昭和のレトロ自転車のパーツ手に入れる(修理)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昭和のレトロ自転車のパーツ手に入れる(修理)

2020-03-28 18:22
    さて関東地方が自粛してるさ中、鉄くず屋の知り合いから入手した。


    昭和20年から30年代のオールド自転車、
    現在で言えばママチャリのパーツである。



    車両はこれとは別物だがライトまでは
    プラスチックの四角いタイプだったので似合わずそこはスルーしといた。


    まるでとなりのトトロのカン太君が乗ってた自転車だな。
    これぞ旧車である。




    だがしかし、警笛ベルの部分が壊れていてバネが外れてたから取り付け直す。

    これが案外歯車の位置が分かってないと難しい。
    取り付けたのは良いが動きが硬い・・・
    ここまで構造理解して直すのに約40分も掛かる。

    恐らく硬いのは中心の軸の下に何かカマせれば良いのだがメンドイ。
    カマして少し浮かせれば・・・

    さらに上のカバー取り付けると思う様に鳴らない、曲がっているのか。




    ピカールで仕上げる。
    こっちのダイナモは別物。予備にと。





    本来ならば5月の十日町クラシックカーミーティングで付けてあげたいが
    丸石ロードエースはフラッシャー自転車のベルが付いてあるとして、

    ブリジストンマイル112かな。
    もう暗いから明日にしよう・・・(;´・ω・)



    ピカールで仕上げる。
    こっちのダイナモは別物。予備にと。





    本来ならば5月の十日町クラシックカーミーティングで付けてあげたいが
    丸石ロードエースはフラッシャー自転車のベルが付いてあるとして、

    ブリジストンマイル112かな。
    もう暗いから明日にしよう・・・(;´・ω・)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。