• ポケモンBW~USUMでの僕の霊ポケの紹介と今後

    2020-06-07 00:19
    老害記事となってます。苦手な方はブラウザバック。
    スマホからだと改行が変になるのでPC推奨。

    自己紹介とこの記事の説明
    初めまして。ポケモンで霊統一を使っていた ギン 改め ぎんたろー です。
    相棒はゲンガーでした。
    剣盾が発売されてしばらく経ちますが、霊統一から一度離れることに決めました。
    元々そんなにやってなかっただろwとか言わない。
    霊統一を始めたきっかけや離れる理由はあとがきに記載します。だってどうでもいいでしょ?w

    本題に入ると、以上を理由に、BW~USUMまで相棒をメイン
    特に印象に残っているポケモンを記録に残しておこうかと思いました。

    僕は「ぶっぱは大抵が妥協」を掲げる宗教に入っていて、
    調整を考えるのがポケモンで最も楽しい部分だと思っている人でした。
    良ければ参考にしてください。
    と言ってもORASで一度全てのポケモンを失っているので、
    BW~ORASまでは曖昧な記憶で語っていきますが。

    ポケモン紹介
    BW
     ゲンガー@珠 控えめVVUVUU
     努力値C172 D152 S184 (多分こんな感じだったはず。)
     不意打ち 気合玉 凍える風 めざめるパワー岩
     ウルガモスにドヤ顔で蝶舞されるのが嫌いすぎて作った型。
     バンギラスエアームドウルガモスを3タテしてくれて
     超気持ちよかったのは大切な思い出。

     タイプ統一戦で毒統一に使った時に初めて
     控えめCぶっぱスカタンクの悪の波動を素耐えすると知って驚愕した。

     ヌケニン@脱出ボタン 陽気か意地っぱり
     努力値AS 影うち シザークロス 堪える 多分鬼火
     キュウコンエンペルトリザードンという晴れパに出して
     次に紹介するゴルーグと共に屠って切断されたのは大切な思い出。
     ヌケニンが晴れパを倒すってカッコ良過ぎじゃね?
     ゴルーグでステロを撒いて、エンペにはヌケニンを出し、
     引っ込めて出てきたキュウコンのフレドラを堪えてゴルーグに交換、
     と堪えるを駆使して戦ったら相手がサンパワーやフレドラで勝手に倒れていった。

     ゴルーグ@イバンの実 慎重 てつのこぶし
     努力値H100 A4 B188 D132 S60 (ダメ計したら美しかったので多分これ。)
     ステロ 地震 けたぐり 毒々
     今思えば少し無駄のある調整だが、意地っ張りバンギラスの噛み砕くや
     控えめサザンドラの悪の波動、控えめシャンデラのシャドーボールを耐えて
     S4振りバンギラスを抜く綺麗な調整となっている。
     悪の波動で1度怯んだ程度で負けておいてキレている霊統一の人を見かけて
     ああはなりたくないなと思ったので、
     怯んでも大丈夫な霊統一にしようと思って生み出したのが大切な思い出。
     怯まなければバンギにもサザンにもけたぐり+イバンけたぐりで勝てる。

     ヤミラミ@ゴツゴツメット 慎重 いたずらごころ
     努力値H252 B4 D252 (多分。)
     不意打ち 鬼火 挑発 自己再生
     最強のヤミラミ。
     皆はHBで使っていたようだけれど、多分これが一番強いと思います。
     この頃は「アンチ命中不安」宗教に入っていなかったのと、
     悪タイプに悪戯心が無効じゃなかったので、頼り過ぎていたのは大切な思い出。
     XYを境に脱・ヤミラミを目指すようになる。
     
     対電気統一用ゴルーグ@ナモ 意地っ張り ノーガード
     努力値H148 A124 B4 D28 S204 (USUMでの改良版。完全に忘れたのでこっちを記載。)
     ストーンエッジ 地震 重力 ロックカット
     ボルトロスって最強のポケモンでしたよね。
     こちらも怯みを意識してナモ込みで悪の波動を2発耐える調整。
     偶然陽気レントラーの噛み砕くも確定3発になった。
     でもボルトロスが珠だと怯んだら倒されちゃうのが辛い。
     今思えば僕のなりたいトレーナー像というものをより明確にしたのは
     ゴルーグだったのかもしれない、と感じるのは大切な思い出。

