ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

許斐先生のライブの対応から見る、ファンとコンテンツの在り方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

許斐先生のライブの対応から見る、ファンとコンテンツの在り方

2016-01-16 21:58
    ※今回の記事はツイッタ―の情報を拾って書いています。
    そこらへんを踏まえておよみください。

    今日、仕事の合間にツイッターを見ていて、
    『許斐先生』というのがホットワードが上がっていたので、
    いろいろツイートを見たのだが、驚いた。

    ライブの感想ツイートかと思いきや、
    ライブでの対応を神!というものだった。

    ツイートによると、
    ・物販では買いたいもののチェック表が渡されるうえ、
    表自体にバーコードが印刷されているので、
    正確かつ迅速な会計だった。

    ・徹夜組に対して妥協せず、ちゃんと列形成していた。

    ・朝、待機列のみなさんにサイン入りカイロを配布。

    ・物販のモノで瞬殺するものがほとんどなく、
    ある程度余裕をもって買えた。

    ・許斐先生がこの日の為に、イラストを描きおろした。
    しかも200キャラ。
    などなどいろんな情報があった。

    このツイートを見て許斐先生とスタッフたちの気遣いと
    ライブを良くしようとする熱意を感じた。
    また先生とスタッフの誠意をくみ取り、
    それに素直に受け止め、それに素直に感謝できる
    ファンのみなさんのつぶやきを見て、
    この誠意と感謝のやりとりが出来るのが凄いと感じた。

    少し形態が違うが、ガルパンなどもファンとクリエイターと地元の人達の
    熱意と誠意があってあのヒットを生んでいる気がする。

    許斐先生はハッピーメディアクリエイターを自称しているが、
    その肩書に偽りなしと思わせるお話でした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。