『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』の感想(少しネタバレ含む)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』の感想(少しネタバレ含む)

2015-03-03 00:04
    『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』観てきました~
    アニメ本編では語られなかったジオン・ダイクンの死亡からスタートのこの作品。
    原作漫画を読んでいない自分はワクワクしながら観ました。

    いや~タイトルのキャスバルより若かりし日のランバ・ラルさんとハモンさんが
    大活躍な感じ。

    ランバ・ラルとアルテイシアのやりとりはほほえましくもあり、
    アニメ本編の展開を考えると悲しくもあるシーンでした。

    なかなかドズル、アルテイシア、ランバ・ラルの表情の変化がなんとも面白かったです。
    (気になる方は本編をチェック!)

    ただ残念だったのは冒頭のCG戦闘シーンがなんとも違和感が・・・
    ともあれ、ランバ・ラルさんとハモンさんのファンになった作品でした。

    秋の2章が楽しみですね。

    主題歌が良かったので衝動買い!
    特別版なのでLPジャケット仕様です↓

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。