジ(しかもIOSYSなどネタ性の強いもの)ばかりですよね…
    #ぷる: 原曲は全滅ですね・・・
    不思議ですね・・・
    さて、この「ウサテイ」×「チルノ」なんですが、さっきも言及されてるVIVACEにも同じ重ねが使われています
    銀河P: ふむふむ
    #ぷる: ただVIVACEの場合は両曲のキーがそれぞれ違います
    それに比べて今作ではキーが一致されてますが、どれも原曲キーとは違います
    あと、VIVACEではウサテイの途中からチルノが入ってきますが、これも同タイミングに始まってますね
    構成考えてる途中には気づいてませんでしたが、VIVACEって結構な有名作品でしたから、影響がないと言えば全くないとは言えませんね…
    まあ、ここではリスペクトということで()
    銀河P: 全く気づかなかった…

    銀河P: この重ねのように、メロディがごちゃごちゃしている2曲を重ねることは自分はあまりしないので、驚きました
    構成の観点から見ると、Big Blueでタメてこの重ねで盛り上げて、その盛り上がりを維持したまま次の物凄いなんとかに繋げているのがとても良いと思いました
    #ぷる: ですねー
    ちなみにこの「ウサテイ」×「チルノ」って実質3曲が重なってるようになってたりします
    正確にはウサテイのメロディーが2つある、ということですね。
    基本メロディーの他に、ビートまりおさんのコーラスの2つを打ち込んでますが、それぞれ中央と左に分けてます
    銀河P: この辺りは1曲が結構長めですね
    #ぷる: そうですね、このあたりは他の曲に変えてしまうと雰囲気が壊れそうな気がしまして
    特に理由がない限りは切り替えないようにしてるんです

    銀河P: そこから次の曲に行きます
    #ぷる: 物凄い(ryとOs-宇宙人ですね
    物凄い(ryは譜面のエフェクトに合わせて音源もエフェクトがかけられてる遊びをやってます~
    銀河P: ボルテ再現だって動画が付いて初めて気づきました
    これ見ると久々にボルやりたくなりますね
    #ぷる: ボルはいいぞ~
    銀河P: 楽しいけど、難易度13がまあまあクリアできる程度の腕前だから色々つらいものがある
    #ぷる: 13も結構楽しいっすよ
    ロストワンの号哭みたいにライセンス曲のEXHは割とそこらへんに集まってるので
    銀河P: ライセンス曲といえば、最近はボルテの新バージョンも稼働したらしいですね
    (何が変わったのかいまいちよくわかっていない)
    #ぷる: 主にはアニソンが収録されてたり
    自動でメドレーが作られて、それが遊べる新モードが登場したりしました
    銀河P: なんかすごそう
    #ぷる: https://www.youtube.com/watch?v=T6RxjJhnhAo
    これがそのモードのプレイ動画ですね
    銀河P: デレステのイベントにもこれ導入してほしい
    #ぷる: これ導入されたらまた昔みたいに人めっちゃ増えそう(小並感)

    銀河P: 次はPPAPからのBE MY BABY、前前前世ですね
    #ぷる: も う 離 さ な い
    銀河P: 君 が す べ て さ



    #ぷる: 実質アイマスゾーン
    銀河P: ここの流れ、動画の演出でなるほどって思った
    #ぷる: 実はここ、ちゃんと元ネタがあったり



    というか動画にも普通にこれ使ってました
    銀河P: それ知ってる!
    #ぷる: 初見で思わず天才かよってなってて
    ちょうど投稿された時期がこのあたりの構成を決めていた頃だったので、そのまま使おうーってことに
    で、そこからの前前前世なんですが、もう気づいてる方多いと思いますが
    入れ替わってますよね!
    銀河P: 左右が逆になってるんですね(そもそもお面被ってるだけなんだよなぁ)
    #わかる: わかる
    で、前前前世で終わると思いきや、自然にりーなちゃんが割り込みます
    銀河P: またデレマスだ
    #ぷる: でも菜々はキュートでしゅがははファッションなんで、流れ的にここはクールアイドルの出番では・・・?って
    銀河P: なるほど???
    さらに1曲追加してぷるさんのパートはおしまい

