ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 輪投げを振り返る?

    2017-08-12 08:54
    根暗先生の経験で苦い思いでがあります。

    それは精神病院のイベントで、夏祭りの「輪投げ」での事です。

    デイケアのメンバーは輪投げコーナーを担当して、祭りを盛り上げます。

    地域住民とのふれあいとして、精神病院のお祭りに、近隣住民が招待されました。

    小学生くらいの子供達が50人以上はいたかも知れません?

    輪投げの道具は、普段リハビリに使う点数表示がある、輪投げセット?

    2台並べて進行します。 参加者は5本の輪を投げて、点数が書かれている棒に輪がかかれば点数が加算されて行きます。 全部の輪を投げ終わって総得点に応じて「商品」が貰えます。

    準備として、係りの役割を振り分けました。 受付係り、計算係り、商品係り、という感じです。 各台につきそれぞれ配置されます。

    受付は事実上、進行役を務めます。 計算係りは点数計算専門。 商品係りは商品を渡す仕事。

    受付は、お客様と直に接する役割だ。 その為、係りになるのを拒まれるのだ。

    「恥ずかしい」と?

    私に受付役を割り振られた。 私は学習障害持ちで「計算ができない」

    その事を訴えた。 やるのは良いけど、計算機の用意をして欲しいと頼んだ。

    当初は計算係も考えられていなかった。

    以前にブログに書いた中国人の研修生のエピソードはこの時の事だ。

    輪投げ台の「棒」が固定されずに「グラグラ状態」で固定しないと輪が受けられないと思った。 それで、ガムテで応急修理だ。

    この時、会場に輪投げセットを運ぶのに、輪投げセットを玄関に置き忘れる事があった。

    輪投げセットを持った人が履物に気を取られていた?との事?で忘れたらしい。

    会場で「無い無い」って言っていて、玄関に置いてあった風景を思い出し、玄関に行ったら、輪投げセットが放置されていた。

    そして、道具が壊れているのだから・・・不安一杯。

    そして、用意された計算機は一個だけだった。

    足りないよ?と言ったら「大丈夫だよ、ちゃんと計算するから」

    ・・・。

    祭りが始まり、入院患者、近所の子供達が、輪投げコーナーに集まった。

    配られたチケットの都合上、輪投げを消化してから、他の食べ物コーナーに行った方が効率が良いのだ。 祭りの始まりと同時に人が殺到した。

    順番にチケットを受け取り参加者に「輪」を渡して投擲?してもらう。

    点数が入ると、点数を加算していく。

    しかし、私は足し算ができない・・・計算機を持った計算係りを見ると、

    離れた場所で、ふざけている?

    当てに出来ん! そう思った。

    もう一つの輪投げ台の様子を見ると、問題なく普通に進行している?

    あっちの受付役は、麻雀の点数計算をスラスラこなす人だから、足し算なんて苦にしない。

    困ってしまった。

    輪投げの進行を止めて得点計算の方法を何とかしたかった。

    せめて足し算出来る人に代わって欲しかった。

    計算機を私の手元に置いて欲しかった。

    計算係りは無駄話しないで計算して欲しかった。

    言えずに

    得点計算をいい加減にして、進行した。

    子供達は、計算が合わないので「?」となっていた。

    それは、わかっていたが・・・。


    この時、珍しくビデオカメラが設置されていて、

    多分、録画されていた?

