レトロな薬箱のレストア最終編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

レトロな薬箱のレストア最終編

2020-01-23 18:41

    さてこの前入手した昭和20年代30年代なのかな。
    残りの引き出しがあればgoodなのだが前所有者が勝手に捨てたせいで引き出し欠品。
    勿体ない事するバチ当たりだ。



    レトロな薬箱のレストアを何とか再生を試みた。
    引き出しが閉まりづらい、多分湿気かな 
    カンナで削ればよいが大工みたいに器用じゃない。





    まず正面の黒タールっぽい部分、相当ハゲてた。
    この前みたいにオイルスティンと思ったが塗装するのはやはり良くない、

    解体屋の知り合い曰く桐の木が4んで台無しになる。





    と言うことでググったらガスバーナーで炙って再現させたと言う話がある。
    本来は家具や専門の天然オイルがあるらしいがそんなのは無い。




    従いライターで炙って見た。





    炙る前にサンドペーパーで仕上げれば良かったがサンドペーパーも無い。




    金具部分もさび落として磨けば良かったがそんな暇は無いから
    車のタッチペンで再現する。


    兄貴が乗ってた2期目エルグランドの奴が残ってて良かった。





    何とかここまで仕上げる事が出来ました。
    ど素人だから怒られるな、家具職人に。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。