• このエントリーをはてなブックマークに追加
【1stシーズン】チーム岡崎声優アフターレポート第6回
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【1stシーズン】チーム岡崎声優アフターレポート第6回

2019-05-31 12:00
    こんばんは。

    チーム岡崎アフターレポートの最終回です!


    写真は第6回で終わりたくないという、第7回を熱望する皆さんの気持ちが入ったポーズです!


    まずは最終回の裏話を少々。

    本編収録後にある休憩時間のおやつタイムで出されたプリン。

    いろいろな味があって自由に選べることに3人のテンションがアップ! 

    「せーの」でそれぞれが好きな味を選んだあとは、お互いにひと口食べあったり、プリンの写真を撮ったりと和気あいあいとしていました( ´▽`)

    そのあとは、本渡さん&瀬戸さんが野村さんを「かわいい」と大絶賛。ひたすらテレる野村さん、なんて一面もありました♪



    「プラス」では、本編で話題にあがった岡崎小鉢食堂さんの盛り放題のカレーの話に。

    このお店、実在するお店でみなさんも実際に行ってみたいとのことでした♪

    さらに、智加ちゃんが動物の鳴きマネをするCMコーナーについて、カピバラの鳴き声をあれこれ考える本渡さん&野村さん&瀬戸さん。

    「キュゥ~」「キキキ~」「モォ~」など、いろいろな鳴き声が飛び出しました(笑)


    そして「ヒ・ミ・ツ」では、ガルラジ全体を振り返ってのエピソードが続々!

    ガルラジのテープオーディションの頃から振り返ってのお話となりました。


    野村さん:(テープオーディションでは)真維ちゃん役をチャレンジしました。私が「麻衣子」という名前なので、真維ちゃんにやっぱりすごく親近感がありましたね。あと、ぬいぐるみが好きって書いてあって、めっちゃいいって思いましたね。この子ができたらいいなと思っていました。


    瀬戸さん:私は智加と、あと他にも受けてOKというお話だったので、結ちゃんと菜月ちゃんを受けました。全員、系統は全然違うけど、ビジュアルを見たときに一番やりたいなと思ったのは智加だったんですよ。なんかイメージしやすかったのは智加だった。私も機械オタクっていうか、けっこうオタクっぽいところがあるので親近感がありました(笑)


    本渡:テープオーディションでは、最初3役まで選んで大丈夫と言われていて、どうせならMAXまで受けようと思って。それで、私は岡崎出身とはちょっとズレて名古屋出身ではあるけれど、同じ愛知県で岡崎のチームから1人は絶対受けてみたいなと思っていて。二兎春花ちゃんに関してはすごく心が入りやすかったです。きっとこういう子だろうなって伝わってくるのが一番早くて。


    皆さん演じる前から、それぞれ自分の役に何か縁があったんですね!

    さらに、印象に残っているエピソードの話題に。


    本渡:個人的には、第4回、5回あたりです。春花が今まで楽しそうにただひたすら走っていたところでけっこうつまづいてしまうことがあって、たぶん普通のラジオじゃできないようなことを「ちょっと答えられないから持ち越すね」ってはっきりと言っていて。きっと、それには他の2人も、マネージャーの丸石さんも「いいぞ」って言ってくれて受け入れてくれている環境が本当に幸せだなと思いました。そこはこれまでの絆や仲の良さがあったからできるチームワークだなと感じて。そして、第6回のお手紙のくだり。2人のことをそれぞれ言ったじゃないですか。「頼れるお姉ちゃんのまいちゃん、つっこんでくれたちーちゃん」って。この言葉もすごくステキでした」


    野村さん:青春まっしぐらって感じ!


    瀬戸さん:普通に泣きそうになりましたもんね!


    キャラクターに愛情を持って演じてくれていたことがわかる、ジーンとするエピソードですね。「プラス」で本渡さん&瀬戸さん&野村さんの想いを受け取ったあと、もう一度本編を聴いてみたら、より楽しめるかもしれません(*´ー`*)


    *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

    今まで聴いてくださったリスナーさん、本当にありがとうございました!

    本編の放送は終了しましたが、皆さんからの熱い希望やエールがあればまた続きがある・・・かもしれない!?

    アプリからは過去回をまだまだ聴けたり、オカジョ3人のレポートも続きますので、これからもガルラジの応援をよろしくお願いします♪

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。