• 日本のゲームっておもしろいよね。その38(?):一番やりたくないことを一番やってしまっている気がする。

    2019-05-21 09:212

    助けてください。RPGください。


    と、最近ずっと考えているのですが。なんかとしを重ねるごとにゲームをやる気力が薄らいでいて、もどかしさを感じてしまう。それならと、いっそもう認めてしまおう。


    子供の頃のゲームが懐かしくてしゃーない。PS後半、PS2が横行していた頃が俺の青春だったといい加減認めます。記憶を消してゲームしたいとか思っています。


    今回は1年くらいハマっている(?)スマホのゲームの話、まあ愚痴をこぼそうと思います。理由といえば、ブログを書きたくても全然ゲームやってないので、これしかないんですよね。相変わらず日本語おかしいですが、それでもよろしくお願いします。


    ゲームはSegaさんからのD×2 真・女神転生 リベレーションです。


    このブログでは真・女神転生の話はあまりしていないと思うのですが、割と最近色々なメガテン(略称)を遊んだりして、ついにはそのシリーズのスマホのゲームに手を出しちゃいました。需要があればメガテンの記事も書けばええやんと今気がついたので、今度書いてみます。


    ちなみに、僕は基本的にスマホでゲームはあんまし遊びません。大学の頃はちょっとプログラミングかじってる人がAndroidを改造してポケモン遊んでる人とか見かけたりはしますが、僕はタダでもスマホでゲームをしない人間でしたね。このゲームを始める前に、携帯ゲームを遊んだきっかけとなったゲームがあるんですよ。それは、遊戯王Duel Links。全世界でほぼ同時に出たのかな、割と声優目当てで始めたんですよ遊戯王が大好きだったので。しかもVitaで出たTag Force SPと違ってちゃんと遊戯さんの声優が元の人じゃん!ってニュースを読んでボイスを聞くだけの為だけにダウンロードしたんです。一応僕は日本の音楽とか買うために日本のiTunesアカウントを使っていて、それでダウンロードしたのです。それでもなぜか北米版しか遊べず、まさかの日本語以外の言語しか音声を聞けないという自体になっていたのです。そこで、まあ普通なら当然消すわけ何ですが僕は近年の遊戯王OCGにあまり馴染めず、このデュエルリンクスは遊戯王初期を知る人に強烈なノスタルジーを感じさせる要素がてんこ盛りだったんですよ。カードプールの限りがあるおかげで、無限に課金しなくてもいいからジェム購入しなくてもレアカードを確実に集められるというのがネックで、多少は遊んでみたんですよ。


    すごい懐かしかったです、星4の攻撃力1700帯の通常モンスターがお手軽最強のモンスターだったり、シンプルな魔法を駆使してモンスターを強化。おまけにキャラクターごとに特徴のあるスキルの要素、ある意味ぶっ飛んでる世界に簡単にのめりこめる仕様になっていて最初は割と楽しんだんですよ。まあ、出たてのデュエルリンクスは荒削りな要素が多くて特にハマったってほどではないんですね。日本語ボイスもそのうち実装するとの開発レターなども出たおかげで希望が見え、もう少し遊びました。毎日スタミナを消費してWifiがあれば対戦してみて、友達にも一人勧めて対戦したりと。


    無課金の間は・・・よかったんですよ・・・


    そう、いつからか課金してしまったんです。SR確定ドローとか、UR確定とか。$2、$10。小さいとこから始まって、僕の財布を蝕んで行ったんです。その頃僕の給料はお世辞でもいいものと言えず、正直月$20の課金でも結構辛くて。1周年イベントで大量のジェム(ゲーム内通貨)をもらった後ふと買い物履歴をみたんですよ。そこではなんと僕はもうすでに数百ドル単位で課金をしていたんです。指紋認証使って書いやすくしたのでそれを消し、消しても買ってしまっていた。ちなみに、ガチ課金勢にしてみたら百ドルなんて雀の涙で、デュエルリンクスは課金はまだ優しいというのは本当らしいです。それでも実生活に食い込んでくるともう色々限界に達して、アプリを速攻削除し、友達にも勧めました。


