• このエントリーをはてなブックマークに追加
会員無料73:24
津田大介+東浩紀「ライバルはいわき万本桜です」(福島第一原発観光地化計画の哲学 7)【10/6収録】
  • 再生
    348
  • コメント
    0(会員のみコメント可能)
  • マイリスト
    6

登録タグ

研究会委員へのインタビューシリーズ「福島第一原発観光地化計画の哲学」の最後を飾るのは、計画の立ち上げに初期から参加し、東浩紀とともに福島の拠点「ゲンローグハウス」の開設を目指す津田大介。震災後1年で50回訪れ、その現状をつぶさにレポートし続けてきた津田が、その活動の裏側と、これからの復興のために必要な支援のあり方を語る。大切なのは10年、20年と継続して取り組んでいくこと。ライバルはずばり「いわき万本桜」と語る津田大介。メディア・アクティビストとしての決意が語られる注目のインタビュー!2014年10月6日収録 六本木アカデミーヒルズ

この動画のデバイス別視聴環境
PC Windows・Mac
スマートフォン iPhone・iPad・iPod
Android・その他スマホ

ニコニコ動画の推奨環境