ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【パワプロ2018】第五回合同リクエスト企画に参加してきました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【パワプロ2018】第五回合同リクエスト企画に参加してきました

2019-09-19 23:35
    二カ月ぶりの合同リクエストです。

    参加者一覧(敬称略)
    82:パワプロのこととかを書くブログ
    Sen:senのパワプロ日記
    いけす:いけすのパワプロ選手公開
    怨霊:パワプロのやつ
    カメハ:カメハのパワプロ2019 ~令和~
    sawa:sawaさんのゲーム日和、パワプロばっか!
    ネコ3世:王立火ヤク庫

    今回のお題
    昌本山(まさもとやま)

    我々の世界とは違うパラレルワールドの山本昌。
    20歳そこそこで引退したらしい。

    作成選手





    「覚醒しなかった世界線の山本昌」ということで86~87年の成績を基準に査定。そこから渡米後に手に入れた技術を全てオミットしています。

    サイドスロー・・・一年目と渡米後の二度サイドスローの転向を勧められており、もしもその通りに転向していたら…というif。ちなみにメジャー式セットポジションも渡米時に習得したものなので普通のセットポジションのまま。
    中継ぎ適正◎・・・当時はお試しということで中継ぎ起用。ただし二軍では先発。
    球速・・・130キロ代。『ブルペンで「いつになったら全力で投げるんだ?」と言われてしまった』
    コントロール・・・与四球率と被打率の高さから低めに。低めの制球力や緩急のピッチングを磨いたのは二回目の渡米時から。
    スタミナ・・・とにかく当時はひたすら走り込みさせられたというエピソードから。初回渡米後ではあるがリリーフで9イニング投げたというエピソードも。
    スライダー・カーブ・・・小学生時代に遊びで覚えたカーブと高校時代に覚えたスライダーが持ち球。ちなみに二回目の渡米時に覚えたカーブとは別なので注意。
    対左B・・・デフォ。実際の成績も数字上は左打者の方が右打者の方より被打率が低い。(もっとも左打者には四球出して右打者に普通に打たれてるだけなのだが…)
    打たれ強さF・・・『打たれるとベンチの監督の顔色をチラチラうかがっていた』。一時期デフォでもついてた時期があるので採用。
    ケガC・・・デフォ。87年は怪我で離脱しているが本家山本昌はケガB(なんならケガAでも)でもいいので折衷案。『若手時代に走り込んだおかげでタフな体作りができた』
    四球・・・通算3回投げて5四球はね…

    他能力は全て本家デフォと同じ


    画像ファイル



    参考資料(『』で書いた内容の出典)



    ちゃっかり超晩成にしてたりするので本家山本昌を目指してみるのもアリ!?
    その為にはたぶんオーストラリア留学になると思いますけどね

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。