ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

日本のゲームっておもしろいよね。その32:無職でもゲームクリアに1週間はかかる。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本のゲームっておもしろいよね。その32:無職でもゲームクリアに1週間はかかる。

2016-09-07 03:51
  • 2
お久しぶりです、実はアニメBD買いあさってたせいでゲームをあまり遊ばずアニメばっか見ていました。まあ仕事のために一月の間別の場所に住んだりして、夜勤午前1時から10時のグレイヴヤードシフトで働いたり・・・ゆっくりゲームやる時間があまりなかったんですよね。携帯ゲーム機とかではゲームやってた気がしますけどね、忘れました。今は仕事を色々終え、ちょっと休憩に無職やってます。久しぶりにPS4をアニメ見る以外に使いたかったので日本のPSストアを色々見ていたらアトリエゲームが・・・

Atelier Sophie boxart.png

今回はPS4で遊んだ、コーエーテクモさんから発売されたソフィーのアトリエ~不思議な本の錬金術士~のお話をしたいと思います。アトリエシリーズの17作目(A17)ですね。

実を言うとアトリエシリーズは結構遊んでいます。今まで遊んだのは:
イリスシリーズのエターナルマナ(A6)と2(A7)
マナケミア1(A9)と2(A10)
アーランドシリーズ(A11-A13)

・・・結構遊んでると思いましたが、半分も遊んでいないですね、好きなシリーズのはずですが。

正直に言うとテイルズシリーズのように1年に一回のペースでゲームを出してしまうと、ボリューム不足になるのでは?と思っていましたけどアーランドシリーズすべても1年に一回くらい出ますがDLCはありつつも、特にボリューム不足というわけでもなく面白かったです。今回もそんなクオリティのゲームを期待しながら衝動買いしました。

衝動買いって大抵後悔するのですが、今回はまったく後悔していませんね、なぜなら今作のアトリエは何といっても調合システムが過去最高(たぶん)に面白いからです。


このように今回の調合は素材の品質や組み合わせ、さらにその素材の大きさ、形、属性がかなり重要になっており、独特の素材をパネルに置くシステムになっております。アトリエシリーズ、とりわけガストのRPGは複数の素材を合体させることで新しいアイテムを作り出す「調合」システムがあります。アトリエシリーズのRPGはこれを主体にしたゲームです。キャラクターも錬金術によっていろんなものを調合し、作り出すものの関連性やキャラクターとの会話やイベントで世界観が広がります。しかも、この調合システムはゲームを重ねるごとに進化していき、おかげで作れるアイテムの幅が広がり、アイテムの性質を強化、弱体化、変化など様々なアイテムが作れます。色々研究すれば普通の炎属性の爆弾に氷属性のダメージや毒眠りなどの効果も追加できます。自分の独特なアイテムや装備品を作りだし、ゲームを攻略していきます。

今作の新しいパズルのようなシステムは超楽しいです。一つのアイテムを作るため最適な形を探し出したり、組み合わせを見つけたうえでそのようにパネルに配置し、ボーナス値を手に入れるために試行錯誤を繰り返す作業楽しいです。作業楽しい・・・作業たのしいよぉ・・・えへへへへ作業楽しい・・・・と一つのアイテムにものすごく時間のかかる時もあります。基本の爆弾アイテムを作るのに15分もかける場合もあります。例えばアーランドシリーズで調合する場合にはアイテムを選んでさっさと調合しますが一回の調合で15分も試行錯誤することはあまりありません笑。しかし今作のパズル調合では一つのアイテムを作る満足感が段違いです。以前デジモンサイバースルゥースで、手塩をかけて何時間も使って育てるデジモンでボスを一発で倒すのが面白いと書きました、それと似た感覚です。自分で作り上げた最強のアイテムで最強の敵を倒すのが何より楽しくて、これだから調合はやめられねえ!って感じでした。今作の次回作にもこの調合システムが引き継がれるようなので次回作も買います、正直に言うと作れるアイテムの種類が少ない気がしたのでもっともっと調合できるアイテムを増やしてほしい。うふふ・・・作業たのしいよぉ・・・くっくっく・・・コココッコッココッコココココッココッココッコッコ・・・

