FF11のメガネっ娘
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

FF11のメガネっ娘

2017-03-06 10:36
    根暗先生は今日もゲームの話題をするのだ!

    てか、したいんじゃ!

    FF11のハナシじゃぞ。

    FF11(ファイナルファンタジー11)はPS2のオンラインゲームで知られる。

    PS2には初期状態では通信機能がなく「BBセット?」などの拡張機能が求められた。

    当時はネット回線もまだ今ほど普及していなかったし、ゲームで通信する事も

    あまりなかった。 PSPの初期型とニンテンドーDSが出始めと少し被る時期だ。

    当時、根暗先生はあまりゲームは詳しくなかった。(今も詳しくないぞ!)

    新型のゲーム機だけを所持する「つまんない奴」だったのだ。

    そんなつまらない奴が、ひとりの女性と出会うのだ。

    髪形はポニーテールで小顔でメガネっ子。

    スレンダーボディでお世辞にも色気がある女性ではない。

    しかもガリ勉タイプなんだな。 ちなみに年下。

    ちょっと話したらゲーマーである事がわかった。

    ゲームに詳しくないくせに、知ったかぶりでゲームの会話をするのだ。

    内心「女だからゲームなんて知らないだろ?」「ゲームは男の世界だからな」

    そう思っていたんすよ。 恥ずかしいハナシ。

    その人優しいから「はぐらかす」んですねゲームの話題は。

    その女性がFF9の発売を楽しみにしているのを知り。

    根暗先生は同じ時期にFF9を始めたのです。(半分ストーカーやん!)

    でも、アニメ畑の根暗には「ゲームの世界が理解できない」のです。

    ゲームの序盤で「立往生」してしまいます。 女性に「どうすれば良いか」聞くのですが

    困ってしまうんですよ女性が「何でそんな事聞くの?」的に、でも、本当にわかってない

    俺に見兼ねて「図解を交えて」教えてくれました。

    家に帰り教えてもらった事を実行すると「ああ、何でこんな事もわからなかったんだろう」

    かなり恥ずかしいぞ!と思った訳です。

    説明すると「レバーを引け!」的なイベントでレバーがわかんなかっただけなんですよ。

    ゲーム画面には表示されているのにですよ! そりゃあ困るよねって。

    アニメの絵に慣れていた目にはFF9の絵は、わかりずらいんです。

    絵に対しては違和感が半端なくありましたね。 FFシリーズをプレイしなかった

    理由が「絵が好きではなかった」これが最大の理由なんです。実は。

    アニメ偏向が強くどちらかと言えばゲームを邪道だと思っていた。

    今でもFF系のグラフィックは違和感を感じます。 でもそれがFFの魅力だと思っています。

    そこからは順当にプレイしましたがストーリーの長さに飽きてしまった。

    結局、ラスボスまでは行けなかった。

    ここからの数作品はラスボス前まで攻略してはプレイを止めてしまう症状になりました。

    ラスボスの為に装備を見直すと「冷める」のです。

    女性はそんな私を見て言うのです「〇〇さんβテストに参加すれば良いのに」って

    βテストって何? 自分の無知が恥ずかしくて聞けなくなっていたのでスルーしました。

    内心引っ掛かっていたのですが。 その後、色々ゲームを教えてもらいました。

    テレビとゲームは別々の画面で見るって話しは「テレビを2台並べるなんて贅沢」

    とか思いました。 で、その女性がFF11をプレイしていたのです。

    元々、PC‐6001の頃から興味があったんですよ「遠くの人とゲーム」するのが。

    PC‐6001の頃は現実的ではなかったし、FF11も結局はプレイできなかった。

    回線を引くのが敷居が高かったのです。 それに調べても調べても、どうやれば

    プレイできるのか理解できなかった。 何を買って揃えれば良いかさえわかんない。

    情報は本しかないんです。 そういう人は「夢の存在」だったのですよFF11は。

    その女性を通して「当時のゲームの世界の様子」を知りました。

    ゲームの世界の外にいた自分はゲームがどういうものなのか知らなかった。

    ゲームをしない人達が思うゲームは「何が面白いんだろ?ピコピコ動くだけだろ」

    その程度の認識なのです。 現代のゲームをしない人達も相変わらずそういう認識では?

    今もゲームは理解できないものです。 テイルズのOP動画をブロマガに貼り付けて

    見ていたら思ったのです「ちゃんと世界があって物語りがあるんだな」って

    ゲームとテレビは同じだけ時間を使ったのに「テレビは物語りを作ってない」のです。

    テイルズシリーズと同等の物語りを作ってないのです。 テレビは。

    テイルズシリーズは20年、FFシリーズは30年物語りを紡いできた。

    テレビで放送される物語りで、何年も愛される物語りは「あるのか?」

    その後、女性は仕事の都合で引っ越ししました。

    今、FF11の話題を目にすると「少しだけFF11の話題についていける」のです。

    話題に頷くだけのレベルなのですが「懐かしい」のです。FF11は。

    おつ

    2017/3/5










    【ニコニコミュニティ】おじおじ変化を目指す!の生放送







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。