    米津玄師

    銀河P: そこから第二バラードに入ります
    なんか動画で変なテロップ付いてるーー!!
    #ぷる: クラシック番組あるあるじゃないですかー
    銀河P: クラシック作家になった覚えはないんだけどなぁ
    #ぷる: でもここのピアノ心に響くので実質クラシック感が
    銀河P: (動画だと二重奏曲なのにアレンジにBad Apple!!のベルとかバッキングのストリングスとか色々入っているのはいいんですかね…?)
    #ぷる: (舞台裏で演奏してるはずですよ(適当))
    銀河P: はい。というわけでピアノをガッツリと打ち込みました。
    かなりこまめに強弱をつけて、タイミングもわずかにズラして、本物の演奏っぽさを出そうとしています
    途中から入るチェロの音が艶っぽくていいですね!
    #ぷる: ほんとそれっす
    実はああいう楽器の構成のメドレーを作るのが一つの目標であったりしますんで
    銀河P: おー!それはいいですね!どんどんやりましょう!!
    #ぷる: 来年ぐらいに、公開できればいいですね~

    銀河P: この部分は、選曲も若干ノスタルジックなものを選びました。ニコニコメドレーには滅多に入らない「オペラ座の怪人」や、少し昔のJ-POP、ニコニコ関連曲もかなり昔に流行ったものをチョイスしています
    悲愴感までが私の構成部分で、一応これで第二バラードは半分くらいかな〜と思ったんですが、案外すぐバラード明けになりましたね
    #ぷる: 僕はあそこでちょうど終わるんだなって思ってましたんで
    結構上に銀河さんが10分ぐらいを想定しましたと言ってましたが、僕はこのあたりで15分ぐらいいけそうだなと感じてましたので、このぐらいでもちょうどいいかと

    Slluuddggeeってスラッジって読むらしい

    銀河P: ということで、第二バラードが早々に終わり、音ゲー曲で盛り上げていくぷるさんのパートに続きます
    #ぷる: パートの説明の前に、71曲目は「Slluuddggee」という曲なんですが、動画演出の具合上曲名が入る隙間がなく表記していませんでした
    仕様とはなりますが曲名が抜けてしまいましたので、その点についてはこの場で謝罪させていただきます
    えっと、実は71~76って初期段階ではなかったパートなんですよね
    #ぷる: 確か「Slluuddggee」には別の曲が重なって、そこからすぐうまるOPが来るっていう感じでした
    銀河P: ちょっと長くなりましたね
    完成版では、バラード終わりから音ゲー曲(BEMANI系)が続きます
    #ぷる: その一つの「Slluuddggee」は曲自体が特徴的で、BPMもガラガラと変わりますが、むしろそこをうまく使えば他のメドレーとは違うバラード明けパートになるんじゃないかなって思ってました
    そしてその盛り上がりを3y3sが一気に加速してくれます
    で、「3y3s」×「徒花ネクロマンシー」が終わった後にも、さらにBメロっぽい展開を加えることで、まだまだ続けるよーと感じさせることを狙ってました
    銀河P: バンドリの曲のところまでがいい感じに盛り上がる流れになっていますね
    #ぷる: そうですね~もしかしてこの流れが最初からあったとしたら、この先の展開もだいぶ違う形になっていたかもですね

    銀河P: そこからうまるちゃんのOP、ジャパリパークと新し目の曲が続きます
    #ぷる: 今振り返ってみると両方も時間が結構経ってますがね…
    特にけもフレは…
    銀河P: この辺の構成で何か意識したこととかありますか?
    #ぷる: 構成は特に意識してはいないんですが、流れ的にここは新曲の出番だっていう直感があったので
    このあたり考えてる頃はまだ新曲でしたし!(汗)
    銀河P: なるほど〜
    バラード明けからジャパリパーク終わりまでの流れがすごく良いですね。綺麗にまとまっている感じがします
    #ぷる: (素直に嬉しい気持ち)

    銀河P: そこからメイドラゴンの曲が入って、このパートは終わり
    #ぷる: そいえば最近メイドラゴン2期が決まりましたね
    銀河P: 実はメイドラゴン観てないんですよね……どんな作品なんですか?
    #ぷる: 一言で言うと、社会人の小林さんがある日ドラゴンと酒を飲んでたら次の日から下僕になった・・っていう話ですね
    銀河P: すみません。わかりません。
    #ぷる: いえいえなんかごめんなさい( )

