ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

有罪道具温故知新 第2回「いやなことヒューズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

有罪道具温故知新 第2回「いやなことヒューズ」

2021-04-30 17:00

    皆さん、唐突なんですが最近「嫌なこと」ってありましたか?

    些細なことでいいんです、他人の発言で心がちょっと傷ついたとか、出したいひみつ道具が一発で出ないとか……

    そういった「嫌なこと」っていうのが昔はもうちょっと種類が多かったらしいんですよ。それこそひみつ道具がほとんどないので、今以上に不便だったことにより、嫌なことなんて生きていれば必ず発生する状態です。

    なので、当時の人類はその「嫌なこと」を避けるために自殺といった行動をとる人も少なくはなかったんです。

    自殺……という単語は最近聞かなくなりましたね。

    2314年のメガロポリスの自殺者人数は2人……そりゃ古の単語にもなりますね。

    2000年代辺りは本当に自殺者数というのが多く、今の10000倍の人数が自殺という手段を選ぶ人がいたという記録があります。

    今回はそんな「自殺」に関係する販売中止ひみつ道具についてご紹介いたします。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    時は2030年、日本での自殺者数が5年連続増加というとんでもない情報が出たのが全ての始まりでした。2030年前後はひみつ道具が出始めて、様々な職が未来への不安を感じ始めたあたりです。ひみつ道具の利便性によって自分たちの仕事がなくなると思ってしまった。それも自殺者数増加の原因の一つ……なんて報じているところもありました。

    とにかく、自殺者数が増加しているのは事実なので政府も対策をとるために自殺対策計画委員会(以下、自対会)を設立し、新たな対策を考えることとなった。

    それまでも自殺対策は取っていました。といっても、カウンセリングに促すのが基本的な対策であり、それ以外の対策はあまり多くないのが現状でした。

    自対会も最初は心理的対策以外の方面、つまり自殺自体不可能な状態にすればよいのでは?という方法をとろうとしたのですが、あまり上手くはいかなかった。自殺には様々なパターンがあり、その全てを物理的に不可能[1]にするのは実現的ではなかったということです。

    そして委員会発足から約9か月、ついに別方向からの対策案が発表されました。心理的、物理的ともに自殺数を減らす画期的な発明が遂に出来たのです。

    それが2031年、自対会から販売された「いやなことヒューズ」になります。

    --------------------------------------------------------------------------------------------------------

    この「いやなことヒューズ」の画期的な自殺対策方法とは、今までの「自殺をなんとしてもさせない」とは全く逆の「自殺はしてもいいけど生き返らせる」という方式にしたことでしょう。

    「いやなことヒューズ」は非常に小型なヒューズではなく、小型生命維持装置や扁桃体読取装置が組み込まれたひみつ道具でして、使い方も凄くシンプルでした。

    なんと首の後ろにつけるだけ!ボタン等もなく誰でも簡単に自殺準備ができるのです。

    先ほど言った扁桃体読取装置が自殺へのトリガーとなります。扁桃体は人間の感情にかかわる箇所でここからマイナス的な感情……恐怖やストレスに近い感情を読み取ると、自動でヒューズが起動します。

    ヒューズが起動すると脳に無理やり指令を出し、使用者の心配を停止させます。本来なら心肺停止したら死んでしまうわけなんですが、ヒューズ内の生命維持装置が作動して心肺の代わりをしてくれます。なので本当に死ぬわけではなく、疑似的な仮死状態[2]になるわけです。(この疑似仮死状態はもう少し専門的な技術がかかわるのですが、今回は割愛します)

    疑似仮死状態から15分後、改めてヒューズから指令を出し、元の心肺を動かし生き返ります。

    この装置により、嫌なことが発生した際に15分間だけ自殺が可能となり、実際の自殺をする必要がなくなる……という狙いです。

    そしてその狙い通り、なんと日本の自殺者数は低下していったんです!

    「いやなことヒューズ」は「自殺」というネガティブなワードを名前に付けなかったこともあり、「現実逃避」を求める人が多かったのか当時の大ヒット商品となり、人々はこぞって首の付け根にヒューズを付けていました。

    「いやなことヒューズ」の箱買いも多く発生しました。「いやなことヒューズ」は使い捨て品[3]が多かったので、皆こぞって行列を並び、大量に現実逃避のタイミングを買っていったのです。

    いやなことヒューズは時代が時代なのでフルメタルが使用されておらず、ひみつ道具職人以外でも作ったり分解や改造をすることが比較的容易でした。

    そのため発売から数ヶ月経ち、「いやなことヒューズ」の改造品というのが多く出回り始めました。

    この頃は残念なことに違法改造品という話は珍しい話ではなかったのですが今までの改造品とは異なることがありました。

    それは、今までの改造品と違って「いやなことヒューズ」の改造品はバカ売れしたんです。

    ひみつ道具の違法改造品は出力を上げたりちょっと機能を変えたものが大半でした。認定を受けていない加速装置を入れた通常の50倍速度のでるタケコプターや特殊な生成をしたドライライトを入れたりした16777216色に光る月光灯とかですね。