前シリーズのアーランドシリーズとの最大の違いは今作は時間制限みたいなものがないことです。アーランドシリーズはペルソナ3や4のように限られた日数が経つとゲームが強制的に終了するシステムがあり、このおかげでゆる~いシリーズも時間制限内でプレイしなければならないため、プレイ時間を抑えつつ緊迫した雰囲気でプレイできました、効率がよくないと時間内に課題ができないため難易度も上がりました。今作ではそれを廃止しました、しかしこれがいいことか悪いことかはまだ分かりません。時間制限がないおかげで、課題がなくなり調合そのものに集中できましたし、さらに装備を整えるのにいくらでも時間をかけてもいいので最強装備やアイテムを作れました。しかし調合に時間をかけるせいか、キャライベントやストーリーもいつでもできる、「ついで」みたいになってしまい、いまいちキャラクターやストーリーにのめりこめなかった気もします。アーランドシリーズでは調合を含め、あらゆることを、ストーリーやキャライベントをすべて効率的に進めなければならない後押しがあったため、イベントを行いましたし、マナケミアシリーズはキャラクターの強い個性があったためキャラクターに惹かれイベントを進めましたし、頑張ってキャラエンド全員をゲットしました。そして子だくさんエンドにすべてショックを受けました笑。しかし逆に、時間制限のせいでアーランドシリーズ最初のロロナのアトリエが凶悪難易度になっていたりで一元様お断りになっていたり、全イベント1週目で見れないからだるかったり、あときちんと調合にうつつを抜かせない場合もありました。まあ好きなゲームなら何時間もプレイしていたいという気持ちはわかりますが、時間は有限。しかも世の中メディアであふれているせいであっちに新作こっちに新作と続々とゲームが出ているので、時間制限のプレッシャーでやりこみがおろそかになると、時間がないのでユーチューブでイベント保管とか、そういうことになりかねない。ちなみに僕はFFXVの発売日遅れるの大歓迎です、9月にペルソナ5が出るというのにその二週後FFなんて出たら時間がいくらあっても足りません。スクエニGJ、テイルズ涙目・・・・あれ次回のアトリエの発売日・・・orz

なので、時間制限の要素は好きなのですが、アトリエでのアリ、ナシはどっちがいいかはわかりませんが、いっそソフィーの調合システムとアーランド、黄昏の時間制限を両方組み合わせたゲームも遊んでみたいですね!みなさんは時間制限をどう思いますか?是非教えてください。

次に語りたいのは今作のビジュアルですね。ちなみにキャラクターデザイン的に言えば、一番絵のタッチが好きなのはアーランドシリーズですね。アトリエ全体のビジュアルは色彩あふれるゆる~~~~いって感じですね、世界観に沿ってます。しかしアトリエシリーズはドットからロロナのアトリエの3DCG(まあセル色のついたCGって言うんですか?)なりましたよね。ロロナのアトリエ(初期の)ビジュアルはあまり好評ではありませんでした、しかしトトリのアトリエからCGのクオリティを一気にあげ、どんどん良くなっていきます。黄昏シリーズは遊んでないけど、ビジュアルは少しづつ良くなっており、ソフィーでも色々できることが増えました。Vita版ではわかりませんが、実は今作カメラを動かしたりできイベントもCGモデルが表情を作ったりするのを見ます。往来の手書きの立ち絵やスチルが好みなので、やはりそっちにしてほしい気持ちもありますが、今作グラフィックがすごかったのが敵モデルと背景ですね、特に夜の星空が特にきれいだったり、敵デザインもディテールが細かく見せておりかっこよくなってます。(種類が少ないけど、次回作に期待)グラフィック方面もたくさんがんばってほしいですね!楽しみ。

今作の音楽はすごい落ち着くいいサウンドトラックです、ぶっちゃけガストのRPGの音楽は基本的に全部好きですね。文句のない素晴らしい出来。マルチボーカルの曲とかいっぱいほしい!笑

今作のバトルシステムは特に文句なしです、タイムカードを足す効果の技が好きなのでそれが帰ってきたのもうれしいです、マナケミアでなんとかブレードを連発するの楽しい。今作のサポート防御、サポート攻撃も好きなシステム、しかしできればマナケミアみたいに6人パーティをバトル中に入れ替えることができたらもっといいと思います、そうすれば全キャラを育てるのも楽しいし状況に対応できるパーティが作れます。あと調合アイテムを全員がある程度使える新要素がいいですね、アーランドでは錬金術士しか使えなかったので。しかもキャラクターによりけり使えるアイテムが違ったので、そのキャラクター専用のアイテムを作ることができて楽しい。しかも量販店のコルネリアちゃんの機能を使えば使った道具を帰ったときに補充できたのが一番便利、お金も安く済むしこれからも量販店は欲しいですね!