    やめた箇所は・・・GXキャラが増えてきて、本田ヒロトイベントが始まるすぐ前にでしたか。あの頃はイベントが使い回しがだいぶ増えて、カードパックがもう週2回でるペースになっていたのが辞めるきっかけになりました。そのころはやることがなくて、僕の遊戯王に対するノスタルジー(GX大好きにも関わらず)はもう消費尽くされました。思い出を金に変換された気分で吐き気がし、人にも迷惑をかけました。ちなみに、ソシャゲをしてる、作っている人が悪いとは思いません。自分でコントロール、満足できるレベルで遊んでいればよかったもののそれができなかった僕の落ち度だと思っています。しかし最悪なことに、僕の仕事はデスクワークなんですよ。しかも片手間の作業を長時間こなすタイプ。仕事の性質上音楽を聞いたり動画を見ることができない僕にとっては、右手でマウス作業左手でデュエル生活がしっかりきていて、それもつらい仕事を乗り切るためならの課金とか言い始めて色々終わっていましたね・・・


    今もデスクワークを色々しています。デュエルリンクス引退してから、やはり手持ち無沙汰というか片手空いてると無性に何かしたくなったんです。そこに現れたのが、D2メガテンです。ペルソナシリーズに関しては前記事を書いたと思いますが、今ではペルソナよりメガテンが好きかもしれません。なので、メガテン特有の「仲魔」を使って遊べるし、とにかく試してみようと思ったのです。これがまーた、どハマりしたんですよ・・・今もブログ書きながら片手間で遊んでます。ただ、これの特徴はデュエルリンクスと違って、「オートモードが優秀(当時は)」であること。実は僕、初期に星5を手に入れるリセマラとかせず、とりあえず適当に初めて稼ぎ始めたらこの稼ぎが好きになったんです。以前、デジモンサイバースルゥースでも書いた通り、育成ゲーが割と好きになったんです。D2メガテンではこの育成が結構癖になって楽しいです。しかも、オートモードで稼ぎの要素を周回することができ、瞬く間に好きな悪魔のレベルをマックスにし、装備を与えて改造、とんでもなく強くすることに満足していたんですよね。

    しかも今回、なんと完全に無課金を通しています。というか、僕のシチュエーションだと課金するにはめんどくさいことを色々しないといけないので、課金はできないとも言えます笑。このゲームはある意味では無課金の人にも優しく、ユニットはガチャ以外でも手に入る方法が多数あるおかげで高ランクの悪魔も手に入れることが可能です。僕も初めて星5、いわゆる最強のステータスや技をもつ悪魔を作った時は半年くらいリソースを貯めた努力が報われ、なんと対人戦にも参戦し始め、それなりの成績を納めています。ただ・・・


    半年もやっていたので・・・やることが激減し始めています。やっぱり携帯ゲームは月々のアップデートでイベントやこのゲームの場合は悪魔が増えると楽しみが増えるのですが、最近はてんで駄目です。なぜなら、ガチャ専用と課金必須級の悪魔が増えてきたからです。メガテン詳しい人ならわかると思いますが、メガテンのゲームは悪魔を集めて合体させることでより強力な悪魔にするというのが基本コンセプトですが、ゲームによりけり特殊な条件を満たすことで飲み合体できる悪魔がいます。魔人と言われるクラスですね。この魔人D2では合体できず、ガチャを引かなければ手に入りません。ちなみに僕もガチャ、ただし運営が配る無料のガチャで、それなりに魔人は手に入れております。しかしイベント限定ガチャ、コラボガチャなど財布にに刹那五月雨撃ちを放ってくる運営に最近無課金の人たちはめっきりやる気を削がれていると思います。


