(旧ムシキング)2003秋の歴史
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(旧ムシキング)2003秋の歴史

2015-12-31 22:34
  • 3

ムシキングのとある百科記事の編集をする際に公式サイトのカードリストを閲覧していたときのこと

「あれ?2003年期は一纏めにされていて詳細が分からない…」

というのも、2004ファースト以降はバージョンごとにリリースされたカードが載っていて、登場したカードが正確に分かるようになっています
が、2003秋第3弾以前は春、夏、秋(性格なし)、秋(性格あり)の4つに別けられており、どのカードがどの時期にリリースされたのか分かり辛いことになっているのです

特に2003秋に関しては複雑で、「1弾~3弾まである」「弾ごとに少しずつ、既存のムシに性格が付加」「廃盤となったムシの登場」といった事実が全く記載されておらず、これらについてまとめられているサイト等も私には見つけられず(同じくやや複雑な2003春に関しては情報が非常に多いのですが)


あまり認知されていない2003秋の事情が闇に葬られるのも寂しいので、今回は私の知る限りの知識についてを記載させて頂きます(ほとんどが当時の記憶頼りで書いているので、違う部分があってもご勘弁)

1、2003秋の特徴

・性格の追加
この弾以降はすべてのムシに性格が追加され、同じ必殺技、強さのムシであっても差異が見られるようになりました
しかし性格の無かった024までのムシはこの第1弾ですべてに性格付けされた訳ではなく、一部にのみ性格付けされ、3弾に渡って性格付けが成されました
弾ごとに性格付けされていったムシは後々の項目でまとめます


               左:性格無し 右:性格あり

・むずかしいモードの追加
後々になって恒例となるむずかしいモードが初登場
ムシの行動パターンは性格ごとに別れています

バランスタイプ
従来から変化なし
そのためこの性格のムシが出てくると面白味が無く、落胆した覚えが…

アタックタイプ
必殺技でガンガン攻めてくる攻撃型
初手は勿論、あいこの後やこちらが必殺勝ちした後も必殺技を狙ってきます

ディフェンスタイプ
こちらの必殺技を警戒する慎重な相手
アタックタイプと同様に初手、あいこの後、必殺勝ちした後にはこちらの必殺技に勝ちに来ます
難易度調整の都合か、このモードでのみアクティオンとヘルクレスはディフェンスタイプとして登場しており、サタンよりも先に220のHPを有していました

後々のむずかしいモードとは異なり、後の弾で登場予定のムシも敵として登場していたのも特色でしょうか
GC2のあるパートにも少し書きましたが、当時カード化されていなかったラコダール~オウゴンオニはこのモードで先行登場

ちなみにアダーが登場したのもここからです…が、当時の改造甲虫は黒い目のままでした(地味にスパコレでは再現されていたりする)

・新カードの追加
ムシカードにはヒルトゥス~オウゴンオニが、技カードには彼らの必殺技3種に加え、特殊技「かいふく」、小型甲虫に究極必殺技が追加されました
2004セカンド+までは強さ100には+60、強さ120には+30され大型甲虫に匹敵、あるいはそれすら超える火力を手にし、小型甲虫にも活路が見出されるように

…強さ140も救済してください

・廃盤
いい事ばかりではありません。以降恒例となる新規甲虫参戦と入れ変わりに既存のムシが排出されなくなる、いわゆる「廃盤」が成されるように

最初の犠牲者はアクティオンで、第3弾でタランドゥス参戦と同時にラインナップからいなくなり、2005ファースト+の復活まで入手不可になりました

復活後は新技「サマーソルトプレス」を得たために旧必殺技「ガンガンスマッシュ」の個体はそれなりに珍しく、ロケテスト(超々激レア)、2003春第2弾(1弾にはいません)、2003夏、2003秋第1弾、第2弾、5周年記念第2弾(復刻)の6バージョンでしか入手できません
しかも5周年記念以外は最初期の最初期なのでギラファやヘルクレスとは事情が違い、当時は(高ければ)3万円ほどで取引されていたほど

ちなみにグランディスは何故かオウゴンオニと共存していましたが、次の2004ファーストでパラワン、ガンガンスマッシュと共に脱落

2、弾ごとに追加、性格付けされたカード
【第1弾】
003:グランディスオオクワガタ(D)
005:エレファスゾウカブト(B)
006:オオクワガタ(D)
009:コクワガタ(D)
019:アクティオンゾウカブト(B)
021:メンガタカブト(D)
025:ヒルトゥスヘラヅノカブト(B)
026:サビイロカブト(D)