    XY, ORAS
     対地面統一用ゲンガー@メガストーン 図太い? 浮遊→影踏み
     努力値H140 B156 C116 D4 S92 (全く覚えてないけど大体こんな感じのはず。)
     
     叩き落とす エナジーボール 凍える風 気合玉?
     意地でもゲンガーをPTに入れるために試行錯誤してたのは大切な思い出。
     地面統一の人がほぼいなくて使う機会はなかったけど。
     ワルビアルに絶対勝つために考えた。
     当時は浮遊だったゲンガーに地震は打たないだろうから、
     スカーフでもなんでも一度耐えて叩き落とすからのエナジーボールで確定。
     ゲンガーが浮遊だったのは大切な思い出(笑)になんてさせない。返して。
     
     対毒統一用ゲンガー@メガストーン 臆病 浮遊→影踏み
     努力値H236 B20 S252
     サイコキネシス めざめるパワー地面 ミラータイプ 身代わり
     風船持ち毒悪タイプに何もできないゲンガー。
     意地っ張りドラピオンの岩石封じを身代わりが耐えるだけの調整。
     でも対毒統一において最強のポケモンだった。
     ミラータイプとメガストーンのおかげで
     ただでさえ幅広いゲンガーの戦い方が更に広がったのは大切な思い出。

     対虫統一用ゲンガー
     技構成:なりきり さわぐ ...他
     使う機会はなかったので無駄な説明は全て省略した。
     Sは多分メガカイロス抜き程度
     なりきりってまもる貫通するんですけどご存知でしたか?今はどうか知らんが
     初手に守ってきたメガヤンマになりきりをすることで

     加速ゲンガーやムウマージが爆誕!
     メガカイロスになりきればスカイスキンゲンガーの爆誕!浮遊してたしね。昔は。
     そのポケモンの覚える技だけで初めて感動できたのは大切な思い出。

    SM, USUM
     対霊統一用ゲンガー@メガストーン 呪われボディ→影踏み
     努力値H220 B164 C20 D4 S100
     シャドーボール マジカルシャイン とぎすます 呪い
     ミミッキュのシャドークロー+影うちを確定耐えする。
     でもゴーストZもあればシャドクロ急所もあって、
     結局ミミッキュギルガルドミカルゲが最強だったから使わなかった。
     実際それで霊統一だけの大会で優勝した。(過去記事参照)
     それでもゲンガーを活躍させたいと考察したのは大切な思い出。
     因みにその後諸事情により
     ミミッキュに勝つためだけのゲンガーを生み出すこととなる。
     
     対氷統一用ジュナイパー@弱点保険 図太い 新緑
     努力値H172 B196 C52 D28 S60
     影うち エナジーボール 霧払い バトンタッチ
     ゲンガー以外で初めて相手のメイン技が弱点(悪除く)のポケモンを
     PTに入れることになったかもしれない稀有な存在。
     僕以外でジュナイパーを使っている人を見たことがなかったので
     結構好んで使ってたのは大切な思い出。
     厚い脂肪トドゼルガがキツいので倒してもらうのが役目だった。
     結構硬くて案外耐える、それがジュナイパー。

     対水統一用ミミッキュ@混乱実(体力1/4以下で半分回復) 呑気VVVVV0
     努力値H236 B196 C76
     ウッドハンマー 10万ボルト 身代わり トリックルーム
     パルシェンが重かったので考えた。
     殻を破られた後でも勝てるようになってるはず。
     ゲッコウガにれいとうビームを打たれて鬱陶しかったので
     身代わり辺りをじゃれつくやドレインパンチに変えても良さそうだった。
     初めてミミッキュを楽しく考察できたのは大切な思い出。