    戦犯1:将門公


    マサカド、メガテンではいつも最強級かストーリーに深く関わる悪魔。こいつ一人でぶっ壊れ性能です。まずは比べる対象として、僕の最強悪魔について語ります。


    僕は半年以上リソースを貯め、スキルを吟味した悪魔王ルシファー閣下どの。ルシファーといえば、万能属性(どんな耐性にも当てはまらない、防御が不可能な攻撃)が強く、明けの明星なる技で敵を全体技で蹴散らす能力をもつ、ちょー強い存在。しかもガチャで手に入れずとも、合体で作成できます(ただこいつ合体するのに必要な素材が半端なく無課金では1年とかかかります)。さらに、スキルの吟味によって、固有技の明けの明星を1.4倍くらいの威力で敵パーティを一撃で瀕死にすることが可能なまでに強くしました。メガテンは強力な攻撃であっても、どの攻撃も属性というものがあり、悪魔によってその属性が効かない場合もありますが、明けの明星ならそれを無視して攻撃するという特性が完全に無意味と化してしまいました。マサカドは物理攻撃に特化した悪魔であり、そのスキルは全ての物理攻撃にデメリットの貫通効果を与えてしまっています。貫通効果は敵の耐性を完全に無視した攻撃を行うことができ、端的に言えば万能と遜色ない性能です。ただ、万能系は元から通りやすい攻撃であるせいか基本的に威力が強力な物理技より弱く、貫通を物理に加えると容易に明けの明星なんてカス技になります。しかもルシファーの高火力はスキル吟味で頑張った結果ですが、マサカドは元から力ステータスが異常に高く、他スキルに恵まれ、ちゃんとした装備をつければ大した努力をせずとも強くなります。しかもイベント限定ガチャの悪魔なので現在は入手不可、次のイベントに待たないといけないのですがかなりガチャらないと手に入りません。こいつがいるだけで、自パーティでマサカドを倒す対策をせねばなりません。残しておくて確実に自パーティを2、3対一回の攻撃で葬ってしまい手がつけられません。一応対策は少しできますが、対策をしてたら他の戦略がおぼそかになってしまい、対マサカドパーティを作る以外選択肢が無くなります。


    これが一体だけならまだいいんすよ。


    戦犯2コラボ限定ガチャ


    ガチャ専用悪魔が強いのは仕方ないですよ、金払ってるんだから強くなきゃお金出す人に失礼です。しかしコラボはもうやめて・・・少し前にデビルメイクライ5とメガテンがコラボをし、凶悪なキャラ「V☆」を生み出してしまったのです。V☆もガチャでしか手に入れられないキャラです。一応僕も頑張って3000ジェムくらい使ってガチャしましたが、コラボに関係ない雑魚星5を手に入れました。こいつは、今でも環境トップに使われている悪魔です。理由は攻めの手数が圧倒的だから。V☆には前述に語った万能属性の攻撃を何種類か持っておりとても厄介です。まずスキルの仕様で通常攻撃が万能になっています。ちなみにD2では魔法は必中なので、V☆のターンでは必ず当たる(例外あり)攻撃が一発入ります。これだけならまだいいです、MPのかからない万能魔法と言えば怖そうですが一発くらいどうってことないです。しかしここからが真の恐怖の始まりなのです。


    V☆は「通常攻撃が成功すると追加で4回30の万能ダメージをランダムに敵パーティにあてる」というスキルを持ちます。V☆の通常攻撃は必中で100(ダメージでいうと600くらい)食らってもなおダメージが200くらいの攻撃が4回、一人で合計1400くらいのダメージを的に与えることができます、ノーコストで。しかもこれはパーティ全員も使える効果で、V☆が生きている限りこの4回の追加ダメージ降り注ぎます。なんと、敵パーティは最低でも、4回通常攻撃を行えば追加で16回の防げないダメージを与えます。しかも、V☆以外のキャラなら通常攻撃によるクリティカルができます。クリティカルを与えると、メガテンのシステム上、ターン数が増えます。つまり最悪のケースを想定すると、6回まで(V☆はクリティカルできないので)攻撃できます。


    僕の基本パーティの合計HP(ルシファーは1500くらい)8000くらいだとしましょう。敵パーティにはV☆がいます。

    4回の通常攻撃をされる場合

    悪魔1:攻撃400追加200x4=1200dmg

    悪魔2:以下略=合計2400dmg

    悪魔3:上と同じ=3600dmg

    V☆:攻撃600+200x4=5000dmg。

    この時点で確実にパーティ瀕死です。6回も攻撃されると、ダメージは7400

    にも上昇し、自陣の悪魔が一人か二人残っている程度です。しかもこの追加ダメージ、体感でもしバフデバフが相手に有利の場合、300−400まで登ります。


    なら防御パーティにして見よう、と、無理です。D2の対戦はデュエルといい、敵の組んだ防衛パーティと自分の組んだ攻めパーティを対決させるようにできています。敵の防衛パーティはAIですがAIはそれなりに優秀なので、組み合わせ次第で上記の連続攻撃もできます。それと、D2デュエルの戦闘には特殊ルールがあり、攻めパーティ側が3ターン目から回避不能なダメージを受け始めます。ちなみにこのダメージはターンごと増えていき、防御に特化したパーティでも7−8ターン目には確実に落ちます。要は、攻めるパーティは敵のパーティを素早く倒す火力と相手の攻撃を受けきる器用さが求められます。これはこれで、楽しんでいただいているのですがV☆さんのせいで色々ぶっ壊れてる気がしてなりません。