    カメラを見た時に、

    「多分、事情を知らないで、映像見ると誤解されるだろうな?」そう思った。

    その時のビデオカメラが何の為に用意されていたのかは知らない。

    ただ、何となく嫌だった。

    計算が間違っているのは、わかっているのに「嘘のまま進行させるのに心が痛かった」

    助け舟は欲しかったし、SOSは出したかった。

    傍に病院スタッフはいなかったし、助けを出せるような人は傍にいなかった。

    進行する事が辛かった。

    祭りが終了して、ホッとしたけど、

    年月が経った今でも、当時の事は、思い出すと辛い想い出だ。

    「なあなあ」で物事を進めると良くない事を痛感した出来事でもある。

    おつ

    2017/8/12








    結び付けたくないが、この輪投げの後に精神薬が変わったのだ。 注:輪投げの一年後くらいに精神薬が変更になった。 その後、時期的に黒歴史へと移行する。  考えとか意識は今も昔もあまり変わらず、昔は図々しく無かった?だけかも知れません。 親の介護などを経験して、図々しく言わないとイケナイ状況が多くありました。 今は物凄く、厚かましく発言するけど、昔はそれなりにシャイだった。 若いと言えない事が沢山あって、今の若い人を見ると自分の若い頃を思い出します。 若い人の立場を守っていると「言えない事」があって、言えなかった自分も居たなーって思います。 今の若い人が中年以降になって、それなりに苦労を味わった時、根暗先生の考えがわかると思います。 ただ、人は同じでは無いので、到達点は違うと思いますよ。 

    ガス料金の未払いによるガスの利用停止をガス会社から言われました。 それは、受け入れるしかないのです。 現状で収入はゼロですし、他にも払えない公共料金もあります。 それでも生活保護は受けたく無いし、障害者年金も要らないのです。 じゃあ、どうやって生きるの?って事は、仕事をして収入を得て生きて行きたいと思っています。 8月はハローワークで3回、求人に応募しましたが駄目でした。 そもそも、中卒、運転免許無し、統合失調症歴、では就職は難しいです。 それでも「医療を受けなければ生活保護は支給しない」考えの盛岡市と生活福祉課ですから、私と考えが食い違うのです。 ニート枠、就職困難者枠、生活困難者枠、無収入者枠、などでの生活保護支給は出来ないとの事です。 どうしても「医療」を受けないと生活保護の受給は出来ないらしいです。 ですが私は「絶対、精神科関係は嫌」なので、生活保護は要らないと思っています。 ゼロ収入で生きていけないなら「それで構わない」のです。 死んだって良いと思っています。 精神科医療を受けていた30年間にハローワークに行ったのは使い方をケースワーカーに教えて貰った時の2回だけであり、事実上無いのです。 ですが、精神科医療から離れて一か月で3回のハローワーク利用です。 あきらかに社会復帰、社会的自立を考えるなら、精神科医療を受けない方が「自立へ向けて活動できている」のです。 それでも「精神科医療へ引き戻したい」人達や考えがあるのでしょう。 まあ、それでも「精神科医療は嫌」なのです。 この事は答えたくない案件ですので以上です。

    介護について
    そろそろ身の回りの整理しなきゃな?と思った時に、少しは親の介護の事も書こうかな?そう思った。 親の介護は「親の愛情の深さ」が大事だと思う。 私の親が息子の私に掛けた愛情が深かった。から、親である自分に返って来たのだと思う。 その位の愛情を掛けて貰ったし、注いでくれた「親」だった。 私が介護の真似事が出来たのも「罪の意識」かも知れない。 だから威張れるものじゃない。 馬鹿息子が何やっても駄目かも知れないし無駄かも知れないけど、他に親の事をみてくれる人も居なかっただけだったから介護しただけだ。 親が凄かっただけなんだ。 以上

