• このエントリーをはてなブックマークに追加

Wミノルさん のコメント

>勝田様

http://full90.com/products/
「FULL90(フルナインティー)」っていうサッカーのヘッドギアの会社のものなんですね。
これいいですねー!
これなら仰る通り「額当て感覚」で本戦でも使用可能ですね!

http://full90.com/select/ (SELECT)
http://full90.com/premier/ (PREMIER)
どっちも近未来的で捨て難い。胴着に合いそう。
スト2の鉢巻、新撰組や忍者の額当ての様でもあるし。
ヘッドガード案採用しようよ! 採用なら、つけてる部位以外の所を殴る蹴るするしかないなー
考えたら「断崖式(投げっ放し)ジャーマン」とかの危険性もあるんだからヘッドガードは必要だった。
あの画像のものなら理想的だ。何よりカッコイイ!
他に先越される前に唾つけとこうぜ谷川さん!

勝田さん、いい情報ありがとうございます!
No.4
38ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
今週のお題…………「3・25巌流島! 私はこう見た!」 文◎野田派二天一流東京支部長・響尤会長 勝田兼充 まず論じさせていただきたいのは、『巌流島の掲げる武道という概念』についてです。今のままでは巌流島の掲げる『これからは武道だ』というコピーに実現性が薄いように思います。   なぜなら実際に蓋を開けてみれば、いろんな畑の競技者を巌流島ルールという『武術からのアプローチで新たに制定したオリジナル・ルール』で闘わせている、不完全な格闘技大会というふうにしか観て取れないからです。   いつの時代も人間に影響を与えるのはルールですが、現状では巌流島という競技ルールは、競技者を武道家たらしめる影響力のある競技システムにまで至っていないということです。 でもご安心いただきたいのは、未だかつて、武道に馴染みのない一見(いちげん)様をルールに従うだけで武道家たらしめる競技など存在しませんでした。剣道然り、柔道然り、唐手然り。ではそのような都合のいいルールをどのように創成したらいいのでしょうか?   それにはまず、『大会におけるコンセプト』をもっと明確にする必要があります。 これはあくまでも当流東京支部としての見解ですが、外国人の修行希望者が日本武道に望んでいる要素は、ずばり『詫び寂びの妙味と武士の情け』です。   上記コンセプトをふまえ、武士道を実現させるための巌流島ルール及び運用について勝手ながら以下のように思案いたしました。     1 装備に関して   ・怪我防止のため、薄めのゴムを使用した地下足袋を装着する。 ・闘技場の段差を現行の高さで維持するなら、後頭部保護用のヘッドギアを義務付ける。   2ルールに関して ・グラウンド状態でのパウンドを廃止する。 ・グラウンド状態で掴んでもよいのは、道着の襟と袖、ならびに腕のみとする。 ・片方がグラウンド状態の時、スタンド状態の選手が闘技場内で残心ポーズ(武士の情け)を取ってから2秒以内にスタンド状態にならないと、グラウンド状態の選手は一本負けになる。(2秒あれば、戦場ではグラウンド状態の相手の体勢に関わらず頭を踏みつけて殺せるから) ・転落、同体のときにも同様とする。 ・ゆえに基本的には闘技場外に出た(転落した)だけではポイントが得られない。   これら改定により、以下の利点が想定され、独自の妙味が生じます。 ・選手は投げられたり、グラウンド状態に陥るリスクを避けるために、必要以上に接近しなくなる。 ・倒された場合に相手に残心ポーズ(武士の情け)を取らせまいと、相手の道着にしがみつく。その効果として、しがみつかれた側には衣類を用いての関節技を極めるチャンスが生まれる。 ・衣類を使っての関節技をかけられたくなければ、グラウンド状態になったときに相手にしがみつかず、また投げ技に対しては有効な受け身を取ることで、即座に復位する(立つ)ようになる。 ・時間稼ぎがなくなり、観客に技法を見せる場が増え、より「決闘」らしくなる。   3 設備に関して 今大会における闘技場の不備を挙げます。 ・堀への段差が深いため、今後それを利用して反則にならない傷害行為を行う選手が出るおそれを感じ取れた。具体的にいうと闘技場から堀の下に相手の後頭部を打ち付けるなど。 ・堀の中でドライアイスを焚いているため、堀の下での傷害行為をしても審判からは確認しにくい仕様となっていること。またドライアイスのせいで滑る可能性がある。 ・SRS席の最前部及び解説席においては、炭酸ガスで目が痛くなるとの苦情。 ・堀の下に敷いてあるマットが角部では明らかに薄かったことにより、安心して観賞できない。 ・堀の下にセットしてあるブルーライトが眩しすぎて辛い。 ・そもそもあれだけ段差を深くするなら、安全性を確保するためにはもっと堀の幅を広くしないといけないと思うが、客席の関係で苦しいか....   よって設備の変更案として、 ・堀の深さを浅くするか、または堀を廃止する代わりに簡易型の土俵用ゴムブロックを闘技場の今まで堀としていた部分に配置し、一番外側には安全対策用ロープなどで囲う。そしてロープの外側には厳重にマットを敷く。 ・安全の確保のため、堀に設置してあったブルーライトは廃止し、競技中のドライアイス演出を中断し、結露を除去する。                                以上が3月25日の巌流島の検証・提案でした。   次に、『これからは武道だ』を論じられる前に、軽く『モノノフ』という意味や、『武士道』その他の概念についてまとめさせて頂きました。   武士道=武士の哲学 平法=武士の護身術+哲学 兵法=戦術+哲学 武道=武術を通して武士(モノノフ)から物部(モノノフ)へと還る道 ※物部(モノノフ)とは、新たなるものを生み出し、生み出した物を上手に扱い、その影響に責任を持って他の者に伝えて富をもたらす者のこと。   以上によりわかることは、武道修行者が体現せしめる究極は、単なる『ツワモノ』になることではなく、世々に大いなる影響をもたらす物事を生み出す役目にあることがわかります。そのような観点で五輪書を改めて読むと、始祖宮本武蔵師の意図がようやく観えて来ます。   また、剣道には『前後際断』という教えがあります。真理を悟ったものは、真に精神を統一し、過去も未来もなく、前と後の際(きわ)で切断するので無念が最上の仏法である、とするものです。前の心を捨てず、また今の心を後に残すことは悪、と説くのです。「今なすべきことを無心になすことが大切」と精神的価値観を説きました。   『ブームを仕掛ける時代は終わった!再現性を積み重ねる時代が来た』   さて、現代に真の『モノノフ』が居たとするなら、巌流島の仕合で次のように考えるでしょう。 「単なる勝ちをおさめるよりも、対戦者同士で後世に残る名試合を真剣に繰り広げ、双方ともに人気者になることに死力を尽くそう。そうする事で同じ対戦者同士の試合をもっと観たいと思われることこそ真の勝利だろう」と。 つまり狙うべきは目先のファイトマネーではなく、観衆に『再現性』を渇望させ、将来の徳を得るところに重きを置くはずです。 再現性とは言っても当たり前ですが、八百長ではない内容にする必要があります。 そのためには勿論、運営関係者に闘いの手の内を明かさない、というのは頂けません。   武道とは学ぶことによって精神変革や精神育成を促すシステムなのです。 武道を通して競技が成長するにはどうしたら良いのかと云いますと、武道精神を体現した試合を魅せることにより、マンネリではない無数の組み合わせの『再現性』を主目的とすれば良いのです。ここで言う『再現性』とは、仕合を観戦した人が、競技者にあこがれを持ったり、真似をして同じ競技を学んでみたくなったりすることであります。そこからエンターテインメント性を促す仕掛けへと入ってゆける、と考えます。 この過程を通じて「武蔵」や「巖流」を超えるカリスマを発掘することが成功へとつながると確信いたします。何故ならカリスマ性の原動力は、継続する社会を約束する『再現性』だからです。   それでは長くなりましたが、宮本武蔵先生による言葉で締めさせて頂きます。   宮本武蔵『独行道』(全二十一箇条)より「武士道論」に該当する部分   一、 我が事において後悔をせず   一、 善悪に他をねたむ心なし   一、 自他ともにうらみかこつ心なし   一、 道においては死をいとわず思う   一、 身を捨てても名利はすてず   一、常に兵法の道をはなれず   宮本武蔵『五輪書』風の巻より 他流の道をしらずしては、わが一流の道、たしかにわきまえがたし 他の流々、芸事とおなじく、身すぎのためにして、色をかざり、花をさかせ、うり物にこしらへたるによって実の道(真の兵法)にあらず 我が一流において、太刀の奥義も入口もなし、構えに極意なし、ただ心をもって、その徳を身につけることが、我が兵法の肝心なり   プロジェクト「巌流島」が、未だ舟島に残る巖流小次郎の無念を晴らして、武蔵の待つ彼我への成仏へと導き、以て新時代の護符とならんことを。 [お知らせ] 『巌流島』のオフィシャルサイトをリニューアル致しました。アドレスが変わりましたので、ご確認ください。→   ganryujima.jp
巌流島チャンネル公式ブロマガ
巌流島の運営からのご連絡、選手たちのメッセージ、レポートなどを随時掲載していきます。