    では、V☆さんの対策の話をします。


    一、先行をとるべし、とるべし

    D2の戦闘は、パーティ内の悪魔のスピードの合計値をパーティの悪魔の数割ったもので、早い悪魔が多ければ多いほど先行がとりやすいです。V☆はそ速さが足りないので、V☆を含んだパーティ相手は割と先行が取りやすいと思います。しかしここで戻ってくるのがマサカド公な訳ですよ。


    マサカド公のスキルに、「相手パーティが先行になった場合、相手パーティのターンを一つ減らす。この効果は2回までしか発動しない」これは、メガテンにもある威圧の構えというスキルの一種で、もし敵パーティにマサカドと威圧の構えをしている悪魔がいる場合、先行をとった場合最大二回しか行動ができなくなる。先行をとったのがあだになってしまうので、先行をとっただけではV☆は倒せません。(ちなみにマサカド以外にも威圧の構えを使える悪魔は現時点で3体いますのでマサカドなくても威圧できます)


    二、アリスを連れてくべし


    断っておくと運ゲーです。ガチャ運をためす的な。アリスは魔人であり、ガチャでしか手に入らない悪魔です。V☆やマサカドより手に入る確率はありますがそれでもハードルが高い、でもアリスがいないとV☆ほどの相手に対策ができません。アリスは固有技、「死んでくれる?」を調整すれば1ターン目から使えます。死んでくれる?は敵を即死させれる闇属性の技で、しかも食いしばり、不屈の闘志(リレイズ的なやつ)などのスキルを無視して敵を葬り去る恐ろしい技です。V☆は闇の耐性を持たないのでこれで逝きます。ただしこれ・・・・戦闘中に一回しか使えないんです。で・・・このゲームって蘇生が容易なんですよ。サマリカームという、FFでいうアレイズがどの悪魔にも打てます、スキル枠は取られますが。これをされたらV☆さん復活しちゃう、しかもこっちでもサマリカームが使えてもアリスを復活させても即死技が使えないため、アリスの利点が潰されます。


    三、復活を阻止すべし


    復活を阻止する方法は二つ、しかし一つは課金悪魔なので省きます、俺持ってるし。もう一つは状態異常を使うことですが、ターン二つ取られると、アリスの死んでくれる?と敵の状態異常バリアを剥がす悪魔、状態異常を付与する悪魔と最低3ターン必要になってしまい威圧の構えによるいい餌食です。しかも状態異常の悪魔は総じて火力がないため、現環境で時間をかける戦いしかできなくなり、ジリ貧になりがちです。


    四、万能を反射すべし


    万能攻撃は基本防げません、ただ一体の悪魔の技を除けば。コウリュウ(合体可能だが無課金だと1年くらいry)には「五行思想」という、万能も反射するバリアを1ターン張るという技です。僕も最近コウリュウを作ってすぐにスタメン入りしました。完全無欠のサポート悪魔ですね!素晴らしい!ただ・・・五行思想はパーティにつき一回の反射・・・4回の万能攻撃までしか反射できないんですよ・・・相手20回も万能攻撃とかされたらこんな薄っぺらいバリアなんて意味があるのか・・・


    五、状態異常で敵を魅了


    また状態異常に戻っちゃいましたね。ちなみに無課金の人の多く使うと思われますが、やっぱり敵を魅了状態にするのも対策です。魅了にすれば敵は自分に攻撃し始めます。ただこれにも問題があり、V☆の「通常攻撃が成功ry)」は魅了されてもそのまま発動するので、魅了してV☆が自分に攻撃しても追加攻撃は発生し、それも結局敵パーティに当たるのでなぜかV☆さん魅了対策がしっかりしているためあまり対策にならないんですよね・・・しかも最近スキルガチャで魅了無効が流行っていてだんだん魅了が通りにくくなっている環境なので敵パーティが魅了無効を持ってたら完全に2行動(バリア剥がしと魅了技)使い切るんですよね・・・マサカド公は運のステータスが異常に高く、状態異常をかけてもすぐ治っちゃうし・・・状態異常弱くなっちゃいましたね。


