昭和のレトロ自転車のパーツ手に入れる(修理) その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昭和のレトロ自転車のパーツ手に入れる(修理) その2

2020-03-28 21:40
    やっと何とか使える様に修理しました。

    昔のベルはかなり曲者です、


    と言うのも例えば昔懐かしいボンボン時計も歯車で
    ゼンマイ式ですがおもちゃも当時はゼンマイでブリキでした。



    今回ベルが回らなかったのは一番上のメガネの様に鳴ってるパーツですね。



    それを少し上に持ち上げる感じで何とかなりました、
    レバーの軸にコスってた感じです。




    ただし古いので上のカバーをキッチリ閉めてしまうと無理な感じです。




    飾りの様な物なので多少目をつぶりましょう、




    最後にCRC556では駄目ですかね、
    油臭いですが過去に解体屋の知り合いに言われました




    時計の場合はミシン油で安易にCRCでは歯車が固まるのです。
    当時の発明した職人は凄いですね。
















    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。