• 初先発・カスティーヨ投手が好投!森選手が母校に向けて祝砲!

    2018-04-04 18:20
    昨日苦手としているホークスの東浜投手を攻略し、
    開幕4連勝を飾ったライオンズ。
    今日も西武が苦手とする投手、バンデンハーク投手との対戦。
    対する西武は新外国人のカスティーヨ投手が登板。

    カスティーヨ投手は癖球を武器にホークス打線を翻弄。
    西武打線は1回に女房役の森選手がタイムリーで先制すると、
    4回には今日センバツで優勝した母校、大阪桐蔭に捧げるかのような
    一発を放ちカスティーヨ投手を援護します。

    カスティーヨ投手は7回に失点したものの、先発として十分な結果を出した。
    その後を継いだリリーフ陣も踏ん張り勝利。開幕5連勝とした。

    西武は明後日からオリックスとの対戦する。
    オリックスはロメロ選手をはじめとした強力打線なので
    バッテリーの奮闘を期待したいところだ。
  • 広告
  • 見事なアップルパンチ!激走のカルロス!

    2018-04-04 09:57
    昨日西武は本拠地開幕戦を迎えた。
    対戦するのは苦手としている昨年覇者のソフトバンク。
    先発もこれまた西武がかなり不得意としている東浜投手。
    対して西武は十亀投手が先発のマウンドを任された。

    十亀投手は立ち上がりの不安定なピッチングを狙われ、
    序盤で松田選手の一発を含む2失点と不安な立ち上がり。
    対して東浜投手は4回までパーフェクトと対照的な展開となった。

    風向きが変わってきたのは5回。
    山川選手のフェンス直撃の3ベースで口火を切ると
    中村選手のタイムリーで先制し流れを作ると、6回に強力西武打線が目覚める。
    浅村選手のタイムリー、山川選手圧巻の2ランホームラン。
    そして筆者が気になった外崎選手の2ランホームランだ。
    外崎選手の前の打順、中村選手の打席の際に東浜選手は制球が不安定で四球を出した。
    普通その後のバッターは待ちに入ることが多いのだが、
    外崎選手は初球のストライクを逃さず見事最高の形で仕留めた。

    そして数年前とは違う今の西武の強さが出たのが8回。
    外崎選手が四球になった際に相手の加治屋投手が暴投をした。
    その際に代走として起用されていた2塁ランナーの木村選手が
    好走塁を見せ、ホームへ生還した。
    辻監督就任前の西武だったら普通の満塁になっただけだったかもしれない。
    ただの無謀な走塁ではなく、結果を出せるようになったのはかなり大きい。

    最終回は失点をしたものの、勝利。開幕から4連勝とした。

    今日の先発は西武・カスティーヨ投手、ソフトバンクはバンデンハーク投手。
    バンデンハーク投手は昨年対西武負け無しという強敵だ。
    昨年より進化した強力レオ打線で攻略したいところだ。

  • 榎田投手、高木勇人投手1軍合流決定!

    2018-04-02 23:55
    昨日、苦手としていた日本ハムの加藤投手を打ち崩し
    開幕カードで3タテを達成した西武。
    その半面2戦目で高橋朋己投手が負傷で離脱という事態も発生した。

    その緊急事態に対し、昨日高木勇人投手の1軍昇格が決定した。
    当初テストしていた先発ではなくリリーフでの起用となるようだが
    高木投手の気合はみなぎっているようだ。

    離脱したの左の高橋投手ではあるが、右投手のリリーフが不安要素が多いことから
    この起用になったようだ。
    そしてまだ決定ではないようだが、6番手のローテ投手として
    阪神からトレード移籍してきた榎田投手が昇格し、
    12日のロッテ戦で先発予定とのこと。

    個人的にはこの二人、特に榎田投手にはいずれ対ソフトバンク戦の時の
    切り札になるのではと思っている。
    ソフトバンクは比較的左腕を苦手にしているが、
    いかんせん西武の左腕でエースの菊池雄星投手はソフトバンクを苦手としている。
    そこで菊池雄星投手とはまた左腕としてタイプの違う
    榎田選手にぜひぶつかっていってほしい。

    そして明日からソフトバンクとの2連戦。
    先発は西武・十亀投手、ソフトバンク・東浜投手。
    3タテの勢いそのままに昨年の王者の勢いを削げるのか、
    注目したい。