    ただ、普通に暮らしている人にのって50倍の速度も16777216色もいらないのでそんなに売れなかったんです。

    「いやなことヒューズ」の違法改造品はそこが異なっていて、人が求めている機能が入っていたんです。それは、15分以上の疑似仮死状態です。

    「いやなことヒューズ」が15分としているのは仮死状態が長すぎると周りの人に迷惑をかけてしまう可能性が高いので当時の倫理観で許されるギリギリの時間として設定されていました。

    ただ、実際仮死状態になった人はだんだん感覚がマヒしてきて15分じゃ足りなくなってきたんです。

    「15分経っても上司が起こっている。せめて3時間くらい死んでいたい」

    「俺の辛さは15分じゃ賄いきれない。せめて14時間は死なないと無理」

    と。人々はより長い自殺期間をご所望だったのです。

    違法改造は凄く楽でした。流石に時間が長くなると生命維持装置を大きくする必要が出てき始めるので最初より大きくなりはしましたがそれでも大豆一粒の大きさでなんと3日まで[4]は仮死状態になれるように技術は進歩したらしいです。らしいというのは、違法改造なので正確な情報がないからですね……もっと長期間のをお持ちの方はこっそり教えてください。

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    なにはともあれ、そんな3日間仮死状態も可能になったわけですが……まぁそんな状態が大人数に装着されたら大変なことになるのは皆さん分かりますよね?

    2031年、あちこちで疑似仮死状態で倒れている人がいる状態になりました。右を観たらベンチで人が死んでいる。左を観たら地面に突っ伏して人が死んでいる。空ではタケコプターで死体が飛んでいる。

    全部仮死状態とはいえ、薄気味の悪い日々が続いていました。

    また、何が怖いってこの状態がしばらく続いたからみんな慣れちゃったんですね。町中に仮死状態の人が大勢いることに。あぁまた仮死状態の人だ。仮死するにももうちょっと道の端っこでなってほしかったなぁ……でもまぁしょうがないか、つらかったんだろうし。そんなことをみんな思ったりしながら普通の生活をしたんです。

    委員会も数ヶ月経って発生したこの現状を何とかするよう、商品回収をしようとしたのですがそれはそれで多くの反対がありました。

    ただの仮死志願者だけならいいんですがそうもいかなかった。何故なら「いやなことヒューズ」はちゃんと結果を出していたからです。自殺者は減りましたし、実は犯罪率も低下していました。ほぼほぼ全ての人が仮死状態でストレス発散していたので社会がよりよくなってはいたんです。それに比べたら仮死体がいっぱい落ちてるのはどうでもいいんじゃないか、と。

    結局のところ、「いやなことヒューズ」は販売中止という手段をとりました。回収するには遅すぎた……といったところなんでしょう。委員会も解散し、現存する正規の「いやなことヒューズ」も減っていきました。

    ただ自殺者数は増えなかったそうです。どうやら仮死状態を繰り返して逆に現世の良い点を理解したから……という話がよく上げられますが。本当のところは定かではありません。ただ、この仮死ブーム[5]が終わり、逆に生きることへの喜びを感じ取れたならよかったのかなと私は思います。

    最後に、自殺者数と毎年同時に発表されている数値を記して本日のコラムを終えようかと思います。

    [2314年現世現代行方不明人数[6]:24172人]

    つづく

    ※1 物理的に不可能

    自殺で一番多い方法は服毒だったのだが、薬の厳重な取り扱いをより徹底して対策をとった。また、海や池へ近寄る際は食用浮き輪が義務化(現在はテキオー灯)する運動もあった。と、ここまで対策をとっても首つりや刃物で自らを刺す等があるため不可能だった。

    因みに飛び降り自殺はこの頃には既にタケコプターが実用化されていた為、上空からの落下が対策されていた。

    ※2 疑似仮死状態

    臨死体験をしている状態。本来の仮死状態は生き返って初めて仮死状態となるため、このような仮死状態はコールドスリープ等に近い。因みにこの装置(RomeO-JuliZ)は現在まで「いやなことヒューズ」でしか使われていない。

    ※3 使い捨て

    23世紀以降は滅多に見なくなった使い捨てひみつ道具。「いやなことヒューズ」は後に複数回使えるタイプが出たのですが、そこまで売れなかったそうです。理由は明確ではないですが、こんな話が過去のインターネットのアーカイブに残っていました。





    ※4  3日まで

    因みにこの3日というのは心肺を3日まで持たせられるというだけであり、食物等で補っている

    ※5 ブーム

    流行のこと。
    仮死ブームの後は古物商ブームが起き、その後はツチノコブームが起きた。

    ※6 現世現代行方不明数

    タイムスリップして1年以上行方が分からなくなった人や「もしもボックス」で異なる世界へ旅立って1年以上元の世界に戻ってきてない人数。

    もしもボックスの場合、入れ違いでこちらに来る同姓同名同遺伝子の人間が来る場合があるが、それらを除いた人数は自動的に「死亡」扱いとなる
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。