ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

INFINITAS,beatoraja,LR2の環境構築した話(設定編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

INFINITAS,beatoraja,LR2の環境構築した話(設定編)

2021-01-26 22:53
    (・へ・) < 完璧な設定ってあるんですかね

     こんにちは。自宅音ゲー環境を頑張って整えたので備忘録として残しておくよ。設定編では
    ・グラボ設定
    ・各ゲームのレーン幅、ハイスピ、判定調整
     について簡単に書いていくよ。

    ●グラボ設定
     NVIDIAコントロールパネルをいじいじしていきます。NVIDIA GeForce以外は知らん。目標は極力遅延の少ないINFINITASが処理落ちとか音ズレを起こさないで光る環境。








     とりあえず「遅延 解消」でググったりして調べてパクッて見比べてほいほいっと設定しました。これが正解とは言えないまでも80点くらいの出来と自負してます。
     あとスケーリングについてですが、いままでGPUが無条件で低遅延だと信じていたけど、つい先日ウインドウモードでゲームする場合はディスプレイのほうが低遅延、みたいな話を聞きました。どっちだよ!!
     よくわからないんでGPUにしてます。

     ちなみにINFINITASを起動するときには解像度とリフレッシュレートをゲームに合わせてあげたほうが遅延とか少ないらしいです。





     こんな感じ。
     ここまでの設定でINFINITASをプレーしたところ、ACと比較してもまあまあいい感じで光ってくれました。カクつきがたま~に発生するけど音ズレとか判定がズレていくとかそんな感じはなかったからヨシ!

    ・よくACで詰めてる曲と比較

    ☆10 CROSSROAD
     INF MAX-31(AC -6)
    ☆11 UNDERWORLD HOLOGRAPHY
     INF MAX-145(AC -20)
    ☆12 mosaic
     INF MAX-60(AC +9)
    ☆12 AA
     INF 3488(AC -40)
    ☆12 Chrono Diver -PENDULUMs-
     INF 3975(AC -32)

     大体負けてるけど初日スコアっていうのも加味するといい感じにいけてるのでは?


    ●各ゲームのレーン幅、ハイスピ、判定調整
     基本的にACをメインに据えているので、ACに合わせていく感じで。昔まではBMSで発狂皆伝とるのを目標にしてたからBMSをやり易いようにAC弄ってたけど、スコアビートするようになってから変わりました。

    ・AC ライトニングモデル
     白312~325 緑257-264 判定位置-1.4

    以下27インチモニター
    ・INFINITAS 
     白244~246 リフト72 緑254-258 判定位置-0.8
    ・beatoraja (LITONE 5)
     白219 リフト100 緑263 判定位置±0
    ・LR2 HD (WMIX)
     レーンカバー30 画面位置-100 ハイスピ580 判定位置+10

     INF、oraja、LR2をやるって考えたときに一番ACに近しいのはINFということで、最初にいい感じにINFを設定。
     あとはその画面と同じように縦横の大きさとか判定ラインをカスタムが容易いBMSプレイヤーで調整してやる、みたいな感じ。

     まあ色々書いたけど自分はこれがしっくりきたって感じなんで参考までにね。





     以上!最後書くの飽きた!!
     これからPCとかモニターとかゲームとか新しく買ったり始めようって人は参考にしてみてね。変なことになっても責任は負いません、いい感じに設定できたら崇めてください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。