    自分のメドレーについて早口で語るオタクは信頼できる

    銀河P: そして、その先からアレンジも構成も私のパートになります
    #ぷる: 開幕から早速ミリマスが来てますね
    実は僕、ミリマスはさっぱりなんで、Eternal Harmonyがなんの曲なのかよく知ってないんですが、どんな曲なんでしょうか
    銀河P: いい曲です

    銀河P: ミリマスで、5人ごとのユニットを結成して、そのユニットのストーリーと歌が与えられるゲーム内企画があって、そこで千早をリーダーとする5人のユニットの曲として作られたのがこれです
    テーマは「聞く人を幸せにするような魂の歌」
    ミリマスの中でも飛び抜けて明るくパワー溢れる曲で、特に千早がリーダーとしてこの曲を歌っているという点に、昔から千早を応援している人は感動するいい曲です



    #ぷる: 今までの千早の曲とは雰囲気とは一味違うけど、みんなと一緒に歌って、新しく成長しているっていうことが伝わってきますね・・・
    確かに千早Pなら感動間違いなしだ・・

    銀河P: と、ここからのパート、実は作るのに1年以上かかっています
    #ぷる: まさかの長引きでしたね
    元々作業優先度がそんなに高くはなかったんですが、ここまでだとは予想外でしたね・・・
    銀河P: 実はこれにはちゃんとした理由がありまして
    メドレーの構成的に、ここは最後に向けて最高に盛り上がる展開にしないといけないと思ったんです
    一方で、直前のメイドラゴンは、ジャパリパークの一連の流れが終わった後に落ち着かせるような構成になっていて
    これをどう処理すればいいかなとめちゃくちゃ悩んで、答えが全然出てこなかったのでモチベーションがだだ下がりしたんです
    #ぷる: なるほど・・・
    それに関してなんですが、メイドラゴンでバトンタッチしてた時にあと1~2回で終わりそう的なことを伝えてた覚えがありますね
    銀河P: あと1~2回で終わりそうなので、だからそれ相応の展開を組む必要があったわけですね(メガトン構文)
    悩んだ末に、メイドラゴンからの流れを汲んで盛り上げるのは諦めて、転調して一旦流れを区切ってから再度盛り上がりを構築しようとしました
    その起点となったのがEternal Harmonyです
    ただ、Eternal Harmonyはあまり知名度が高い曲ではないので、有名な曲を入り乱れるように重ねて楽しくしました
    #ぷる: 確かにふしぎなくすりも世界に一つだけの花もかなり有名ですね

    銀河P: で、その次の部分が盛り上がりへのタメの部分になるんですが、ここはゆるゆり系のよくある曲繋ぎにせず、あまりチョイスされない曲を採用してみました
    コード進行も原曲に合わせた結果、単調になりすぎずいい感じになったので満足です
    極上スマイルからは、2拍王道(コード進行が基本的に2拍ごとに変わる王道進行)の曲を採用しまくっています
    2拍王道はメドレーの終盤ちょっと手前というイメージが強く、個人的にもかなり好きなコード進行なので、この部分はお気に入りです
    選曲は若干定番から離れていますが、全部好きな曲です。桃子の「ローリング△さんかく」は、メタル桃子が局所的に流行った時によく耳にした記憶があるので、もしかしたら知っている人もいるかもしれないです
    細かなアレンジのことを言うと、GREEN GREENSの最後が極上スマイルのコード進行とぶつかるので、コード進行を少し変えて不自然にならないようにしているとか
    バッキングのピアノを結構動かして賑やかな感じを出しているとか、結構工夫しています
    わかりづらいですが、この部分の後半(「ローリング△さんかく」より後)はバッキングのピアノをさらに暴れさせて、盛り上がりを演出しています
    2拍王道のラストを飾るのは、前々からやりたかった「アルストロメリア重ね」ですね。シャニマス、jubeat、初音ミクの3曲のアルストロメリアを重ねています
    #ぷる: 渡された時に「アルストロメリアこんなにもあるんだ?!」ってなって、アレンジもキメッキメで最高でした
    あと、ここまでの流れもかなりノリノリでしたが、それをここでうまくまとまってくれてる感じがしてすごいと思ってました
    銀河P: シャニマスのアルストロメリアは、あえて最後にラスサビの終わりを追加することで、この2拍王道の流れを締めつつさらに盛り上がるんですよね〜
    2拍王道地帯がかなり賑やかな雰囲気だからこそ、この最後の部分がすごくよく映えます!
    ここができた時は、我ながら天才かと自画自賛してしまいました
    #ぷる: ぶっちゃけ本音言うと、ここらへんだけループしてずっと聞きたいです
    あとついでにボルテでプレーするとすっげー楽しそうだなって
    銀河P: 正直Eternal Harmonyからのこの3分半だけめっちゃループして聴いてる()
    #ぷる: 普通に単品ほしいんですが、うpの予定はありますか
    銀河P: メドレーで聴けばいい気がするのでないですねー
    #ぷる: しょぼーん
    銀河P: 試しにボルテ風のエフェクトとかかけてみてほしい
    #ぷる: できたらうpしてもいいっすか??
    銀河P: メドレー公開後ならいいですよ〜
    #ぷる: よぉしやるかー!

