ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

雑記:ゲームライターコミュニティ#34に参加した話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

雑記:ゲームライターコミュニティ#34に参加した話

2019-09-01 22:07
    どうも。
    そういえば今年の夏はスイカを食べなかった、青スイカS大好き男カワミスです。

    突然なんですが?ゲームライターコミュニティってご存知ですか?
    ゲームライターや編集者、またその周辺の方々に向けて情報発信を目的としているコミュニティです。
    また数ヶ月に1回勉強会を開催しており、ライターに必要な様々なテーマで実施されている。

    そんなゲームライターコミュニティの勉強会に参加してきました。正直ライターでもなんでもない自分が参加していいんだろうか……とも思ったんですけど今回テーマが気になったり、いろいろ気になる方(ねとらぼの池谷勇人氏年始の配信でも紹介させていただいた文章書く彦でおなじみのワニウエイブ氏等)が登壇していたので思い切って参加しました。

    8/27当日
    夏とはいえやはり仕事なので終わってから大急ぎで会場のある高円寺へ。
    なんとか開始の30分前に到着。何人かいるかなぁと思って入ったらまさかの運営関係者や登壇者しかおらず一番乗りに近い現状。とりあえず受付を済ませ席の端っこに。

    予想の会場では

    壇壇壇壇壇壇壇壇

    席席席席席席席席
    席席席席席席席席

    のセミナーとかロフトプラス1系イベントみたいなのかなと思ってたんですけど
    実際は

     席席席席席席 
    机机机机机机 
          
          
    机机机机机机 
     席席席席席席 カメラ

    てな感じでまさかの市の予算会議とかで見る感じの形式会場だった。


    一瞬同様しながらもカメラ横の端っこの席に着く(おそらく後から来た人の何人かはスーツの人がカメラの横に座ってたから、運営だと思われたかもしれない。)
    そしてとりあえず開始を待つ。人によってはPCの準備とかもしてたので(あっPCでメモを取ればよかったのか……)と思い、レポート用紙の裏を使ってるのが非常にアナロギー感を感じた。
    (そんな待ち時間、御一人だけSwitchで遊んでいらしたのでアナロギー感は早々に消えた)

    そして本番なんだけど……さすがに詳細に書くわけにはいかんので(本レポートでもこの内容だしね)簡易的


    今回のテーマは「ゲームライターにゲームの基礎教養は必要か?」
    元はツイッターで交流させて頂いているカワチさんが実施しているゲームライターラジオで取り上げられた内容で、それらを徹底的に討論(ディスカッション)するという内容だ。
    4人の登壇者それぞれ思いは異なり、またそこから発展して基礎教養が必要なライターの仕事とは?とかレビューの了見とは?インタビューは?とかも出てきてなかなかの盛り上がりをみせた。

    このディスカッションは1時間のみ。そしてその後1時間は参加者も発言しやすいようにピザや飲み物に手を付けながら……まぁ立食パーティに近い状態でのディスカッションだ。
    まぁ、この部に関しては基礎教養からの発展の話も多く興味深い話も多かった。ゲーム文化はどうしてこうなったのか、とか他のいわゆるサブカルチャー文化は?とか。他では聞けない、いろいろな人がいるからこそ聞ける話が多かった気がする。


    そして合計2時間で終了。中々楽しい勉強会だったし、何かの機会があればまた参加したいなぁ。




    あ、そういえば勉強会では自分の意見をそこまで喋れなかったのでこの場で改めて。
    私はゲームの基礎教養はわざわざ学ぶというかプレイする必要はないと思う。
    知識として学ぶ必要というかそれは自然に身に着くだろうけど、プレイまではわざわざしなくても記事は書けるだろうし、無理してつけた知識より自然に身に着いた知識を武器にした方が良いのかなとも思うしね。後、ゲーム基礎知識に関してはゲームメディアでわざわざ語る必要はないだろうしね、見る層的に。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。