    と、


    どの対策も、一長一短というか、複合してもどこか確実に穴があるんですよ。しかも結構頻繁にV☆マサカド入りのパーティに負けてます。なので最近疲れてしまっていて・・・課金悪魔がないと生き残れない環境は正直辛いです。僕も一応ランクで言えば2000くらいをキープするのですが、あまり上昇していません。課金者優遇ってこと自体は悪くないかもしれないけど、ここまで希望がないと優遇どころか差別に感じてきてます。


    これはあくまで、デュエルでの問題でありゲーム自体は無課金で遊ぶには十分楽しめていました。ただ、合体できる悪魔をもうだいたい作り上げており、なおかつアップデートが遅く、新規悪魔がなかなか増えず(というかガチャ限定悪魔が増えすぎてて全然悪魔全書埋まらねえ)正直最近退屈気味です。チャレンジボス的な奴もだいたい登場1週間以内に倒すし、称号集めると言ってもハードルが高く難しい。それでいて僕はジェムとかすぐ使っちゃう性分なのでしょっぱいガチャが増えてます。


    なので助けて(笑)


    誰かスマホで、仕事中片手間でできて、オート優秀でそこそこやりごたえのあるゲーム教えてください!お願いします!メガテン今超つまんねえ!真・女神転生Vのニュースなくて泣きそう〜!


    僕の愚痴に付き合ってくださってありがとうございます。物を書く気力が出てきたので、次は最近別の切り口でハマってるゲームの話を挟もうかな、なんて思っています。


    今後ともよろしく


  • 広告
  • 日本のゲームっておもしろいよね。その37:仕事?ダメダメ、ネタバレ出る前にクリアセナせな(ネタバレ自重のつもり)

    2019-02-01 10:003
    どもども、お久しぶりです。あけましておめでとうございます。

    今回はキングダムハーツ3を無事、自分の住んでいるアメリカの発売日前にクリアしたので、キングダムハーツの記事を書いていこうと思います。

    発売日の浅いゲームなので、キングダムハーツ の本筋のストーリー、まああくまで自分の判断で言う、「遊ぶ前に知ってしまったら、遊ぶ時の経験を損ねてしまう可能性のある情報」的な、ネタバレは書くつもりはありません。その代わりと言ってはアレですが、発売前関連の情報は特に自重はしません、余裕で他シリーズのゲームの話とかもします。

    キングダムハーツ3といえば、YouTubeとかでストーリーが難解、ディズニーキャラが空気,
    シリーズ完全網羅して遊ぶには10万円は必要、HD版カメラ近すぎて酔う、など俺のSNSタイムラインでボロクソ言われているシリーズです。しかし自分、そんなこと忘れられるくらいキングダムハーツ遊ぶの大好きです!大好きすぎて、キングダムハーツ2の縛りプレイを実況する動画も作ったと言う黒歴史もありからね!アレはひどいね!シリーズも一通り、まあモバゲーとソシャゲーを除けばほとんど遊んでいます、しかも割とリアルタイムで。ストーリーに関しては、いろんな人の動画とかで見返すので長い時間キングダムハーツ3の発売を待っている間もストーリーはほとんど忘れていません。なので、特に自分は特にストーリーを理解するのに問題なかったですね。

    さて、僕に撮ってキングダムハーツとは何かと聞かれたら、「究極の厨二」だと思います。このゲームは実際、なんかとりあえず14歳くらいの自分が剣みたいな物を振り回して影みたいな敵をボッコにして無双する、みたいな妄想とかよく繰り広げてた気がするんですよ。このゲームではそれができるんです!しかも、こういう話始めたらもう止まんないんすよ!キングダムハーツってそれでいて名探偵コナン並みにツッコミどころの多い作品でそこも掘り下げるのも楽しいですしね!ストーリーも最初の方はまだ全然普通だったのに急にディズニー関係のないオリジナルキャラクターのストーリーを大幅に掘り下げてどんどん複雑になった上、名前に関してのギミック、主人公との関係性、主人公の増加、ライバル増加、ライバル闇落ち、主人公闇落ち、ミッキー・ザ・ワールド、タイムトラベル(正直この辺でストーリーぶっ壊れた気がする)、しかも途中から二刀流になったり!鍵剣なのに鈍器だったり!と思ったらビームとか打てたり!2のファイアー系魔法がクッソチート魔法になってたり!アクセルが好きだったり!アクセルが好きだったり!DSのゲームがHD化してなくて残念だったり!正直HDにした時点で少しカメラもっと広くして欲しかったり!全身闇系タイツ男が明らかに自分より派手でかっこいい技を繰り広げても勝っちゃったり!マレフィセントさんがかっこよかったり!ラスボス演出神ってたり、ソラ人間やめてたり!シークレットムービーに何年も興奮し、しかも待ち焦がれて思念さんの演出ですごい鳥肌になったり!頑張ってLV1でいろんなKHクリアしたり!とにかく語り出したら、もうまとまらないくらいかなりの長い間話せるんですよね。