019:ダイシャリン
SP004:スーパーローリングスマッシュ
SP019:スーパーダイシャリン

【備考】
・今回性格付けされたムシは、性格無しバージョン(H)は存在しません
・スーパーローリングスマッシュにはエラーがあり、片側にスーパーダンガンのデータが入っています


一応第1弾のものを持ってはいますが、スパコレのスキャン装置がお亡くなりになられたため確認することができません


【第2弾】
001:ギラファノコギリクワガタ(A)
007:ゴホンヅノカブト(B)
008:メンガタクワガタ(B)
010:セアカフタマタクワガタ(A)
011:ミヤマクワガタ(A)
012:ヒラタクワガタ(A)
014:エレファスホソアカクワガタ(B)
015:カブトムシ(A)
017:グラントシロカブト(B)
020:パラワンオオヒラタクワガタ(A)
027:ラコダールツヤクワガタ(B)
028:コガシラクワガタ(B)

020:デビルスリーパー
021:かいふく
SP003:スーパーダンガン
SP009:スーパーカワセミハッグ
SP017:スーパートルネードスロー

【備考】
・アタックタイプのムシが初登場。店頭POPもアタックタイプのムシ6種がクローズアップされたものとなっていました(写真撮っておけばよかったなぁ…)
・性格ありのムシはステータス部分の数字が大きく(第3弾も同様)、性格無しのムシは能力バーの部分が薄いオレンジに、技カードはオレンジ部分全体が薄くなっています(薄いオレンジは第2弾のみの特徴)

                 
                 左:第1弾 右:第3


                 左:第1弾 右:第2弾


                 左:第1弾 右:第2弾

【第3弾】
002:ヘルクレスオオカブト(B)
004:コーカサスオオカブト(A)
013:ノコギリクワガタ(A)
016:タイゴホンヅノカブト(B)
018:ノコギリタテヅノカブト(A)
022:スペキオシスシカクワガタ(D)
023:ネプチューンオオカブト(B)
024:アトラスオオカブト(A)
029:タランドゥスツヤクワガタ(A)
030:オウゴンオニクワガタ(B)

022:ヒャクレツケン
SP010:スーパーランニングカッター
SP018:スーパーサイドロックボム

【備考】
・この弾以降すべてのバージョンに、裏面に書かれている「甲虫王者ムシキング」のロゴ「グ」の右下辺りに「TM」が記載されているため、1弾、2弾との見分けは容易です
・先述した通り、アクティオンは今回登場していません


この他にも(知恵袋によれば)第1弾、第1弾末期、第2弾、第3弾前期、第3弾後期に分けられていたり、多種多彩なエラーカードがあるようですが、この辺りは全く知らないので(実際のプレイに影響のあるスーパーローリングスマッシュを除いて)すべて切りました
もし存じられている方がいらっしゃいましたら、ご教授して頂けると非常に嬉しいです

それでは閲覧ありがとうございました。良いお年を(g_g-)
広告
×
ムシキング懐かしいですね。2004ファーストからは廃盤が成されるようになり2004バージョンで全ての金銀レア旧ムシが1度廃盤になりました。次の2005ファーストで途中参戦したオウゴンオニが排出されなくなりましたね。
廃盤になったムシは、いつも「このバージョンに存在していたらこんなデザインだろうなー」って想像してました。
例えば2006ファーストのマンディブラリスやサタンなど

廃盤は悲しいですね。
アクティオンは排出期間短かったわりに廃盤の期間が長かったですね。
また13年前に戻ってムシキングやりたいです。
49ヶ月前
×
以前ムシキングカードの整理をしていたところ、2003年秋のサビイロカブト(026A)が2枚見つかりました。
1枚が記事の2-備考のサビイロカブトと同様なんですが、もう1枚のサビイロカブトは備考画像のヒルトゥスと同じ、ステータス、学名の文字が大きめのフォントになっています。
エラーカードかロットの違いによるものかと思っていたのですが...1弾~3弾の違いということなんでしょうね

2003年のカード事情についてまとめた記事は少ないので、とても貴重ですね。
ずっと謎に思っていたので、理由が分かってスッキリしました。
13ヶ月前
×
>>2
先ほどその2枚を引っ張り出してきましたが、文字以外にもいくつか差異がありました。
・虫の体の色味(わずかに茶色がかっている)
・虫の背景の森林の明るさと色味
・カード裏面、下のsega.jpのpの丸い部分が潰れているか否か
13ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。