丸石ロードエース用のキャリアを自作した。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

丸石ロードエース用のキャリアを自作した。

2020-06-02 19:20
    丸石ロードエース月天仕様のリアキャリアと
    フロントキャリアを何とか自作出来ないか毎日考えてた。


    当時物は既に手に入らないし日東パーツはクソ高い、
    サイクルベースアサヒにも良い奴が無いし婦人車は恰好悪いと贅沢言ってられない。






    従いブリヂストンのママチャリの廃車からカゴと一緒に持って来る。



    一番大変だったのはフロントキャリアの自作でママチャリは
    ダイナモ部が一本のステーとなってる。
    そいつをラジオペンチと番線カッターで一部切断し、

    研磨し塗装下処理する。












    リアキャリアもピカールとワイヤーブラシとサンドペーパーで磨く。
    錆が酷かった。






    メッキにて塗装後。







    借りに合わせる。
    同じ26インチだがフロントキャリアは恰好のみでバッグは乗せない、
    元々ポーチが付けてある。












    リアの部分はブレーキワイヤーの内側にすれば何とかなるだろう。
    元々シートポスト用のキャリアだがママチャリは下がってる。





    自転車屋の先代の親父さんが言ってたの思い出した。


    中学時代ブリヂストンスプリンターだった頃。
    自分「あの、ママチャリ用って取り付けられないんですか?」



    自転車屋の親父「あれか、無理だね 元々シートポスト用と
    ダボ止めがあっておっちゃんのスプリンターあるでしょ、

    恐らく金具付けるかブレーキと交渉するハメになるから
    そうなるとブレーキをまた重たいドラムに変えないとね。」





    ハイ、金具も何とかなりました。
    金具と言ってもリフレクターの奴。






    何故か当時はおっちゃんと呼ばれてたが
    自分のスプリンター(改)は今で言うクロスバイク化、
    カラーのバルブキャップ、サドルシート変更、


    無線アンテナ、ミラー、リアスポイラーも付けてた、
    6段→18段化になりサイクルメーター付き。

    勿論タイヤも自転車屋特性のIRCメーカーで良い奴で長持ち。



    シルバーから黒、黄色と全塗装しライトも明るい電池式変更。
    先生に校則違反と言われそこは無視、先生も呆れる。

    毎週ワックスし友達は羨ましがる。まさにフルチューン。



    イメージ:











    その前にフルノーマル時代ですが掃除したく
    ドラムブレーキにCRC556やってしまい分解したが直せなくなり、




    何故CRCを・・・当時はそれもわからずで、本来ブレーキパーツクリーナーですが。




    それで泥除けも腐食し折れてしまい、ドロ避けも中古の奴に。
    ドロ避けは自分が自転車屋で工具借りてやって見るか?と言われ自分でやる。

    その前に何度か自分で外してたから知ってた。



    それでブレーキは軽量のメンテしやすいカンチブレーキになる。
    元々ランドナーはカンチですけど。






    さてさてこれで旧車がさらに蘇りました。
    昭和54年式丸石ロードエース、泥除けとキャリア全て揃い。
    旅はしないのでバッグまでは要りませんw



    フラッシャー自転車のカゴも工夫次第で取り付けられます。
    この様なステーはもう必要ない。



    何時かのまたイベント用でまた工夫します。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。