    究極の厨二病ゆえ、まあ主人公やらの闇落ちとか、ストーリーイベントがだいたい「こうなったほうがかなしいでしょ?」みたいな展開ばっかだったり、なんか自分の頭の中で妄想しちゃいそうなシチュが多々あり、ネタとしてもキングダムハーツは重宝していますね。でも、楽しいだけでなくいろんなところで結構涙くるとこもあります。まあ13年くらい待ったせいでもう大人になっちゃって、簡単に泣かなくなったのですが(笑い)。なんか急にランキングしたくなった、全ゲームの1位なところ発表でーす!

    キングダムハーツ1FM:ディズニー映画コンテンツの再現度が高さ1位
    キングダムハーツCoM:声優の演技が1位
    キングダムハーツ2FM:ボス、ゲームプレイが一番楽しい
    キングダムハーツBBS:ストーリーが一番好き
    キングダムハーツ358/2Days:(泣)
    キングダムハーツχ:みんなと一番一つになれた
    キングダムハーツ3D:難易度が一番高い!

    ってな感じかな

    それで、キングダムハーツ3はですね!楽しいです!戦闘楽しい!あと、意外とディズニー側のストーリーもしっかりしていて、何が起こるか知りたかった人にとっては絶対買いです。動画で保管ってのも勿体ないです、この楽しさは手に取ってやらないとわからないと思います。是非買ってやってみて!!!!

    ではまた〜

    ネタバレ入りの記事は需要あったらやろっかな〜

    まだ誰も読んでないと思うけど追記

    あんま言いたくないんだけどね、
    これの発売日一日中あそびましたね!仕事休んだね!でも意外と冷静でした、朝起きてすぐ起きず、朝ごはんにベーグルサンドとコーヒー買いに行って、それでもう誰もいない家でテレビ独り占めにして10時間くらいぶっ続けて遊びました。ここまでするゲームはもうあるかわからないけど、思い切りこうできるのも楽しいです!それに、日本の発売日がアメリカより4日早かったので、デジタル版買って遊んじゃいました!まあ俺日本語ボイスのほうが好きなので!どちみち日本語版遊ぶつもりでしたけどね。いやーもういい思い出です。その週末も30時間くらいぶっ続け、もうエンディング入ったらもう止めずにクリアするまで寝ずにやりました!正直周りに迷惑かけたかもしれないけどそんなこと気にせず、大体30時間でクリアしたかな。ストーリーだけ巡るなら簡単モードで20時間もかからないかな。












  • 日本のゲームっておもしろいよね。その36:連続投稿は失踪フラグ、あるある

    2018-08-31 09:462
    周りのゲーマーによく、「SwitchとPCさえあれば、大体のゲーム遊べるからお前さっさとPS4売り飛ばせばえんちゃうん?」と言われますが、そういう人たちに僕は言いたい。

    「PS4にはまだまだ利用価値はいくらでもあるじゃないか!

    Blu-Ray再生機とストリーミングBOXとして!!!」


    というわけで今回は、アトリエシリーズの18作目のアトリエフィリスの話を今更したいと思います。



    そういえば、2年のブランクで自分の人生で色々変化が起きたのをあまり言っていませんでしたね。実は今、家を出て数人と友達と暮らしています。仕事も契約社員みたいなことをここ数年やっていますが、なんとか切り盛りしています。ただ、友達と一緒にテレビみたりSplatoon2をやる機会が増え、ゲーム自体はあまり遊んでいないんですよね。しかし引っ越すまえ、実は仕事以外引きこもってこのゲームを日本のPS4アカウントでデジタルダウンロードし、初日から遊びました!

