「北斗の拳」ゲームの牙一族編のレイ戦 比較動画の解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「北斗の拳」ゲームの牙一族編のレイ戦 比較動画の解説

2019-12-15 00:31
    今回は牙一族編を2本の動画に分けています。

    今回はレイ戦の方の解説。



    北斗無双は相変わらず、道中でケンの服を破かずかつボスを強化するためのミッションポイントを獲得するという条件を満たすために難易度を少し下げた「普通」でプレイしています。
    そのため、中ボスのレイはメチャクチャあっさり倒してしまってます。ごめんね、レイ。
    かなり端折られてはいるものの(というかマミヤがいない)、3DCGによるムービーのクオリティ自体は非常に高いです。
    ちなみに北斗無双ではキャラ毎にストーリーが分かれていて、これはケンシロウの章の映像を使っているのですが、マミヤの章では普通にマミヤを使って牙一族と戦うことになります。ムービーにはいないのに。

    真・北斗無双ではしっかりとマミヤもムービーに登場しています。ムービーの合間の操作パートもあったのでどこを動画に入れるか迷いましたが、雑魚戦は基本カットする方針にしました。
    真・北斗無双でもレイはあっさり倒しちゃってますが……まあ、無双でのレイの活躍が見たい方はユダ戦まで待っていただければと。
    体力1/3減らしただけでムービーに突入してしまうと思ってなかったので速く倒しちゃった感はあります。ごめんね、レイ。

    ifストーリーの北斗が如くでもレイは妹をさらった男を探しており、その男が「胸に七つの傷がある北斗神拳の使い手」であるという情報まで掴んでケンのいるエデンの街にやってきたそうです。エデンの街では公開裁判の代わりとして決闘を行い、勝った方が正義になるという謎ルールがあり、ケンシロウは自分にかかった誘拐犯の疑いを晴らすためにレイと戦うことになったのです。
    これもどのシーンを比較動画に使うか迷いましたが、そもそも原作をなぞっていない以上ぶっちゃけ比較のしようがないのでほぼ全シーン使いました。
    2周目の難易度「原作」でのプレイなのですが、レベル上げの手段をほとんど断たれた状態で戦わなくてはならなくなったため、ケンがLv.59の状態でLv.70のレイと戦わなければならなくなりました。レベルこそ正義なこのゲームで10以上のレベル差はかなりキツく、回復アイテムを使いまくりながらの戦闘になってしまいました。ごめんね、レイ。
    レイはどこぞのバルログよろしく金網を使いながら戦ってくるため、早めに金網をぶち壊して対処しないと色々と面倒なことになります。後はまあ、レイの動きの速さについていけなかったり奥義チャンスや勝機を逃したりと僕のプレイが下手なせいで戦闘が長くなってますね。ごめんね、レイ。
    無双の方であまりにもレイが良いとこ無しだったので、こちらではレイの飛翔白麗を一発受けて上げてます。QTEに反応できなかったわけではありません。マジで。
    原作ではシンが語る北斗神拳と南斗聖拳の違いに関するセリフをリハクが丸々使っていたり、レイとケンの争いをそもそも仕掛けたり、途中で止めたりと原作であまり活躍できていない五車星の面々に活躍の機会が与えられているのもレアでいいですね。

    北斗リバイブもケンが強くなり続けていっているため、レイは一瞬で倒してしまっています。ごめんね、レイ。
    ムービーをどの順で並べるのか分からなくなってしまった(ムービーは初回クリア時しか流れない)ため、どの順で比較動画に入れるか迷いましたが、思いっきりレイを倒した後に聖極輪をやるのも変な気がしたため、聖極輪→戦闘→相打ちという流れにしました。というか多分それが正解。
    レイがなんだか空中から貫手でビーム飛ばしてたり、ケンとレイが謎の爆発で牙一族を吹っ飛ばしてたりするのはもうツッコんじゃダメなんでしょう、きっと。爆発大好きかよ。
    ニコニコブロマガの方で北斗リバイブのムービーはほとんどパチスロのムービーだという情報をいただき、調べてもソースが出てきたわけではないのですが、パチスロをやってる方々がパチスロのまんまだと言っているのは多く見かけたのでそうなんだろうと思います。


    思いのほか動画が長くなってしまったため、同時比較版を現在別途制作中です。今しばらくお待ちください。
    来週は牙大王(牙親父)戦の比較動画を公開予定です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。