ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

初期ソニースカイセンサー ICF1100の夢を見た。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

初期ソニースカイセンサー ICF1100の夢を見た。

2021-05-09 18:35

    週末何時も酔っぱらってニコ生をし、

    寝る前お気に入りの昭和46年式ICF1100で声優のラジオ番組を聞いて寝るのだが。


    夢を見た。



    とある駅のホームに自分が居てもう一人のご老体と言うかおじいさんが居る。

    見た感じバック・トゥザ・フューチャーのエメットブラウンこと
    クリストーファーロイド氏みたいな感じで

    白髪のおじいさん・・・
    丸いツバの帽子を被って旅に出るからこのICF1100が自分の物だと言うから


    旅のお供に自分が駅まで見送りをし、

    なぜかご老人はラジオをホームに忘れて行って自分が預かったと言う。




    そこで目が覚める。

    駅の感じは都会の今風のホームで地下鉄の様なバリケードがある。

    転落防止の奴だな。




    電車は古いレトロなモノコックな茶色の電車。





    そういえばこのラジオ、ヤフオクで前オーナーから引き取った際壊れていて

    自分が直したんだよな・・・ICF1100は2代目と言うか3代目。


    初代は鉄くず置き場で洗浄してアタプター指したらショート

    2代目もヤフオクでニコ生クルーズがアダプター入れろと騒ぎショート。


    確認したらアタプターの+と-が間違っていた。





    もしや前オーナーはやはり年配の人?

    何かメッセージでもありがとうでも言いたかったのかw




    自分の真空管ラジオナナオラ無線第123型も前オーナーはお年を召した人と聞いた。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。