ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

WBC2017準決勝 プエルトリコVSオランダ 激闘の末に・・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WBC2017準決勝 プエルトリコVSオランダ 激闘の末に・・・

2017-03-21 15:32
    ついに今日からWBC2017準決勝が始まった。
    初戦は前回準優勝のプエルトリコと
    日本と激闘を繰り広げたオランダとの対戦。

    プエルトリコは前回大会準決勝で日本と対戦。
    キャッチャーのモリーナに終始苦戦したのは記憶に新しい。
    そのモリーナが今大会でもプエルトリコの快進撃を支えており、
    このオランダ戦でもその実力を見せた。

    初回、プエルトリコはノーアウトでランナー二人を出す苦しい展開だったが、
    セカンドランナーが飛び出しているところを冷静に刺し、アウトを奪う。
    さらにオランダの3番・プロファーにライト前ヒットを打たれるも、
    ボールの行方を追わず、喜んでいて塁から離れていたプロファーを刺し2アウトに。
    バレンティンに2ランを打たれたものの、最悪のケースを回避した。
    その裏、プエルトリコはあっさりコレアの一発で同点に。
    さらにリベラの一発で勝ち越しを果たす。

    モリーナの初回の2つのプレーの巧さは言うまでもないが、
    その守備の巧さが光ったのは5回。

    ランナー1、2塁から2ベースヒットを浴び、セカンドランナーこそ還されたものの、
    ファーストランナーのスクープを巧みなポジショニングでスライディングをしにくくさせ、
    生還を防いだ。
     5回オランダ2死一、二塁、サラーガの二塁打で、本塁を狙った一走J・スクープをタッチアウトにする捕手モリーナ=ロサンゼルス(共同)

    このまま試合は一進一退の攻防に。
    この一進一退の攻防、恐ろしいほどのハイレベルなものだった。
    特に思わず声が出たのは9回裏と10回表の投手戦だ。
    9回裏、オランダはドジャースの守護神・ジャンセンを投入。
    ジャンセンのピッチングは圧巻だった。
    得意の150キロを超えるカットボールを武器に9球で3人を打ちとった。
    ジャンセンは追加招集のメンバーだったので日本は対戦しなかったが、
    こんな事を言ってはいけないのかもしれないが、
    対戦しなくて本当に良かったと感じるほどのピッチングだった。
    対して10回表プエルトリコはマリナーズの若き守護神、ディアスを投入。
    コントロールは荒いものの、若さあふれる押していくピッチングで抑えるディアス。
    バレンティンに危ない球を投げ、すごまれるもそれにも動揺せず、
    3安打放っているバレンティンを三振に抑えた。

    そしてタイブレークに。ここで2チームの明暗が分かれた。
    オランダはバントを交えて、1アウト満塁にするも、最後はゲッツーで無得点。
    対してプエルトリコは満塁にし、最後は犠牲フライでサヨナラ勝ち。
    オランダは要所での拙攻が負けにつながってしまった。
    (初回の2つのアウトや4併殺など)

    これで一足早くプエルトリコが決勝に駒を進めた。
    日本は明日、アメリカと対戦する。
    今までとは真逆で相手の完全ホームでの試合になることと、
    例年になく凄いメンツを揃えたアメリカ相手となるとその戦いが
    厳しいものになるのは間違いない。
    しかし、侍ジャパンも試合を重ねる毎に監督も選手も、成長し結束している。
    その力を明日発揮し、あさって、侍ジャパンにはドジャーススタジアムに立っていて
    貰いたい。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。