根暗先生個人のゲーム配信の考え方?&捉え方?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

根暗先生個人のゲーム配信の考え方?&捉え方?

2017-07-30 07:39
    根暗先生は色々、節目というか分岐点というか?なんか・・・

    人生の方向性を考えなおさなきゃいけない時期なのかな?って思っています。

    そういう事は今までの人生で何度かありましたし、経験するものです。

    そういう変化?はどこで判断するの?って事は人それぞれですが、

    私の中では物事が上手くいかない時とかですね。 

    実は物事が上手くいかないとか、暗中模索の毎日?の方が当たり前なのかも知れません。

    私だってドロドロになりながら人生を過ごしてきました。 ほんの一瞬寛いだ時間が今なのです。 珍しく「一般の中」で暮らした一瞬の時間です。 

    これから先の10年?を考えなければな?と思い始めました。
      
    んで、久しぶりに私個人が好きなゲーム配信を見ました。

    実は、自分の好きな放送から一か月くらい離れていました。 あまり放送を見ていなかったのです。

    久しぶりに放送を拝見して「放送スタイル変えたのかな?」って思った。

    放送のテンポとかリズムが悪くなってる? 昔は拾わない内容のコメントにも反応している?

    なんとなくコメント内容もひと頃と違う気がする。

    YouTubeとかでも配信とか動画の感じが違う感じがするのだが?

    ふと思ったのが、「動画とか配信にたいする個人の考え」があまり知られていない?

    根暗先生だけではなく、人が何故、動画を見るのか?或いは配信をするのか?

    動機の部分では無く、「動画サービスをどう見ている?どう考えてる?」って事。

    考え無しに、サービスを享受していないか?って事。 

    少し気になったので勝手に「私は動画サービスをこう受け止めてる」みたいな事を書きたいと思ったので書く。

    ゲーム実況を初めて知った時に「自分が配信する人間になる」とは思わなかった。 それが今は過疎でも声無し配信でもライブ配信している。 ニコ生、YouTube、ツイッチ、と使い分けて配信している? ニコ生やYouTubeはもしかしたら触れる事の無い別世界だったのかも?とさえ思う。 ネットをやらない人間には永遠に接点がないサービスがニコニコやYouTubeなのだ。 言葉は悪いかも知れないがアングラとしてニコニコやYouTubeを捉えていた。 

    基本、動画サービスは趣味として楽しむ世界だ。

    そういう、考えでいる。 個人的にはだが。

    だんだん「プロフェッショナル」が求められる世界に思えてきた。

    そして海外の動きも睨まないとヤバく無いか?と考える。

    アジア圏だけではなく、米やヨーロッパの存在が気になる。

    ゲーム配信に外国語のコメントが見られる事が多くなった。

    つまり、身近に外国の考えがあって、すぐにでも「日本語以外を話す機会がある」と思っている。 

    片言でも外国語を話さなければ、嫌、日常として「外国?」なんだけど?

    価値観かな? 意識改革? 重い事を考えなくても気に留めるだけでも違う筈だ。


    私の中の受け止め方として、ニコニコとかYouTubeとかTVゲームとかネットは、

    趣味の範囲」として捉えている。 

    趣味だから夢中になるけど、あくまで遊びでしかない。

    e-SPORTSも腕試しとして挑戦するのであってプロを目指している訳では無い。

    最近、我を忘れて夢中になってるな?って気が付いた。

    これ以上は踏み込まない方が良いと思った。

    配信してると経済や商業的な力関係が見えてしまう。

    消費者としても、そんな化け物と戦う体力は無いので、考えるのだ。

    この先10年をどう生きよう?

    そう考えている。

    おつです!

    2017/7/3






    るろ剣の斎藤一のような生き方も憧れます。。。 





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。