    さて今作はアトリエソフィーの続編で、例によってそちらの主人公であったソフィーの弟子になるという、今作の主人公フィリスちゃんのお話となります。お話はまずでっかい洞穴に入っている町で石の声を聞こえる少女が外に出ることを夢見て日々働い・・・働いている?!考えてみれば・・・錬金術になる以前で働いていた主人公っていなかったような・・・まあ、なんやかんやソフィーが洞穴の入り口を爆破し、二人は出会い、外に出る決意を固めるフィリスちゃん。ここで今作の素晴らしい点を一つ記したい。

    オープンワールド

    正直に言うとですね、僕はこのジャンルってあまり好きではないですが、この隔絶された空間に住んでいたキャラクターがいきなり広い世界へ旅立つってのを見たときオープンワールドゲームの魅力を完璧に理解しました。広大で一見無限に広がる台地を、最低限の持ち物で、自分の力で歩んで行く勇気。あらゆる困難な場面を乗り越えるために今いる世界から学ぶ大いなる知恵。それらを突き動かす自分の意志、まあ根性とも言えますが、人間的に素敵なことを多く知れます。

    システム的な観点からアトリエフィリスも前作以上に、シリーズ最大規模の進化を遂げたとも言えます。今までのアトリエはラージマップの場所をイベントや情報によって手に入れ、そこまで歩く過程がなく、アイコンにクリックしてからミニマップやダンジョンへ行くゲームでしたが、今作はなんと、どこでも歩ける。この感じ、PS2時代でドラクエVIIIやワイルドアームズ3ででワールドマップを歩んだ感じとにています。ああ、RPGだなぁと言える素晴らしいゲームとなっております。

    単純にマップを歩けるってことではなく、自分はこの世界を歩んでいきたい、この世界観が好きだからこそ歩きたいんです。正直、単純に広大な大地を歩くなんて時間の無駄です、しかしその無駄がこのゲームではその真逆えす。オープンワールドなゲームだけであってやることがいっぱいです。いつも通り、敵はシンボルエンカウントでどこでも色んなものを採取でき、途中で出会う冒険者から依頼を受けたり、行きついた町でイベントをこなす。これらが流動的に、自然に起きているからこそ自分はこの世界に陶酔することができ、それが一番の楽しみでした。

    これらを促進する要素として、ゲームのシステムも一通り見直され、進化しています。調合システムは前回と同じパズル式に新たに触媒という要素を加え、一見複雑になったかのように見えますが最終的には奥深く、楽しいものとなりました。その分素材を多く集める必要もありますが、触媒そのものに品質の有無は関係なく、品質が低い素材の価値が上がったかのように思います。実はこのゲーム、オープンワールドであると同時に、アーランドシリーズでお馴染みの時間制限つきなんで。しかしこれはストーリー上の建前の一つで、この時間内に本格的な錬金術師になるための準備期間なんです。この時間制限を乗り越えることで、プロとして認められることで真の自由が訪れ、時間制限なしに世界を冒険できます。

    実はこのシステム、前作の記事での疑問を解消してくれました。自由度が多めか、時間制限どちらかではなく、その両方をぶっこんでみました!って感じがたまらなく好きです。時間制限と戦う間の旅は、少し慌てたりし、普通にやりこむよりいろんな工夫をせねばなりません。例えば、周りには低品質な素材しかなく、ろくな調合しかできないなか、時間を惜しんで休みを怠ったせいで戦闘がおろそかになったり、アイテム創りすぎで装備に余裕がなかったりと正直ハラハラするばかりで楽しかったです。逆に、時間制限を取っ払ったあとに行くことが出来なかったエリアへの冒険、素材の吟味、装備の強化、キャラクター集め、高難易度のサブクエスト。オープンワールドなのでやつことがたくさんあって大変、むしろ時間制限を取っ払ったあとにやるべきだろ的なクエストを多く残しつつの旅だった(笑)。そこなんですよね、オープンワールド系のゲームってわたしはすぐ飽きちゃうんです。やることがあるかなしか、というより「やる理由」をみつけられない。やっぱり世界観やキャラクターって重要なんです。このゲームのメインクエストって、例えば村の風車が壊れたから直すための道具を作る、とかありきたりのことが多い。RPGと言ったらでっかいドラゴンと戦おう!みたいなのが多いですよね、しかしアトリエシリーズはこれをうまく裏切って、日常生活なファンタジーを実現し、平和なご時世での人を助けてあげたいという気持ちをすごく刺激されたおかげで、もうジャンルなんて通り越して楽しむことができると思います。

