【アイドルマスターシャイニーカラーズ】「アルストロメリア」をきいてガン泣きした理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【アイドルマスターシャイニーカラーズ】「アルストロメリア」をきいてガン泣きした理由

2019-08-17 20:48
    注・この記事は前回のブロマガの「大崎甜花の担当になって、それから」を読んでから見るとより楽しめると思います。もしよかったら読んでみてください。
    リンク→https://ch.nicovideo.jp/gomesu_t-toku/blomaga/ar1172197

    さて、前回は僕が大崎甜花の担当になった理由とかいろいろ書かせてもらいました。
    今回はその中の4番でタイトルにもある通り「アルストロメリア」をきいてガン泣きした理由を書きたいと思います。

    できればアルストロメリアの歌詞を見ながら記事を見てもらえればと思います。

    ではガン泣きしたというか1番涙が溢れた理由です。それは・・・
    甜花ちゃんがアイデンティティー見つけた。と歌っているところ。
    ココを聞いた瞬間。涙が止まらなかった。
    元々甜花ちゃんがアイドルを始めた理由も双子の妹の甘奈に誘われたから。というあまり積極的ではないのです。
    自信がなく、自分が仕事で失敗しちゃうのになんで応援してくれるの?とネガティブに考えていました。しかしアイドルとして活動していくうちに自信と失敗を恐れず立ち向かう力、そしてなによりファンが自分を待っている。その事実に気づきアイドルとして一歩また進んでいくのです。


    今まで甘奈と二人きりの世界でせめて甜花ちゃん一人でもちゃんとできるように変わりたい。けど無理だろうと思っていた。
    でもアイドル活動するうちにユニットを組んでいる千雪はもちろん、他のアイドルとの出会い。そしていろいろ起きたこと。それらすべてが甜花ちゃんの世界を広げていったのです。
    そんな甜花ちゃんが「自分らしさ」を見つけた。と歌っているんです。
    これはさすがにクるものがある。本当にぼろぼろ涙が溢れていました。

    正直これを書くためにいろいろ振り返ってるけどすでに泣いてる。みんなももしよかったら甜花ちゃんをプロデュースしてみよう!
    見ずらかったかもしれないですが。ここまで読んでいただきありがとうございました!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。