【aviutl】実践動画での場面切り替え(シーンチェンジ)について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【aviutl】実践動画での場面切り替え(シーンチェンジ)について

2016-10-15 21:54

    こんにちは、g-cです。
    とある方Kさんから、このようなご質問を頂きました。

    シーンチェンジってどう使えばいいの?

    「いわゆる場面切り替えをしたいのだが、うまいこと切り替えれない」
    と、Kさんはおっしゃっていました。
    私的には「そんなのフェード効果使えば一瞬じゃない?シーンチェンジってなんぞや」
    と思ったのですが、どうやら割と多くの方がシーンチェンジオブジェクトなる面倒な方法で
    場面切り替えをしているらしいことを聞いたので、
    今後実機動画を作る!って人に1%でもお役に立てればと記事をたてました。
    この時点で、シーンチェンジで問題ないという方は見る必要がありません。
    ここまでの読了ありがとうございました。

    さて、続けます。まず、Kさんは下のように拡張編集で編集していました。
    (拡張編集ってそもそもなに?という方はaviutl 拡張編集でググってください。
    丁寧に解説をしてあるサイトがあるはずですので)



    これを使えば確かにページをめくるみたいな洒落た形で切り替えができますが、
    そんな洒落れた動きなんていらんから、ただ場面を滑らかに切り替えたい!
    そんな人には以下の効果を動画ファイルオブジェクトにつけるといいです。
    各オブジェクトを開いて、右上の「+」マークをクリックしてください。






    この効果で動画をフェードイン、フェードアウトできます。
    説明の必要もないくらい直観的な設定ですが、パラメータとしては以下のとおりです。
    (むしろ文章だと説明しづらいw)
    イン:動画オブジェクトの開始で何秒間かけてフェードインするか
    アウト:動画オブジェクトの終了で何秒間かけてフェードアウトするか

    実際に効果をつけてみてください、動画の映像がフェードイン・アウトするはずです。
    また、音声に同じようにフェードをかけることができます。



    これの音量フェードを音声ファイルに追加すれば良いです。

    ちなみに、動画ファイルを編集でカットする前にあらかじめ動画・音声オブジェクトに
    上記効果を追加したうえで分割すると、フェード効果がついた状態で2つのファイルに分けてくれます。
    なので、いちいちシーンチェンジを場面展開の度に設ける必要がないので非常に楽だと思います。

    簡単ですが以上になります。ご質問などあれば、以下のコミュに連絡先乗ってますので
    お気軽にどうぞ

    コミュニティ:co520341





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。