ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

西武に新外国人2人が入団!しかしその影で気になる記事が・・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

西武に新外国人2人が入団!しかしその影で気になる記事が・・・

2014-11-13 22:39
    ※野球の専門家ではなく、素人の意見です。

    かねてからキャンプにテスト生として参加していた、
    ミゲル・メヒア投手とエスメルリング・バスケス投手の入団が
    昨日、内定。

    二人とも右腕でメヒア投手は抑えの候補として、
    バスケス投手は中継ぎとしての起用を考えているようです。

    ここ近年西武の外国人投手補強は残念ながら上手くいかないケースが多いので
    まだなんとも言えない状況ではありますが、とりあえず一番の懸念事項である
    投手に補強が入ったのは良かったです。
    ただ個人的にはこの二人を押しのけてるほどの覚醒を今の若手選手に期待したいところです。


    このまま二人の新戦力獲得!だけで終わればよかったのですが、
    一部報道に、左腕のウィリアムス投手が自由契約になる見込みという記述が。
    さらりと書いてありましたが、西武的にはかなりの戦力ダウンになるかもしれない事態です。

    西武は現在左腕リリーフ投手で1軍で結果を残したのは
    高橋朋巳投手と件のウィリアムス選手の二人。
    しかも高橋投手は現在抑えをしており、仮に中継ぎに回ったとしても
    1人しかいないことになります。

    必ず左のリリーフが必要という訳ではありませんが、
    左バッターを得意としているのは左投手が多いのがセオリーですし、
    データ上も西武の右腕リリーフはほぼ左バッターを不得意としています。
    そうすると早急に今いるリリーフ、特に左腕を育成する必要があると
    個人的には思っています。

    現時点では宮田投手と武隈投手にその役割をになって欲しい所です。

    長々と書きましたが、ウィリアムス投手が自由契約なるかどうかはともかく
    長期活躍できる左腕が必要な状況であることには変わりありません。
    若手の覚醒を期待したいです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。