日本のゲームっておもしろいよね。その36:投稿が2年ぶりなのは、ゲームを色々やっているからさ(本当はアニメ見たり仕事したり、仕事しながらアニメ見返していました)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本のゲームっておもしろいよね。その36:投稿が2年ぶりなのは、ゲームを色々やっているからさ(本当はアニメ見たり仕事したり、仕事しながらアニメ見返していました)

2018-08-25 07:08
  • 2
お久しぶりです。そろそろ脳みそとか脳波のみで操作できるゲームとかあれば、長時間運転や仕事中が苦にならないんだろうなと思いつつ、慣れたら慣れたでそんなことしながらゲームをするとゲームまで嫌ってしまうものではないかと不毛な妄想と闘争し現実からで逃走を続ける日々を送っています。

というか、普通に元気です。

前回デジモンストーリーサイバースルゥースの記事を書いたので、まさか買うとは思っていなかった続編?外伝?の『デジモンストーリーサイバースルゥース ハッカーズメモリー』に関して色々書いてみようと思います。


前回の記事で、前作のことを色々書いて見たんですけど、今作は前作という本編に対しての、裏で起きている外伝になっています。セッティングとしてはその辺のモブっぽいキャラが前作のストーリーの裏でハッカー(自称)活動を行っていくストーリー・・・のはずだったんだが・・・

発売前の情報で裏方のストーリー、キャラデザが地味、しかもバンダイナムコさんが続編ラッシュをしていたせいか正直買おうか迷っていました。というかせっかくSwitchを買ったんだから何かSwitchゲーを買えよ!と思いつつ、なぜか他にやりたいゲームもなかったという理由で発売二日後にデジタル版をフルプライスで購入し、バスで出勤するので、Vitaで遊び尽くしました。これが功を奏し、前作もVitaで遊んだおかげで前作のデータと融合させることによって少し得点を貰いました。しかも、前作のゲームも今作で遊べるみたいなんです!

・・・いや、いらねえよ前作。もう持ってるし。これは前作を遊んだ人のためだけの特典なのかな・・・?それとも今作は二つのゲームが付いて来るかはよくわかりません。

でも実際、買ったことを後悔していません。実際ハッカーズメモリーは前作に置いてキャラクターとストーリーに置いてはるかに凌駕する上、前作のバトルシステムの改善とデジモンの量が増え、外伝としては満足する内容です。某FFの続編らのように、別のキャラクターの視点で過去に行った(と行っても東京に住んでる人なら土地勘とかあるのだろうか?)東京の各地を前作と別々のタイミングで色々なプチクエストでデジモンを成長させます。

こういうゲームの僕のプレイスタイルは、クエストより育成がメインになってしまい、現在の適正レベルをはるかに超えるデジモンを作った後にクエストをするというちょっとペース配分が悪いプレイ方法をで遊びました。でもおかげで多くの下級デジモンを育て、後々それらをいろんな長所を持った別々のデジモンにしながら図鑑を網羅したりできて楽しいです。このゲームの良さはなんと言っても育成です、メインパーティ3体とサブパーティ8対使えるのが健在で、同時にいくつものデジモンに経験値を与えつつ、自分のベースのデジファームにデジモンを訓練させ、様々な強化をオートで行ったりと結構メニュー操作が忙しいです。昨今色々なスマホでのいわゆるソシャゲーで多くの時間とお金を食いつぶす感じのゲームが多い中で僕はデジモンを遊び尽くしました。しかもVitaで遊べるので、タブレットでアニメなど見ながらお気楽に育成できるしね!

前回の記事でも書いたことですが、自分の育成、苦労が報われ、ボスに奮闘、楽勝で倒すのがすごく快感で、このゲームは僕のそういう欲求を満たしてくれました。しかし、育成に集中したのがよかったと思います。実際結構難易度の高いゲームで、ボス戦など特に苦労を強いられました。というか、今作の方が強化が鬼です。自軍のデジモンを強化させる●●チャージフィールド系の技は、特殊なデジモンを除けば大抵は究極体を高レベルにした際に覚えるスキルで燃費もすごく悪い。敵のMPが無限である上に、ボス系デジモンの多くが特殊なハッカースキルや回復アイテムが使える相手には相当苦労しました。特に・・・自チームの兄貴キャラの強化がエグイ・・・強化を消し去るスキルも少なくて、苦労しました。こういう差を努力で埋め、何回か試行錯誤し負けたり,四苦八苦するのが楽しくちょうどいい難易度と感じました。特にゲーム終盤やコロシアムも相当難しいですが、頑張ってクリアしバスの中で地味なガッツポーズをしたりもしましたね。

少し残念ところは、やはり外伝的な立ち居位置であるせいか、見覚えのある東京エリアやダンジョンに見飽きたりしてしまい図鑑をかなり網羅していたせいかそれを埋めるのが結構楽だったりとその辺はあんまり燃えなかった気もします。音楽も前作とほぼ同じで、セールスポイントの一つの神風動画さんのムービーシーンもかなり少ない(前作もあんまなかったような)結構ボリュームが少ない感じもしました。外伝故仕方なしと片付けて遊びました。

