函館スプリントS+ユニコーンS/短評
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

函館スプリントS+ユニコーンS/短評

2019-06-14 18:18
  • 4
去年は検討すらしていない函館スプリントステークス。

函館競馬場1200mの特色は、
1、右回り・小回り
2、洋芝
3、3.5mの高低差を上り下り

ということで、京都実績を重要視しましょう。ただ直線は260mくらいなので、追い込み馬の過剰な期待は危険。ちなみに、われらがティーハーフ(あとはデアレガーロも・・・)は回避しました。どういうことなの。

京都実績馬:▲リナーテ、アスターペガサス、ライトオンキュー、ダノンスマッシュ


傾向として、やはりパワー+スタミナば求められる。ですので、父系はノーザンダンサー系がベストかなと。特にクロフネ産駒は大活躍です。

血統期待馬:△トウショウピスト、サフランハート


今週は雨予報なので、稍重~重実績の馬を少し。

馬場実績馬:☆ペイシャフェリシタ、サフランハート


ユニコーンSはさっぱり

ヴァイトブリックに○、デュープロセス、デアフルーブに▲、あとは紐流しでしょうね(馬名の最初が濁点の馬抑えておけばよさそう)。ユニコーンSの傾向はまだ見ていません。本線は函館SSです。なんとか巻き返しを図りたい2019競馬前半戦ですね。

広告
×
ライトオンキュー辺りと人気馬を合わせてなんか一発無いかな、程度にしか思えないねえ
タワーオブロンドンはないでしょうが上位人気、どれも勝ちそうだもの
2ヶ月前
×
156頭禁止薬物という異常自体が
2ヶ月前
×
もはや予想どうこうとかな場合じゃ無くなっちゃってるなあ
2ヶ月前
×
新馬戦東京6r馬単と三連単当たったお!
嬉しちい
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。