     対草統一用ゲンガー@メガストーン 臆病
     努力値H236 B124 S148(元々はH252 B164 S92)
     シャドーボール ミラータイプ 滅びの歌 眠る
     信頼度抜群のゲンガー。
     ほぼ全ての草タイプに仕事ができる。
     多分これが一番強いと思います。
     滅びしてミミッキュに交代して脱出ボタンでゲンガーに戻して、
     その後ミカルゲでZ置き土産してゲンガーの体力を回復させる動きが
     考察していて最高に楽しかったのは大切な思い出。
     決められたことはなかったけど。
     癒しの鈴でゲンガーの眠りを回復させることまで考察していたくらい
     ゲンガーが暴れられる相手だったのが楽しくて楽しくて仕方なかった。

    他にもユキメノコやフワライドなど、あまり他の人が使っていないポケモンを好んで使っていたんですが、長くなりすぎるのと対策相手が被っているなどの理由で割愛します。
    あまり使われていないポケモンを使いたくて試行錯誤していた、と思ってあとがきに進んでいただければ。

    あとがき
    まず霊統一を始めたきっかけについてです。
    某O型の人がゴローニャをメインに、ヨノワールやその他の「そこまでガチなわけではないポケモン」を使った実況動画をあげていて、自分もあまり他の人が使っていないようなポケモンを活躍させてあげたいと感じていました。そしてどうせならあまり他の人がやっていなさそうなタイプ統一でだとか、ゲンガーや先に挙げたヨノワールが好きだとか、とにかくそんな曖昧な記憶と理由で霊統一を始めることになりました。
    そして今や霊統一はドラパルトやミミッキュをはじめ、ギルガルド、サニーゴ、ポットデスなどの加入によって非常に強くなりました。ただ、それはかつて僕がやりたかった霊統一とは違ってきてしまったということでもありました。それが一時的に離れる理由です。

    剣盾では元々見た目が好きなポケモンの多かった悪統一を始めてみようと思います。
    なので一旦ゲンガーとはタイプ統一パとしてはお別れすることになりますが、
    新しい相棒と共に今作を楽しみたいと思います。
    統一戦もランクマもその他諸々含めてこれまで以上に人並みにポケモン対戦をしたいです笑
    僕をご存知の方はこれからもよろしくお願いします。

    最後かもしれない挨拶ですが、
    というか名前を変えたので初めてする挨拶になってしまってますが、
    ぎんたろーwithゲンガーでした。

    ぎんたろーwithガオガエンにご期待ください。笑
  • 広告
  • 「KPQRTAG」というタイプ統一のチーム戦に出ました

    2019-10-01 21:02

    どうも。記事の最後に「ギンwithゲンガーでした。」と書く割に未だ一つもゲンガーが活躍した記事を書いていないことに気付き、謎の危機感を覚え始めた者です。

    ハガネアさんとあおさんが主催の大会に出ました。
     ・大会ルール詳細 http://haganea.hatenablog.jp/entry/2019/07/31/211247
     ・参加者PT, 組み合わせ等 http://haganea.hatenablog.jp/entry/2019/08/27/003852
     ・結果等 http://haganea.hatenablog.jp/entry/2019/09/29/193519

    結果は個人成績3勝1敗、チームで7pの4位でした。
    僕が全勝できてれば準優勝だった、くらいの接戦で悔しいですね。


    大会参加申請する際の話ですが、グースさんという普段から仲良くさせてもらってるが誘ってくれました。彼と初めてのオフ会で味噌カツを食べたのが理由で、チーム名「チームみそカツ」という名で申請しました。と言ってもグースさんがリーダーとして申請したので、結局最後まで「かつ」がカタカナなのか平仮名なのか覚えられませんでした。これ書いてる時も確認してます。

    僕は彼を気の置けない良い奴だと思っていたのですが、「俺は無理だけどギンさんは当然勝ってくれると信じてるよ」なんて平気で言ってくる『TAG』の意味も理解していない酷い奴でした。僕は勝利という責任を背負わされた奴隷でした。
    言ってきたのは事実ですが、軽く冗談を書いたところで本題に移ります。身内受けすみませんでした。