量販店はこれからもあってほしい!

あってほしい!


あってほしいいいいいい!

今作の新要素をたくさん楽しめたのですが、今作少し弱かった点もありますね。調合関連のことは文句なし、バトルシステムもいいのですが、今作ちょっと必殺技、スペシャルアタックがイマイチ印象に残りませんでした。なんというか、必殺技があんまり強くなかったんですよね、ぼくのミスかもしれないですがイマイチ威力がなくて、かっこいい技も特になかったので・・・キャラクターも別にって感じで、特にだれか好きになったというわけでもありません、ハロルくらいかな、好きだったのは。でもイベントを進めるとキャラクターが強化されるのはいいと思いました、スキル増やしてほしい・・・もうちょっとスキルの種類ほしい・・・

しかし全体的に言えば、僕自身はこのゲームをやりこんで、たくさん遊んでたくさん調合できて・・・・ふふふ作業たのしいよぉ・・・うふふふふふうふ・・・ゆるい世界観、まあ普通のRPGでありそうな世界救う展開がないのもいいですね。ぶっちゃけこのゲームの楽しみは個人的に9割くらい調合を楽しめたのでそういうの好きな人は、それだけでこのゲームを進められますね。作業とかやってると精神的に落ち着くし、満足のできるもアイテムができたら気分が最高に高まります。これからもアトリエシリーズは色々遊んでいきたいと思います。

みなさんも遊んでみてね~

次の記事は逆転裁判6かメトロイドどっちにしようかな、ダークソウル3も一応遊んだし、グラビティデイズとかもね。わりと色々ゲームやってましたね(笑)。
広告
×
お久しぶり。お元気でなによりです。
私も今年PS4を買いました。今まであまり触れたことが無いタイプのゲームもプレイしました。

ソフィーが時間制限が無いおかげで、ストレス無くやり放題出来る。しかし、同時に調合とイベントの進行のバランスを崩しやすい。素材集めに時間をかけると、キャライベントがどんどん発生し、気付いたらもうほぼ見終わってしまった。そのせいで一番盛り上がるだろう終盤は、あまりイベント起きなくて寂しかった。
戦闘はターン制になった以外はいつものアトリエ。ただし必殺技やサポートの発動条件は自由度が無く、狙った技を出しにくい。これは次回作の改良に期待。

岸田メルのキャラクターデザインが好きなら、先日発表した「ブルー リフレクション」の情報を見てみるのもいいと思います。魔法少女物らしいが、詳細はまだ不明。
56ヶ月前
×
>>1
三日坊主さんもお元気そうでなにより。僕も二年前ほどPS4を買ったのですが、携帯ゲーム遊びながらPS4のストリーミングアプリでアニメやドラマを大きいテレビで見る以外使ってなくて寂しかった口です。(笑)

そうですね、時間制限をソフィーから抜いたのはちょっとゲームのペース配分にちょっと釘を刺した気もしますよね。人形劇が見れなかったのが1番のショックだよ。あの乳首守るおじさんにはがっかりだよ!
今回の戦闘システムのサポートはイマイチ理解するのに慣れる必要だったけど、再数的にみんな防御スタンスかみんな攻撃スタンスで思考放棄してしまいました。(笑)でも必殺技は出しにくいというより、出してもものすごく弱いのにショックでしたよ。まあ僕は最初からデスペアモードだったせいかもしませんね、ノーマルかハードだったら威力高かったのだろうか?でも特にアインツェルはもっとかっこいいのが欲しいので次回作に期待ですね。

そうですね、ガストさんのゲームだしブルーリフレクションは気になってしまいます。ノベルゲー・・・なのかな?まだなんもわからないですが楽しみにしときます、VITAも最近寂しいので(VITAでメルル遊んでるけど)。でも決めての一つはやっぱ音楽でしょうね、音楽担当とかどういうことやるか気になってしゃーないですね!

いつもコメントありがとうございます、超不定期記事でるがこれからもよろしくお願いします。

56ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。