マイルCS/予想と”データのゆらぎ”
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マイルCS/予想と”データのゆらぎ”

2018-11-17 05:46
  • 7
<展開予想>ミドル~ハイペース(テン3F:33秒後半~34秒前半)
差し馬有利、しかし前残りの懸念

まず、ハナを主張するのは、内枠のアルアインであると思う。鞍上川田は、天皇賞秋でのキセキ騎乗のように、ハナに立つのを優位と捉えるはずだ。それより外目の枠、3~6枠までの先行馬はキセキを見ながら位置取りを決める。最初の1~2ハロンのポジション取りは激しいが、S不利になるほどリスクのある行為は取らない。次いで、ロジクライ、その後に、アエロリットという隊列になると想定する。もちろん、スタートが良ければ、アエロリットはハナを主張してくるだろう。どちらにせよ、この3頭とウインブライトあたりが先頭集団を作る。

先行馬はキレイにバラけてゲートに入った。これがモズアスコットとミッキーグローリーのポジション取りを難しくさせると思う。一方で、ポジション取りがわりと楽と思われるのは、内枠2頭と、エアスピネル、レッドアヴァンセ、ロードクエストの5頭だ。とくに7枠2頭は、内枠を見ながら選択できるので、良い枠に入ったように思う。ロードクエストは鞍上・横山典がどういった騎乗をするかである。前走スワンSと同様に(※鞍上は違うが)、後方内ラチ追走、揉まれることなく第四コーナーで追い出しにかかれば末脚を活かせる。

ミドル~ハイペースになるという予想は、まず強力な末脚を持つ馬以外は、前残りを目指すと推測したからだ。分からないのは、ヒーズインラブ、ジュールポレールである。とくに後者は負傷した幸騎手に代わってテン乗りの石川騎手であり、しかもこれが今年初G1騎乗だ。しかし、心温まる材料もある。年内復帰予定の美浦・石橋騎手の京都初勝利は、なんと、天皇賞・春であるというのだ。2012年、14番人気のビートブラックによるものであった。きちんと調べたが事実だった。意外すぎる。話が逸れた、石川はブレイク後、ここ数年ややスランプ気味である。馬の力はある、あとは川田を追走するだけだ(なにか石川の応援になっているような・・・)。

ハイペースとはいえ、行った行ったの展開はもちろん十分にありえる。差し馬が1頭も不在のケースも考えられる。ということで、まずは粘り強いアエロリットに印をつけたい。次に良い末脚を持ち、ポジション取りをさほど気にしなくていい2頭、ステルヴィオとロードクエストを上げる。そして、今年のマイルで活躍していて時計も出ている、モズアスコット、エアスピネルに印をつけておわりだ。もちろん、これはきわめて絞った印であることは留意されたい。今回のマイルは、いっけん簡単なようで、複雑だ。でも、なんとなく、強い馬の順番に並べればいいと思う。



◎ステルヴィオ :ビュイック
◯モズアスコット:ルメール
▲アエロリット :ムーア
▲エアスピネル :福永祐
☆ロードクエスト:横山典
(修正:2018/11/18)


ペルシアンナイト :M・デムーロ
アルアイン    :川田
ジュールポレール :石川

馬券が当たれば、もちろん嬉しくないわけはない。しかし、それ以上にぼくはいろんな想像や話をしたいのだ。展開であったり、疲労であったり、そういう”曖昧な”話をしたい。今回のマイルCSで、よく言われているデータは、”牝馬は過去10年来ていないので消し”というものらしい。過去5年を見ただけでも、牝馬の出走数は、わずか12頭だ。このようなデータは、都合よく脚色されたものであり、データと呼ばない。都合のいい情報だ。データは”ゆらぐ”ものである。

モズアスコットが連騰でG1を勝利したように、馬体重-20のワーザーが2着に入ったり、17年ぶりに和田竜が宝塚記念でG1を制覇したように、死の8枠に入ったはずのワグネリアンが、苦しんできた福永祐がダービーを取ったように、過去のデータは”ゆらぐ”ものである。そのゆらぎこそ、クビ差同様に競馬の醍醐味であり、目の覚めるような衝撃である。つまるところ、データどおりになるレースほど、つまらないものはないのだ。究極にいえば、自分の予想と同じようなレースが面白いのであって、結果はどうでもいいのだ(いや良くないけど)。だって、クビ差で着順は簡単に変わる。そこまでは、どうあがいても予想できない。その寸前までをなんとか予想して、想像するところに競馬の楽しさは秘められている。なんの文章だか分からなくなったが、まあマイルCSは楽しみだ。

これだけ考えたんだ。あとは待つのみ!
広告
×
ちょっと気になったんだが、前残りを目指すなら、スローになるのでは?
11ヶ月前
×
行った行ったな感じで、前残りになるなら、最初の3fはハイペースになるかな~と思ったんですけど、どうなんですかね?まあステルヴィオは当たりましたけど、他が来なかったですね!(^ω^)アルアインを信じきれなかったですね!
11ヶ月前
×
ステル、ペルシアン、が結構前の方にいて人気馬が接近してたのが面白かった。モズは運がなかったな
11ヶ月前
×
ペースは別にして、有力馬が前々で仕掛けて、先行馬をゆっくりさせない展開だったり、モズがミッキーとかカツジの辿ったところを走った可能性もあるとか考えるとなかなか面白い
11ヶ月前
×
でも、マイルあたりはキンカメ系とディープ系は馬券考えると無視できない感はある
11ヶ月前
×
デインヒル、ハービンジャーのペルシアンと、キンカメ、ロードカナリアのステルヴィオとかなんか納得してしまう。ブラッド・スポーツって表現あるけどそういうのもあるんだろうな
11ヶ月前
×
おお、たくさんのコメントありがとうございます。また今度の配信で話しましょう!あら、春競馬のあたりでコメントくださった方とはまた違う方なのかな?(どちらでもありがたいですけど、勘違いしてたらあれなので・・・)
11ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。