    PTを決める時の話

    元々僕は霊統一をやっているし、霊統一で申請しました。
    グースさんのPTは先に決まっていたので、僕のPTは「彼の苦手な岩・毒・格闘辺りにぶつける」そしてこのルールは如何に使うポケモンが被らないかが重要になってくるので、「低KPで且つ戦略のしっかりした」ものにすることになりました。そして真っ先にゲンガーを諦めることとなり、枕を濡らしました。
    申請後パーティーを提出するまでタイプの変更が可能ということや、霊統一は申請時4人もいたこともあり、その時から(ゲンガーを使えないなら霊である必要も特にないので)タイプを変えた方が良いのではと思いつつ、フワライドシャンデラ辺りで小さくなり、ゴルーグでステロを撒いて、等を考えていたのですが、結局小さくなるもステロもその他の戦略もKPが低くなる可能性も全て上位互換の超統一でやった方が勝てるという結論に至り、初めて超統一を使うこととなりました。そして「鋼やフェアリー、悪、霊などはすべてグースさんに受け持ってもらう」ことにもなりました
    KPに関しては結局そんなに低くならなくて枕のシミが広がりました。
    ヤドキングとマフォクシーが被るなんて聞いてない。

    初めてということもあり、PTがなかなか決まらずにグースさんに一緒に考えてもらったのですが、「ゴチルゼルとかどうかな?」という僕の言葉を皮切りに、結局小さくなるもステロも消えてこの形となりました。襷エレキフィールドAライチュウは結構使いたくて最後まで迷って結局入れませんでした。悪夢の始まりでした。




    対戦について

    初戦:龍統一 トキノさん 結果:勝ち
    選出:オノノクス ヌメルゴン ラティオス vs ラティアス マフォクシー カラマネロ


    ラティオスとオノノクスが重過ぎて困りました。
    オノノクスに関しては竜舞を1回積まれると即負けでした。死ぬほど襷が欲しかったです。
    一番キツかったのはラティオス ボーマンダ オノノクスの選出でした。
    初手ラティオスだった場合は、耐えますがラティアスでしかオノノクスを倒せないのでカラマネロに引っ込めて霊Zを受け、相手はマンダに交代して竜舞、こちらラティアスに交換、空元気を受けて流星群、相手ラティオス死に出し、身代わりされて...とオノノクスを大事にして積むチャンスを粘られるのが一番嫌でした。
    初手にオノノクスが出て来てラティアスが流星群で倒してくれた瞬間に勝ったと思いました。



    2戦目:電気統一 そらさん 結果:勝ち
    選出:ジバコイル デンチュラ カプ・コケコ vs マフォクシー ラティアス ヤドキング


    ???「お前は一体何者だ!!」
    僕「Need not to know... 僕はただの小学生だよ。」
    どこぞの頭脳は大人な子供が第4作目の映画で言ってそうな台詞ですがどういうことかというと、ポケモンって対戦中に控えのポケモンと交換できるんでしたね。
    小学生の僕はカプ・コケコ以外のポケモンを相手に瞑想をガンガン積めば勝てると思ってたんだけど、普通に交換からのカプ・コケコでギリギリ間に合うんですよね...
    チームメイトのグースさんは「どっちもきついからあんま変わらんしギンさん対戦相手選んで良いよ」っていうから電気を選ばせてもらったのに、とんだ誤算じゃあないか!!HAHAHA!!!
    一番キツかったのは初手デンチュラかゴローニャで、裏Wロトムとコケコでした。
    こちらは初手カプ・コケコ出されても勝てるようにマフォクシーを初手にするしかなく、仮にタイプ相性有利でもWロトムに引っ込められ、なんとかしてラティアスを出してもボルチェンでコケコが来て、マジシャ対シャドボ乱数大会で有利を取られるのでかなり不利でした。
    Wロトムに対してラティで瞑想、ボルチェンされた後、相手が瞑想とマジシャのどちらかを選択する際の場合分けを書いた紙を見せたら「数学の問題解いてるの?」と聞かれて枕はそろそろ裏側にもシミができ始めました。これは自業自得。
    そもそも襷持ちがいれば数学ゲームが始まることもなかったんだ!
    実際の対戦ではWロトムがいなかったのでマフォクシーが大暴れして勝ちました。
    グースさんも大層キツかっただろうに勝ってくれて3pをゲットしたのは凄くデカかったです。