    時代の変化
    昔は精神障害者の雇用は難しかった。 デイケアというシステムも元々は「就職スキル等の獲得」が目的だった。 その為には「毎日、通う訓練の場所」や「対人スキル獲得」「日中の居場所」等々が考えられていた。 その後、デイケアは「精神病患者の居場所」としての役割が強くなり、「職業訓練の場所」の意味合いは弱くなった。 私がデイケアに通う事を勧められたのは「社会復帰の目的」と「仕事につながる為」だった。 今はデイケアをそういう目的の場所として位置づけられていない。 一応、名目では社会復帰目的ではあるかも知れない? 今と昔では役割が違うのだ。 今は就職を目指すなら作業所を薦めるところが多いと思う。 今の精神科関係の制度を見ると「障害者として型に押し込めたがっている」と感じる。 制度が全て「精神科医療につながるシステム」だからだ。 本当は言いたくない事だが、息苦しい社会だから言いたい。 相談システムも利用できないぞ! だって全部精神科医療につながっているからだ。 警察、消防、救急、病院、保健所、市役所、等々が相談窓口を開設しているが、どれも相談すると精神科医療に問題が丸投げされるシステムだ。 相談員に相談すると内容を測られて、それぞれの「行政」に振り分けられる。 相談員が「事件性や犯罪性」があると判断したら「警察」に問題が送られる。 相談員が「健康や命の問題」だと判断したら「救急や病院」に問題が送られる。 そして「精神的な問題」と判断されれば「精神科」に問題が送られる。 多くの相談窓口は「問題解決の為の窓口では無く」、「問題を把握、振り分ける目的」の場所だ。 だから相談しても「問題解決」にはならない。 問題が解決されると思って相談すると思わぬ方向に向かう。 相談員に相談すると大抵は「私共では判断しかねる」とか「私達は専門家では無いので」とか言い始める。 そして、警察なり精神科につながるシステムになっている。 相談窓口は「案件の振り分け目的」の場所だ。 自殺だって過労死だって借金だって相談窓口に相談すると窓口での解決にはならず、どこかの「行政」に問題が送られるのだ。 社会のシステムがそう出来上がっている。 だから精神病のレッテルが貼られていれば、余程の事件性がない限り、警察に相談しても警察から「精神科受診」を薦められる。 警察に相談した問題が金銭問題であってもレッテルがついてると精神科につながるのだ。 レッテルが貼られていると警察は仕事しないのだ。 相模原事件の後、警察と医療の結び付きを強化しようとしたのは、行政の仕事をやり易くしたいからだ。 患者の為とかでは無い。 もちろん、そういう思惑は表に出さない性質のものだ。 医療を受けると「齟齬が多い」「齟齬が多過ぎる」のだ。 深刻な病気になれば「齟齬の多さ」に怖くなるぞ! とても怖い思いを経験する事になる。 そういう経験談は少しづつ表に出て来てるから、探してみると良い。 正直、部外者が知らない世界を安易に語って欲しくないと思っている。 当人達が辛いのだ。    
  • 広告
  • 物事が簡単に進んでいれば? 問題をややこしくしたもの?

    2017-08-08 13:36
    根暗先生は昔から色んな想いを抱えて生きていました。

    つい最近まで想いは、出さなかった。

    いや、出せなかった。

    それは私の「心が弱かった」

    それが、想いを出す事を許さなかった。

    昔から社会的に価値が無いものばかり好きになった。

    アニメ、ゲーム、漫画、とかサブカルとか・・・

    どれも、昔は「くだらない」ものと一蹴された。

    「くだらない」ものに一生懸命、頑張る事は「信じられない」のでは無いか?と思います。

    価値があるもの? 勉強とか一部のスポーツとか仕事とか、

    そういうものの努力は「歓迎される」のです。

    ラジコンに入れ込む?なんて世間から見たら「馬鹿」にしか思えないでしょ?

    そういう意識を感じていたから「想いは出さなかった」

    施設に入所した時に「Zガンダムが見たい」とか「見せて」と言えたら、施設で暮らしたと思う。 言えなかったから「逃走」したのだ。

    「いじめ」も当時の認識は「いじめられて自殺するなんて考えられない」と思われていた。 
    今は問題視されているが、今でも解決に向かっていない問題だ。

    「アニメ」も「勉強の邪魔」と否定されてきた。 

    「オタク」なんて言葉も蔑称や侮蔑の言葉として使われてきた。

    蔑称される趣味を「声高らかに話題にする事は出来なかった」

    「ゲーム」も同じように侮蔑される。

    私は恥ずかしくて想いを言えなかった。

    自分が「愛するもの」が大切に想われているか?大切に扱われているか?とかって、

    色んなところを見ればわかるのです。

    そもそも「Zガンダム」の放送時間を見れば思うんですよ「何で?誰も見ない時間に放送するの?」って・・・・。

    「いじめ」で自殺した人に浴びせられる「心無い発言」・・・その発言を密かに聞く。 目の前の人間が「いじめ被害者」だとしても「発言」される・・・・。

    「アニメ」に歪んだものを押し付ける意思には辟易する。 富野監督はテレビで「大人達がはしゃぎ過ぎたんじゃないか。こういうマーケットに対して、もう少しお客さん・・消費者面から見て自分達が一つでも年上だったら若い人に対してもう少し若い人の来年の事を考えて欲しい・・考えてませんも今年の事しか。 それは酷いんじゃないか商売をやるにしても」・・・

    この話をする富野さんの表情は辛そうです。 僕には富野さんを見てると「世の中の怖さを感じる」のです。 富野さんは制作の現場では「怖い人」だと伺えるのですが、それでも社会的な評価は低いのです?