    銀河P: 次の部分は「第7回シンデレラガール総選挙ゾーン」です
    デレマスで毎年やっている総選挙企画なんですが、この第7回は自分の中でとても思い出深い総選挙です
    担当の本田未央ちゃんに、今年こそ1位を!と思ってめっちゃ活動して、応援にメドレーまで作ったんですが、ウサミンに敗退して2位になってしまったんですね……
    もちろんウサミンも好きなアイドルの一人なんですが、この悔しさとやるせ無い気持ちを形にしつつ、トップ5人のアイドルを祝福しようと思ってここを作りました
    選 曲 の バ ラ ン ス は 投 げ 捨 て る も の
    #ぷる: デレマスもニコニコやしニコニコメドレーだろ!
    銀河P: 解説すると、順に1位(安部菜々:メルヘンデビュー!)、2位(本田未央:ミツボシ☆☆★)、3位と5位のアイドルのソロ曲を入れています
    4位の鷹富士茄子ちゃんだけソロ曲がまだ無いので、富士の山を代わりに入れてオチ要因にしました
    そして、デレマス繋がりでデレステのガシャBGMを入れました
    ニコニコだと眼鏡かけた信長のMADやガシャ動画が有名ですね

    これほんとすき


    デレステのガシャBGMからDreamRiserには共通音繋ぎで綺麗に繋がり、さらに終盤感が出せてとても良い繋ぎになりました
    #ぷる: 総選挙ゾーンからガシャへつながるから「ほらほらーもっとガチャ回そう」的なものかと思いきや、もっと深い意図があったのですね・・・
    銀河P: ここの動画演出がとても面白いなと思いました
    #ぷる: ガチャBGMに合う動画なんて、ガチャ回す場面しかないやろって思っていろいろと試行錯誤したら、やっぱりスマホで回してるような演出がいいかなーってなったんですよね
    で、ちゃんと次の曲と繋がれるように、ガルパンのヒロインのみほのサインまで探って入れてみたら、本編のOPでは戦車がもっと映えてたという…



    銀河P: この辺りの展開も動画もとても良いんですよね
    そして、ここでゆめにっきの曲が入るのは、最近みんなUndertaleの曲を入れまくっているので、あえて逆に「俺らの世代はゆめにっきでしょ!」という主張が入っています
    よくよく考えたらただの老害かもしれない
    で、ここまでだと最後の盛り上がりには物足りないけど、ここから満足いくよう盛り上げるとさすがに長すぎると思ったので、悩んだ末に後からM@STERPIECE〜よりもいOPの3曲を追加しました
    センチメンタルクライシスは、今期の人気アニメ「かぐや様は告らせたい!」のED曲ですね
    今期に間に合ってよかったです
    #ぷる: かぐや様確かに大人気ですけど、まさかここで来るのか!ってなってましたね
    そしてよりもいへの繋ぎも結構自然でした
    改めて振り替えてみると、84~110のその自体が一つの流れとして完璧でした
    あのパートがあってこそ、もっと真剣に盛り上げようっていう考えが芽生えてきて、そこから生まれたのが71~76のパートだったりします
    前のはかなり地味でしたんで…
    銀河P: 結果的に満足いく展開になって、本当に良かったと思います