    3戦目:悪統一 ユウさん 結果:勝ち BV:HBDG-WWWW-WWXA-QE6A
    選出:カラマネロ ブラッキー スカタンク vs マフォクシー カラマネロ ドータクン


    僕らのがKPが初めて相手より高かったので、ユウさんが僕を選ぶ形となりました。
    悪とやる予定は無かったんですが、4戦中で最も勝てる見込みがある謎の対戦相手でした。
    この試合が一番最後までどちらが勝つかわからない良い試合だったと思います。
    是非BVを観てください。
    こちら視点で相手の初手はマニュかカラマネロで、カラマネロは地獄突きでラティとカラマネロ以外ワンパンなのでどちらもケアできるマフォクシーを初手にするしかありませんでした。
    あーもー襷枠がいればなあ!!!!!
    そして相手もこちらのカラマネロがかなり重い筈で、カラマネロ大活躍対決でした。
    僕の選出予想はマニュ+ブラッキー+カラマネロ、マニュ+スカタンク+カラマネロ、カラマネロ+ブラッキー+スカタンク、カラマネロ+ブラッキー+マニュの4つで、カラマネロ+ブラッキー+スカタンクが本命でした。
    本命1点読みならドータクンをゴチルゼルにするのですが、マニュを完全に切ることは難しかったのでブラッキーの毒やスカタンクを完全に受けられるドータクンを選びました。
    ただ、マニュがいた場合でもマフォをケアするためにスカタンクではなくブラッキーがいるのではないかと今では思うので、ゴチルゼルが正解だったのではないでしょうか。
    ゴチルゼルがいれば「ゴチル交換読みブラッキーからカラマネロに交換」さえされなければもっと安全に勝てたように思います。そんくらいしか活躍できる場はなかったしね。誰だよゴチルゼル入れようとか言った奴。



    最終戦:水統一 はもさん 結果:負け BV:5LVW-WWWW-WWXB-XPFY
    選出:ジーランス ビーダル オクタン vs ヤドキング ラティアス ゴチルゼル


    僕は霊統一をやってて悪の波動がバンバン飛んでくる関係でちょっと技を外したり怯んだり痺れたりしただけで運を語る奴が大嫌いなんですが、これは相手の方のオクタンが凄まじかったです。タコ界の吉田沙保里ですよ。「ムラっけを対策してくるから、ムラっけで倒した。」ってドヤ顔してるように見えましたよ。タコ界最強さん、優勝おめでとうございます。
    僕もユキメノコのついでに育てたムラっけオニゴーリを使いたくなるくらいカッコよかったです。
    発動1回目でゴチルの悪の波動で身代わりを割れなくなり、2回目で回避を上げ、1発目でヤドキングの攻撃を避けるんですから。正直僕のプレイングに目立って悪かったところは1つもないと思います。
    選出は直前で初手がビーダルだった場合の負け筋に気付いたので、カラマネロを外してヤドキングを入れ、初手にしたんですが、それが悪手だったとも言い切れません。結局は守るを入れて2回ムラっけを発動されるわけで、BV通りに完璧な場所を能力上昇させられることを考えると、どの道苦戦を強いられただろうと僕は思います。
    全勝がかかっていた試合ということもあって凄く凄く悔しかったのですが、パーティ構築以外に本当に何が悪かったのか分からないので、誰かご意見ください。
    誰だよゴチルゼル入れようとか言った奴。とか言ってたのが悪かったのかなぁ?
    でもやっぱり彼を入れておくべきだった。言うべきはこれにつきますね。彼とはもちろん...
    お、皆さんお察しが良いですね!ではご唱和ください。
    「襷エレキフィールドアローラライチュウ!」