    表面に出てくる表現には「深くて広い知識や思考の蓄積」があるのだと感じる。 逆に言えば「どんなに勉強しても、薄皮一枚程度の作品しか作れない?(富野作品の社会的の評価が薄皮一枚程度と私は認知している?)名作が簡単に作れる訳無いのに、扱いの酷さに切なくなる」

    「オタク」なんて言葉は「レッテル貼り」したかっただけでしょ? 「見てはイケナイもの」として。 

    「ゲーム」が特徴的だったのは「大金が動きやすい」という事だった気がします。 ソフト一本が5000円~以上の値段で売る事が出来るのです。 後に開発コストがかかるようになり商売が成立し辛くなりましたけど・・・。


    私の周りは大人ばかりでした。 大人達に正面切って発言出来る程の「立場」では無かったのだ若い頃の私は・・・。

    表に出せない想いは「積み重なって捩じれ」て行きます。

    益々、言葉にし辛くなっていく・・・どんどん・・・どんどん・・・ドンドン・・・ドンドン・・・、

    私としては「どこかでほぐしたい」気持ちになる。

    想いで窒息しそうだ。

    ∀ガンダム「ローラの牛」

    主人公ロランは「人は人ですから」

    そう言います。

    その後に「人」は「盗っ人!」「月の人間なんか飢えて死んでしまえ!」

    ロランは「待ってください!同じ人間じゃないですか?子供だっているんですよ?助けてあげても良いじゃないですか?死ねば良いなんて酷い!酷過ぎます!」

    「僕は2年前に月から来ました。けど月の人と戦います。だけども地球の人とも戦います。人の命を大事にしない人とは僕は誰とも戦います!」とロランは発言します。

    この時のシナリオは富野監督では無く、若手が作ったと私の中の記憶では、そう認識しています。

    ロランの想いも、酷い事言った側も、どこかでちゃんと想いを出せば良かったのに?

    言えないって、ややこしくなるんだよね? そう思う。

    嘘の情報を流すと、その時は良い想いを味わうかも知れないけど、何十年後の将来に昔流した嘘で首を絞められる人も居るでしょ? 出世して、過去の事で地位を失う事もあるよね? 嘘情報で得られる事は無く無意味な事だと私は思っている。 真実を伝えているけども、受け手が「嘘」だ!って思ってしまっては「どうしようもない」のだ。 私の伝え方が下手なだけの気がする・・・(´・ω・`)

    おっつー?

    2017/8/8




     





    _________________________________________________



    ネットで自分の使いたいイメージの画像を探していたところ、上のイラストが目に止まりました。 とてもシンプルなイラストで大人しめの雰囲気です。 沢山のお色気ばかりのイラストに「うんざり」していたので、「静かな」感じが、気になった? それで、少し内容を見て見たら・・・。 素敵なところでした。 芸術性の高いイラストが・・・一番良かったのは「お色気を売りにしない作品」が多かった事です。 女の子は好きですけど「お色気は控えめ」にして欲しいんです。 少しのお色気の方が「素敵」に見えるのですよ? 2017/8/10 深夜2時にて思う。