    ED(4分)

    #ぷる: さて、残すはEDパート一つのみですね
    銀河P: EDパートも結構長いですね
    ここまでしっとりと感動系のアレンジが続いて終わるメドレーは少ないのではないでしょうか
    #ぷる: 言うまでもなく、王道系メドレーではかなり少ない方ですね
    ぱっと挙げられるものは「ニコニコ動画CMY」と「おれとく!」ぐらいですかね
    銀河P: 確かに、でもそれらもここまでは長くないですよね……4分くらいありますし
    #ぷる: そうですね、正直あそこまで長引くとは思ってませんでした
    長くても3分でしょって思ったら…
    一応このEDパート、3年前から「つぼみ」で一旦終わらせて「ココロ」を流すっていう展開は考えていたものの、
    そこまでどう導かせるかを全く考えてませんでしたから、そのへんの調整が本当に大変でした
    そしてその調整のせいでかなりの大ボリュームになってしまいましたね…
    銀河P: かなりアレンジもBPMも頻繁に変わるので面白いですね。順番に見ていきましょうか

    銀河P: 最初は今期の有名なアニメの「気ままな天使たち」と、去年の人気アニメの「ふゆびより」ですね
    #ぷる: この2つの作品、どちらも癒やし系なんですから、バラードアレンジでも作品のコンセプトを保てたりしてて、割とピッタリ合うんですよ
    特にふゆびよりは原曲自体がゆったりしてるので、一番ここの雰囲気に合ってる選曲とも言えますね
    とは言えこの2つの曲は、EDの本編に入る前のオードブルのようなものですので、シンプルな音色のオルゴールを選んでアレンジしてます

    銀河P: そこから打上花火のパートに入るわけですが、ここは動画とアレンジの雰囲気がとてもよく合っていますね
    #ぷる: ですね、ここの動画に使われてるのはインクの拡散してる動画を合成する技法で、全世界的に感動する雰囲気の映像とかによく使われてるらしいです
    そこで、うまく言葉になってはないんですが、このアレンジならきっとこういう演出にするしかないと考えてました
    でもインクより花火の映像の方がよかったかもですねー
    銀河P: いや、和風で統一感あるので良いと思います
    そこでさらにテンポが変わって「つぼみ」に繋がります
    (やはりデレマス多いなこのメドレー)
    #ぷる: (なんと1割もあるらしいとか)
    銀河P: (12曲!?うせやろ??)
    #ぷる: (不思議すぎる…)
    (しかもNaked Romanceは入れてすらいないのに)
    さて、「つぼみ」を打ち込み始めてから気づいたことがあるんですが
    最初は同じBPMで打ち込んでたんですが、なぜかつぼみの方が早く聞こえてしまいました
    銀河P: メロディが8分と16分で違うので、その影響ですね
    #ぷる: そうですね、まあ数値上では同じですし気にしないこともできますが、せっかくの雰囲気が台無しになりそうだったので、BPMを微調整することにしました
    やってみてから分かったんですが、8分と16分の差と言っても、単に半分下げればいいだけじゃありませんでした
    最初は「おかえり」のBPMの160と80の間の120で下げてたんですが、あまりも遅すぎるので駄目でしたね
    それが140まで上げても駄目で、ギリギリの似てると感じてた瞬間が今の152ってことでした
    銀河P: 速くなったような遅くなったような不思議な感覚ですね
    #ぷる: アレやってる最中はずっとあんな感覚でしたね
    「つぼみ」が152から140に落としてることにしてるのも、実はそれをやってから少し感覚が乱れてしまって、152でも加速しているように聞こえてしまったせいでああしてるんですよね…
    銀河P: ここの動画、デレステのMVだけじゃなくてアニメ21話を載せてくれたのめちゃくちゃポイント高い
    +3000000000点くらいある
    #ぷる: デレアニの21話に未央さんが出てきて本当によかったと思う瞬間でした