    感想等

    別にアローラライチュウに限った話ではないですが、PT構築はもっと改善の余地があると思いました。例えばエースをラティアスにするのであれば、ステロ撒き役や壁、挑発などを駆使して3匹で戦いやすい盤面にする構築は結構刺さってそうな印象でした。
    普通の対戦とは違ってタイプ統一同士の(無差別という意味で)レート的なルールでは、積み技が強いという印象だったので、グースさんのPTももう少し積みやサポートを入れればより戦いやすかったのかもしれないと感じています。
    そしてその印象を持っていたにも関わらず、積み技や火力のある物理型に強くないゴチルゼルを入れたのはやはりミスだったのかな、と。Sが遅いのがネックなので、「カムラの実ゴチルゼル」なんてのも僕は考えたんですが、どうだったんでしょうね。
    ともかく、そういう意見を交わすのが大事というのも含めて「TAG」なんですよね。全て2人の力で戦う。僕は彼に助言することは多分できませんでしたが、彼が僕のPTを一緒に考えてくれたお陰で僕は初めての超統一で3勝もすることができて嬉しかったし、感謝しています。

    大会の進行や運営に対する感想はTwitterの方で色々書いたのでルールに対する感想を書くとすれば、霊統一は非常に人気のあるタイプ統一らしく、また個体数が少ないのでKP的に不利なのではないかな、と思いました。断腸の思いでゲンガーを使うのを諦めたので、多分どんなに人数が増えてもこのルールで僕は霊統一を使えないのだろうと思います。もう枕はびちょびちょですね。でも一縷の希望は持っておきたいので、今回のように申請後のタイプ変更はありだと僕は嬉しいです。

    改めまして、対戦してくださった皆さん、楽しかったです。ありがとうございました。
    優勝したチーム「タコ野郎とイカ娘」の御二方、優勝おめでとうございます。
    そして何より、運営のハガネアさんとあおさん、おつかれさまでした。
    楽しい大会をありがとうございました。

    ギンwithゲンガーでした。
    枕なら僕の隣でゲンガーが日本晴れで乾かしてるので安心してくださいね。


  • ポケモンしりとりドラフト対戦会に出ました

    2018-10-08 05:26
    ろとりんさん主催の大会に出ました。
    大会ルール詳細 http://ch.nicovideo.jp/rotori-nu/blomaga/ar1672320
    参加者PT詳細 http://ch.nicovideo.jp/rotori-nu/blomaga/ar1676003

    結果は予選ブロック2位抜けの準決勝敗退でした。
    正直考察をしているときには勝っている自分の姿を容易には想像できなかったので、
    予選を抜けただけでも十分に嬉しかったです。

    軽い深夜テンション注意


    ★ポケモン紹介

     ミミッキュ@霊Z 特性:化けの皮
      意地っ張りH228 A188 B28 D4 S60
      シャドクロ 剣舞 呪い トリル
        //H252ヨノワールを霊Zで確定1
        //H16n-1
        //最速60族抜き
      役割:トリルでS操作したり、耐久ポケに呪いを入れる。
         開催直前で鬼火→剣舞にした。プレミしたので賢明だったか不明。
         ラグの地震耐えはしておくべきだったかなと思う。できるのかは知らん。

     クレッフィ@眼鏡 特性:悪戯心
      控えめH84 B28 C252 D4 S140
      ラスカ マジシャ サイキネ すり替え
        //H16n-1
        //準速60族抜き
        //多分BDは余り
      役割:ドヒドイデやテッカグヤなどPTが苦手な耐久ポケにすり替えたかった。
         僕のPTにはエースに成り得るポケモンがいないので壁張りは弱いと思った。
         特殊型が少ないおかげもあって、奇襲の悪くない型になったと思う。
         Sにはここまで振らなくても良かったかもしれない。

