ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

BPLのあれこれについて擁護多めに
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

BPLのあれこれについて擁護多めに

2021-06-17 15:32
    さすがにボロクソ叩かれすぎていたので擁護多めの記事を出します。ちなみに内心では批判:擁護は8:2くらいです、批判といってもコナミしっかりしてくれというものですが。
     A4に対してマウントとってツイッターでボロクソ叩く人が多いのでA1からの意見です。A2にすぐ落ちるので似非ですがね。それより上の300人くらいの人はマウントよろしくお願いします。

    ・解説自体に問題はあったか

     そこまで無かった。そもそもIIDXの解説に皆さんは何を期待しているんですか?KACの実況解説で盛り上がることはあっても、解説されたお上手ラインとか途中経過ラインに納得することあったりしました?
     そもそもIIDXの解説自体、そんな土壌しっかりしていないというのが問題。KACで4画面を2分で実況なんて無茶、何回やってたんです?
     それに比べたら1vs1の相手を刺す真剣勝負を繰り返したDDRの蓄積は無視できないところだと思います。一度見比べてみてください。
     気になるところとすれば実況の盛り上がりでしょうか、それはもう大舞台で緊張してたのは仕方ないです。そこを加味してでもKONAMIがオファーを出したんだと思ってます。

    ・解説にサポートはできなかったのか?

     できた。
     収録を生放送で実況とかいう謎行程やるんだったら、選曲リストくらい事前に配布できてたでしょうに。
     プロ自己ベ比較 、皆伝 or A1アベレージ、お上手ライン、ブレイク時点での目安スコア、ギアチェン許容失点
     挙げ始めたらキリないですが、"収録を生放送"するんだったらいくつか用意できたでしょう。

    ・解説以外の要因で視聴者に不満がなかったか

     大いにあった。
     音量ミスや画面の切り替えミス、さっき見た事案とかKACの頃からの悪癖というかなんというか。
     不満が重なりに重なって名前が出ている、そして叩きやすい彼に批判が集中したんじゃなかろうか。他のメンバーは比較的知られてるから知らん人なら叩きやすいなんて心理もありそう。そもそもビートマニアのプレイヤーは排他的、ランカー信仰みたいな傾向あるからそれもあるかも。(クソデカ主語)
     まあ僕も名前が出ていて叩きやすいKONAMIをクソデカ主語で槍玉にあげてますけどね。


    ・まとめ

     KONAMIさんもちっとバックアップしてあげてな…というのが僕の感想でした。
     BPLライト層なもんで、解説なんかより課題曲リストが一般に公開されていたか、BAN曲制度は選曲見てから使えるか否か、ドラフト指名されたのに消えた選手いない?(すっとぼけ)とか、速水もこみちツイッター反応してくれてないなあとか、各チーム所属選手のホーム公開しないかなあとか、ライトニング増やせとか、BPLやるより某2434にライトニング置いて社畜と妖精に定期配信させたがいいんじゃないかなあとかそういうとこばかり気にしてました。
     場外ギスギスBPLより場外ワクワクBPLが見たかったよお。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。