    銀河P: そしてさらに深いところに落ちていくようにアレンジの雰囲気が変わります
    「ぼくのフレンド」からの部分ですね
    #ぷる: EDのそれっぽい雰囲気を作り出して、本当に終わるんだっていう感情になってほしかったんですね
    (しかしこの時点でも残り1分半ですがね)
    銀河P: そしてタイトル回収
    #ぷる: 振り子ちゃん、満を持しての登場
    銀河P: 最後はココロで〆と。良いですね
    ここはシンプルながらも雰囲気にベストマッチした良いラストだと思います

    エンディングトーク

    銀河P: 以上で、今回のメドレー共作の裏話対談は終わりになるわけですが、最後に共作を振り返ってどうでしたか?
    #ぷる: 改めて文にしてみると、すごい量の思いが込められてるんだなって
    それでも正直まだまだ語りきれてないところも多すぎるので、ちゃんと伝わってるのが不安もありますが、まあ残りは作品が語ってくれるでしょうね
    銀河P: 私も、紆余曲折ありましたが、結果的にすごく良い出来のメドレーになって満足です
    実は、このメドレーを作り始めた頃は、メドレーについて色々悩んでいて、どういうメドレーが良いのかとか、自分は結局何が求められているのかとか、色々考えていたんです
    でも、最近になって考えが固まってきて、「自分が最高だと思えるメドレーが最高」だってことに気づきました
    そう思ってから作った後半パート(Eternal Harmony以降)は、やっぱり他の部分と比べてもすごく輝いてると感じます
    だから、メドレーは作りたいように作るのが一番!!
    #ぷる: ほんとそれ大事!
    私達は特に他の誰かに頼まれてたわけじゃないですから、だったらもう私達が好きなもの作りたいものどんどん入れて作っちゃうしかないんじゃないですか
    銀河P: その通りですね!
    どんどん自分の「好き」を発信していきましょう!
    #ぷる: ぜひぜひー
    銀河P: また一緒にメドレー作ることになったらよろしくお願いします
    それではまたいつか〜
    #ぷる: はーい、またよろしくお願いしますー

    #ぷる さん、長時間に渡る対談お疲れ様でした!
    無事に投稿まで持ち込めて本当に良かったです
    今後の二人の活躍にも乞うご期待です!!


    終  
    制作・著作
    ━━━━━
    Ⓝ Ⓗ Ⓚ


















    おまけ

    銀河P: ちなみに、このメドレーどのくらい伸びると思います?
    #ぷる: 1万行ったらいいなーってぐらいですかね
    正直伸びてるメドレーがあんまないんでわかんないです
    銀河P: 最近はあまりメドレーが伸びないので、5000行けたらOK、1万再生超えたら御の字って感じがしますね
    数年前なら2万から、上手く流れに乗れれば6桁も夢じゃないかも??といったところですが、最近は動画を見ている人口自体が減っているので……
    #ぷる: メドレーだけじゃなくて全体的に人が減ってることが分かってきて、なぜか切ないです



    これが今3万も行ってないですしねぇ…
    銀河P: 今の良作動画は再生数が1桁足りないものが多くて悲しい
    昔に一発当ててレジェンドになった人はともかく、今の新人さんたちにとってはかなり厳しい状況ですよね

    #ぷる: 10年後にもニコメドは生きているんでしょうかね
    銀河P: ニコニコメドレーという形でなくても、アレンジメドレーという文化は生きていてほしいですね
    #ぷる: 同意見です、が、文化が生き延びそうな場所があるかと言うとですね…
    銀河P: まあ、それは後続の世代に託しましょう
    我々もかなり長くこの界隈にいますからね…
    #ぷる: 新人の17歳作者です()
    まあ、ここまで長く作り続けることになるとは思いもしませんでしたし、案外10年後も作者続けてるかもしれませんね
    銀河P: お互い頑張りましょ
    メドレーっていう音楽の表現体系は好きなので、たとえニコニコから離れようとも細く長く続けていけるといいですね
    #ぷる: ちゃんとした音楽ジャンルとして認められるまでは作り続けたいですね
    銀河P: 今後のメドレーの存続を願って……乾杯!
    #ぷる: 乾杯〜♪


    本当におしまい

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。