     ミロカロス@火炎玉 特性:不思議な鱗
      控えめH244 B92 C156 D4 S12
      熱湯 冷ビ 毒々 自己再生
        //HBの調整は忘れた。火傷ダメ3回+誰かの攻撃2回耐えだったかな。霊獣ランド?
        //C10n
        //追い風下最速メガライボルト抜き(ストライク選出しない癖にねw
      役割:受けつつ攻撃。自分の場のリセットとして挟んだり、
         毒で流してドンファンで撒いたステロダメを与えられると思った。
         こちらが火傷状態なので最悪ドヒドイデと泥沼な関係を築けると思った。
         準決勝では動揺して安直に熱湯を選んで完全に勝ちの芽を自分で潰して負けた。

     ルチャブル@お盆 特性:軽業
      陽気H52 A244 S212
      飛び膝 アクロ 身代わり ビルド
        //H4n
          実数値159に振り終わってから160のがいいことに気付いたので52振り。
        //最速メガルカリオ抜き
          最速メガルカリオ抜きメガスピアー抜きを抜くメガスピアー抜き
          まで振るか迷ったけど十中八九無駄なのでやめた。
      役割:メガルカリオやバシャを主とした速いポケモンを落とすこと。
         バシャのためだけにこの型になったけど、
         やっぱり軽業である必要がほぼ無かったので型破りでも良かったかも。
         持ち物変えられるし。

     ストライク@襷 特性:テクニシャン
       陽気A252 D4 S252
       燕返し 蜻蛉 カウンター 追い風
       役割:他の人のPTに全然刺さっていない為、考察の段階からほぼ出す気が無かった。
          シャッフルを使うならここだったと後悔。
          名前に反して僕のPTのストライクゾーンをまるで理解せず入ってきた愛いな奴。

     ドンファン@フィラの実 特性:頑丈
       慎重H212 A4 B28 D156 S108
       ステロ 地震 氷の礫 吠える
         //H4n
         //霊獣ランドの地震をフィラ抜きで確定3
         //メガライボルトのめざ氷をフィラ抜きで確定3
         //無振り60族抜き 抜き 抜き 抜き
       役割:普通のASアタッカー型はそんなに刺さってないように見受けられたので
          刺さってそうな技構成から考えたら特にAに振る意味が無くなった。
          Aには振らないので、1回でも多く吠えられるようにしたらこんなことになった。
          カバルドンが強いんだからこのドンファンも弱いわけがない。
          ドンファンが刺さってる人のPTを意識して作ったので、
          その人たち相手にはすごく活躍してくれたのがとても嬉しかった。
          僕のPTへのストライクはストライクじゃなくドンファンだったんだ。(?)
     
    ★対戦の感想
     考察する際、ある程度誰に何を出すか決めて対策をする、といった方法が主だったので、
     自分の思っている以上に戦いやすかったように思います。
     ただ、今回自分を除いて8人だったのでこの方法が楽だったのかもしれません。

     予選1戦目:うたさん 結果:勝ち BV:JT9W-WWWW-WWWU-5ZLN
      クチート タブンネ イワパレス vs ドンファン クレッフィ ミミッキュ
      クレッフィとドンファンは考察段階から出すのが決まっていた。
      スバメ読み初手ドンファン、ユクシーが重そうなことや、
      大体1発耐えられる上に耐久型に呪いを入れられるなどの理由でミミッキュを選出。

      クレッフィが強いと思っていたら、ドンファンが強かった。
      初手出し勝ちで交換読みステロを撒けたことと、我武者羅やエッジなどを諦めて
      吠えるにしたことが勝因と言ってもいいくらい、フィラの実ステロ吠えるは強かった。
      タブンネが重かったので、呪いを打てるミミッキュを選んだのも良い判断だった。
      ドンファンだけでほぼ2体分持って行ってくれたのでクレッフィで掃除して勝った。

