12B(11B)の3-1白進行について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

12B(11B)の3-1白進行について

2018-07-09 01:30
    ハンゲ11Bで3-1になると
    「占いロラで2人外吊れる」
    「囲われてたらグレーの人外吊れない」
    「初日から占い吊らないと間に合わない」
    のように占いロラ推しの意見が多く伺えます。

     ですが私は占い師をローラーするより、グレランから入って占い師を決め打つ進行の方が村有利だと思います。

    占いロラの欠点

    ①真狂狐の場合、一切情報がない状態で最終日を迎える。
     黒ストップがないので当然ですよね。グレーで平和が出ると騎士とGJ先が村確定するので大分有利ですが、そもそもハンゲ鯖は霊鉄板護衛騎士ばかり。
     GJが出ない前提で考えると5人村村霊狼狼のような状況が大半でしょう。狼票が2あるので2匹共吊るのが難しいことは明白です。

    ②真狼狼や狂狼狼の場合、ほぼ最速で負け。

    ③真狂狼の場合
     まず票数の関係で狼が有利。

     Ⅰ.真狂が先に吊れた場合
      真占いがよほど優秀でない限りロラ完遂の5人時点で村村狼狐霊残りです。
      狐→狼で吊らない限り村負け確定です。

     Ⅱ.狼が先に吊れた場合
      相方が占い騙りをして、占いロラ進行になりました。一番最初に相方が死にました。

      Q.
    あなたはどこを噛みますか?
      A.霊は鉄板されていると考えると、占い師を噛みますよね。

       ロラ完遂したとして、7人で狐狼残りです。
       一見有利なようにも見えますね?
       狼を先に吊ったらゲームセットです。
       狐は狼を吊ればいいのだから、一気に有利になるでしょう。
       勝てそうにも見えますが、これが占いロラで最良手を引いた場合です。

    ④整理位置を整理できない


    占い師を決め打とう、そして占い師を護衛しよう
     
    いくら占いロラの欠点を説いたところで、占い師決め打ちの勝率の高さを説明しないと意味がないですよね。3-1時の占い師決め打ちで村勝ちの手順を紹介します。

     初日グレラン→偽目の占い吊り→偽目の占い吊り→グレー吊り→真占の●吊り

     これで5縄です。
     グレランをする理由は「真占い師目線のグレーを狭める為」です。
     初日のグレランなんて「整理位置」を吊って、
     「狼目や狐目」を占わせる為のグレー狭め 
    程度の考えで良いと思っています。

     狼や狐は真に占わせて、「いかに真の●が狼くさいか」で判断できるからです。
     その上、狼に役職を噛まない選択肢を与えることができます。
    「村人」が噛まれれば真占いのグレーが又、狭まります。

     基本的に狐を吊りか占いで処理できることになるので、よほど潜伏のうまい狐でない限りは村か狼が勝ちます。つまり狐の勝率分、村と狼の勝率が高まります。



     これは真占いがいる前提ですが、3-1で狂狼狐なんて、よほどのレアケです。気にしないでいいです。真がいるときに勝ち数を増やした方が全体での勝率が高くなるので。。。 
     





     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。