菊花賞の感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

菊花賞の感想

2018-10-22 07:12
    お久しぶり。なぜ記事にしたかはわかると思う。

    初めてみる最後のクラシックに備えて、過去のレースを振り返りました。そこで思ったのは、位置取りが激しく変わり、競り合うタフなレースだということと、前の馬は持久戦に持ち込まないと勝ち目なしということの2点でした。

    結果から言ってしまえば、エタリオウを本命に据え、キレる脚を持つ馬を選びました。レウーノは単純に好きでしたし、持久戦に持ち込めば勝機はある、着内はあるという予想でした。しかし、予想以上に、馬券以上に──ここまで酷いレースをされるとは思ってもみなかった。宝塚記念のような、外れてもよかったかなあという爽快感はありません。あの井崎センセイですら立腹されるのですから、相当なレースだったのでしょう。

    馬券の当たり外れよりも、先行馬がこぞって地蔵のように固まったのはもう呆然でした。アイトーンは内側に閉じ込められましたが、出ムチを入れてでもハナに立ってほしかった。逃げ候補のメイショウテッコンが出遅れてしまったのも、今回のようなレースを作ってしまった一因といえます。ただ、最たる原因は田辺jでしょう。

    エタリオウのラビットだとか、いろいろ言われていますが、今回思ったのは同一馬主の複数出走はやめてもらいたい。モタスポのF1なんかでいうと、チームオーダーに当たると思う。

    チームオーダー
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC#%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%BB%83%E6%AD%A2%E5%BE%8C%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BE%8B

    たとえば、同一チーム内で、ポイント数をファーストドライバーに譲るために、わざとセカンドドライバーが控えたりすることですね。たしか、レッドブル時代のベッテルとウェイバーあたりで取り沙汰された記憶があります。

    F1は競馬よりも、もっと大きなお金が絡みますから、こういったことに関しては極めて厳しい。是非はともかく、まずは議論をしますよね。少なくとも、そういったことをJRAにもして欲しいのですが、これだけ村社会であれば不可能と思います。ファンも馬鹿みたいにオイオイ!言ってる場合じゃないですよね。

    にしてもコーナーから直線に移り変わるときのカメラ切り替えは、未だに改善されず。コリアカップを見習って欲しい。3角~4角から直線に至る、位置取りの変化をこちらはみたいのに、後方集団まで映してしまうせいで、ラグが生じる。前方の馬の位置取りがどのように変化したか追えない。モナコのトンネル空けのカメラ切り替えとか完璧ですよ。目に残るようなレイアウトできちんとカメラ設置して、競り合いを映しますから。日本競馬のカメラワークは、なんてレベルが低いんだとしかいいようがない。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。