ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

モンフェスの騒動から見る開催側と参加側が考えなければならないこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

モンフェスの騒動から見る開催側と参加側が考えなければならないこと

2015-08-03 01:55
  • 4
参考にした記事↓
千葉市の幕張メッセで11人搬送 熱中症か、イベント中
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1723465?news_ref=top_latest


8月2日に開催された『モンスターストライク』のイベント、
モンフェスで熱中症などで11人搬送、70人が救護室で手当てを受ける事態が起こった。
記事には詳細が記載されていないが、
それ以外にも入場規制に伴ってシリアルコードが手に入らない、
列を無視しての割り込み、ごみの散乱、などなど
近年のイベントでは一番の惨状であったようだ。

ツイッタ―における現場の状況を見ると今回のイベントにおいて
開催側の落ち度はかなり大きいと思う。
まずスタッフの人数が十分おらず、要所にも人が配置されていなかったこと。
そのせいで列形成が上手くいかず、列の無視しての割り込みの横行、
および具合の悪い人の早期発見が遅れてしまった。

2つ目は上層部の決断がブレているうえにすべて後手に回ってしまったこと。
シリアルコードの配布についてのガイドラインが色々変わったようなので
そのことで後日トラブルになることは想像に難くない。
さらに入場規制に関する決断した後、入場できなかった人々への詳細なアナウンスや
列の移動などを含めて決断後の処理が遅かったことで被害が拡大したと考えられる。

今回の失敗の大元は『準備段階で問題点の洗い出しが出来ていなかった』のではと
考えています。
普通は当日起こりそうな事を想定して、それに対する対処法を考えます。
この洗い出しが出来ていないとその場で1から対処することになり、
かなり時間のロスが起こります。また予め対処法が決まっていないと
その緊急時の対応が人によって変わってしまう『マルチスタンダード』が生まれてしまい、
不利益な対応をされた方のお客の不満をさらに貯める事態になります。
今回は問題点の洗い出しだけでなく、予想来場者数を見誤るなど
元々の想定自体が甘かったようですが・・・

色々と書きましたが、今回の一件はほぼ運営が悪いのは間違いないです。
同時に今回の一件に関して、参加側も考えなければいけないことがありあます。

まず運営側のサービスに過剰に期待せず、
ある程度の熱中症対策はする必要はあると思います。
(水分を自前でちゃんと多めに持つ、涼しい恰好をする、
熱中症のサインが見られたら早めに涼しいところに避難するなど)

そして『本当に大切なことを見失わず判断をすること』です。
今回は会場限定のシリアルコードなどが絡んだこともあり、
引くに引けず具合が悪くなった方もおられたはず。

自分はもちろん、家族や友達の体調が危ないと感じたら、
目的を果たしていなくてもイベントを離脱する勇気も必要かとおもいます。

参加する側の人たちも今回の一件を『客のすべての不測の事態に対処できないのは
運営側が100%悪い。』だけで片づけるのではなく、
参加する側も自分の体調に関することなどは自分で積極的にリスクをつぶすことを
やった方がいいと思います。

その方がイベントもよりよく楽しめる気がします。

(追記8月3日:一部情報に不確かな部分があったようなので修正しました。)
広告
×
ggさん、なんと、私も似た記事麻かいてしまった!orz
しかも、運営だけじゃなくて、客側も悪い!ってとこまでかなり近いですwww
まぁ、それだけあのニュース観たら、思うとこありますよね。

私の記事でggさんと違うところは、
モンストって、「流行ってる作品」だから、周りに流されるなよ、自己責任もあるんだよって、書いててやっぱり一緒だな、と思った次第。とほほ
70ヶ月前
×
>>1
最近は客側がサービスをする側になんでも期待しすぎる傾向がありますからね・・・。
今の時代、簡単にイベントの情報なんかもゲットできるわけですから、
下調べ&準備は出来るはずです。
70ヶ月前
×
ggさんが仰られる通りでして、会場のキャパと、今の列の並びをみて、おかしいと思ったら、ツイッターとかの情報tool見たりすれば、客側もいろいろ調べられますからね。
思考を停止して、なあなあになるのは駄目だなーって思いました。
70ヶ月前
×
こう言った事柄とか、地震とかの災害時、皆がやってるから!じゃなくて、自分でどう行動すれば安全か、とかまで考えて欲しいものです。経験した人たちには。
70ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。