     予選2戦目:まるさん 結果:勝ち BV:9BMW-WWWW-WWWU-5ZNF
      ライボルト オニシズクモ ランドロス vs ドンファン ミロカロス ミミッキュ
      この人のPTはかなり強かったのもあって最初から出す3匹が決まっていた。
      初手にライボルトが来てくれたのはかなりラッキーだった。交代読みステロを選択。
      オニシズクモは毒々が怖かったがミロカロスを受け出し。
      水泡の効果をよく知らなかったので1度熱湯を打ってからネットで調べた。笑
      毒を入れてからライボルト交換読み毒々連打が決まったことや、
      ドンファンの耐久振りがドンピシャで刺さったこと、Z読みミミッキュ交代など
      ミスの無いすごく上手なプレイングができたと思う。
      強いて言えばライボにドンファンを受け出ししてめざパを受けた後、
      オバヒで倒されないようにミロに引っ込めるべきだったかなと思う。

     予選3戦目:カリウムさん 結果:ボロ負け 内容がショボすぎてBV残してない
      シャワーズ オニゴーリ ??? vs ドンファン ルチャブル クレッフィ
      シャワーズにほぼ3タテ。水が重いのは分かり切ってて何故こうなった。
      この時点で決勝トーナメント進出が決まっていたので気が緩んだのかもしれない。
      プレミもあってほとんど何もできずに負けた。
      「自分も相手も見てる人も楽しませる対戦」が座右の銘の僕から生み出される
      嘘みたいなしょーもない内容だった。カリウムさん、不甲斐ない私を許してくれ...

     準決勝:みさきちさん 結果:負け BV:HJBW-WWWW-WWWU-5ZPQ
      テッカグヤ ヤミカラス ラグラージ vs ミミッキュ クレッフィ ミロカロス
      ミミッキュクレッフィ同時選出はないわー。水辛いって言ってんじゃん。
      ラグどうするつもりなん君。雨ラグは最初から考慮してたでしょ。
      予選3戦目の失敗からまるで成長していない... タプタプタプ
      ルチャブルはベンチを温める中、選ばれたのはクレッフィでした。

      ミロカロスでヤミカラスとラグラージを凍らせといての負け。
      ミミッキュはカグヤにZ技出し渋って結局皮破られた上にラグに取っておけず使うし、
      ヤミカラスラグラージの並びで雨パ読みするにしてもメガスピアー抜きで十分なんて
      すぐに気付けたことだろうに、S勝ってるのにトリックルームする最悪の悪手取るし、
      どうにか氷を溶かそうと動いてるの知ってるのに、S遅いラグに動揺して熱湯打って
      ヤミカラスの氷が溶けてラス1滅びの歌食らって対戦ありがとうございました。
      1戦目2戦目は多分僕じゃない誰かが代わりにやってたんだと思います。
      なんだこのプレイングの差は...
      あと、ミミッキュが刺さりまくってるから初手テッカグヤの可能性読めてて
      なんでミミッキュ出してんでしょうね。全部ルチャブルがいないのが悪いんだ。僕じゃない

    ★大会の感想等
      準決勝だけで4つもプレミをして負けてしまったので悲しかったです。

      そのうち育成してみたいと思っていたポケモン(ドンファン ミロカロス ルチャブル)が
      ルチャブルを除いて、自分の思ってる以上には使いこなせたと感じられて満足です。
      最初にゴーストタイプを取れたのは良かったです。
      しりとり自体の反省も生かしてまたやれたらいいなと思います。
      1分以内にパスとシャッフル選択可能、1分30秒以内にポケモン選択くらいが
      ちょうどいいのでは無いでしょうか。

        優勝は遊兎さんだったのですが、唯一戦っていないのでフレ戦を申込めばよかったなとちょっと残念に思っています。
        決勝が遅い時間だったので仕方ないといえばそうですが。
      




      
    単に極端で変なルールではなく、選んだ6匹それぞれの魅力を
      大会を通して知ることができる良いルールだと思いました。
      その点に関して言えば僕のPTは最も素晴らしかったのではないかと思います。
      え?
      ストライク君はマネージャーだから試合出ないんです黙っててください。
      真面目に言うとストライクは元々好きなポケモンなので今度活躍させたいです。
      このPTじゃないどこかでまた会いましょう。 皆様もまた会いましょう。

                                   ギンwithゲンガー