さて、記事の冒頭で前作よりストーリーがいいと書いたのは事実です。しかし正直お使いゲーって感じですね。構成は面白いと思いました、ハッカーチームに入ってチーム内のキャラクターを主体に色々なキャラが策謀を巡らせそれがたまに交わり、どんどんエンディングにむかっていきながら前作あまりフィーチャーされなかったキャラクターのお話も色々聞くことができます。ストーリーというより、人間のキャラクターに重点を置いたおかげで色々な感じのクエスト、中には悪人と徒党を組んだりする場面なども好きでシンプルではなかったので飽きはしませんでした。特に今作嬉しかったのが、チームバトルでチェス盤のようなステージでポイントを取り合うシステムなんですが、これがなかなか面白い。時間はかかるけど、連れて行くキャラクターの好感度を上げることが可能で、ちょっとしたギャルゲー、乙女ゲーのイベントみたいなことができ、楽しいです。

前作を楽しんだ人には是非オススメしたいところです、今なら手頃の値段で買えるだろうし。デジモンの色々な方面で復活を遂げ色々なコンテンツが制作されているので、楽しみです!その怒涛の勢いで次回作みたいなのがあるならば、やっぱり舞台はデジタルワールドで、自軍のデジモンが喋らない今作より、やっぱデジモンとの絆が重点になるストーリーとか見てみたいです!あとクロスウォーズのデジモンをもっと出してもいいのよ!(X7あたり出すとカオスかも)

さて、久々にブログなど書いてみましたが如何でしたでしょうか?これを何年か書いて日本語のレベルが全く上がっていないのはまあ、そのうち頑張って行くとしてこれから時間を作ってブログをゆらーり再開していきたいと考えています。やっぱ創作ってなんやかんやで好きなんです、スキルがあるわけではないけれど。

次回は・・・記憶に新しいゲームの記事を書こう・・・うん!

そうそう、デジモンアドベンチャーTri、アメリカでも視聴できて面白かったです!こちらもデジタルワールドの描写が少ないのが少し残念だったけど、懐かしいって感じじゃなくて変わったみんなと歩むストーリーが好きでした、オススメです!アプリなんとかはアメリカでは視聴できないので見れません、面白いのでしょうか?でもこれからもデジモンとつくものは大抵見る羽目になると思います笑。子供の頃に、アメリカで放送した英語吹き替え版のデジモンから始まって、今は可能な限り視聴できる日本語版のデジモンに色々手を付けてデジモンが好きになりました。親が離婚した身としては、ヤマトとタケルに共感しその辺の痛みを和らげてもらった子供時代、デジモンで切り抜けていきました。小学生の頃は、ポケモンvsデジモンとかいう話題が盛り上がってましたね、FOX Kidsの雑誌などにそういう記事が載っていたり、両方見てた友達といっぱい話をしました。今見れば、商業的には圧倒的にポケモンが勝っていますが、ポケモンなぜか見ていませんでしたね。でも酷いんですよ、英語版のデジモンと日本語版ってかなりいじられてましたね。北米版4Kidsのワンピースのように、ビジュアル的には大きく修正されたわけではないのですが、さらに小さなお子様のために音声のない部分に強引なジョークを挟んだり、胸熱の曲を全部ヒップホップに差し替えたりと、日本語版で育った人がみたら、笑うかショックを受けると思います。しかし、それでもこちらではかなりの人気を博し、多くのアメリカ人がデジモンで青春したため、デジモンの芯みたいなものはこちらにも十分伝わったと思います。

これは、友達の受け売りなのですが、北米版のサイバースルゥースを遊んで、結構いろいろ問題があったらしいです。ところどころの翻訳がおかしく「イーター」が「バケモン」と誤訳されたり、ボイスが日本語のみで結構手抜きだったと聞きました。そしてふたりのあいだに「イーター=バケモン」、「犯人はバケモン」などプチ流行りしました。正直、その辺は修正パッチださないでほしいです(笑)。







広告
×
お久しぶりです。
自分はこの2年間、見るアニメが多くなって、ゲームをやる時間が減ったな(笑)。

デジモンアドベンチャーは終盤くらいしか見ていなくて内容がよく分からなかったが、主題歌と挿入歌がかなり熱くて好きだった事を覚えている。

それでは、また記事を上げるのを待っています。
23ヶ月前
×
>>1
お久しぶりです。
そうですね、こっちだといろんなものをストリーミング視聴できるようになってから、家の主電力はもうテレビに回しているようなものになっています(笑)。

そうですね、今見るならやっぱり最初のデジモンアドベンチャーからでないと、派生作品を見ても(Triや02などは直接の続編なので)わかりにくいかもしれません。しかし全部50話前後の作品だし、ピンで見るならデジモンアドベンチャーかデジモンテイマーズですかね。あとは個々人の好みの問題かな。今のご時世だからできることだけれど、こういう長編アニメをどんと見るならゲームとかしながらじゃないと難しいですね。かくいう私も、遅れないためにドラゴンボール超(終わったけど)や、ゲゲゲの鬼太郎(6期)、信長のシノビ(ショートアニメだけど)な、アメリカで初めて正式にリリースされた銀河英雄伝説などゲームしながらこっちで言うパッシブウォッチングしてますね。

こめんとありがとうございます、励みになります!アニメは見ているけれど、ゲームも”ついでに”やってるよ!次の記事も書いておきますので、これからもよろしくお願いします。
23ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。