    この独特の体験をさらにさらに助けてくれたのが、やっぱり世界観とキャラクターです。と、言いたいところですがまず一つだけ文句が言いたいです。

    フィリスちゃんの声が高すぎて・・・なんだろう耳に来る、というか・・・常に歩いてるとなにか喋るのがしょーーーーーーーーじき応えました。嫌いっていうわけではないですが、この子のテンションにはついていけませんでした・・・好きな方にはもうしわけないです。

    しかし、まあそれはあくまで遊びすぎたせいもあるかもしれませんが、音声をさげれば問題ないです。でも、そのフィリスちゃんのおかげで世界観にのめりこめたといのもあります。彼女がまだ故郷にいた間のプロローグが外にでたときの感動を大きくいてくれたり。洞穴にずっと暮らしていたせいで世界の全容がわからなくて奔走し、がんばるところには癒されたりもします。さらに、前作の問題点の一つだったメインキャストの目立たなさというか、あまりストーリーに活躍できなかった点に関して今作はその辺全然文句はありません。メインキャラクターは全員、集める必要がないんです(例外もいると思いますが)。しかし、自然に世界を旅しているとひょっこり、ああこいつ多分仲間になるな~っていうキャラにしつこく話しかけたり、世界のどこかで偶然フラグが発生し、メインキャラクターに会えたおかげで近くに町があると知ることができたり。メインキャラクターに関するシステムが凄く好きです。しかも、いくつか簡単な条件を満たすことによってキャラクター関連のイベントやクエストをこなすと、みんな結構好きになります。前作の主人公とも共闘できるのはやっぱいいです!アイテム係が増える。

    今作のもう一つの素晴らしい点は、オープンワールドであるせいで拠点がないから調合ができないじゃーんと思うかもしれませんが、実はソフィーがどこでもドア~程ではないですが、キャンプできる場所にテントを作り、その中の4次元空間みたいなところで休息、セーブ、錬金、倉庫、量販店量販店量販店ができます。これもまた、いままでのアトリエでは(たぶん)初めてで、エリアのあらゆるところで錬金ができます。この自由度の高さたるや・・・もう天井がないかもしれない。もうとにかく驚きの連続です!あと、キャンプでBGMの変更もできたりします、今作もBGMが素晴らしいので終盤まで替えてないです。主に調合中のBGMを戦闘BGMにしたり、通常バトルのBGMをふざけたものにしたり。

    もう総評としてはA+!10中の10を上げたいくらい好きなゲームです!

    まあ、問題点をあげるとするなら、時間制限後のイベントが少ないかなぁとか、その辺が少ないせいで時間制限中のイベントもすくないかなぁ・・・と感じたりしましたが、実際長いゲームなので比較的にそう思えても仕方ないとも思います。あとは、前作キャラとの絡みが今作は非常に少なかったり(前作のキャラほとんど忘れそうだったが・・・)フィリスちゃんかわいい推しが結構しつこかったり。まあぶっちゃけ粗探しレベルでしか文句が言えないのは名作のサインのひとつかとおもいます。

    あ、一つありますね。僕は発売当日にこのゲームをプレイしたのですが、なんとチュートリアルバトルでフリーズをぶっこきました!遊んで数分でバグで詰み、何度も何度もチュートリアルバトルでPS4が断念し、せっかく買ったのにほぼ1日プレイできずにいました。

    バグ起こすならせめて中盤でバグれよ!(違う)

    と、言いましても現在はほとんどのバグが(たぶん)解消されていますので、是非に是非に遊んでみてください!今ならPS4、Vita、Steamなどで買えますし、アーランドシリーズもSwitchで発売されるのでもしかしたらこれも出るかも!と期待して待つのもアリだと思います。やりこみゲームなので、やっぱり手持ちでじっくりやるのも全然アリです!

    結構長くなったかな・・・ここまで読んでくれてありがとうございます。失踪は特にする気がないので、また面白いゲームの話をしに来ます!次回をお楽しみに~~~