ベイスターズ、新戦力が投打で活躍!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ベイスターズ、新戦力が投打で活躍!

2016-03-02 21:54
    以前、今年のルーキーは面白い人材が多いと書いたが、
    今日はDeNAのルーキー、そして新外国人が躍動した。

    DeNA先発はドラフト1位の左腕の今永昇太投手。
    最速148キロを記録するなど全体的に速さを威力のあるストレートで押すと、
    スラッガーのバレンティンにはチェンジアップを効果的に使い翻弄。
    5回を無失点、ヒットも大引選手のツーベースのみと最高の内容だった。

    野手ではドラフト3位の柴田竜拓選手がバントを失敗する場面もありましたが、
    勝負強さを見せ2安打2打点。守りもショート、セカンドともに軽快にこなした。
    ドラフト4位の戸柱恭孝捕手も守備面では投手陣を最後まで引っ張り、完封リレーに
    一役買うと、打撃でもしぶとく食らいつくバッティングで2安打。
    昨年、固定できなかったキャッチャー争いに名乗りを上げた形となった。

    そして新外国人のジェイミー・ロマック選手は
    内角の対応に課題を残したものの、5回に泳がされながらも
    上手くインパクトし、レフトスタンドに飛び込む一発を放った。

    去年、交流戦を首位ターンしながら、前半戦好調だった選手たちが
    ケガなどで一斉に不調に陥ったことで、最終的には最下位で終わった。

    そんな悔しい経験をしているだけにこの新戦力の加入は朗報だ。
    心強い新戦力が加入しただけに、あとはラミレス監督の手腕の見せ所にもなるが、
    今日の結果はラミレス監督をいい意味で悩ますことにはなりそうだ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。