    使う画像によっては大きく貼り付けない方が味が出る場合もある。 好きな画像は大きくしたい心情があるが、ま。良さには色々あるよね・・・。

    正直な事を言うと、ゲーム実況に興味があった?とは言えないかも知れない。 最初に知ったゲーム実況&実況者に「事案」扱いされたので「えっ?どうして事案になるの?」「心配で言ったコメントなのに?泣」「何で?こんチクショウ!」と思った。 複雑な想いだった。 私は人から否定されると追いかけたくなる性分なのだ。 度々ブロマガに登場するアニメを馬鹿にした奴だって、そうだ。 嫌い?というよりも「好きなのに相手にされない要素」があると駄目なのだ。 相手は私に興味が無いから「意識しない」ので、相手の中には「何も無い」のだ。 アニメを馬鹿にした奴だって「俺、そんな事したっけ?」と思っていると思う。 こういう類の人は本人には自覚が無い。 私の心の中に「種火」を点けてしまう人達なのだ。 最初にラジコンレースに誘ってくれた友人も、そういう人だし、初恋の女性もこの部類の人とも言える。 その人達が夢中になっている事は「私の人生に影響を与える」ものだったりする。 どの事例も「最初は上手くいかなかった」という共通性もある? こういう人達に魅かれるのは、私の魂の癖?なのかも知れない。 自分の中の「想いの基準?源?」湧き上がるものがあるのです。 自分でも理解できない「想い」なのです。 簡単に「アニメ面白いね」とか「ラジコンで勝負がついていれば」「コメントの質問に答えて貰えれば」等々・・・些細な躓きで「感情に種火が点く」のだ。 「問題?」とは、「すれちがい」でややこしくなるのかも?・・・・?・・ 人間関係は難しいですね? 
  • FIFA17(PS4)1on1ESLジャパンカップFUT#9に参加した感想。

    2017-08-06 09:56
    根暗先生はe-SPORTS競技種目PS4「FIFA17」の大会に出場しました。

    今回で3回目の参加になります。

    36名事前登録、実際に参加したのは21名。

    私は、1回戦不戦勝勝ち、2回戦5対0で敗戦しました。

    順位は9位~16位の位置付けです。

    トーナメント方式で争われますので順位は大雑把になります。

    多分、一年間、全ての大会スケジュールを消化して全部の対戦成績を計算して、

    ランクが決まる?と思います?(個人的なルールの解釈です。正しい訳ではありません)

    チェックイン終了してすぐに2回戦のお知らせが来ました。

    相手のプレステID&名前がわからずに混乱していると、大会用チャット「DISCORD」に相手から挨拶がありました。 その情報を元にPS4のメッセージ機能でコンタクトを始めました。 相手の方は慣れているようで、特に混乱する事なくコミュニケーションが取れました。 試合開始のタイミングを運営に仰ぎ、OKが出たので、試合開始しました。

    まあ、大量失点で負けましたw

    でも、相手の方が落ち着いていたので、こっちも真剣に試合出来ました。

    敗因は「実力不足」しかありませんね。

    試合を終わって、結果報告の作業していたら、

    いつもの如くマッチング出来ない人が・・・。

    残念な事に、チェックイン時間に間に合わなかった、対戦相手と連絡が取れない、

    試合が出来ない、試合をしてないのに結果を勝手に記録された、等々・・・

    多くはコミュニケーション関係が原因に思えます。

    私自身も過去に経験がある?といっても、わからない事が多いのです。

    正直、自分の事で精一杯です。

    以前ブロマガにGoogleのChromeを使いGoogle翻訳での閲覧を薦めましたが、

    少しだけ、どう表示されるか下に示しました。 英語が原文です。 日本語が翻訳機能を使った時のものです。 馴染みの無い方は、日本語表示が変で戸惑うかも知れません。 現状の翻訳機能の性能はこういう感じです。 完璧ではありませんが、「読めないよりずっと良い」です。 ちなみにリンクも有効な筈です?確認はしてませんけど?


    Recent matches for
    kensin01
    DateMatchMedia
    昨日, 05/08/17 19:30
    0
    昨日, 05/08/17 19:00
    + 2
    何試合か経験してノウハウが少しできました。

    ブラウザのタブを複数同時に開いておくのです。

    タブをクリックすれば、任意のページに即座に閲覧できます。

    ブラウザバックを使うと「エラー」が起きやすくなりますので注意が必要です。

    とにかく、こういうのは経験がモノを言うのです。

    大会に参加しないと体験として蓄積しません。

    *******?

    おつおつ!

    2017/8/6