プロ野球が6/19に開幕した時にありがちなこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プロ野球が6/19に開幕した時にありがちなこと

2020-05-10 11:40
    ・嶋があの宣誓スピーチを再現する「見せましょう! 野球の底力を!」
    ・6,7月月間MVP
    ・ソーシャルディスタンスを守り、乱闘する際はお互い1m間隔をあけて
     殴り合う事とする
    ・選手間のハイタッチ禁止で、ホームランが全てサイレントトリートメントになる
    ・本来のパフォーマンスが出せない為、意外な選手がタイトルをとる
    ・審判はビデオ通話で判定する
    ・普通は地面についたボールは球審によって新しいボールに取り換えられるが、
    その度に新しい球をアルコール消毒して投げられる
    ・外国人選手のつばはき禁止
    ・マスコットもアルコール消毒を徹底
    ・球場に投げ捨てられたメガホンはアルコール消毒してファンに返却
    ・東京ドームのスタンドは全て透明のカーテンをしいてボールが飛ぶのを防ぐ
    ・選手全員マスクを着用してプレイ
    ・飛沫感染を防ぐために、ファンの野次は1イニングに1回までとする
    ・感染者が少ない県順が順位となる

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。